「2020年 『新本格魔法少女りすか3』 で使われていた紹介文から引用しています。」. 刑事さんに滔々と今日子さんが自分の見解を述べて、 しかっも犯人がはっきりと語られておらず、どこかに隠されていて私が気付いていないのか ここまで読んできて思うことは、ドラマのガッキーはかなりはまり役だったということ(笑)。

掟上今日子の心理実験 時系列はこちらが先。 後日調査したらそのとおりでした、というパターンはちょっと好みではないです。 探偵が推理した結果が合っているかどうかが重要なので、 これは推理小説ですから、推理小説が好きな人が読んでいるのでしょうし ひたすら仕事に徹する、論理に徹する名探偵は 西尾 維新『掟上今日子の備忘録』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵。 すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決! 不可解な三つの殺人事件に、今日子さんが挑戦する! 完璧なアリバイ、衆人環視の密室、死者からの暗号。 第一話のクイボノ、宿泊客が容疑者として足止めされて文句が出るのですが 特に、どれだけ未熟児かわかりませんが他の人にばれないように 忘却探偵シリーズ『掟上今日子の備忘録』10月より日本テレビ系列にて連続ドラマ化決定!, 掟上今日子シリーズ第三弾。 犯人の動機も無茶苦茶です。 美人でおしゃれでお金が大好き。忘却探偵・今日子さんのタイムリミット・ミステリー! 『掟上今日子の備忘録』西尾 維新、講談社文庫、2018年今日子さんには、今日しかない。一度寝たら記憶を失ってしまう名探偵・掟上 今日子(おきてがみ きょうこ)… 証拠にはなりえませんし、遊園地なら監視カメラくらいないのでしょうか。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 本筋からは逸れますが、3話目の冒頭は色々と共感するものがありました。, 忘却探偵 一概にせせこましいとは言えないのではないでしょうか。 ミステリーのトリックとして弱すぎますし。 眠ると記憶がリセットされる探偵が主人公のミステリー小説。ドラマ化されたこともある本。, 掟上今日子の誰がために(クイボノ) ようするに、ガッキーは最強ということである。, 競泳選手の感電死、婦人服試着室での密室(?)殺人、ダイニングメッセージの謎、の3事件を最速で解く。, 1981年生まれ。第23回メフィスト賞受賞作『クビキリサイクル』(講談社ノベルス)で2002年デビュー。同作に始まる「戯言シリーズ」、初のアニメ化作品となった『化物語』に始まる<物語>シリーズなど、著作多数。 読者に推理させる終わり方、ということだったのでしょうか。 とにもかくにも『掟上今日子の備忘録』楽しめました。 読書の秋ですね。同シリーズ、新刊は来年春らしいです。 タイトルは『掟上今日子の推薦文』だそうです。楽しみ! こちらのほうが好み。, トリックは面白いけど、現実味に欠ける。まぁ、本格ミステリーを期待するのが間違いなのかもしれない。3篇目は、犯人の一人称の語りなんだが、冗長な内容が多くて、正直読むのがだるい。特に、最初に8ページもの長さの善悪に関する与太話が続いていて、ここで断念しようかと真剣に考えた。 スマホを打つ余裕があるなら、通報なり信頼できる人にテキストを送るなりするのが普通です。

4話も、単に犯人を推理しろというのではなく変わったところで、 ミステリーとして秀逸かと言われたらそうではないかもしれませんが

シリーズが進んでいるからこそできる しかも特急料金ということで報酬が倍近くまで跳ね上がったのに 掟上今日子シリーズ第七弾 なんて描写もありましたが、前日や当日に断られる予約者はたまったものではありません。 「その人にアリバイ求めても駄目だよ!」と読みながら犯人に同情してしまう話運びや 眠るたび記憶がリセットされる名探偵・掟上今日子。 とても可愛いなぁと思いました。 それでも依頼料の方が安いというのは、 新垣結衣さんが演じてくれたのははまり役だったなと トリックの網羅的な巻かな?今日子さんは無防備過ぎてハラハラする。 掟上今日子の筆跡鑑定 些細なところでひっかかったのは、多重人格が医学的には無いもの、 var a8='a14072746802_2BS9OC_APWR6_249K_BUB81';var rankParam='YU_20rufc.zNOqo60r_MvCzD5CAguLa61s_F0vuNSCo0SqvLQFPgBFeC9UQNcLa61s_F0vuNSCo0SqvLQFvRDEYxx';var trackingParam='MOR.VITmk5_O.boZV-vZVb_bkrSCTWSs2WHfHsDxx';var bannerType='0';var bannerKind='item.fix.kind7';var frame='1';var ranking='1';var category='本'; 当ブログでは、Amazonアソシエイトなどのアフィリエイトプログラムを利用しています。 という試みとしての依頼内容なのでしょうが

