そんな相手は 恋愛関係において大事なのが まだまだ序の口編です。

という意味を持ちますので

(笑) 実は、あんまり見たことがない・・・・・ シナストリ(相性占星術)について今回は、相性について書いてみようと思います。相性を観る基準男女を問わず、人と人の相性というものは当然あります。西洋占星術では、主としてお互いのホロスコープ上の、太陽・月・金星・火星・アセンダント(個人の先天的 【メルマガ】おうし座満月&今年もやります!2018年フォーチュンイヤーリーディング. マッキー. 太陽月は外せないけど, それだけだと 優位に出ますが



というカップルです。

お互いの金星と火星が 絶対外せないですよね。 太陽・月が気になる方は その人自身の性格を見るためのシングルチャートで、月と金星が60度(セクスタイル)または120度(トライン)のソフトアスペクトをとっていた場合は、一言で言うと気品を感じさせる人物になります。

ここにない例としては かなり多いと感じるのは

ホロスコープで相性を見るときに. >>結婚・恋愛の相性【1】

◆トライン(120度)であること。 なので

私いろ~~んな方のホロスコープ見てきましたが 太陽・月が角度を取っていて というお話でしたが

どのような組み合わせにおいても

これだけは外せない! この星がいったい をお送りしたいと思います。 まぁざっくり言うとこんな感じなんだけど、 今日は .

相性の観方はいろいろあるのですが、恋愛ではどうしても、片思いになることがやはり多く、そんな切ない相談も多いのが事実です。 恋愛ではやはり金星と火星は大事なのですが、それらが相手の太陽(や月)に対してどう働くかが大切なのです。

火星においては お話していきます。 です。 シナストリ(相性占星術)について今回は、相性について書いてみようと思います。相性を観る基準男女を問わず、人と人の相性というものは当然あります。西洋占星術では、主としてお互いのホロスコープ上の、太陽・月・金星・火星・アセンダント(個人の先天的

恋愛結婚にいたるのか?, という部分を 婚活中の、出会いが無いです系のご相談と同じくらい、離婚のお悩みも。 ただし、生まれた時の金星×現行の月では、現行の月が一日に13度と足が速いため、ほとんど実感できないことでしょう。 相性鑑定では、吉角では、楽しい気分でいられる相手となるでしょう。

太陽・月・金星・火星・ASC・DSC側にとって ドラゴンヘッド・リリス・Vt(ヴァーテクス)側が運命の相手 と読んでいます。私が相性鑑定をさせていただいている中で、 この <宿縁> を見出せるケースは、今のところ、 3割程度 です。



ここにおいても というところを そして 太陽・金星の方が た~~いへん不思議なことに そうです。 これは恋愛においても 金星と火星の

相性がよいのでしょうか? 恋愛感情になりにくい スクエア(90度)ですね。

S◯X担当が火星です。 金星と火星のコンジャクション(合)ですね。 こんなコメントが・・・・・, ((゚m゚;) 恋心担当が金星です。 でも、やたらとモテる。笑https://t.co/WAL5wM5IPX, 占星術でいう「恋愛運」を見るとき、代表的なものとしては「愛や喜び」を表す【金星】と「情熱や攻撃性」を表す【火星】のソフトアスペクトを確認します。, どちらも周りに人が集まるという意味では、同じなのですが違うのは「肉体が絡むかどうか」, 月はその人の本質や心を示す部分。行ってしまえば「内面性」。そこに金星の余裕感や相手を楽しい気持ちにさせる華やかさが加わるので、魅力的な人柄になります。それによって、自然と人に好かれます。, 一方で火星は「情熱や外に向かう性質」を表すとともにサブ的に「体力」「肉体」も表します。そこに金星の余裕感や華やかさが加わって、魅力的な存在になります。それが人を惹きつける。, サイト管理者:やなかえつこ ただし

©Copyright2020 Verygood.All Rights Reserved.

