劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪! 各地へ旅をしたことが大学時代に専攻した物理学と併せて、池澤の作品の特徴となる[1][2]。また、詩が小説に先行していることも、その文章に大きな影響を与えている[3]。, 北海道帯広市出身。マチネ・ポエティクで同人だった原條あき子(山下澄、1923年 - 2004年)と福永武彦の間に、疎開先の帯広で誕生した。1950年、両親が離婚し、1951年母に連れられて東京に移る。母はその後再婚して池澤姓を名乗ったため、池澤は実父について高校時代まで知らなかったという。, 都立富士高校卒業後、1964年に埼玉大学理工学部物理学科に入学。1968年中退。ハヤカワミステリーの短編やテレビ台本、『リーダーズダイジェスト』の記事などを翻訳。, ロレンス・ダレルの弟のナチュラリストであるジェラルド・ダレルが少年時代を回顧した、ギリシアを舞台にした『虫とけものと家族たち』『鳥とけものと親類たち』『風とけものと友人たち』を1974年から翻訳。これがきっかけで、1975年にギリシアに移住、3年間同地で過ごす。, 『ユリイカ』の当時の編集長・三浦雅士の誘いがきっかけで、『ユリイカ』に詩を掲載[4]。帰国後、初の詩集『塩の道』を出版。1979年より『旅芸人の記録』(監督テオ・アンゲロプロス)の字幕を担当、これがきっかけでアンゲロプロスの作品の字幕を担当する。, 1984年5月号『海』に長編小説「夏の朝の成層圏」を発表、1987年中央公論新人賞を受賞した小説「スティル・ライフ」で、1988年に第98回芥川賞を受賞。, 1993年に沖縄に移住。2005年にフランスのフォンテヌブローに移住。2009年に北海道札幌に移住。「ぼくが生まれて育ったのは北海道である。梅雨がないことで知られるとおり、最も乾燥した土地だ。フランスを離れて日本に帰ろうかと思った時、同じ空気の中に住みたいと思って、札幌に決めた。ここの今日の湿度は六八パーセント。やっぱり乾いている。」と『週刊文春』にて述べている[5]。, 小説では『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、『花を運ぶ妹』で毎日出版文化賞、『すばらしい新世界』で芸術選奨、『静かな大地』で親鸞賞などを受賞。また、随筆では『母なる自然のおっぱい』で読売文学賞(随筆・紀行部門)、評論では『楽しい終末』で伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。2007年紫綬褒章受章。, 『むくどり通信』シリーズなどの随筆もある。2010年、北海道新聞や中日新聞、東京新聞、北陸中日新聞、西日本新聞及び中国新聞に、小説「氷山の南」を連載。, 2001年9月11日アメリカでのアメリカ同時多発テロ事件の直後から『新世紀へようこそ』というメールコラムを100回にわたって発信し、その後メールコラムは『パンドラの時代』、『異国の客』へと移っている。2002年11月にはイラクを訪れ、現地の普通の人々の暮らしを伝える『イラクの小さな橋を渡って』(写真・本橋成一)を緊急出版した。, 池澤の個人編集の河出書房新社の『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』全30巻が2007年11月より刊行された。, 小説や評論が国語の教科書など教育現場において採用されることも多く、『スティル・ライフ』は2002年度の大学入試センター試験国語I・国語IIの追試験問題で出題された(過去問題集では池澤の意向で文章は省略されている)。, 2011年第145回をもって、1995年第114回から務めた芥川賞の選考委員を辞任。, 2014年8月1日より、北海道立文学館館長に就任[6]。同年10月、過去に元従軍慰安婦の偽証言を報じた北星学園大学非常勤講師植村隆の解雇に反対する「負けるな北星!の会(マケルナ会)」を結成[7]。「たくさんの人が一人の人を非難している。その非難に根拠がないとしたら、もっとたくさんの人が立ち上がってその人を守らなければならない。」と発言した[8]。, 『現代世界の十大小説』(NHK出版新書 2014年)でサマセット・モームの『世界の十大小説』から60年後に、十作を選んでいる。, 「【Q&A】読者から池澤夏樹への50の質問」P.94 Q26への回答、「プラスかマイナスかわかりませんが、理科を勉強したことはぼくの一部です。嫌でも書くものに出てきます」。 『, 南里空海 「ぼくはこんな旅をしてきた」『池澤夏樹の旅地図』池澤夏樹、世界文化社、2007年, https://web.archive.org/web/20141001022450/http://www.sankei.com/life/news/140711/lif1407110006-n1.html, https://web.archive.org/web/20150704232426/http://www.asahi.com/articles/ASGB67JQTGB6PTIL03H.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=池澤夏樹&oldid=80315449, 『憲法なんて知らないよ というキミのための「日本の憲法」』(ホーム社、2003)のち集英社文庫, 『池澤夏樹の旅地図 Along the footsteps of a lay pilgrim』(世界文化社、2007), 『春を恨んだりはしない 震災をめぐって考えたこと』(中央公論新社、2011)のち文庫, 『池澤夏樹アジアの感情 Long interview』新井敏記著 スイッチ・パブリッシング 2002, 『分厚い本と熱い本 毎日新聞「今週の本棚」20年名作選2005~2011』丸谷才一共編 毎日新聞社 2012, 『愉快な本と立派な本 毎日新聞「今週の本棚」20年名作選.

