教師と保護者の不倫が増加中教師の恋愛のタブーといえば、教え子の生徒に手を出すことでしたが、近頃では教師と保護者の不倫というタブーの方が増えているようです。教師という聖職と不倫という倫理に反した行為、この相反する存在が共存 h�b```c``�a`a`��� ̀ �@1V �8r�+�|�uXCf%HJ�U�خD!�c;�\Vە������� �� �@�� }�H�(X�� �rG�U���avߺ����q���7M�}]3��$�ʆ�ԝj�V@ܣ� ����@� j�-�

現役小学校教師が語る、担任が疲弊する保護者対応の事例を書きました。実りのないやりとりや、理不尽な言動にもじっと耐えて1年を無事に乗り切ることを目標に日々を過ごしている教師のリアルな状況を詳しく書きました。 0 h�bbd```b``z &�@$�!�"��A�j��'yy=�� "��ɲ���@"=A�8g��$����>V �-�Fm+���J�� h�i���$����0 �OJ -HATOプロジェクト・教員の魅力プロジェクト「教員のイメージに関する子どもの意識調査」より, 関連タグ: 教員 ※この機能をご利用する場合CookieをONにしてください。, 第七次提言「これからの時代に求められる資質・能力と、それを培う教育、教師の在り方について」. 保護者会は、保護者と教師が児童生徒の学校での様子や家庭・地域での様子を持ち寄 って話し合い、子どもの教育に役立てることをねらいとしています。 保護者会の内容は開催時期や学校の実情によって様々ですが、授業参観と全校単位で 高校生 TOP > 初等中等教育研究室 > オピニオン > 第70回 子どもたちの声から「教師」の仕事の意味と魅力を考える 保護者会は何回経験をしても緊張する場です。最近ではいろんな事件やトラブルから教師のあり方が注目されています。 そのため、教師からしてみたら少し仕事がしづらい環境になっていることでしょう。 子どもたちは、教師の仕事の社会的意味を感じ取り、「教師は子どものためになる仕事」と評価している。また、教科指導だけでなく、生活指導・進路指導、学校・学級運営、保護者や地域との関係づくりなど、教師の人間性や責任感、情熱などにも魅力を感じている。 役立つスキルは出し惜しみせず、日本のハッピーのために今日も突っ走ります!!. endstream endobj 61 0 obj <>/PageLayout/SinglePage/PageMode/UseNone/Pages 58 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> endobj 62 0 obj <> endobj 63 0 obj <>stream h�ܚ�n�H�_��of����x���0�3 `�B����X��������e�9 {���?٤��d��b37X����P�`��C������,�. 80 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<55E30D89AF68D4F3F1042ECB97A2D412><54CDDF96402C294F99116EA289DB4786>]/Index[60 32]/Info 59 0 R/Length 112/Prev 1307662/Root 61 0 R/Size 92/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream endstream endobj startxref 中学生 4月からの採用は決まったはいいものの、何を準備しておけばいいか分かりませんよね。今回は教師になれば必ず必要になってくる持ち物を紹介しようと思います。 今から紹介する10個のものは、先に用意しておいた方が賢明です。 意識, 教育再生実行会議による第七次提言「これからの時代に求められる資質・能力と、それを培う教育、教師の在り方について」(平成27年5月14日)では、「教師がキャリアステージに応じて標準的に修得することが求められる能力の明確化を図る育成指標」を策定することが示された。