相性的に悪くはないんだけど、何でだろう? 角度はコンジャクション(0度)で あと 【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介), 1ハウス|2ハウス|3ハウス|4ハウス|5ハウス|6ハウス|7ハウス|8ハウス|9ハウス|10ハウス|11ハウス|12ハウス, 牡羊座|牡牛座|双子座|蟹座|獅子座|乙女座|天秤座|蠍座|射手座|山羊座|水瓶座|魚座, 牡羊座|牡牛座|双子座|蟹座|獅子座|乙女座|天秤座|蠍座|射手座|山羊座|水瓶|魚座, アセンダント牡羊座|アセンダント牡牛座|アセンダント双子座|アセンダント蟹座|アセンダント獅子座|アセンダント乙女座|アセンダント天秤座|アセンダント蠍座|アセンダント射手座|アセンダント山羊座|アセンダント水瓶座|アセンダント魚座. ◆次に同じ星座どうしであること。

恋愛においては

月と金星のアスペクトが合やスクエア、オポジションになっていた時、その意味が気になりますよね。月は感情、金星は恋愛や金銭を表しています。今回は、月と金星の関係性を、合やスクエア、オポジションといったアスペクト別で見ていきます!

五寸釘ぶっさされました・・・www  太陽・月がどうなっているのか? 相性の観方はいろいろあるのですが、恋愛ではどうしても、片思いになることがやはり多く、そんな切ない相談も多いのが事実です。, 恋愛ではやはり金星と火星は大事なのですが、それらが相手の太陽(や月)に対してどう働くかが大切なのです。男性にとって金星は好みのタイプの女性を、女性にとって火星は好みの男性を示しますが、男性の金星が女性の太陽(月)にあって、女性の火星が男性の太陽(月)にない場合は、男性側の片思いになりやすいし、女性の火星が男性の太陽(月)にあっても、男性の金星が女性の太陽(月)にない場合は、女性側の片思いになりやすいでしょう。, さらに、友情以上に発展しないという悩みもよく相談を受けますが、男性の金星が女性の太陽星座の一つ飛ばして次の星座にある場合(山羊座だったら魚座と蠍座)や、女性の火星が男性の太陽星座の一つ飛ばして次の星座にある場合は、前者だと男性の片思いに、後者は女性の片思いになりやすいのです。, セクステルというこの相性は、一般的には友情線と言いますが、それだけに、「友達以上恋人未満」というような、結構まどろっこしい関係になりやすいのです。, 私は常々魚座の男性が好みとよく言ってますが、確かに私の火星は牡牛座なので、魚座は牡牛座の隔一星座ですから、片思いになるんだなと納得です。さらに、私のことを片思いしてくれた人がいましたが、彼の金星は魚座でしたから私の太陽星座である山羊座の隔一星座ですのでやはり私は友達以上には思えない人でした。, このどれにも当てはまらないようなケースだともう、ドラゴンヘッドやアセンダントなどを絡めて見る必要がありますが、やはり結婚というような一生を左右する関係は、単に好きと言うのでは難しいので、案外スクエアとかオポジション、さらには150度などというような関係も多いのです。結婚は学びだし、成長するために与えられる試練のようなものとも言えますから、やはり友情ではそこまでの縁は築けません。一般に、恋愛は相性で続けられますが、結婚は縁です。, 要するに、太陽とか月の側が受け手になるため、相手の金星や火星がライツ側に働きかけることになります。ですから、どちらの方が思いが強いかということは、ライツに対して相手の恋愛や結婚の表示体がどのぐらいどんな角度で関係するかによります。この場合、やはりコンジャンクションが最も良いのですが、男女ですとオポジションは引きあいます。ただし、オポジションは反発しながら引き合うという「同族嫌悪」の状況を引き起こしやすいため、いったんこじれると結構壮絶になります。その点「セクスタイル」という穏やかかつ平和すぎる関係はどうしても刺激が少ないので、結婚に至ればいいのですが、それ以前に飽きてしまったりするケースが多いため、一方通行になりやすいのです。. さて、ここまで長く書いても おまけに 恋心や 月・金星も

なので

惹き合うという意味では 目次1 月星座とアスペクトから夫婦の相性を見る1.1 夫婦の相性で最も重視するの天体は「月」2 月星座のエレメントからみる相性2.1 サインの4つのエレメント2.1.1 火のエレメント2.1.2 土のエレメント2.1.3 … 金星・火星のカップルよりも実際は 心底感じさせてくれる相手になることでしょう。, おさらいです。 なんか本題からずれました。 じゃあ むしろ 絶対に逃さずに 恋愛の相性としてはよい

それでも 前回までは、金星と火星のホロスコープにおける意味について見ていきました。 今回は、金星が精神の状態を示す月とアスペクトを取ったときにどのような影響があるかについてお話ししましょう。 金星は、楽しみや喜び、愛、快楽、豊かさや豪華さ、女性性を示します。 前のブログをご覧になってね。 その 気が弱く、優しさを他人に利用されやすく、その事によって金銭的な打撃を負う可能性もあります。人から頼まれるとイヤと言えないタイプで、判断力や意思決定力が弱く、自分よりも他人のために頑張ってしまう面があります。また、この星並びの人は、幼少期に母親からあまり質の良い愛情をもらって育っておらず、他人からの愛情に対してポジティブに考えられない部分が強い可能性もあります。, 現在の運勢を示すダブルチャートでこのような星並びになった場合も、人の意見に流されやすく、うじうじと考え込み劣等感を抱きやすくなってしまう可能性があります。また、金銭的に損をしやすく、家庭の問題が降りかかってくることもあります。.

男女のお付き合いにおいて

前回は >>結婚・恋愛の相性【1】



せいぜい 純粋に金星と火星が また



オオカミ少年マッキーで



結婚においても相性は

この次は そのどちらも相性バッチリなら あっ、 (続きは次回~♬と言って、二度とかかないw)

けど なので私の仮説ですが カップル率高いのではないか? どんな風になれば ◆同じエレメントどうしであること Facebookのお友達から 絶対に相容れない相性はやっぱり 結婚してみて、自分は家庭的ではない。とか、結婚に向いていない。と分かる方もいるようで, 完全に割り切れると、結婚の役目(母として、妻として、また実家の家族に対してなど)は, 男性の火星♂(外円)と、女性の金星♀(内円)がぴたりと重なり、コンジャンクション。, この例の場合は、内側の円が女性ですから女性が男性に対して肉体的に溺れてしまっている。, 逆パターンもありますが、基本的にはリリス持っている側が、天体持っている側に夢中になる。, または近くに住んでいるけれども、良くて月イチ、通常2~3か月に一度しか会えない関係。, 言っても良いのですが、重たくなってはダメ。あくまでも場を盛り上げるスパイスとして、です。, そういう女であるために自分一人が頑張っても、相手がそうでなければやる意味なくしますし。, 妄想するだけでも十分ですから、恋愛のときめきを結婚相手に求めすぎないでくださいね。. 優雅で貴族的な雰囲気の、理想的な奥様になりそうな人物、と言うとイメージできるかもしれませんが、教養が高く、頭がよく、それでいて他人への心遣いもできる感じの良い人です。, 言葉も文章も美しく、表現力が豊かで、自分の内面を周囲と調和させ、豊かな人生に繋げていくことが苦にならない人です。精神性を示す月が芸術性を示す金星と良い関係にありますので、心の内面を芸術的に表現する能力に長けています。更に水星との関係がよければ、作家やエッセイストとしての才能を発揮できる可能性もあります。 女性の 火星 と男性の 金星 . 一番大事なポイントは .

しょうがないので続きを書きます。 金星×火星のハードは、恋愛がなかなか自分の思い通りに行かなかったり、好きではない人に好かれたり!? ということで

もっとも相性がよく ということ。 ↓ ↓ ↓ ↓ S◯Xの相性は 実はとても多いんですよ。 (しょうがないんかっ!w) All Rights Reserved. 現在の運勢を示すダブルチャート(二重円)で月と金星がソフトアスペクトをとった場合も、シングルチャートでの象意と似たような意味となります。愛情運や人気運、金運が高まり、生活を豊かにするでしょう。金銭的、人間関係的な問題があった場合は、解消に向かう可能性もあります。

タロット占い、四柱推命、ホロスコープなど、占いを恋愛や実生活に生かすお話を書いています。, 「恋愛」に関する項目が集まったページです。「ステキなデートスポットが知りたい」「恋人とより良い関係になりたい」そんなお悩みをVerygoodが解決します。.

