2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏の活躍は、今も色褪せることはない。巨人から海外フリーエージェント(FA)権を行使してメジャー移籍した際、ヤンキースが松井氏を獲得したことが、球団史上4番目に価値のあるFA契約に選ばれた。, 2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏の活躍は、今も色褪せることはない。巨人から海外フリーエージェント(FA)権を行使してメジャー移籍した際、ヤンキースが松井氏を獲得したことが、球団史上4番目に価値のあるFA契約に選ばれた。米スポーツ専門サイト「SBネイション」が「ヤンキースのフリーエージェント契約トップ10」と題して記している。, 10位は宿敵レッドソックスから移籍し、松井氏とともに2009年のワールドシリーズ制覇に貢献したジョニー・デイモン。9位は1992年にヤンキースと契約し、1996年に18年ぶりの世界一をもたらした左腕のジミー・キーが入った。, 8位はキューバから亡命し、1998年にヤンキースに入団したオーランド・ヘルナンデス。今年、メジャー1年目から鮮烈な活躍を見せた田中将大投手は、デビュー当時の成績をこのキューバ出身右腕にたとえられることが多かった。, 7位のジェイソン・ジアンビーは、2000年にMVPに輝くなどアスレチックスでメジャー屈指の強打者として地位を確立し、ヤンキースに移籍した。禁止薬物使用の発覚もあったが、名門球団でも前評判通りの活躍を見せた。, 6位はリッチ・グース・ゴセージ。1978年に入団した当時メジャー屈指のクローザーは、移籍1年目からワールドシリーズ制覇に貢献。1990年にはダイエーでもプレーした。, 5位は2008年オフにブルワーズから移籍したCC・サバシア。今年は右膝の負傷でシーズンの大半を棒に振ったが、昨年までの5年間で計88勝を挙げ、すべて200イニング以上を投げた。来季、ヤンキースの巻き返しにはエースの復活が必要不可欠だ。, そして、4位に選ばれたのが松井氏だ。ヤンキース時代の活躍ぶりを紹介する文章からは、いかにファンに愛されていたかが伝わってくる。, 松井秀喜氏がヤンキースコーチ就任も? ジラルディ監督「松井はクラブハウスの人気者の1人」, 改めて振り返る、引退を表明したヤンキースの“象徴”ジーターの功績と、松井秀喜氏との絆, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 「ヒデキ・マツイを嫌いなヤンキースファンに会うことは不可能だろうし、もしそんな人がいても、会いたいとは思わない」, 記事ではそう評し、「“ゴジラ”と呼ばれた男はあくまで応戦的だった。日本のヨミウリ・ジャイアンツでは並外れた本塁打数によって名声を上げたにもかかわらず、松井は能力に長けたオールラウンドな打者であることを証明した」と称賛している。, 日本で圧倒的な実績を誇るスーパースターだった松井氏が自分を犠牲にしても勝利を最優先に考え、チーム打撃をできる選手であることは、初年度からチーム内外で絶賛された。当時の指揮官だった名将のジョー・トーリ氏は、今年の自身の野球殿堂入りのスピーチで、松井氏にヒットエンドランを出していいか聞いたときに快諾されたというエピソードを披露している。, 松井氏は現在もニューヨークで絶大な人気を誇る。デビューから3年連続で100打点をマークするなど絶大な勝負強さを誇ったが、特にプレーオフでの数々の活躍が、松井氏のイメージとして定着。ポストシーズンは通算56試合で打率3割1分2厘、10本塁打、39打点と、ハイレベルな数字を残っている。, 2009年のフィリーズとのワールドシリーズでは13打数8安打の打率6割1分5厘、3本塁打、8打点と圧倒的な数字をマーク。世界一を決めた本拠地での第6戦では相手エースのペドロ・マルティネスから先制の2点本塁打を放つなど6打点を挙げ、打席に立った際に「MVPコール」を受けた。, 3位はデーブ・ウィンフィールド。学生時代には野球とバスケットボールで才能を見せ、プロ入りの時はこの2つの競技に加え、アメリカンフットボールのプロチームからも指名を受けて話題となった。1981年にパドレスからヤンキースに10年契約で移籍し、個性の強さも光った。, 松井秀喜氏がヤンキースコーチ就任も? ジラルディ監督「松井はクラブハウスの人気者の1人」, 改めて振り返る、引退を表明したヤンキースの“象徴”ジーターの功績と、松井秀喜氏との絆, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 2009年のワールドシリーズmvpに輝いた松井秀喜氏の活躍は、今も色褪せることはない。巨人から海外フリーエージェント(fa)権を行使してメジャー移籍した際、ヤンキースが松井氏を獲得したことが、球団史上4番目に価値のあるfa契約に選ばれた。 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は「ワールドシリーズのベストパフォーマンスを振り返る」と題した特集記事を掲載。7つの「パフォーマンス」の中に、2009年のワールドシリーズmvpに輝いた松井秀喜氏(ヤンキース)の活躍も選出されている。 2009年のヤンキース世界一に貢献した松井秀喜氏は、今もnyで人気者だ。ヤンキースタジアムのイベントに出席すれば、必ず大歓声を浴びる松井氏。 ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は「ワールドシリーズのベストパフォーマンスを振り返る」と題した特集記事を掲載。7つの「パフォーマンス」の中に、2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏(ヤンキース)の活躍も選出されている。, カブスとインディアンスが世界一を目指す第112回ワールドシリーズは2試合を終え、1勝1敗のタイとなっている。28日(日本時間29日)からはシカゴのリグレー・フィールドに舞台を移し、3試合が行われる。第1戦ではインディアンス先発クルーバーが3回までに8奪三振を奪うなど6回4安打無失点と快投し、6-0で勝利。一方、カブスは第2戦で先発アリエッタが6回途中を1失点と好投し、若き強打者のシュワーバーが2打点の活躍。守護神チャップマンはワールドシリーズ史上最速の104.1マイル(約167.6キロ)をマークして試合を締め、5-1で快勝した。, クルーバーやチャップマンの投球は球史に残るものとなりそうだが、ワールドシリーズでは過去にも数多くの名場面が生まれている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は「ワールドシリーズのベストパフォーマンスを振り返る」と題した特集記事を掲載。7つの「パフォーマンス」の中に、2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏(ヤンキース)の活躍も選出されている。, NY地元紙の記事は「ヒーローは記憶に残るが、レジェンドは決して死なない」という“野球の神様”ベーブ・ルースにまつわる名言から始まる。「ポストシーズン、偉大な野球選手たちは遺産を残してきた。その多くは(野球殿堂のある)クーパーズタウンにこそいないが、時を経て彼らの伝説はMLBで言い伝えられている」と、現在も語り継がれる伝説的な活躍について回顧している。, 改めて振り返る、引退を表明したヤンキースの“象徴”ジーターの功績と、松井秀喜氏との絆, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ).