amazonで野島 一成の小説 final fantasy x-2.5 ~永遠の代償~ (ノベルズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。野島 一成作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また小説 final fantasy x-2.5 ~永遠の代償~ (ノベルズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ・夜な夜な男たちを篭絡する絶世の美女。実は邪神の召喚を企む組織の神子で……, あなたの小説が5P分マンガになる!ファンタジーコンテスト「神に仕えるキャラが登場する物語」. ・神社の神様と神使の狐が大喧嘩!家出した狐を、なんと他の神様がスカウトに来て? 様々なweb小説を無料で「書ける、読める、伝えられる」、kadokawa × はてな による小説投稿サイトです。ジャンルはファンタジー、sf、恋愛、ホラー、ミステリーなどがあり、二次創作作品も楽しめます… トールキン "},{"key":"ページ数","value":"330ページ"}], 『指輪物語』の序章というべき物語です。映画化もされていますね。指輪物語では「?」と思うシーンがいくつかありましたが、このホビットの冒険を読む事で判明したりします。また共通する人物が登場するのも、作品に対する愛着が湧いて良いですね。指輪物語の壮大さとは比べ物にはなりませんが、そのぶん主人公ビルボのストーリーに集中できるものになっているので読み進めやすいです。読み終わると、すぐさま下巻を読み始めてしまいました。1人のお客様がこれが役に立ったと考えています, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51NND4S5EGL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4566023621?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4566023621"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2596%25B0%25E7%2589%2588%2B%25E6%258C%2587%25E8%25BC%25AA%25E7%2589%25A9%25E8%25AA%259E%25E3%2580%25881%25E3%2580%2589%25E6%2597%2585%25E3%2581%25AE%25E4%25BB%25B2%25E9%2596%2593%2B%25E4%25B8%258A1%2B%2528%25E8%25A9%2595%25E8%25AB%2596%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 "}], 海外ファンタジー小説と言ったらこの作品を思い出す人も多いと思います。映画化された「ロード・オブ・ザリング」の原作でもある「指輪物語」は、海外ファンタジー小説を代表する傑作の一つです。この「指輪物語」を読む前に「ホビットの冒険」を読むと何倍も楽しめるので読んでおくことをおすすめします。, [{"key":"著者","value":"J.R.R. Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 小説 FINAL FANTASY XV -The Dawn Of The Future- (GAME NOVELS), ニュートン式 超図解 最強に面白い! The text is not in English, but I love it. !はらはらすることも笑えるところもあってたくさん楽しめます‼, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51YPJ7jcJaL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4198607095?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4198607095"}], 魔法が存在する国に生まれたソフィーは、魔女に呪いをかけられ老婆の姿になってしまいます。うぬぼれ屋で移り気な若い魔法使いハウルの城に移り住んだソフィーは、ハウルに魔力を提供している火の悪魔と取引をする。, やがてハウルの意外な素顔を知ったソフィーは、力を合わせて共通の敵である魔女を戦おうとするストーリーになっています。スタジオジブリ作品「ハウルの動く城」の原作小説です。, [{"key":"著者","value":"ダイアナ・ウィン ジョーンズ"},{"key":"ページ数","value":"310ページ"}], 本当は宮崎監督のアニメの元本ということで読んだのですが。とんでもない面白い!

トールキン"},{"key":"ページ数","value":"252ページ"}], 映画に最近はまって原作も読みましたが、映画でカットされているところや、少し違っているところがあって読み応えがあります。とてもお勧め♪, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51GK98X509L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4566024113?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4566024113"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259F%25E6%2597%258F%25E3%2581%25AE%25E5%25B0%2591%25E5%25B9%25B4%2B%2528%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%258B%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%2B%25E5%258D%2583%25E5%258F%25A4%25E3%2581%25AE%25E9%2597%2587%2B1%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 内容は、悪霊に取りつかれたクマに父を殺されます。殺された父との約束を果たすため、クマを倒しに旅に出る物語です。