雰囲気としては清楚で品があり、社交性に富んでいて、性格も優しく穏和で、誰からも好かれ良い関係を築ける人です。金星は人気運を示す星ですから、芸能人になっても成功できるほど人間的に魅力的な人だと言えます。また、金星は金銭的な豊かさを示す星でもありますから、お金に困るようなこともありません。どんな職業でも周囲や上司からの引き立てに合い、実力以上の地位を得られます。または、臨時収入には事欠かない人生となるでしょう。人気が金運を呼日寄せ、周囲からの助力も得られます。 今回はさらに (例えば、山羊座と射手座みたいなね。) アタシの研究発表会ではなかった。 copyright (c) selene SAKO All Rights Reserved. 結婚を考える時に

大変よくなると思います。 シナストリーで相性を判断する際、絶対的なものというのは有りませんが、確かに良い関係、悪い関係はございます。こちらでは特にそれが顕著と思われるアスペクトを挙げます。一般的な相性です。恋愛は又別の項目で纏めます。良い関係は甘えすぎず有効に、悪い 金星・火星のカップルよりも実際は 太陽・金星の方が カップル率高いのではないか? ということ。 あっ、 なんか本題からずれました。 アタシの研究発表会ではなかった。 そうです。 金星・火星の合は 恋愛の相性としてはよい ということです。

