こんにちは。偽イクメンブロガーのnikupapa(@FightersNon)です。野球好きのイクメンパパ~nikupapa~に訪問頂き有難う御座います。 11月11日移籍情報更新 2017年もセ・パともにリーグ優勝チームが決まりましたが、クライマックスシリーズの枠を掛けて熱い戦いが繰り広げられていますね。 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!! 秋吉大王堀浅間横尾谷口石井やるから小林くれよ 8 : 風吹けば名無し : 2020/09/08(火) 06:23:11 ID: jEnZ7C8N0.net きたああああああああああ 9 : 風吹けば名無し : 2020/09/08(火) … 日ハム、巨人とのトレード成立を発表 1年で2度目のトレードとなった藤岡「力になれず申し訳ない」 日本ハムは26日、鍵谷陽平投手と藤岡貴裕投手と、巨人の吉川光夫投手、宇佐見真吾捕手との2対2の交換トレードが成立した、と発表した。

淺間 大基(あさま だいき、1996年 6月21日 - )は、東京都 新宿区出身 のプロ野球選手(外野手)。 右投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。苗字の「淺」は旧字体のため「浅」と表記される場合がある 23歳の浅間は、横浜高から2014年ドラフト4位で入団。1年目の15年に46試合、2年目の16年には52試合に出場した。しかしその後は徐々に出場機会が減り、昨季は自己最少の19試合出場で打率.207、0本塁打、1打点にとどまった。 日本ハムは26日、鍵谷陽平投手と藤岡貴裕投手と、巨人の吉川光夫投手、宇佐見真吾捕手との2対2の交換トレードが成立した、と発表した。, 2012年ドラフト3位で中央大から日本ハムに入団した鍵谷は今季で7年目。主にリリーフとして活躍し、今季は18試合に登板し0勝0敗0セーブ1ホールド。球団を通じて「ファイターズでの約6年半、たくさんの方々に応援していただき、本当に感謝しています。素晴らしい監督、コーチ、チームメート、スタッフ、そして関係者の方々と出会えた事は財産になりました。チームの力になれず悔しい思いもありますが、新天地ではこの経験生かして頑張っていきます。日本シリーズでファイターズと対戦できることを心から楽しみにしています」とコメントした。, 藤岡は2011年のドラフト1位で東洋大からロッテに入団。昨季途中に岡大海外野手との交換トレードで日本ハムに加入した。今季はここまで2試合に登板し、0勝0敗0セーブ0ホールド。「短い間でしたが昨年、千葉ロッテマリーンズからトレードで加入し、温かく迎え入れてくださったことに感謝しています。ファイターズの力になれず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。これからはジャイアンツの一員になりますが、この経験を生かして新天地ではチームの力になれるように頑張っていきます」とコメントした。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ).

