手紙で謝罪の気持ちを伝えるのも効果的です。 文字にすることで女性も気持ちが冷静になり、きちんと誠心誠意謝ることができます。 彼氏も「手紙にするほど反省しているんだ」と怒りが収まり、彼女の謝罪を受け入れてくれます。 ここで黙り込んでしまうと、彼女側が「なんでここで黙るの?」と不安になってしまいますし、「反省する気が無いんだ」と感じてしまう可能性もあります。 しかし、とりあえず約束をしておけば良いなどの考え方はNGになります。 彼女の連絡が突然途絶えた原因を考えて、とるべき対処法を考えていきま, この記事では、彼女を怒らせてしまったときの「謝り方」を紹介してきました。 ・別れそうで辛い...

そこで、彼女が「何が嫌なのか」をちゃんと覚えておくべきです。 その承認欲求を満たしてあげらえるのが「恋人」です。 しかし、この行動は本当に印象が悪くなる行動になるので気を付けるようにしてください。

しかし、面と向かっての謝罪に抵抗がある人や、直接謝罪をしたけど許してもらえないケースもあるでしょう。 もし、このまま別れることになって〇〇を失ってしまうと考えると、どうにかなりそうなぐらい辛い。

ラブラブだった彼女と喧嘩して破局寸前の悩める彼氏のために、カップル仲直り方法論をご紹介。ケンカした時に知っておくべき女心だけでなく、掛けるべき言葉、プレゼントや手紙のタイミングなど喧嘩別れしない具体的ノウハウをお教えします。大好きな人と絶対に別れない方法とは? 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や彼の性質も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 本当に心から反省をし、約束ができる状態になっているときだけこの言葉を伝えるようにしてください。, 「〇〇と喧嘩をして、会えない日々は凄く辛いです。 もちろん良い結果に恵まれると、喜びや充実感で満たされますが、思い浮かべるのはその結果に至るまでに、どんな出来事があったか…という事なんです。, この場合で言うと、結果(車を買った)よりも過程(購入するか否かの相談)を重視するのが女性なんです。, たとえば、記念日を毎年忘れてしまって彼女が怒った時、あなたが「すっかり忘れてた。ごめんごめん」と謝っても、まず許してもらえないでしょう。, こんな時、記念日の大切さを女性と同じレベルにまで瞬時に引き上げるのは無理です。 意地を張ってあの時直接謝れなかったことを後悔しています。 仕事をしている時に、誠意を見せろと言われることがあります。何をすれば誠意と思ってもらえるのか?一体、誠意とは何をすることか?と疑問に持ったことはないですか?今回は、相手に誠意と思ってもらえるための方法をお伝えしていきます。

家に帰って反省をしました。 謝り方として大事になるのが「反省していることを伝えること」です。 「自分の何がいけなかったんだろう」と悩んでいると、何をして良いのかが分からなくなることもあるはず。 そんな時は、メールやラインで謝罪をすることが大事になります。 そこですぐに「ごめん」と謝罪ができれば良いのですが、つい黙り込んでしまう人もいるかもしれません。 ダラダラと長い言葉で謝ってしまうと、どんな言葉も言い訳っぽく聞こえてしまうこともあるでしょう。 何もしないよりは謝罪をすることは大事になります。

「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 これ以上彼女を怒らせたくないからこその「だんまり」かもしれませんが、できれば黙り込むことはやめて、相手の話を聞いて相槌を打つなど、会話をすることを心がけてください。, 自分の行動が原因で彼女を怒らせてしまうと、彼女に暴言などを吐かれてしまうこともあるかもしれません。 謝っても許してもらえないとなると、怒っている理由を教えてくれないのと同様に、完全にお手上げ状態になってしまいます。, あなたが彼女に黙って、高級車を購入したとします。 もちろん、「何かをプレゼントすればいいんでしょ?」といった気持ちが伝わる言葉ではいけません。 喧嘩をする度にこのような謝り方をすれば良いわけではありませんが、本当に別れの危機が迫っていそうな感じがするのであれば、相手への想いを伝えてみましょう。, 「家に帰って自分の言動を思いだしてみると、大事な〇〇に向かってどうしてあんなことを言ってしまったのか分からない。 旅行のプレゼントで許してもらえるなんて思ってはいないけど、もう一度やり直す機会が欲しいです」 想いを込めて話をしたいと思うほど、謝罪は嘘くさくなることを覚えておいてください。 |利用規約 | 運営者情報・連絡先. そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定!