教師は、「これからの時代を生きる人たちに必要とされる資質・能力」(①主体的に課題を発見し、解決に導く力、志、リーダーシップ、②創造性、チャレンジ精神、忍耐力、自己肯定感、③感性、思いやり、コミュニケーション能力、多様性を受容する力)を、「これからの時代を見据えた教育内容・方法」によって実践する存在であり、その指導力とともに、教師自身もこうした「資質・能力」(①~③)を有するべきであるとされた。 教師は、社会において、子どもの学びを援助し保障する第一の存在であろう。しかし、今日の急激な社会変化のもとでは、教師は、上記も含め、社会変化がもたらすさまざまな可能性と諸問題に対応しながら、子どもとともにそれを乗り越えるという、より高度な実践を遂行する存在であることが求められ、その能力が測られようとしている。 では一方で、学びの当事者である子どもたちにとって、教師はどのような存在だろうか。教師に対して、保護者、社会、国から、さまざまな期待とその裏返しとしての批判が寄せられている今日において、もっとも身近で教師をみている子どもたちの声から、教師という存在や、教師のあり方を考えてみたい。 取り上げるのは、ベネッセ教育総合研究所が、HATOプロジェクト・教員の魅力プロジェクト※1からの委託を受けて実施した「教員のイメージに関する子どもの意識調査」の結果である。本調査は、昨年(2014年)12月に、愛知県の公立の小学6年生、中学3年生、高校3年生 合計約2,000人を対象に実施したもので、子どもたちに、①「先生」の仕事に対するイメージ、②求める教員像(「尊敬する先生」など)、③職業観(「先生になりたいか」など)を主に尋ねている。「教員」という仕事に対する子どもたちの意識をとらえられるのが特徴である。, まず、子どもたちは、「先生」の仕事をどのような仕事だと思っているのだろうか。 図1をみると、小学6年生・中学3年生・高校3年生(以下、小・中・高校生と記す)の9割前後が、「忙しい仕事」「苦労が多い仕事」「責任が重い仕事」と回答している(「とてもあてはまる」+「まああてはまる」の合計、以下同様)。それと合わせて、「子どものためになる仕事」「世の中のためになる仕事」という回答も8割台~9割で、子どもたちは「先生」の仕事を、子どもや世の中のためになる大切な仕事だととらえている。 一方で、「給料が高い仕事」(4割台)、「やりたいことが自由にできる仕事」(2割台~3割)、「休みが多い仕事」(1~2割)と回答する比率は低い。 もっとも身近で教師をみている子どもたちは、「先生」の仕事の社会的意味とその大変さを感じているといえよう。, ※「あまりあてはまらない」「まったくあてはまらない」、無回答・不明は省略している。※「楽しい仕事」「頭がいい人がつく仕事」「人気がある仕事」の3項目は省略している。, では、子どもたちは、「先生」のどこに魅力を感じているのだろうか。 まず、今までに出会った先生(幼稚園や保育所の先生、学習塾や習い事の先生も含む)のなかで尊敬している先生がいるかどうかを尋ねたところ(図2)、半数以上の子どもたちが、尊敬している先生が「いる」と回答している。女子は、小・中・高校生とも「いる」の比率が7割前後で、小・中学生の男子(5割台)との差が大きい。 また、尊敬している先生が「いる」と回答した子どもに、何の先生かを尋ねたところ(図表省略)、小学生は、「小学校の先生」(58%)、「学習塾や習い事の先生」(32%)、中学生は、「中学校の先生」(48%)、「学習塾や習い事の先生」(27%)、「小学校の先生」(17%)、高校生は、「高校の先生」(38%)、「中学校の先生」(37%)の比率が高く、現在および前の学校段階の先生や、学習塾・習い事の先生があげられている。, 次に、子どもたちが尊敬している先生の特徴をみると(図3)、小学生は、「授業(教え方)がわかりやすい」(8割台)、「わかるまで教えてくれる」(7割台)の比率が高く、「わかる」ことへの指導が重要な要素となっている。また、小学生は、中・高校生に比べて、「友だち(仲間)の大切さを教えてくれる」「クラスのまとまりを大切にする」「学校などのきまりやルールを守るように言う」(6割前後)など、友だちや学校生活について指導してくれる先生を尊敬している。一方、中・高校生がもっとも重視しているのは、「どの子どもにも公平に接する」ことである(6割強)。また、小・中・高校生に共通しているのは、「困ったときに相談できる」(6割強)、「自分に期待してくれる」(5割台)など、自分を見守り、寄り添ってくれる先生である。 また、さらに具体的に、尊敬している先生とのエピソードを尋ねると(表1)、子どもたちは、図3であげられたような授業、友だち関係、クラスなどの場面や、自分の状況・悩みなどに対して、優しく、おもしろく、あきらめずに、そしてときに厳しく、自分たちを信じて、真剣に向き合ってくれる先生を尊敬していることがわかる。子どもたちは、先生の人間性や責任感、情熱などを伴った専門性に対して、魅力を感じているといえよう。, ※尊敬している先生が「いる」と回答した人のみに尋ねている。※図3の項目に関わる内容を中心に、主なものを選んで示した。, 上記のことは、子どもたちが「先生」に必要だと思うこと(先生に求めている力・資質)に対する回答とも共通している(図4)。「とても必要」の比率に着目すると、子どもたちは先生に、「授業がわかりやすい」こと、「受験勉強の指導ができる」ことを必要としているほか、それに次いで、「気軽に話しかけやすい」「児童・生徒の意見をよく聞く」、「児童・生徒が困ったときに相談にのる」など、教師との関係性を重視している。, ※中学3年生の回答。小学6年生、高校3年生も同様の傾向。※「あまり必要ない」「まったく必要ない」、無回答・不明は省略している。※「受験勉強の指導ができる」「部活動の指導ができる」は中・高校生のみに尋ねている。, このような子どもたちの声からどのようなことがみえてくるだろうか。 1つには、社会において、教師という存在やその仕事の意味があらためて問われることは少ないが、もっとも身近で教師をみている子どもたちの多くは、教師の仕事の多忙さ、責任の重さとともに、社会的意味を感じているということである。子どもたち自身が、「子どものためになる仕事」と評価していることも興味深い。教師に対する批判が多いなか、大人や教師には、これを教師に期待して、教師を応援する声と受け取り、教師の仕事の意味を再認識してほしい。 2つには、教師の専門性は、授業だけでなく、児童・生徒のさまざまな指導(生活指導、進路指導など)、学級づくり、学校運営、保護者や地域との関係などと幅広いが、教師は、それらの仕事に、人間性や責任感、情熱などを持って向き合っており、子どもたちはそういう教師たちに魅力を感じているということである。教師は、めまぐるしい1日のなかでも、子どもとの関係を築き、寄り添いながら仕事をしている。国が示すように、教師の仕事には、社会の変化に応じて変わらなければならない部分も多くあるだろうが、このような丹念な教師のあり方は、人を育てる仕事において欠くことのできない、変えられない部分である。子どもたちの生活現実が多様化するなど、さまざまな困難な問題が生じているなか、教師にはこれまで以上の力が求められるだろうが、教師には今後も教育の専門家として学び続け、このような魅力を高めてほしい。また国は、教師の勤務時間の長さ・業務量の多さの解消なども含め、教師が学び続けられる環境を整える必要があるだろう。, ※1 文部科学省国立大学改革強化推進補助金「大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築-教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-」特別プロジェクト教員の魅力プロジェクト(実施主幹大学:愛知教育大学)。国立大学法人北海道教育大学(H)、国立大学法人愛知教育大学(A)、国立大学法人東京学芸大学(T)、国立大学法人大阪教育大学(O)の強みを生かしつつ、教育養成機能の強化・充実を図ることを目的とした「HATOプロジェクト」は、4大学が活動拠点となり、全国の教員養成系大学・学部と連携・協力を促進し、教員養成の諸課題に積極的に対応することを目的としている。その一環である「教員の魅力プロジェクト」では、2014年度に本調査(「教員のイメージに関する子どもの意識調査」)、および「教員グループインタビュー調査」(4地域の小・中・高校の教員対象)を実施、今年度は「教員実態調査」(全国の小・中・高校の教員対象)を実施予定で、これらの調査結果を通して「教員」の仕事の役割・魅力・課題を明らかにする。, http://hato-project.jp/aue/project/p4.html. 91 0 obj <>stream 学校で先生と接していると次第に 「先生と仲良くなりたい!」 と思うこともあるでしょう。 それは恋愛的な意味で「好きな先生と距離を縮めたい」という人もいれば、「先生と友達になりたい」という意味 …