淺間 大基(あさま だいき、1996年6月21日 - )は、東京都新宿区出身[2]のプロ野球選手(外野手)。右投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。苗字の「淺」は旧字体のため「浅」と表記される場合がある[3]。, 牛込仲之小学校1年生の時に野球を始め[4]、「いちがやチーターズ」で投手としてプレー[5]。6年生の時に東京ヤクルトスワローズジュニアチームに選ばれ、NPB12球団ジュニアトーナメントの2008年大会に参加した[6]。牛込第一中学校時代は投手兼外野手として「新宿シニア」でプレーし、3年生の時に全国大会でベスト8入りした[2]。同年夏、メキシコで行われた第15回AA世界野球選手権大会の日本代表に選ばれた[4]。なお、後に日本ハムで同期となる立田将太も代表メンバーとしてこの大会に参加していた[7]。中学時代は生徒会長を務める。, 横浜高校では1年生の春にベンチ入り[4]。神奈川大会の4回戦で1番打者として出場、公式戦初本塁打を放ち[5]、5回戦では同級生で4番の高濱祐仁とアベック本塁打を放った[2]。高濱とは、1年生時から高校時代を通してコンビで「AT砲」と称された[8][9]。2年生時の神奈川大会の準々決勝で桐光学園の松井裕樹から決勝の2点本塁打を放った[10]。その後チームは全国大会に出場し、全2試合に「3番・中堅手」で先発出場し、7打数5安打2打点、打率.714だった[11]。3年生の時の第86回選抜大会の1回戦では「1番・中堅手」で先発出場し、3打数2安打で打率.667だったが、チームは敗れた[12]。神奈川大会では、準決勝で東海大相模に敗れた[13]。高校通算31本塁打[14]。大会後、9月1日から6日までアジア野球連盟の主催でタイのバンコクで行われた第10回18Uアジア野球選手権大会の日本代表に選ばれ[15]、台湾との準決勝では先制の適時二塁打を放った[16]。2学年先輩に田原啓吾、柳裕也、同期に渡邊佳明、2学年後輩に藤平尚真がいる。, 2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから3巡目指名を受けて[14]、契約金4,500万円、年俸540万円(金額は推定)で合意し[17]、入団。背番号は「26」に決まった。また、高校時代にチームメイトだった高濱も同ドラフトの7位指名で日本ハムに入団した[18]。, 2015年、2月8日の春季キャンプ紅白戦で高濱と共に「プロデビュー」を果たしたものの無安打だった[19]。二軍では4月までで29試合に出場し、125打数41安打で打率.328、2本塁打20打点4盗塁の成績で、イースタン・リーグの3,4月度の月間MVPを受賞した[20]。高卒新人選手が同月の二軍月間MVPを獲得するのは史上初となった[21]。5月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で陽岱鋼が左手を骨折したため[22]、その「代役」として5日に一軍に昇格した[23]。同日の対楽天戦にて「2番・中堅手」でプロ初先発・初出場し、プロ初打席は空振り三振だった。2打席目で初安打を放つと、四球で出塁した5回には初盗塁を記録した[4][24]。翌6日の楽天戦でも「2番・中堅手」で先発出場、3回に二日連続となる盗塁を成功させ、5回の第3打席では適時二塁打を放ち初打点を挙げた[25][26]。その後8日と9日のオリックス・バファローズ戦でも安打を放ったが、ドラフト制施行後の高卒新人選手の初出場から2試合連続盗塁および初出場から4試合連続安打はどちらも1999年に赤田将吾が達成して以来16年ぶりで史上2人目となった[27][28]。なお、10日のオリックス戦では4打数無安打で初出場から安打を放った試合の連続が4試合で途切れた[29][注 1]。6月29日に行われた「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」について、4月28日にNPB選抜チームのメンバーに選出され出場予定だったが[30]、6月25日に出場予定が取り消され、代わって岸里亮佑がメンバーに選ばれた[31]。9月23日の福岡ソフトバンクホークス戦に「8番・左翼手」で先発出場し、同点の11回裏にプロ初サヨナラ打となる適時二塁打を放ち[32][33]、高卒新人選手がサヨナラ打を放ったのは清原和博が1986年に記録して以来29年ぶりの事で、日本ハムでは前身球団を含めても初だった[34]。10月10日のクライマックスシリーズ・ファーストステージの千葉ロッテマリーンズ戦において「7番・右翼手」で先発出場したが、CSで高卒新人選手が先発出場したのはパ・リーグで初の事だった[35][36]。このシーズンは46試合の出場で打率.285、10打点、4盗塁、出塁率.307を記録し、二軍では通算65試合に出場し、260打数78安打、7本塁打、打率.300の成績で、イ・リーグの優秀選手賞を受賞した[37]。, 2016年、2月のキャンプ中に急性腰痛になり、全治約2週間と診断されたが[38]、その後腰椎分離症の発症で実戦復帰は4月中旬から下旬とされ[39]、実際には4月30日に出場選手登録された[40]。5月3日のソフトバンク戦に「1番・中堅手」で出場し、1回の第1打席でプロ初本塁打を放った[41]。プロ初本塁打が先頭打者本塁打になったのは史上31人目(外国人選手は除く)で、日本ハムでは1989年に鈴木慶裕が記録して以来3人目だった(前身球団を含む)[42]。自己最多となる52試合に出場し、打率.191、1本塁打、9打点、2盗塁、出塁率.219を記録した。, 2017年は腰痛で19試合の出場に留まり、打率.167、3打点、1盗塁、出塁率.205と結果を残せなかった。11月1日に椎間板ヘルニアの内視鏡手術を受けた[43]。, 2018年はリハビリの影響もあり31試合に出場し、打率.239、3本塁打、7打点、1盗塁、出塁率.323を記録した。, 2019年はブランドン・レアードの抜けた三塁手のポジションを掴み取り「1番・三塁手」で自身初となる開幕戦出場を果たすも[44]、月間打率.158と大きく落ち込み、抹消後も怪我の影響もあり長期の離脱を余儀なくされた[45]。9月に1軍復帰するも肉離れで再び離脱し[46]、自己最少となる13試合の出場でシーズンを終えた。打率.207、1打点、出塁率.233と結果を残せなかったが、同年オフの契約更改で来シーズンからは再び外野手1本でプレーすることを明かした[47]。, 12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2008 東京ヤクルトスワローズジュニアチーム, 日本ハムの淺間大基外野手が右肘回内筋肉離れで登録抹消 復帰までに約3週間の見込み|ニフティニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=淺間大基&oldid=79842478, 初打点:2015年5月6日、対東北楽天ゴールデンイーグルス9回戦(札幌ドーム)、5回裏に.

とにかく日ハムは左の外野手がだだ余りやし 20 : 風吹けば名無し : 2020/10/04(日) 21:14:36 ID: znT1wr1kd.net 外野手は浅間と万波いるからね 21 : 風吹けば名無し : 2020/10/04(日) 21:14:37 ID: rmSwVB3S0.net 巨人森福と日ハム西川の電源トレード

日ハム、巨人とのトレード成立を発表 1年で2度目のトレードとなった藤岡「力になれず申し訳ない」.