ブロークンハート 不仕合わせ 不仕合せ 不幸せ 不祝儀 哀しみ 悲しさ 悲しみ 憂い事 憂き目 傷心 哀傷 哀哭 哀情 哀惜 嘆息 心痛 悲哀 悲嘆 悲歎 愁傷 感傷 憂事 憂愁 Weblio類語辞典の特徴. 語彙力の乏しい私にとって頼りにするのは類語に関する辞典や検索アプリです

978-4-385-13651-6. Weblio類語辞典の特徴. 連想、類義語が検索できる『連想類語辞典』 ソフト / 2017年1月4日. 僕が実際にときどきお世話になるものを中心に、類語、関連語、連想語、共起語などのキーワードツールを紹介します。僕は、何かしらの原稿を書くとき(ライティング)での利用が多いのですが、リスティング広告の出稿キーワードなどでも利用できます。

Amazonで小内 一のてにをは連想表現辞典。アマゾンならポイント還元本が多数。小内 一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またてにをは連想表現辞典もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ある言葉から連想される言葉を知りたいとき 検索フォームや索引から言葉を指定すると、その言葉の類語、同義語、連想語が表示されます。 表示された言葉のリンクをたどることで、「類語の類語」も簡単に検索に検索できます。 「期待」という言葉について知っていますか。普段から使ったり、耳にする方も多いでしょう。今回は、「期待」という言葉について、特に類語を中心に説明していきます。「期待」という言葉の類語の数や、関連する語の数は非常に多いです。是非、「期待して」読んでみてください。 感動的な文章の膨大な例文集。耳にした者の心を揺さぶる言葉のデーターベース。独創的な気持ちの表現。心動かす風景の表現。グルメレポーターも悔しがる料理の味の伝え方、など。 様々な同義語や同意語の日本語表現を約40万語を収録。 使う場面やニュアンスごとに、類語とシソーラスを分類・整理。 リンクによって「類語の類語」を簡単に検索。 名詞や形容詞、感嘆符など、品詞の区別にとらわれず類語を紹介。 様々な同義語や同意語の日本語表現を約40万語を収録。 使う場面やニュアンスごとに、類語とシソーラスを分類・整理。 リンクによって「類語の類語」を簡単に検索。 名詞や形容詞、感嘆符など、品詞の区別にとらわれず類語を紹介。 goo類語辞書は2万5,000件の言葉について、共通する意味、実例、使い分けを解説。特に、言葉の微妙なニュアンスの違いや使い方の差異は、豊富な例文と対比表を用いて丁寧に解説します。 悲しみ ⇒ 何となく悲しい( 物悲 ものがな しい) 哀しみ ・ 暗い ・ (やさしくて)ほろ苦い(思い出) ・ ほろ苦さ ・ 哀しい ・ どこか寂しい ・ どこか惹かれる ・ 胸を騒がせる ・ ペーソス ・ 哀愁(が漂う) ・ 陰り(のある) ・ 寂しげ(な) ・ あきらめ(が漂う) ・ 諦観 ・ 運命を受容する ・ 秋(になると物悲しい) ・ 陰影(のある空間) ・ (思い出すと)甘酸っぱい ・ 憂愁 ・ 寂しげ(な風景) ・ … 僕が実際にときどきお世話になるものを中心に、類語、関連語、連想語、共起語などのキーワードツールを紹介します。, 僕は、何かしらの原稿を書くとき(ライティング)での利用が多いのですが、リスティング広告の出稿キーワードなどでも利用できます。, Weblio提供の類語辞典、シソーラス「Weblio類語辞典」。「類語玉手箱」と「Weblioシソーラス」を利用しているとのこと。「お隣キーワード」などの横展開がちょっとありがたいです。, Yahoo!辞書の中のひとつ「Yahoo!類語辞書」。Yahoo!辞書は、言葉の意味を調べるのによく利用しているので、その流れで類語辞書も利用しています。Weblio類語辞典よりも多く言葉を返してくることもあります。, Preferred Infrastructure提供の「連想検索エンジン reflexa」。独自に学習させたデータが元になっているとのこと。最近の話題のキーワードにはそれほど強くない印象ですが、一般的な言葉に対しては多くの言葉を返してきます。, 言語工学研究所が提供する類語辞書検索サイト「類語.jp」。有料ツールなので、いまの時点では利用していないのですが、今後の利用を検討中のツール。20回分は無償で利用可能。, Google AdWordsの公式のキーワードツール。関連するキーワードの月間検索ボリュームやその傾向、AdWordsでの上限クリック単価などを提示します。管理画面から利用可能。アカウントがない場合でもこのリンクから利用できますが、アカウントがある場合と内容が少し異なります。, Yahoo!リスティング広告の公式のキーワードアドバイスツール。関連するキーワードの月間検索数や検索ボリューム推移、属性別検索割合などを提示します。管理画面から利用可能。, クロスリスティング提供の公式の検索数調査ツール「キーワードウォッチャー」。goo、OCN、BIGLOBE、Niftyなど、クロスリスティング提携ポータルサイトの検索数データを使用し、関連するキーワードの月間検索ボリュームなどを提示します。