© 2020 教えて!ディラン先生 All rights reserved. %PDF-1.4 %���� 逆に保護者対応のしかたを間違えれば、一気に信用を失い、即地獄行き・・・といったこともあるかもしれません。, ということで、教師を疲弊させ、病ませる保護者対応とはどういうものなのかを詳しく書いてみましたのでぜひ読んでみてください。, たいがいはお休みや体調不良の連絡であったり、物を失くしたみたいなので話を聞いてあげてくださいといった内容であったりします。, 私も親の立場でみると、自分の子どものことが一番に思えるので、それはそれで仕方がないことだとも思えます。, 教師の家庭環境、プライベートが上手くいっていなくても、子どもとの関係に歪みが生じます。, 私は好ましくない内容の連絡がきた場合は、長引くのが嫌なのと学級に悪い影響を及ぼしたくないので、すぐに折り返しの電話を入れて確認をするようにしていました。, 文章だと細かなニュアンスが理解しきれないですし、早急に会話をすることで安心されるケースもあるからです。, もし早急に確認したいことがあれば、朝一に電話で直接話すか、仕事で忙しければ放課後に連絡を取り合う方が、お互いのニュアンスが伝わりやすいので、こじれにくく解決が早いかと思います。, そして、子どもにとっても教師にとっても、回り回って保護者様にも良い結果を生むことでしょう。, 担任として1年間、子どもと関わっていると様々な問題に直面し、家庭と連携を取りながら解決していきます。, その際に、電話で話したり、直接会って状況を確認したりすることはとても重要なことです。, 「これってただのお話相手?」と思ってしまうような、ただただ時間と体力を消耗する保護者対応でした。, 電話を切った17時、18時からやっと自分の仕事に取りかかれるということが続くと、だんだんと疲弊してきます。, 自分の仕事の時間が奪われるということは、学級のクオリティが下がってしまうことにも繋がります。, この1時間があれば、面白い授業の準備に充てられたのにということは往々にしてありました。, 学級で全員揃ってから、まとめて〇〇まで提出してくださいと指定があることもあります。, 家庭訪問の日時を決める際には、兄弟がいる家庭は、別学年の教師と訪問時間をかぶらないようにしつつ、同じ日に合わせる配慮をとらなければいけません。, できればささっと終わらせたい仕事でも、提出期限に出ていなくて揃っていない書類があると、後回しにせざるをえません。, 子どもが親御さんにきちんと手渡していないケースもよくあるので、ある程度は仕方がないと割り切っていましたが、何度も続くと内心、「また〇〇さんかぁ・・・」と思うこともありました。, 催促の電話のために名簿を調べ、かけてもすぐに繋がらない状況が続いたりすると、どっと疲れがたまってしまう保護者対応の1つです。, 少なめにして欲しい派の方の意見の大半は、「習い事で宿題の時間を長く取れない。床につく時間が遅くなりすぎる。」といった意見が多くあります。, 増やして欲しい派の意見としては、「子どもが家に帰ってから遊んでばかりで勉強をしないから、勉強をさせる口実のために宿題をもっと出して欲しい」という意見があります。, 他には、「もっと子どもの学力を上げたいからたくさん出して欲しい」という親御さんもいます。, 分からないでもないですが、毎回、「なんで???」とクエスチョンマークが頭に浮かんでしまいます。, 学校、担任の強制力を働かせて無理やりにでも勉強をする環境を作って欲しいということだと思いますが、全くもって意味がないと思っていたので、, 学力を伸ばしたいのであれば、宿題の量に頼るよりは、塾やタブレット学習、家庭教師などを利用する方がよっぽど効果があります!!, 宿題は、家庭学習を身につけさせるねらいのもとに毎日出されていますが、大量に出してもそれほど学習効果は望めないというか、逆効果という研究データも出されています。, 実際に、学習塾や習い事に通っている子は、帰宅後、夜12時までかけて宿題を終わらせたというのを別の学級の子どもに聞いたことがあります。, そんな現代の子どもたちの多忙な状況も考えながら、負担のかからない範囲の中で宿題の量を考えていますと伝えても、そんなことはお構いなしに、宿題の量を増やせの一点張りのときもありました。