しかし、謝り方以外にも気を付けなければならないことがあるので、ここからは彼女を怒らせたときのNG行動をご紹介。 この時、彼女が怒るとしたら、何に対してだと思いますか?, 大金を使った事、隠していた事、どれも怒る理由に相当すると思いますが、一番は『どうして相談してくれなかったのか』という事です。, 女性は記憶力に優れていますし、更に感情が動くようなエピソードがあるとより強く記憶します。

軽く見ているわけではなく守るのが難しいなら、約束の内容を見直してみましょう。, とは言っても、破ったほうを苦しめるためではなく、守っているほうが許しやすくなるための罰ゲームになるようにするのがポイントです。, たとえば、彼女の好きな物を買ってあげる、罰金として1万円払う、高級レストランへ連れていく…と相手を喜ばせるものが良いかと思います。, つい数分前まで笑っていたのに、いきなり不機嫌になって、理由を聞いても「別に怒っていない」「何でもない」と答える…。本当に困ってしまいます。, 彼女が突然怒り出すという現象は、男性から見たら突然なのであって、女性は笑っている間も不満も募らせていったのかもしれません。, いきなり不機嫌になられても、こちらだっていい気分はしません。さっきまでは楽しく過ごしていたのに、ワガママだなぁとすら思ってしまいます。, 不機嫌に気づいてはいても、責めたりしないでやさしく接してあげると、彼女の気持ちもほぐれていきます。, さっきまで機嫌が良かったという事であれば、ちょっとした事で元通りになる可能性は高いです。 ・彼は結婚する気ある? 本当にごめん」 手紙で謝罪の気持ちを伝えるのも効果的です。 文字にすることで女性も気持ちが冷静になり、きちんと誠心誠意謝ることができます。 彼氏も「手紙にするほど反省しているんだ」と怒りが収まり、彼女の謝罪を受け入れてくれます。 彼女の機嫌が良くなるパターンをいくつか知っておくと、役立ちます。, たとえば、自宅でのんびり過ごしていて彼女が不機嫌になった時は。近くのコンビニで彼女が大好きなデザートを買ってくる。それだけで驚くほどに女性のご機嫌は回復します。, 態度がコロコロ変わるので、振り回されないようにするのは大変です。

こうなると、相手が「もう関係を築くのは無理だ」と諦めてしまいやすくなるので注意が必要になります。, 彼女を怒らせてしまうと、彼女が様々な文句を言ってくる可能性もあるでしょう。

