雪の重みで屋根や住宅の各部位が変形したり、破損したりした場合に保険が適用されます。, 自然災害による保険適用の範囲は広く、最も起こりやすい風災以外も対象になることは覚えておきましょう。, 火災保険は、雨漏りの原因によって、適用されるかどうかが決まります。 一方で、屋根のき損や雨漏りは被害が広がり二次被害や三次被害に至る前に修理し、原状回復をすることが理想とされているのです。二次被害で被った損害額に関しては、火災保険は適応されることは特例などがない限りないといわれています。, 保険適応されるのかわからない状態で修理費を支払いたくないという方も当然いらっしゃいます。どうしても保険金がおりるまで修理が難しいという方は、応急処置だけでもほどこし、損害金額が大きくならないようにしましょう。雨漏り修理110番では、費用をできるだけ抑えた応急処置や部分修理もおこなっております。一刻も早く修理したいという方はご相談だけでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。, 「雨漏りが発生したらすぐに火災保険の申請をしないといけない!」ということはありません。保険金の請求期限は保険法で3年間と定められているからです。つまり、火災保険を使わずにすでに修理してしまっても申請することが可能なのです。請求期限などの細かい条件は火災保険ごとに異なるので保険会社に確認してみると良いでしょう。, 火災保険の保険会社に提出する書類の申請や記入は施主がおこないますが、書き方によってはただの経年劣化とみなされ、保険が適応されないという可能性もあります。火災保険に精通しており、なおかつ適切に外壁や屋根の修理・き損した部分の状況・調査をおこなえるか相談しながら書類を作成しましょう。, ポイント! たまに違う期間を設定している保険会社もありますので、加入されている保険を確認してください。, 「すぐに申請しないとダメかな?」と思う方が多いのですが、被害から3年以内に申請すれば大丈夫です。, 残念なことなのですが、「雨漏りしたら、すぐに火災保険の申請をしましょう!」とあおってくる悪徳業者がいます。雨漏りで焦っていて不安な気持ちにつけこんで、急かしてくるのです。トラブルになることが多いので、話を聞いたり契約してはいけません。, 雨漏りが起きたとき、修理にかかる金額によって、保険料が受け取れないことがあります。あなたが受け取る保険料を決定する重要なポイントになりますので、ぜひ読んでみてください。 雨漏りが発生してから時間が経つと、本当に自然災害が原因の雨漏りかどうか判断ができなくなるからです。, また、火災保険は、保険会社やプランによって、多少内容が異なります。 雨漏りの原因となっている箇所の写真を撮り、必要となる修理の作業内容を記入します。, あなたが送った書類が保険会社に届いたら、保険会社の職員が実際に被害状況を調べにやって来ます。 改修工事などの別の原因がある場合は、自身に責任が発生することもありますが、雨漏りを起こすような原因がないなら、施工業者による補償が受けられます。 申請が通れば、約1か月後に保険会社から振り込みがあります。お疲れさまでした!, 以上、火災保険を自分で申請する手順でした。 それは雨漏りを火災保険で修理するには条件があるということです。, 「とりあえず雨漏り修理を業者に依頼すれば、あとは勝手にやってくれるでしょ?」 雨漏り修理の業者選びで迷ったら、地域密着型の「みんなの雨漏り修理屋さん」におまかせください。, 私たちが1番大事にしていることは、お客様にとっての分かりやすさです。 たとえば、こんなトラブルが起きています。, 国民生活センターでも「保険金が使える!」といって詐欺をはたらく悪徳業者に注意するよう呼びかけています。 ちなみに、みんなの雨漏り修理屋さんは上記の条件をすべて満たしています!, お問い合わせから最短30分で到着し、ベテランの職員が雨漏りの原因を突き止めます。 しかし、保険を適用すると修理費用の負担は免れても、修理に取り掛かるまでの期間が伸びてしまうこともあります。, 保険は申請してから、必要書類の返送や第三者機関による調査・鑑定、保険会社での承認と、長期間かかることも少なくありません。 技術力の確かな業者を選ぶことで、たとえ修理費用が多少高くても一度の作業で確実に直ります。 雨漏りの「原因」によって、火災保険が使えるかどうかが変わります。, 火災保険が適用されるのは、雨漏りの原因が自然災害によるものである場合のみです。 また、そもそも劣化という自然現象に対しては、保険の補償範囲ではないことは理解しておかなければなりません。, 築年数がある程度経過していると、自然災害による雨漏りなのか、経年劣化によるものなのかが分かりづらく、場合によっては保険が適用できないこともあるため注意が必要です。 代表的な保険のタイプ「免責方式」と「損害額20万円以上タイプ」の違いについてお話しますね。, 「免責方式」とは、加入者が自分で負担する金額(自己負担額)を、あらかじめ決めておく保険のことです。, たとえば、自己負担額が7万円に設定されている場合は、以下のようになります。※損害額=修理費用のことです。, つまり、自己負担額よりも損害額(修理費用)が小さい場合は、修理費を自分で負担することになります。, 逆に、自己負担額よりも損害額の方が大きければ、「損害額ー自己負担額」の金額を保険料として受け取れます。, 「損害額20万以上型」と呼ばれる保険タイプがあります。 保険料を受け取る前でしたが、最初に契約が必要とのことで、契約をしました。 また、新築であっても、自然災害による被害が明確な場合は、修理に保険を適用することは可能です。, 自然災害による雨漏りの補償は、火災保険と火災共済を適用しますが、この2つには違いがあります。 残念ながら、火災保険の審査に絶対はありません。, ですので、数々に火災保険申請に立ち会ってきた雨漏り修理業者であっても、申請が通らない場合のリスクについてお伝えしておくことが鉄則となっています。, 逆に火災保険のリスクを伝えてくれない業者だと、工事の成約を取りたいばかりに急いでいる可能性があります。 ※公平に審査するため、実際には第三者機関のプロの鑑定人があなたのお宅に訪問して、調査を行います。, 鑑定人による調査が終わって約1週間後に、保険会社から保険金支払いの可否についての連絡が届きます。 調査の前にあなたに連絡が届きますので、立ち会い可能な日程を伝えてください。 保険会社に提出する書類も確認しておきましょう。, いかがでしたか?