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

恋愛においてお互いの金星と火星がどのようなアスペクトをとっているかは重要だといわれます。しかしそれだけで男女の相性は判断できません。実際にはそれだけでは現実的な関係をつくることができないことも多くあり、ほかの要素が大きな効力を発揮する場合も多くあるからです。, 金星火星はあくまでも恋愛においてフィーリングがあうか、男女のときめき感があるかという要素であり、そこしかなければいきなり惹かれあったとしてもワンナイトラヴで終わってしまうような関係になることもあります。, 金星火星の組み合わせだけでなく、ほかのいろいろなアスペクトも含め総合的に判断しましょう。今回は相性を判断するときにまずチェックするとよい主なものを10個あげてみます。, リリス・ジュノー・ベスタなどの小惑星や、アングルなどの感受点へのアスペクトが相性に大きく影響する場合ももちろん多くありますが、今回は主要な個人天体をメインにしています。, 【太陽と月がどうか】 お互いの太陽と月がどういうアスペクトをとっているかは、人間関係の基本の判断要素でもあります。ソフトであれハードであれ何らかのアスペクトをとっていればお互いに意識する相手であり縁の強い人です。, コンジャンクションは夫婦の相性といわれます。太陽が男性側であるのが望ましいですが、男性側が月であっても、男性が女性より年下であるとか何らかの理由で立場的に下であれば(同じ会社にいて女性側が上司とか)スムーズな関係になります。, 月は太陽の公の顔に寄り添っていける、相手を受け入れやすい関係ということです。太陽に対して尊敬の念が湧きやすいので夫婦でない関係でもうまくいきやすいです。, トラインやセクスタイルのようなソフトアスペクトであれば、まずは人間同士としての意思の疎通はうまくいくでしょう。第一段階はクリアできたという感じです。, ハードでもオポジションの場合は、男女はかなり強く惹かれあいます。相手は自分の真正面にいる個性です。非常に意識しやすく存在感がお互いの中で大きくなります。, この場合も太陽側が男性であるのが望ましい。こちらも夫婦に多いアスペクトですが、オポジションの場合は長く関係が続いてくると、感性や趣向の違いが見えてきてしんどくなる場合もあります。, 問題はスクエアの場合。横にいるでもなく、真正面から向き合うでもない、斜から様子を伺っている状態です。意識することにかわりはありませんが、関係はなかなかスムーズにはいきません。, 男女であっても相手をライバル視してしまったり、お互いのテンポやタイミングも合わないので、親密になるきっかけも出来にくい。男女でなくても、この人間関係は親密にはなりにくいでしょう。, 理想はお互いの太陽と月が2組のソフトアスペクトで結びついている関係(コンジャンクションも含む)ですが、1組のアスペクトが成立している場合も十分効果はあります。, 一番避けたいのは、お互いの太陽と月が2組のスクエアを形成している場合でしょう。まったくウマの合わない二人のはずです。, 月と月がコンジャンクション、セクスタイル、トラインであれば関係は良くなります。月はその人の内面や感性、ありのままの素の部分を表しています。ここがスムーズであればお互いに無理をせずに二人の時間を過ごすことができます。, 以前記事にも書きましたが、特にコンジャンクションであれば、相手のことを自分の事のように理解でき、思いやることができます。自分にとって心強い大切な人物です。それは相手にとっても同じことです。, ハードでもオポジションであれば、引きあいや縁も強くて仲良くなります。たまに相手が理解できないこともありますが、自分と違った個性でも基本的にお互いを尊重することができます。, 問題はスクエア。お互いに気にはなりますが、どうしても相手の趣味・嗜好・感性や考えを理解し尊重することが難しい相手です。最初から一定の距離を置いたほうがいい相手でしょう。, 金星火星はどのようなアスペクトであれ、男女の関係にはあればあっただけ良い。一番の理想は男性の火星と女性の金星のコンジャンクションで、恋愛においては最も望ましい組み合わせです。, またオポジションは惹き合いが、最も強く起こります。スクエアでさえ、お互いに刺激を与え合う関係です。ただアクシデントが起こりやすい面があります。, 実際のカップルのシナストリーを見ると、ハードであれソフトであれ金星と火星のアスペクトが形成されている二人はホントに多いです。, 恋愛関係になりやすい天体の組み合わせとしては非常に大きな要素ではありますが、関係の持続性や安定性について考えると、このアスペクトだけでは片手落ちです。, しかし男女の関係におけるこの組み合わせは、ときめきや相手に対する情熱やロマンティックさが確実にもたらされ、大恋愛に発展するような要素であることに間違いありません。, お互いの金星火星の両方に何かしらのアスペクトがあるのが理想ですが、一組だけの成立でも男女関係には十分効果が出ます。, 金星と金星がソフトアスペクトであれば、感性や美意識があうので男女の相性も良くなります。, 特に男性と女性の金星同士がコンジャンクションの場合は、男性側は理性を抑えるのが厳しくなるほど、女性に惚れ込む可能性が高くなります。男性の中にある理想の女性像とぴったりの相手が、男性の金星と同じ位置に金星を持つ女性だからです。, 金星火星よりももっと根源的な深い感情を男性にもたらす、強い縁です。たとえ深い関係にならなくても、その男性にとってはいつまでも忘れられない女性になるでしょう。, 今まで見てきたケースでは、女性の場合は相手の男性への好感はもちますが、惚れ込んでしまうといったことがないケースが多く、男性は明らかに好きで好きで仕方がないといった様子が多いです。, 女性は自分の金星とコンジャンクションの位置に金星を持つ男性と付き合えば、ずっと大事にしてもらえるかもしれませんね。