!』で、渕崎ゆり子とダブル主演。池澤にとっても初期の代表作となっていった。キャリアを重ねる中で、女性役での出演が大半となり、少年役を演じる機会は少なくなっていった。, 重度の活字中毒で、字が読めるようになった頃から、起床後から朝食中、通学中、授業中、給食中、下校中、夕御飯中と、就寝まで本を手放さなず、1日に3〜4冊を読む生活を送っていた。母親に寝るよう促され部屋の電気を消された後も、布団の中に懐中電灯を持ち込んで読み、母親は小学校の先生に「娘の本の読み過ぎ」について相談したこともあるという。大人になった今でも1日に1〜2冊は読み、休日には傍らに本を積み上げて、食事をする間も惜しんでひたすら読書に没頭する。そんな自分を「書痴」「超のつく読書狂」と称する。本を読むために、電車での移動を好むほか、旅先にも必ず複数の本を持っていく。『本の雑誌』2009年1月号から、読書コラム「乙女の読書道」の連載を開始した[11]。, 現在はエッセイの執筆活動も行っている[12]。2013年から日本SF作家クラブ会員[13][14]。2017年、SFエッセイ集『SFのSは、ステキのS』で第48回星雲賞ノンフィクション部門を受賞[15]。2020年には日本SF作家クラブの会長に就任した[16]。, 2014年1月1日、2002年から11年間所属していたオスカープロモーションを離れ、フリーになったことを発表[17]。その後2014年7月1日よりアクロス エンタテインメントに所属することを発表した[18]。なお、オスカープロモーションの前には、81プロデュースに所属していた[3][4][19]。, 2020年7月1日、一般男性との結婚を発表[7][8][10]。相手は日本人だが、長く海外に住んでいた人物であり、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で当初予定していた相手の帰国がなかなか叶わず、予定よりも発表が遅くなってしまった[7][8][10]。, 『フランス語会話』に1年間の出演を終えた後も、フランス語を勉強している。他にもギリシャ生まれでイギリスとタイに留学経験があり、スペイン語も習っていた経験があるため、日本語、ギリシャ語、フランス語、英語、タイ語、スペイン語を話せるマルチリンガルである。, ファーストフードやジャンクフードをあまり好まない傾向があり、収録後の食事やお茶タイムはそういった店を避けるために、自ら率先して店舗探しや行きつけの店に誘導することが多い。, 2004年のアテネオリンピックの直前にはNHKの特番の収録のため、生まれ故郷のギリシャを20数年ぶりに訪れている。, Macをこよなく愛しており、「Macで女子で声優といえばワタクシ」であると自負している。雑誌『Mac Fan』にも「池澤春菜の天声姫語」というコーナーを持っている。また2009年9月号の『Mac Fan』の同コーナーでは、「17歳教」に入信した事を明かしている[20][21]。, 『Mac Fan』の企画として「MACユーザーのためのVOCALOID(初音ミク)のような何かを作る」という理由から、池澤本人の音声を録音した単語ファイルの断片を使用した「Mac音ナナ」を制作。当初は「Mac Fan」編集部員との制作で、その後、MI7 Japanとの協力でサンプリング素材として本格的に制作を開始した。2009年3月28日にact2.comでダウンロード販売を開始、Reason用のReFillファイルとAIFFファイルの構成になっている。その後VOCALOID 3で正式にMacOS Xに対応した事を受けて、「マクネナナ」に名称を変更した上でVOCALOID用ライブラリとして改めて制作、販売されている。, 20歳の頃の思い出として、「成人式ができなかった。振り袖が着たかった」と語っている。愛犬家で、「クー」と名付けられた雌のパグをパートナーとしている。「愛犬が他界したら自らも」という主旨の発言などからも溺愛振りをうかがい知ることが出来る[22][23]。, 2009年2月頃からWebサイトに名誉を傷つける書き込みをしたり電子メールを何度も送って面会を迫ったとして、ファンを名乗る無職の男性がストーカー規制法違反と名誉棄損の疑いで7月10日に逮捕されている。池澤自身には直接の実害こそ無かったものの、逮捕された男性は1度深夜にスタジオから出た直後で帰宅途中の池澤を待ち伏せして、意味不明な発言をするといった精神的苦痛などを与えている[24]。