オオカミにかつて育てられた少年とオオカミが旅をする話になっています。, [{"key":"著者","value":"ミシェル ペイヴァー"},{"key":"ページ数","value":"430ページ"}], 子供向けですがはまりました。酒井駒子さんの絵も素敵です。想像力を掻き立てられます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51i9O340DcL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25A2%2B%2528%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E5%25B0%2591%25E5%25B9%25B4%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2528127%2529%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25A2%2B%2528%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E5%25B0%2591%25E5%25B9%25B4%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2528127%2529%2529%2F 商品検索結果"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4001141272?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4001141272"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25A2%2B%2528%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E5%25B0%2591%25E5%25B9%25B4%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2528127%2529%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果"}], 時間とは何かを問うエデンの作品です。人々は自分の時間を奪われ忙しさに追われる中、唯一時間を奪われなかったモモは時間を奪われた人々のために立ち上がる。時間泥棒たる灰色の男がたちが人間の時間を盗み生きているという設定は大人が読んでも楽しめる内容になっています。, [{"key":"著者","value":"ミヒャエル・エンデ"},{"key":"ページ数","value":"409ページ"}], 出てくる登場人物の一言一言がなるほどなぁと気づかされることが多くて楽しく読めました。自分なりの解釈でいいので是非楽しみながら読んでみてください。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/519MPXW0VVL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4265061516?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4265061516"}], デルトラ王国は7つの宝石により守られていた。しかし大王に奪われ7つの宝石は7つの魔境に隠されてしまう。それから16年後鍛冶屋の息子リーフはデルトラ王国を救うため、仲間と宝石を取り戻す旅にでる物語です。, 男の子が大好きな冒険わくわくストーリーとなっているため、大人になってもワクワクしたい男性向けおすすめ小説です。, [{"key":"著者","value":"エミリー ロッダ"},{"key":"ページ数","value":"188ページ"}], ゲームに嵌まっている世代の子供達の感覚を見事に捕らえた作品だと思います。光沢のある派手な表紙、宝石集めの旅、奇妙な怪物、なぞ解きと子供達が夢中になるのがよくわかります。このシリーズは8巻ですが、第2部3巻、第3部の完結編は4巻になるそうです。子ども向けのものですが、正義と友情と成長の物語は親が読んでも楽しめます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51fw2UoPzNL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/400114588X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=400114588X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25BD%25B1%25E3%2581%25A8%25E3%2581%25AE%25E6%2588%25A6%25E3%2581%2584%25E2%2580%2595%25E3%2582%25B2%25E3%2583%2589%25E6%2588%25A6%25E8%25A8%2598%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果"}], 魔法使いのゲドは優秀さゆえに魔法で影を生み出してしまい戦うことになります。とても深いファンタジーに仕上がっています。スタジオジブリ作品の「ゲド戦記」がこの小説の3話「さいはての島へ」を原作としてます。, [{"key":"著者","value":"アーシュラ・K. ), モンスターハンター 超生物学~モンスターvs生物のスペシャリスト~ (インプレスムック), ユウナたちがシンを倒してから二年と数ヶ月が経ち、スピラは新たな時代を迎えていた。ユウナはやっと再会したティーダとの時間を大切にするため、ビサイド島でゆったりとした時間を過ごそうとしていた。そんなある日、二人が乗った船が嵐に見舞われ、見知らぬ島に漂着する。そこでユウナはその島の真実に直面することに…。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 巫女のリリカの体に降臨した“女神”は男。ドタバタした喜劇モノかと思いきや、各キャラの行動にしっかりしたロジックが存在しています。ストーリーにもシリアスな深みがあります。ただ後に判明するルミナの性格からすると、前半でのふるまいが“偽悪的”すぎる印象も受けました。