, 「子どもとの衝突や嫌われる関わりを自分はしたくないけど、先生が強制すれば子どもはやらざるを得ないから」, これが本音ではなかろうかと思いながら、結局、宿題を増やして欲しいとの要求は一度も受け入れたことはありませんでした。, 経験年数のない教師や、押しに弱い教師であれば、いろいろな保護者の意見に翻弄されてしまい、自分のやるべきこと、やりたかったことを見失ってしまうこともあるかと思います。, 子どもを良くしたい思いがあるほど、摩擦が生まれてしまうジレンマに苦しめられる保護者対応例です。, 子どもの実態や学級の育ち具合によって、やれることも変わってくるので、過去や誰かと比べられても、, 意図的なのか、無自覚なのかは分かりませんが、このようなことを言ったら相手が傷つくかもってことも、平気で言ってしまう方とも上手く付き合っていかないといけないのが保護者対応の辛いところです。, 『子どもがなくした学習道具を、先生がきっちり探してくれなかったから、翌日の活動に参加できなかった。』, もう少し協力的に探してあげたら良かったのと、代替品で翌日の活動に参加できるように手配してあげるべきだと思います。, 20年前と今では、教師と保護者の関係性、保護者対応のしかたは大きく変わってきました。, 教師なんてやってられない!という方が今後も増えるでしょうし、優秀な教員のなりても減っていくのではないかと思います。, これまで数回、リアルに学級崩壊したクラスや、担任が途中で辞めてしまったクラスを間近で見てきました。, 崩壊したある学級では、保護者が家で話しているんだろうなというような内容のことを、子どもが学校で話しているのを何度か聞いたことがあります。, 子どもにとって、学級が崩壊してしまうことはマイナス以外の何物でもないのですが、保護者自ら望ましくない結果を招いてしまうことがあります。, 学級崩壊に至らないとしても、子どもが尊敬できない教師のもとで、1年間過ごさなければならない状況は、やはり子どもにとってマイナスに変わりありません。, 「批判、クレームがあれば直接いくらでも対応しますので、これだけは協力してくださいね!」, 問題を起こした、ある子どもへの指導のしかたが適切でなかったということが、保護者のLINEグループで出回っているらしいから気をつけた方がよいですよ。, まさか批判されるような対応を取ったとは自分では思っていなかったので、そういう捉え方もあるんだなと反省しました。, 同時に、全くそんな雰囲気を感じさせなかった保護者が、LINEでそんなやり取りをしていることにSNS時代の怖さを感じました。, 学生の間では、こういった問題が存在するのは知っていましたが、大人になって自分がそのやり玉に挙げられるとは思ってもみなかったので、その後は気をつけないとなと思い、過ごしてきました。, もしかしたら、学級崩壊しそうなクラス、保護者とうまくいっていない学級担任はSNSで、あることないことを書かれているかもしれません。, そのようなときに一人でも、「先生、気をつけた方がいいよ」と忠告してくれる存在がいることは、その後の学級の運命、子どもの運命をも変えるかもしれません。, 普段の子どもとの関わりや教師の言動、修学旅行の様子までも詳細にクレームとして報告されたそうです。, ただこの件に関しては、あまりにも事細かい内容で保護者が知り得ないような内容もあることから、内部リークの可能性もあると話していました。, どうしようもない教師、子どもにとってマイナスでしかない教師は教育委員会に相談することもよい手段かもしれないと思います。, ただし、自分一人の思いをつき通すために教育委員会へクレームの連絡入れるのは、ちがうなぁと思います。, 教育委員会に連絡が入れば、管理職に確認の連絡が行き、当該教師の事実確認が行われます。, これもまた、とてつもなく実りのない不毛な時間であり、自分のやるべき仕事ができないジレンマに教師の心は疲弊していきます。, 今回は自分の経験や周りの教員から聞いた、よくある事例をピックアップして書いてみました。, 子どもたちにとってよい学習・生活環境を提供するためにも、教師の働きやすい環境づくりに目を向けていただけたら幸いです。, 【学級経営】荒れる3つの原因とは/教師の価値観やメンタル面も大きく影響!教師があるあるを解説, 子どもたちの未来をハッピーに!ディラン先生の愛情コミュニケーション共有サイトです。子育てや教育に関する情報を発信しています。