, 『爆走兄弟レッツ&ゴー! 池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年 7月7日 - )は、日本の小説家、詩人。 翻訳、書評も手がける。 日本芸術院会員。. サンシャイン池崎、両親に一軒家プレゼントも意外な反応に絶句「ボロ家に慣れすぎてて…」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サンシャイン池崎&oldid=80399569, 「バーニングコント」と称して、「空前絶後のピン芸人~」で始まる「回りくどい自己紹介」ネタや、ステージの袖へ横になって飛んでいくなどのアクションを行なう. !』のオーディションは、元々ヒロインの佐上ジュン役で受けていた。しかし自身のオーディション終了後、豪役の参加者が遅れることを理由に、顔見知りのスタッフから、掛け合いで行われる星馬兄弟のオーディションの補佐を頼まれたという。, 池澤は少年演技にどうアプローチをすればいいのか分からず、「『あくまで手伝いだから、分からないなりに』と、気楽に演技を行えたことがかえって良かったのでは?」、と採用について語っている。またこの際、烈役として池澤と掛け合いを行った渕崎ゆり子も、正規の烈役に決定している。なお、この作品のオーディションでは、渕崎にも豪役としての掛け合いが試されるなど、何通りかの組み合わせ・パターンを見られたという。, 作品は第2次ミニ四駆ブームの立役者となり、豪は池澤の歴代担当キャラクターの中でも、知名度が特に高い役柄の1つとなった。また、シリーズ3作目の『爆走兄弟レッツ&ゴー!! 池澤 春菜(いけざわ はるな、1975年12月15日[3][4][5][6] - )は、日本の女性声優、舞台女優、歌手、エッセイスト。アクロス エンタテインメント所属。愛称は「ナナちゃん」など。, ギリシャ・アテネ生まれ、神奈川県横浜市、東京都世田谷区育ち。身長は156cm、スリーサイズはB84cm・W54cm・H86cm。, 小説家・詩人、翻訳家の池澤夏樹は父。小説家・詩人の福永武彦は祖父。キャリアカウンセラー、ギリシャ料理研究家の池澤ショーエンバウム直美は母。, 声優としての代表作に、『とっとこハム太郎』のロコちゃん[7][8][9]、『爆走兄弟レッツ&ゴー! ATHENA -Awakening From the Ordinary Life-, CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001, SDガンダム GGENERATION OVER WORLD / CROSSRAYS, http://013.iza-yoi.net/20athena/in98a.jpg, https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/UDAR10002255/, https://www.oricon.co.jp/news/2165864/full/, “池澤春奈 一般男性との結婚発表「とても不思議なご縁で出会いました」 コロナで遠距離生活も「ひと段落」”, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/01/kiji/20200701s00041000142000c.html, “TalkingClock Ikezawa Haruna: 6人の池澤春菜さんが楽しめる着せ替えボイスアプリ。”, http://www.appbank.net/2012/03/05/iphone-application/373400.php, “声優の池澤春菜さんが結婚を発表!『ケロロ軍曹』の西澤桃華役、『ふたりはプリキュア』のポルン役など”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1593568652, https://web.archive.org/web/20130327041151/http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090801000292.html, http://013.iza-yoi.net/20athena/in98b.jpg, 『KOF XIV』全16チームの参戦目的やチームの結成理由をチェック!