いずれにせよ、英雄に対する歴史認識や、ジェンダー問題などにも触れていて、タイトルのイメージより、ガツンと骨太のファンタジーでした。, 突如、辺境の地の司祭に抜擢されるエカード。赴任当日から不穏な空気が漂う演出が読者の興味を惹きます。状況や風景の描写がとても丁寧で、各シーンをくっきりと浮かび上がらせる文章でした。ただ前半部に台詞が少なすぎる気がします。語り部である主人公の心情は伝わりますが、他のキャラとの会話を増やしてもいいかもしれません。ストーリー的には、聖と俗の対比が大変うまく散りばめられていました。, プロの忍びの萩が魅力的です。情報を得る、危機を救うなど目的によって正しい状況判断を下します。そんな萩が疑っていた“神遣い”の存在を信じる場面もリアリティがありました。少し冗長と感じる部分もあるので、見せ方にもっと明確に緩急をつけてもいいでしょう。端正な文章は、時代ファンタジーに合致していて、ストーリーに入り込みやすいです。お互いの呼び方で2人の距離感が縮まるのは、一章のラストとして完璧でした。, ひと目惚れした相手が奇行をくり返す。決してあきらめず、健気に支えようとする東雲はピュアで凛々しい主人公です。人間を入れ物としか考えず、恋愛すら玩ぶことは神であっても許されない。一途な想いが巨大なものに挑む話は胸に刺さります。中盤以降、短めの地の文が増えますが、台詞と「地の文」は前半ぐらいのバランスがほどよく感じます。定めに抗う若者の激情や、エモい恋愛がとても響くストーリーでした。, 稲荷神社を中心としたノスタルジックな情景が、郷愁を誘います。幼なじみ達のやりとりが自然で、台詞回しも巧みです。ただ時制の動きや、場面転換のシーンに唐突に感じる箇所もありました。これらの部分をもっと違和感なくつなげられれば、さらにグレードが上がります。過去から連綿と続く因縁。背負う業のおぞましさと悲しさが伝わります。開幕時点では想像もつかないようなラストに辿り着く、小説の醍醐味がありました。, 秘境の村に向かう主人公一行。のどかなツアーかと思わせ、メンバーの1人に対して「殺してしまえ」の発言。一転する落差で一気に物語に引き込まれます。練り込まれたウバ神の設定は抜群です。それだけリアルに近い世界観なので、悪役をもう少し掘り下げて描いてもいいと思います。敵キャラに深みが出るとドラマ性が高まります。ファンタジー要素の加え方も秀逸でした。多様性や異文化の尊重など現代的テーマも内包されています。, 明晰な文章で非常に読みやすい作品です。バトル場面も的確な表現で、ダイナミックに描かれています。獣の肢体をもった人間のいる社会設定を緻密に構築しています。もう少し視点を増やしてもいいかもしれません。貴族でも、異形者でもない、無力な一般人のキャラクターの視点が早めにあると、さらに世界観が広がるはずです。今後、強敵である吸血鬼とどう立ち向かうのか先を読み進めたい作品です。とても上質なファンタジーでした。, 魔女狩りの吹き荒れる時代が舞台。中世ヨーロッパに似た世界観にスッと入り込みやすい文章です。冒頭の処刑シーンで、現代とは違う価値観が支配していることを提示。場面が変わって、穏やかな日常から風雲急を告げる事態へ。緩急をつけた語り口が見事です。ただ魔女疑惑で村人が集まるシーンでは、ウィルダーの動向も知りたいと思いました。壮大な物語の幕開けの部分だけで、今後に期待できるピースが取り揃えられています。, 亡き姉から遺された花言葉。意味はわかるけれど、自分に向けられた解釈に主人公が悩む設定が上手いです。琴音への襲撃は、唯一のアクション場面なので、アルスのおかげで救われたニュアンスを強めに描いてもいいかもしれません。姉に託された想いを理解した時、彼は大いなる成長を遂げます。もうひとつの花言葉を告げられるシーンは爽快感満点です。ヒーローの誕生譚として熱伝導率の高い作品でした。他の活躍も見たくなります。, 生き延びるための戦いが日常の生活。風景や小道具、登場人物のスタンスから臨場感が伝わってきます。最初はゾンビが蔓延した地球が舞台。でも、少女の姿をした神様との遭遇によって、類似の作品とは大きく変わっていきます。転生後の身内の死に対して、もう少し悲しみを感じるほうが主人公らしいかもしれません。ヴァルアネスに現れるゾンビから、人々を救えるのか。彼がどんな戦いを見せるのか楽しみな作品です。, ・小さな町の教会のシスターが、なぜか魔王討伐の勇者に選ばれてしまい!? !スケールも大きく本を読んでしまうと自分のイメージが出来てしまい、宮崎監督のイメージとは一寸違ってきてしまいました。この本以来ダイアナ・ウィン・ジョーンズにはまってしまいました。続編の魔法のじゅうたんも面白かったですが、グリフォンを作ってしまったダークのダークフォルムの闇も最高です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MZeYmkduL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BCI%2B%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E8%25A1%2580%25E8%2584%2588%2B%2528%25E3%2583%258F%25E3%2583%25A4%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AF%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25ABFT%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BCI%2B%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E8%25A1%2580%25E8%2584%2588%2B%2528%25E3%2583%258F%25E3%2583%25A4%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AF%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25ABFT%2529%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4150205930?