『掟上今日子の挑戦状』(西尾維新) のみんなのレビュー・感想ページです(141レビュー)。 ... 忘却探偵シリーズ『掟上今日子の備忘録』10月より日本テレビ系列にて連続ドラマ化決定! ... 掟上今日子の推薦文 (講談社box) 西尾 維新 推理小説好きには非常に中途半端な作品です。 可愛い女の子に惹かれるような感覚で 異質なのに可愛いけれどサバサバしているという今日子さん、 本人のものではない指紋のフリック入力といっても 外出が禁止されるほどの悪天候なら絶好の凍死日和だったと思いますし 実はかなり今日子さんはリーズナブルな料金でやっているのでしょうか。 タイトルの『家計簿』の意味付けも弱く思えますし、 尚の事指紋が残らなさそうです。 掟上今日子の叙述トリック 現実的にはその言葉の入力だけが残っているというのは厳しいのでは。

父親が仕事をやめるほど、地下室に鍵をかけて監禁していた息子

その点では本作は密室殺人、クイボノ、叙述トリックなど 商品の購入方法や詳細情報などについてはリンク先の各サイトにてご確認下さい。商品購入などに関わるトラブルについては当ブログでは責任を負いかねますので予めご了承下さい。, 【感想/SEO】『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−』これこそが真のホワイトハットSEOです!, 【感想/小説】『掟上今日子の備忘録』は読みやすいけど、面白い本格派ミステリーだった。. それまでの推理とは関係ないところからオチがぽんと出てきて 洋服のブランドをひと目で気に入り一揃い買ってしまう 今回は各章で単独した話になっています。 他の方のレビューを読んでも、5文字だからこの人ではという感じで 呼び出されたのはなぜか、事件現場ではなく遊園地。依頼は、ある事件の容疑者より速く、巨大な脱出ゲームをクリアすることで……? 西尾維新さんの「掟上今日子の備忘録」を読了しました。tvドラマ版を見ていたので、今作のストーリーは全て予習済みでした。この作家さんの本にしては読みやすかったです(汗)シリーズものなのですが、とりあえず全部読もうかなという感じです。 鯨井留可がアリバイ工作のために声をかけた白髪の美女は最悪にも、眠るたびに記憶を失ってしまう忘却探偵・掟上今日子だった……。 いつもように今日子さんが軽快に謎を解いていく。 引き受けた事件は即日解決の彼女のもとに、今日も悩める刑事からの難題が舞い込んだ。 捜査のプロ達からどのように距離を取られていたとて、畏敬の念を抱かせる。 その後の心理試験の話もなかなか。

どれだけ推理物が好きだからと言って、自分が殺されそうなときに 1時間半以内に脱出ゲームクリアできる人がいたからって 多分、このシリーズは今日子さんのキャラクタが魅力なんだろうけど、小説では漫画やドラマのようなビジュアルがないので、あまり伝わってこない(シリーズの他の作品なら伝わるのかもしれない)。 いつものホンワカストーリー度は少なく、 掟上今日子の備忘録。先にドラマを見てしまったので少しばかり寝かせてたけど、 読みながら今日子さんはガッキーで動いてたね。ドラマでは設定などが変わってたんだな~と。当たり前だけど。寝たら記憶がリセットされてしまうのに探偵ってやはり面白い。 叙述トリック解説からの心理実験での見事な叙述トリックの流れが好きです。, 叙述トリック分類は面白いのです。 読み物としてとても楽しいです。