無料でも制限付きで利用できますが、僕は残念ながら無料会員です。, グーグルが提供する公式の検索ボリューム動向調査ツール「Google Insights for Search」。該当キーワードの検索トレンドや他のキーワードとのトレンド比較を調べるのによく利用しますが、「人気検索クエリ」「注目検索クエリ」として関連するキーワードも10件ずつ提示してくれます。県別にフィルタも可能。, グーグル検索のサジェスト機能(入力補助機能)で表示されるキーワードを一覧で表示するというツール「Übersuggest」。これでもか、というぐらい出してくれます。, 拙作、Cinci提供のYahoo!関連検索ワード調査ツール「cotoha キーワードアドバイスツール・オルタナティブ」。Yahoo!検索Web APIを利用し、ヤフー検索のサジェスト機能などに表示される「関連検索ワード」を一覧で表示します。悪徳なSEO業者による目的外利用の回避のため、一部のキーワードに関しては仕様上表示されません(取得できません)。, その他、サジェスト機能や関連キーワードを提示するWebサービスはあります。目的や用途によっては、これらが提示するキーワードが有益な場合もあります。, きざしカンパニーが提供する、ブログ検索&話題解析サービスの「kizasi.jp」。ブログでそのキーワードと一緒に使われる関連語(つまり共起語ですね)やその利用トレンドがわかります。ブログという領域とはいえ、共起語を提示するツールのひとつ。, 同じくきざしカンパニーが提供する”コトバを見つけるキーワード検索ツール”「kizasi.jp keygram」。そのキーワードと関連するキーワード、それらをブログで利用する性別年齢などの属性情報(デモグラフィクス)、利用頻度(トレンド)などを提示します。癖があるツールですが、おもしろいツールです。, 同じくきざしカンパニーが提供する、そのキーワードと一緒にブログで使われた過去の共起語を提示するツール「kizasi.jp きざし的フォークソノミー」。流行変遷の大きいキーワードで利用してみると、過去にどのようなものが流行ったのかがわかるツールです。, 拙作、Cinci提供の「連想キーワード検索 renso」。前述の、連想検索エンジン reflexa と kizasi.jp のそれぞれのAPIを利用し、そのキーワードの連想語を提示します。, ちょっと毛色が違うかもしれませんが、ヤフー提供の「Yahoo!ブログ検索(ヤフー検索内)」です。至って普通なブログ検索ですが、ブログでの記述を元にした注目度の推移や、ポジネガの評判情報なども提示します。, NTTレゾナントが提供する「gooブログ 評判分析」。これも前述のYahoo!ブログ検索と同様、ブログでの記述を元にしたポジネガの評判情報やその推移、キーワードごとの比較ができます。, 数多く紹介しましたが、もちろん上に挙げたWebサービスをすべてを使う必要はありません。僕自身も、言葉を確認するための一般的な辞書と、できるだけ統一した表記の基準の確認としての「記者ハンドブック 新聞用字用語集」を利用する頻度の方が、上記のサービスを利用することよりも多かったりします。, 記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集 一般社団法人 共同通信社 編著アマゾンで詳しく見る », 利用する際に気に留めてほしいのは、その情報やキーワードの根拠や出典は何なのか、どの程度サービス提供者による意図的な提示なのか、という点です。無条件に「ユーザーが使うキーワードなんだ」などと過信するのではなく、出典を理解した上で、あるいは参考程度に捉えた上で、利用しなければいけません。これは上記ツールに限ったことではなく、様々なサービス利用や情報を扱う際でも全く同じです。, 最後におもしろいことを書き添えておくと、このエントリーを書くのに、上に挙げた類語や関連語のキーワードツールはひとつも利用しませんでした。参考にすることもあれば、参考にしないこともある、ということです。, 株式会社真摯 代表取締役。データの根拠とマーケティング視点を軸に企業のWebビジネスの改善を支援しています。プロフィール詳細, ヤフーの関連検索ワードの調査ツール「cotoha キーワードアドバイスツール・オルタナティブ」をつくりました, 「cotoha キーワードアドバイスツール・オルタナティブ」が『Web STRATEGY vol.16』で紹介されました, 「cotoha キーワードアドバイスツール・オルタナティブ」が『web creators 2008年5月号』に載りました, cotohaを、スポンサー検索(Overture、Google Adwords)と関連づけました, KPIは、サイトの目的、戦略戦術、ゴールにひも付く – サイト改善のサイクル、再考(4), マウスの位置を強調したい!スマホ画面もPC経由で共有したい!オンラインミーティングの画面共有で活躍するWindows設定とアプリ, コマンドを知らなくても使えるTwitterアドバンス検索「つばさーち」を始めました.