水彩画は19世紀のイギリスという国で花開きその最高峰に至りました。その流れの頂点にいたのが天才画家ターナーでした。 今回はそんなイギリス絵画の巨匠 j.m.ウィリアム・ターナーが発見した透明水彩の技法とターナーの水彩画に注目してみたいと思います。 どうも、こんにちは。今日は久しぶりに人物を描いてみます。以前紹介した人物の描き方の記事では、”顔中心”の絵だったので、今回はもう少し広い範囲をカバーしてみようと思います。正直言ってしまえば、このサイトは水彩画帳と名前がついていますが、水彩画 サラ】 水彩の技法の第5歩目。 グラデーション!出来ましたか? フク】 一応 出 来たけど、段階的に・・・っていうほど、キレイに色の変化がでなかった。 サラ】 そうなのよねー。 水の量や色の拡散具合によっても違ってくるの。 でも、これも慣れてくると上手になってくるのよ。 よく水彩画をはじめたばかりだと、まず、鉛筆で形をとって、それから絵具を輪郭にそって塗りますよね。 でも、それって、結構難しいです。 なぜって、なんたって鉛筆で形をとるのが難しいでしょ! 透明水彩はマット水彩とは違った技法で色を置いていきます。 水だけで絵具を制御するので、とても使いやすい画材でもあります。 今回は透明水彩の技法を紹介していきます。 水で濡らして絵具を置く は … 今回の記事では水彩絵の具がどう作られているのか。どんな有名な水彩画作品があるのかなどについてお話してみました。 水彩画は簡単なようで、一番難しい絵の具といって良いのではないかと思います(個人的に)。 もしこの記事が水彩画に興味のある方の参考になれば幸いです。 水彩画のテクニックは、絵のセンスや小器用さに関係なく、だれでも簡単に実践できるものが多いです。今回は、初心者でも簡単に画力アップできる、簡単な水彩テクニックを6つ紹介します。ぜひチェック … サラ】ウェット イン ウェットを日本語にすると?フク】えっと・・・ぬれている・中に・ぬれている・・・?サラ】そう! 大正解!水彩の技法で言うウェット イン ウェットは、ぬれている状態を利用して、その中に(上に)、絵の具を塗っていくことなの。