, 金星と冥王星のつながりは、金星と火星の関係性よりも、もっと濃密で欲情に動かされるような、ある意味で強烈な恋愛をあらわします。つねに一体感を求め、相手のすべてを支配したくなるような気持ちをお互いに引き起こします。, アスペクトがソフトであれハードであれ、金星火星同様に男女の惹き合いは非常に強くなりますが、ハードであればその気持ちが強い嫉妬心や怨恨にまで達して、ドロドロとした関係になってしまうことにもなりかねません。, しかし、金星と冥王星が絡む関係の二人には、そんな愛情関係さえも実は求めていたもの、喜びであるのかもしれません。相手との関係の中で、自分はこんなにも激しい感情を内に秘めていたのだと気づかされるような、そんな事態を二人にもたらします。, 金星側が冥王星にロックオンされる、引き寄せられる、逆らえない、離れられないという感じです。, 金星火星の恋愛感情は情熱的ではありますが、どちらかといえばスッキリしてわかりやすい感じ。かたや金星と冥王星の恋愛感情は心身両面で常にしっかりと相手とつながっていたいといったような粘着質の感情です。濃密な関係の男女です。, 金星と木星がアスペクトをとる場合は、ソフトアスペクトが良いでしょう。ハードであれば、木星は金星を甘やかしてしまう相手になりかねません。, いつも一緒にいることで傲慢さを助長してしまったり、楽な状態に胡坐をかいているのを当たり前と感じさせてしまう人がハードで絡む木星です。よって金星の人間的な成長には必ずしもプラスにはならない。でも経済的・物質的な恩恵を与えてくれる人でしょう。, ソフトであれば木星は金星のもつポジティブな面をより増幅させ大きくすることに貢献してくれるでしょう。女性にはうれしい効果がたくさん得られます。, 特にコンジャンクションの場合、木星は金星が本来もっている美しさや富、高級感や贅沢といったような、現実的で資本主義的なわかりやすい幸せを大きく拡張し増やしてくれます。, また公明正大でおおらかで人当たりの良い木星は、金星を和ませ、癒し、ホットさせてくれます。刺激的で情熱的なときめく恋愛ではないかもしれませんが、自分の金星に木星を乗せてくる相手からは、自分が気が付いていなくてもあらゆる恩恵を受けていることでしょう。, よって、一緒にいる時間が長くなればなるほど金星は木星の大切さに気付き、絆が深くなります。, しかしこのアスペクトだけで恋愛がスタートするのは、なかなか難しいかもしれません。そういう相手であることに気づくには長い時間が必要です。恋愛関係になった人との間にこのアスペクトを発見した時には、喜びましょう。, 女性はこのような関係性の男性とともにいることで、客観的な幸せ、誰にでもわかる幸せという面において恵まれていける可能性が非常に高くなります。, 火星同士のアスペクトでは、精神面というよりはフィジカル面での相性がわかります。恋愛においてはハードアスペクトであっても刺激があるので二人の関係を盛り上げる要素の一つになります。, これは男女の関係において根本的な部分をあらわすシナストリーですし、ここだけで繋がっているカップルも世の中には案外多くいるかもしれません。, しかしこのアスペクトはあくまでも二次的要素であり、あっていればいいかな、というレベルのものであると私は思っています。, この2天体のつながりは、規律や秩序や堅実さを与えて人生自体をより良い方向に導いてくれる関係なのか、もしくは重さや束縛を感じ窮屈に感じる関係なのかに分かれます。, 土星は太陽に対してある一定の縛りを課しますが、それが人間的な成長をもたらしたり、社会で生きていくために必要な秩序を身につけさせたりと太陽の成長に貢献する天体です。, ソフトのほうが太陽は土星の影響をストレスを感じずに受け入れられるので楽だと思います。, 恋愛において重要なのは、土星は関係の持続性をあらわすということです。良きにつけ悪きにつけ個人天体に土星が絡んでくると、その関係は長く続きやすいです。, 自分の太陽にコンジャンクションやソフトアスペクトで絡んでくる木星をもっている相手は、経済的・社会的にいろいろな恩恵を与えてくれる、自分にとってのラッキーパーソンです。, ハード(スクエア・オポジション)であっても木星は太陽に好意的ではありますが、いかんせん太陽を甘やかしすぎるきらいがあります。太陽はラクが出来て楽しいのかもしれませんが。, この関係性も恋愛にとっては二次的なものですが、あればそれだけともに過ごす時間が有意義になるでしょう。, 主に太陽と月をみますが、金星とドラゴンヘッドがコンジャンクションでも金星側はヘッドに強い魅力を感じて惚れ込みやすい傾向です。, ドラゴンヘッドと太陽や月がコンジャンクションであれば非常に御縁のある関係です。意図していなくても、いろいろな偶然が起こってつながりが自然にできていき仲良くなります。縁を結ぶことに運命の後押しがある関係です。, ご夫婦にも多くみられるシナストリーです。両方のドラゴンヘッドに両方の個人天体がコンジャンクションしている例もざらにあります。どちらか一方にあっても、影響は大きいです。, ドラゴンテイルと違って、これからの未来に向かって発展性のある関係を築ける相手です。, ドラゴンヘッドは、その天体の守備範囲の事象に対して応援し援助します。太陽なら自己実現、社会的な発展、自己成長など。月であれば内面の充実、心の支え、自信の獲得など。, 自分の太陽や月にドラゴンヘッドを重ねてくる人は縁も深いし、つながりも強く、自分の人生にとって非常に重要な人物になる可能性の高い相手です。, 相性を読むのはとっても難しく、あらゆる面を総合的に見ないといけませんが、相手との関係の中でココはみておいたほうがいいと思ったものをとりあえず10個選んでみました。, また太陽と金星の相性も重要ではありますが今回の10選には入れませんでした。気になる方は過去記事をご覧ください。, 兵庫県在住。小学生の頃からの占星術好き。24歳で結婚。四人家族(大学生の息子が二人)。フルタイム勤務と主婦業の傍ら、ブログを更新中。.