第六感が優れているのも女性が多いとされています。, それも影響しているのか?女性は自分の気持ちをきちんと説明はしません。感情が勝ってしまい、建設的に話せなくなってしまう事が多いです。, 元々、男性と女性の間には分かり合えない領域はあって、それを乗り越えるのは簡単ではありません。, 分かろうとする努力は、たとえ彼女が怒っている理由に見当がつかなくても、彼女の心を動かす力があるのです。, いくら謝っても許してもらえないケースもよくあります。 (凄く当たる!と評判です), 彼女を怒らせてしまった場合、謝罪をすることが今後の関係を築く上で大事になります。 二度としない約束をすることで、彼女も「今回だけだよ」と許してくれる可能性は高いです。 女心は難しいと言われる理由のひとつに、怒る理由が全く分からないというものがあります。, もちろん女同士であれば同調し合いますが、男性目線だといくら真面目に考えても、理由らしい理由が浮かんでこないんですよね。, これから掘り下げてお話していくのですが、先にひとつ紹介すると、女性は記憶力が良い上に怒りを溜め込んでしまうところがあるので、自分でも手に負えなくなるほどの怒りが湧いてきます。, 溜め込んでしまうと、結局何が一番ストレスなのか、怒りの原因なのかが分からなくなってしまい、収拾がつかなくなってしまうのです。, 対して男性は、怒りをこまめに発散するので、何が原因で怒っているかは認識できるようです。 反省をして謝罪をすることも大事ですが、「同じことはしない」と約束をすることで安心を与えるようにしましょう。 NG行動をすると、どれだけ反省をして謝っても許してもらえない可能性があります。, 彼女と喧嘩になったときに、とにかく彼女のことを攻め立ててしまう人もいるかもしれません。 当たり前のことですが、言い訳ばかりをして反省の態度が見えない人もいるのが現実なので、心から反省している姿勢を伝えるようにしましょう。, 「昨日のことをちゃんと謝りたくて連絡をしました。 ただ、解消できない小さな怒りが溜まっていくと、根本的な問題は全て捨てて破壊的な行動に出てしまう事があるので、その辺は注意が必要ですね。, ここでは、女性の怒りがどこからやってくるのかを知ると共に、思わず笑って許してくれそうな謝り方についてもお話しています。, 謝る事で許してもらえるのならば、たとえ自分に非はなくとも、こちらが大人になって謝ってあげても良いと思いませんか?, ですが、女性は謝るだけでは許してくれません。むしろ状況が悪化する可能性すらありますので慎重に言葉を選ばなくてはいけません。, 彼女が怒り出したから、とりあえず謝っておこう!となると、かなり高い確率でこう問われるでしょう。, 男性からすると面倒を避けたくていち早く謝ったのに…と、悪化した状況にうんざりしてしまいます。, 冒頭で女性は怒りを溜め込む特徴があるとお話しました。

二度としないと約束する」 別れの理由として良くあがる10種類と、そうなった場合の対処法をお伝えします。正直な別れの理由を告げるのは、全体の3割程度しかなく、別れの理由が、彼女の本音だとは限りません。, 適切な謝り方をすることは彼女を怒らせてしまった時に大事になります。 誠意が伝わる上手な謝り方って、どんな謝り方だと思いますか? 「対面がいい」という考え方も一般的ですが、line、電話など謝るツールもたくさんあります。メールではどんな伝え方がベターなのか?などなど。今回は、さまざまなシチュエーションでの謝り方のポイントに迫ります。 ただ、謝罪の言葉を述べるだけではなく「気を付ける」という言葉がある方が彼女も許してくれる可能性が高くなることを覚えておいてください。, 彼女を怒らせてしまった原因が見えていないこともあるでしょう。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); © Shogakukan Inc. All rights reserved. コミュニケーションを取っていると「今、ちょっと悪い雰囲気だな」と気付けるようになります。 自分の行動のせいで怒らせてしまったこと、本当に反省しています」 @menjoy_o からのツイート 例えば「俺が悪かった、ごめんな」などの短い謝り方は彼女的にも「反省しているんだ」と思える言葉になります。 記事の中ではメールやラインなどでの謝罪方法も紹介しているので、状況に合わせて実践をしてください。, サイトの情報を利用し判断又は行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。, https://unsplash.com/@christianfregnan?utm_source=dearsmedia&utm_medium=referral&utm_campaign=api-credit, https://unsplash.com/@priscilladupreez?utm_source=dearsmedia&utm_medium=referral&utm_campaign=api-credit, https://unsplash.com/@ericjamesward?utm_source=dearsmedia&utm_medium=referral&utm_campaign=api-credit, https://unsplash.com/@akeenster?utm_source=dearsmedia&utm_medium=referral&utm_campaign=api-credit, https://unsplash.com/@mikailduran?utm_source=dearsmedia&utm_medium=referral&utm_campaign=api-credit. このように、反省の想いをまずは伝えることが大事になります。 ・この人と付き合ってて大丈夫?別れた方が良い?

そこで彼女の不満を全部吐き出してもらうことで、自分の行けなかった部分が見えてくるはず。

そうなると「ごめん、ごめん」と、とりあえず謝る人もいるはず。 しかし、心のこもらない謝罪ほど腹が立つものってないですよね。 誠意が感じられないと感じるのではないでしょうかね。 ただ、許して欲しいがタメの謝罪になっていませんか。 そのへんを彼女は感じ取っている様に思います。 【許してもらえない】という事を前提に上記の事を踏まえて 謝ってみたらどうですか。 この記事は2,078回アクセスされました。, 彼女の機嫌を損ねるようなことをしたり、言ったりしてしまいましたか?正直に、率直に謝るべきでしょうか?それとも、もっと手の込んだ、しゃれた謝り方がよいのでしょうか?彼女を取り戻したいのですか?心から彼女のことを愛していて、彼女なしの人生は考えられない、そんなあなたに謝罪の仕方をご紹介しましょう。, wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む44人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,078回アクセスされました。, 当社はwikiHowの利便性を高めるためにクッキーを使用しています。当ウェブサイトを利用することにより、利用者は当社の, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/1\/15\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-1-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-1-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/1\/15\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-1-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-1-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"

<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/d\/d3\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-2-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-2-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/d\/d3\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-2-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-2-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/2b\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-3-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-3-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/2b\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-3-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-3-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/e\/e2\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-4-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-4-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/e\/e2\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-4-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-4-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/a\/a8\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-5-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-5-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/a\/a8\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-5-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-5-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/6\/68\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-6-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-6-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/6\/68\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-6-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-6-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/c\/c3\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-7-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-7-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/c\/c3\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-7-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-7-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/5\/52\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-8-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-8-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/5\/52\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-8-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-8-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/1\/17\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-9-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-9-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/1\/17\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-9-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-9-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/9c\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-10-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-10-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/9c\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-10-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-10-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/21\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-11-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-11-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/21\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-11-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-11-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/f9\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-12-Version-2.jpg\/v4-460px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-12-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/f9\/Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-12-Version-2.jpg\/v4-728px-Apologize-to-Your-Girlfriend-Step-12-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, ひどく怒っていて、今はあなたの謝罪を受け入れたくないようであれば、その場を去りましょう。数日後に電話しても良いか、聞いてみましょう。, 例:「謝らなきゃいけないのは分かってる。君や君の両親に自分の年齢をごまかして言うべきじゃなかった。そんな嘘はよくないと分かっていたんだけど、君や彼らに僕が年上だからという理由で信頼されなかったら嫌だと思ったんだ。君のことを大切に思っているから、君の両親にも直接謝りたいと思ってる。謝っても許してくれなくても仕方ないと思ってる。」, 例:「ステイシーのことをああいう目で見るべきじゃなかった。彼女が君の友達なのは知ってるし、君と僕の関係や、君と彼女の関係を危険にさらすようなことは絶対にしない。僕がしたことに言い訳はしないけど、説明させてほしい。男っていうのは誰でも女性のことを見るものなんだ。でも君がそういうことをしてほしくないのは分かったから、もう同じ過ちを犯さないように気を付ける。」, 例:「あんな呼び方をしてごめん。もう絶対にしない。間違っていたし、失礼だった。イライラしてもうっかり言っていいことではなかった。今回のことで僕に対する見方が変わるかもしれないけど、必ず埋め合わせするよ。」, 彼女を責めてはいけません。たとえあなただけが悪いのではなくとも、彼女を責めてしまうと謝罪が上手くいきません。, 彼女に怒りや落胆を気が済むまで吐き出させてあげましょう。彼女にはそれをする権利があります。気持ちを抑えるように説得などしてはいけません。気持ちを吐き出すことによって彼女の気分も落ち着くでしょう。, この段階では愛情表現をするのはまだ早いでしょう。キスやハグ、手を握ったりするのは、彼女から始めてこない限りしないようにしましょう。, 例:「手紙で完全に許してもらえるとは思ってない。手紙に僕の気持ちの全てを書き表すことはできないのも分かってる。ひどいことをしてしまったのは僕だと自覚している。君なしではいられない。夜寝るときも朝起きるときも君のことを想っているんだ。君は僕の全てなんだ。もう二度と同じ間違いはしない。約束すると心から誓うよ。」, 率直に謝りに行きましょう。彼女が友達といるときに彼女のもとへ行って、言うと決めておいたことを全て言いましょう。謝るときは彼女の目をしっかり見て、彼女だけに注意を集中させましょう。, 工夫を加えたいのなら、フラッシュ・モブなどを謝罪に取り入れてみるとよいでしょう。フラッシュ・モブを実行するにはかなりの準備が必要になるので、必ず成功させるよう努力しましょう。, いつくかの歌を集めてミックスを作ってもよいでしょう。個人的な思い入れは少なくなりますが、しっかりと考えて思いを込めたものであれば、あなたのメッセージは伝わるでしょう。彼女が好きだと分かっている歌と、まだ聞いたことないであろう歌の両方を選びましょう。, 彼女のことを大切に思っていることが伝わってほしいのなら、特別な意味をもたせましょう。, 謝るのは早ければ早いほうがよいでしょう。本当に酷いことをしてしまったのなら、彼女は非常に怒っているはずですから、一刻も早く解決したほうがよいでしょう。, どんな謝り方をするにも、準備しておきましょう。誤解を招くことのないよう、計画の詳細をしっかり頭に入れておくとよいでしょう。, 許しを求めて強く出るのはいけません。彼女にプレッシャーがかかり、状況が悪化してしまうかもしれません。, 粘ることは大切ですが、彼女がしばらくの間離れてほしいと言ってきたら受け入れましょう。, お金をたくさん費やす必要はありません。多くの女性はより個人的なものに価値を見出します。例えば、外で摘んだ花を彼女の職場であげたり、夕食を作り彼女の家まで届けたりするなど、彼女を甘やかせてあげましょう…, 彼女の女友達に助けを求めるのもよいでしょう(彼女と一緒に激怒しているのでなければ)。, あなたの表情も重要です。誠実さが伝わらないと信じてもらえませんから、それらしく見えるような表情を作りましょう!, 謝るときは冗談など言ってはいけません。あくまでも真剣な話の一つとして扱いましょう。, 事を鎮めるために、何でもかんでも謝ればよいというわけではありません。カップルとしての問題が山積みになり、最終的にはお互いに腹を立て合うようになってしまうかもしれません。, 許してくれる保証などどこにもありませんが、少なくとも彼女にあなたの気持ちがしっかりと伝わるよう心がけましょう。, どうして謝りたいのか、本当に悪いと思っているのか、自分に問いかけてみましょう。それにより謝る方法が決まります。, 彼女が怒っているからといって、必ずしも全てのことに謝らなければいけないというわけではありません。自分の行いについて、そして彼女の行いについてもよく考えましょう。, 彼女に決断を迫るようなプレッシャーをかけてはいけません。数日間は会話もせず、彼女の心に余裕を持たせてあげましょう。.

やはり、今後どうしていくかという点についても話し合う必要があります。, その提案がたとえいまいちだったとしても、一生懸命考えたんだなという事が分かれば、彼女の感情は落ち着きを取り戻してくれるでしょう。, 怒りレベルが最高潮に達すると、過去の事まで持ち出してたくさんの不満をぶつけられる可能性が高いです。, ただし、うんうんと頷いているだけでは「聞いてるの!?」となってしまうので注意してください。「そんな風に思ってたんだ」「そうだよね」「○○が辛かったんだね」といった相槌なら、ちゃんと聞いてますよという態度が示せると思います。, とは言え、彼女の言い分が正論だったとしても、まとめて言われるのは、精神的にきついですが…。, 怒っている理由を尋ねてみても、一向に答えてくれない…。 これは男女問わずですが、誰しもが承認欲求を持っています。 人それぞれ、言葉の受け取り方は違います。 客観的に考えてみて、大事な話をしているときに正論ばかりをぶつけてきて、自分の意見を聞こうとしない人と今後ともお付き合いをしたいと思えますか?

しかし、面と向かって謝るとなればプライドが邪魔をしてくることもあれば、恥ずかしさが原因で謝れないこともあるでしょう。 「二度としない」という約束は、謝り方としては効果的です。 本当にごめんなさい。 そこで逆切れをしてしまうと、怒られた彼女は「なんで今私が怒られているの?」と余計に腹が立ってしまうでしょう。 それでも、許してほしいという気持ちを伝えるためには「贈り物をしたい気持ち」を添えることはポイントになるでしょう。, 「怒らせてしまうような行動を取ってしまって本当にごめん。