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4150205930"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BCI%2B%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E8%25A1%2580%25E8%2584%2588%2B%2528%25E3%2583%258F%25E3%2583%25A4%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AF%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25ABFT%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ウィッチャーという魔物を倒す職種のゲラルドが主人公です。この小説は大人気ゲーム「ウィッチャー」でも知られていて世界中で注目されるファンタジー作品です。小説でも一言では説明できない密な内容になっています。, 大まかなストーリーは魔法剣士ゲラルドは少女シリに訓練を受けていた。そのシリを狙うものが現れるという話ですが、ゲームを知っている方ならわかると思いますが、壮大なストーリーが魅力で、話が密に濃く長く続けられるゲームとなっているため、その原作も同様で、長く世界にめり込みたい作品をお探しの方におすすめです。, [{"key":"著者","value":"アンドレイ・サプコフスキ"},{"key":"ページ数","value":"485ページ"}], とても面白かったです。没頭しました。500ページの分厚い本ですが、全然長さを感じさせません。物語はテンポよく進み、描写も細部にわたって具体的なので脳の中で映像を生き生きと描くことが出来ます。登場人物がどの人物も生き生きと描かれているので、ファンタジーなのですが実際の出来事を描いているかのように感じられます。とても質の高い作品だと思いました。特にゲームをご存知の方ならわくわくすると思います。この本に出合えてとても幸せです。大人のためのファンタジーだと思いました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51R-ajDYp4L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25AF%2592%25E8%25A6%258B%25E5%25B8%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258A%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25AF%2592%25E8%25A6%258B%25E5%25B8%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258A%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4596550026?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4596550026"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25AF%2592%25E8%25A6%258B%25E5%25B8%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258A%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ある殺人を犯した罪で絞首刑となる少女イリーナが、そこで選択を与えられます。このまま絞首刑か、それとも国の最高司令官の毒見役になるか。毒見役を選んだ少女イリーナは猛毒により解毒なしでは生きれぬ体に。希望を捨てず日々立ち向かう壮絶サバイバルファンタジー小説です。, 希望が多い小説は夢があってとても読んでいて楽しいですよね。ですがこの作品は邪道ながら過酷な状態で頑張る少女の生きざまを描く小説となっており、めったにない設定で注目度評価共に高い作品といえる小説です。, [{"key":"著者","value":" マリア・V スナイダー"},{"key":"ページ数","value":"528ページ"}], お試し版で読んだのですが、面白そうでダウンロードしました。それからは、一気に読んでしまいました。イレーナの最後まで、希望を捨てない様子が勇敢でした。テンポが良いので飽きないし、場面をイメージ出来ました。登場人物のキャラも立っており、印象に残る作品でした。5人のお客様がこれが役に立ったと考えています, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51a6j%2BbrisL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4596550484?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4596550484"}], 奴隷である少女が、持つはずもない不思議な能力に目覚めた少女メアは、王家に捕まり死を覚悟します。なぜか捕まった少女メアは王女に仕立て上げらます。宮殿内での裏切りなど、他にも斬新な予測不可能な裏切りファンタジー小説となっているので不思議さと謎を知りたい人は読んでみてください。, [{"key":"著者","value":" ヴィクトリア・エイヴヤード "},{"key":"ページ数","value":"584ページ"}], これは面白い。レッドとシルバーの二つの階級に分かれた世界。レッドは働いたり、戦うことを求められる下層の階級で、赤い血を流す普通の人間。18歳になって職業についていないときには、徴兵されて5年の軍役につくことになっている。シルバーは恐怖でレッドを押さえつける上層の階級で、銀色の血液が流れている。王侯貴族から、町の中に住む市民層まで。彼らは冷酷であると同時に、不思議な力を持っている。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51BMX0KCEQL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1155234%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1155234%2F 画像URL:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/5014/9784001145014.jpg?_ex=128x128"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4001145014?