「雨漏りを修理したいけど、費用が高くてなかなか踏み出せない…」 具体的には、主に以下の3つで火災保険が適用されます。, 風災は主に強風による被害で、台風や竜巻、悪天候時の強風も保険適用の対象になります。

そうはいっても、台風や地震があった後、屋根をチェックできないことってありますよね。, このような場合、直接の原因が何なのかよくわからなくなってしまいますよね。

誠実な対応をしてくれる業者を選びましょう!, とくに、見積もりのときに内訳をしっかり説明してくれて、ムリのない範囲で火災保険の申請方法を教えてくれる業者は安心できます。 工事のあとで保険を申請すればよかったです…。埼玉県 S.Oさん(50代男性), 「こんな業者にあったら注意して!」と、声を高くしてお伝えしたい悪徳業者の特徴が2つあります。, 「火災保険を申請すれば、絶対に通るので安心してください」という風に、申請が通る前提で話してくる業者には注意したほうがいいです。 また、様々な屋根に対応しており、瓦の葺き替えだけでなく、ストレート・ガルバリウムも受け付けております。 また、自然災害が雨漏りの直接の原因であっても、前後に改修工事があると、そちらが原因と思われる可能性もあるため、注意しなければなりません。, 一見、保険の適用範囲のように思える新築時からの雨漏りも、実は対象外です。 雨漏りに保険が適用できれば、無料で雨漏り修理してもらうことも可能です。, 「でも、自宅の雨漏りに保険が適用できるかどうか分からない…」 火災共済を扱っている共済は全労済の「こくみん共済」やjaの「ja共済」、日本コープ共済生活協同組合連合会の「co-op共済」などが代表的で、その中でも注目すべき共済である全国生活協同組合連合会の「都道府県民共済」の火災共済について紹介します。 大きさは豆粒のように小さなものから、卵ほどの大きなものまで幅があり、雪よりも鋭く重いのが特徴です。, あなたのお家も、風・雪・雹が原因で雨漏りが発生している可能性があります。

火災保険の保険会社に提出する書類は、主に以下の4点です。, この4つのうち、自分で記入するのは上の2枚【保険金請求書】と【事故状況説明書】です。

雨漏り修理に火災保険が使えるかの目安・申請の手順を解説。雨漏りが火災保険の対象となるには自然災害で屋根や外壁などが損傷していることが条件となります。自分で対象になるか判断することは難しいため業者に現地調査を依頼しましょう。 このような業者は、施工の技術やアフター保証の誠実さにも期待できませんので、依頼しないようにしてくださいね!, 火災保険の申請時には、必ず修理費の合計を書面で送る必要があります。追加費用には保険が適応されませんので、契約後に追加費用が発生しないよう、業者に念を押しておいてくださいね。, 優良業者の場合、見積もり時に「追加費用はありません」としっかり説明してくれたり、ホームページに「追加費用なし」と書かれていますよ。 こんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?, 雨漏り修理には、火災保険が適用できる場合があります。 火災保険は民間の企業が取り扱い、個人と契約しているものです。掛け金にそって保険金が支払われます。対し火災共済は非営利団体が取り扱っているものです。よく聞く全労済は厚生労働省の管轄です。加入している人同士でお金を出し合い、損害が出たら出し合ったお金で助け合いましょうという制度です。, 雨漏りの修理は、被害のレベルによっては高額な費用が必要になることがなります。すべて火災保険の保険金でおぎなうことができれば問題ありませんが、高額な費用が必要なだけに、修理業者とトラブルになることもあります。, 費用のことで不安でしたらぜひ雨漏り修理110番へご相談ください。むやみな修理させようとする営業活動は一切おこなっておりません。また、全国に雨漏りの修理のプロを配備しておりますので、安心してご相談いただけます。, ・業者に「火災保険はおりる」といわれたのに実際は適用されなかった