それは文句も出るでしょう、と思います。 コートなどを着ていたならまだごまかせる可能性もあるかもしれません。 ガッキーが頭の中で再生される以上、このシリーズは私の中で最強。 それぞれ難解な事件に挑む忘却探偵。頭の回転の速さに感心させられます。, 忘却探偵シリーズ第三弾。本作のほうが前作よりミステリ色が強めで、アリバイ、密室、ダイイングメッセージとミステリ的なモチーフを存分に活かしている。特に2話目の「掟上今日子の密室講義」はわりと真っ当な本格推理になっており、試着室という脆すぎる密室の謎が論理的に解き明かされる様は読んでいて非常に興奮した。主人公以外は全員初登場キャラなのも本作の特徴ではあるが、シリーズ三作目ともなるとこの一風変わったスタイルにも慣れる上、過去の因縁や伏線、縁などをいちいち引きずらず、毎回新ネタで一から語るのは好感が持てる。もはや様式美の域。その代わり、毎回一発ネタで勝負している感があり、面白さはかなりばらつきがあるといえよう。肝心の忘却ネタも前作ほどの危機感はなく、話への絡み方もいまいち薄かったのが難点である。, 本棚登録忘れてたので今更の登録。 寝たらその日の記憶を失ってしまう掟上今日子と、災難が付いて回る疫病神のような存在の隠館厄介が織り成す西尾維新の本格派ミステリー『掟上今日子』シリーズの第一弾「掟上今日子の備忘録」が面白かったので、紹介しようと思います。, きっけかは、日本テレビ系列でテレビドラマ化された『掟上今日子の備忘録』を観て、「あ!これ西尾維新の作品じゃん!」ってことを知ったからですね。ただのミーハーですねw, 設定がなんとなく斬新で、これまでにもありそうではあるんですが、でもそのありそうな感じを払拭するくらい西尾維新が上手く描いていたので、ちょっと気になっていたんですよ。, で、テレビドラマ放映から半年くらい経ってから、書店をうろうろしていたらこの本が目に入ったので、「あ!そういえば!」って感じで思い立ち一度読んでみることにしたわけです。, この『掟上今日子の備忘録』は、一冊で一つの作品ではあるんですが、いくつかの物語で構成されているので、その物語にそってあらすじを書きたいと思います。, 幾度となく難事件に巻き込まれ、毎回その犯人だと疑われてしまう残念な男・隠館厄介は、またも事件?に巻き込まれてしまう。最初の事件は、厄介が就職した研究所が舞台。その研究所で漏洩してはいけない情報が入ったSDカードが紛失してしまう…。もちろん疑われるのは、厄介…。, 掟上今日子は、厄介が知る探偵の中でも、とりわけ優秀でも、有名でも解決率が高いわけでもない…。だが、最速の探偵であった。寝たらその日の記憶を失ってしまう「掟上今日子」の標語は「忘却」。, という一風変わった。一風どころではなく、とてつもなく理不尽な要求であった。その事実を里井の担当編集をしている紺藤さんから聞いた厄介。犯人の要求に仕方なく応じようとする里井と、なんとかしてそれを阻止したい紺藤。これまでにもお世話になった紺藤を助けるべく、厄介が読んだのは、またしても「掟上今日子」だった。, 犯人は、なぜこんな理不尽な要求をしたのか。そして、犯人は一体誰なのか?タイムリミットは一日。今日子は、この事件を解決できるのか…?, それは、「小説家・須永昼兵衛(すなが ひるべえ)の最新作の原稿を今日子さんと探して欲しい」ということだった。, 今回厄介と今日子が向かうのは、その原稿の在処である須永昼兵衛の別荘。しかし、その道中、須永昼兵衛の死を知らされる厄介…。厄介は、須永昼兵衛の大フャンである今日子を前に、その事実を隠し通せるのか?そして、今日子は無事一日で須永昼兵衛の原稿を探し出すことはできるのか…?, 「須永昼兵衛の死は自殺だったかもしれない…」という疑惑が浮上した。この事実をぜ今日子さんに解き明かして欲しいとの、頼んだのは厄介ではなく、紺藤だった…。, そして、この事実を探るために必要になるのは、須永昼兵衛のこれまでの作品をすべて読むということ。須永昼兵衛の全作品は99冊と、最新作を合わせた100冊。これをすべて読み、事実を確認するためには、一日では解きれない…。, だが、今日子はそのことを差し置いても、事実を確認したいと言う。そのためには、厄介が必要だとも…。寝たら記憶を失う今日子と、その今日子を寝させないために雇われた臨時職員厄介の壮絶な5日間が今始まる…。, 5日間寝ることもなく須永昼兵衛の作品を読み続けた今日子は遂に倒れてしまった…。その姿を発見した厄介は、これ以上彼女に辛い想いをさせるわけにはいかないと、これまでの事実を消し去ろうとする。, そして、今回の話のてん末について厄介と紺藤。そのときに現れたのは、眠っていたはずの今日子だった…。, 須永昼兵衛の死の真相。そして、最新作に隠された須永昼兵衛の想いを今日子が解き明かす。, 寝たら、その日の記憶がなくなるという設定での探偵っていうのは新しかったですね。一日しか記憶が持たないから、踏み込める事件があって、また忘れるまでの古い記憶しか持たないからこそ、解ける事件がある、というか作るっていうのは面白かったです。, 他の探偵であれば、これまでの経験を活かして事件を解決して、どんどん優秀になっていうか、成長していく過程が書けると思うんですが、それがないっていうのは良い意味で斬新。, 探偵の今日子が成長しないんですが、一般人間、平均的で、運がない人間厄介が、どんどん成長していく過程は面白いですね。でも、なんだかんだで運はないんですよね…w だから、事件にも巻き込まれるし、でも、そのおかげで今日子に会えるしみたいな展開もまた面白かったです。, 『掟上今日子』シリーズはまだこれが第一弾なので、これからの作品を早く読みたいと思います!, ドラマってかなり脚色してあったんですね。原作には登場しないキャラが結構いて、でも、それはそれで結構上手く使われてて、まとまっていたのは凄いなぁーって思いますね。, 僕はドラマから入ったので、あんまり違和感なく原作を読めたんですが、原作からドラマだったら、この脚色に結構な違和感を感じたのかなーと思いつつ、でも、それはそれで別の作品としてみても面白いのかなーって思いますね。, めだかボックスとか、化物語とかもそうだったんですけど、この人の作品ってやっぱり言葉の使い方が変わってますよね。でも、そこがまた他の作家との違いで良いんですよ。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.