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4001145014"}], 古本屋で買った本の物語に閉じ込められてしまう話になっていて、子供あるある妄想が叶うファンタジー小説です。物語を冒険していくうちに自分も本の中に入っているのではと思うくらい没頭して読める作品です。, [{"key":"著者","value":"ミヒャエル・エンデ"},{"key":"ページ数","value":"329ページ"}], 誰でも知っている本作。しかし、しっかり読んだ人はどのくらいいるのでしょうか。是非、オススメしたい作品です。子供の時に読み、映画も観て、当時の感想はふーんってくらいでした。大人になって再度読んでみて、この作品の奥深さに鳥肌が立ちました。ストーリーの面白さだけでなく、とても深い意味の込められた作品です。本離れが進む現代の子供達に是非読んでもらいたいと思います。そしてその意味を考えてもらいたいです。本は閉じている時その中で何が起こっているのか、親子で語り合っても楽しいと思います。本当にファンタジーとはこうあるべき作品です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51OY5yNNKKL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4001140624?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4001140624"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25BA%258A%25E4%25B8%258B%25E3%2581%25AE%25E5%25B0%258F%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%259F%25E3%2581%25A1%25E2%2580%2595%25E5%25B0%258F%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E5%2586%2592%25E9%2599%25BA%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 小さな女の子が好みそうな内容となっているため、お子さんがいる人やお子さんに読んでもらえると、何倍もこの物語に入り込める内容となっています。, 内容はスタジオジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作になった小説が小人の冒険シリーズ「床下の小人たち」です。内容はとてもシンプルで人間に見つからないように物を借りて暮らす物語です。, [{"key":"著者","value":"メアリー ノートン "},{"key":"ページ数","value":"273ページ"}], 借りぐらしのアリエッティを数年遅れでテレビで観まして、友人知人の評価は高くはなかったのですが、私としては高評価でした。その日のうちにこちらを注文。こちらも非常に面白く読めました。続編も読んでみたいです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/5155PRXC3WL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015972587%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015972587%2F"},{"site":"amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4105389017?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4105389017"}], 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」として映画化もされている作品です。内容は両親を事故で亡くしたお転婆少女ライラ。彼女の周りで子供が連れ去られる事件が多発。北極で子供たちが何らかの実験に使われているとのこと。さらわれた友人たちを助けるためにライラの冒険が始まります。, [{"key":"著者","value":"フィリップ・プルマン"},{"key":"ページ数","value":"525ページ"}], こんなファンタジーがあったなんて!!!!!!!!と、エンデの「果てしない物語」以来の心の震えを感じました。とにかく面白い。守護精霊=ダイモンを持たない人間は首が無いのと同じである、ということを、いつの間にかきっちり理解している読み手。そこにこの本の力がある。息をするのを忘れる面白さだ。謎だらけのまま次巻に続く。何がどうなってるのか、この巻では判らないのだが、何度も鳥肌が立った。凄い。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51H34SY57HL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4001140586?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4001140586"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%259B%25E3%2583%2593%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%25E3%2581%25AE%25E5%2586%2592%25E9%2599%25BA%25E3%2580%2588%25E4%25B8%258A%25E3%2580%2589%2B%2528%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E5%25B0%2591%25E5%25B9%25B4%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 傑作の一つ「指輪物語」の前のストーリーになります。旅の始まり感がとても丁寧に描かれていて「指輪物語」が始まる前にこんな出来事があったんだと思える内容のため、「指輪物語」を読んでない人はもちろん読んだ人にもおすすめです。, [{"key":"著者","value":"J.R.R.