Download.

宮元菊門 . では、あのトップのウエーブも天然の可能性が高いですね。

もしかしたら、定期的にサロンでカットしてもらって、 自分で鏡を見ながらと話していましたよ, 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30. ちなみに私も、ここ2年ぐらいセルフカットでして、 数年前週刊誌のマイバックの中身を紹介するコーナーでバリカンが入っていて 2週間に1度はバリカンでサイドとバックをサッパリと JUGEMテーマ:ファッション 最近何度かテレビで見かけた演出家の宮本亜門さん。昨日のお昼にも「笑っていいとも!」に出演していらっしゃいましたよね。現在54歳の宮本亜門さん(1958年1月生まれ)の髪型が、とっても若々しくてカッコいい!と思 google_ad_width = 336; オトナの男性のヘアースタイルに関する情報を幅広く発信中! しれませんね。 7 陽気な名無しさん 2019/09/09(月) 05:14:09.71 ID:T5eDO5ov0 >>5 東京・銀座生まれ。 ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。 これまでの演出作品数は120本以上(再演作品含む)。 5 陽気な名無しさん 2019/09/09(月) 04:52:40.01 ID:FlnPKSl40. 島根県松江市比津町465−6

全身,局所とも再発無くEMR後160日経過してい る。 症例4:71歳,男性。 主訴:なし。 既往歴:特記事項なし。 身体理学所見:PS0。 上部消化管内視鏡所見( ― , ):門歯列30 cmに亜全周の0―Ⅰ+Ⅱc病変を認め,生検で扁平 比津店 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, まさに今、コロナや世の中への不安がある中で、心にとても響きました。亞門さんは、このことを私たちに伝えるために、病気や様々な経験をされたのかなと思うくらい、深かったです。大切なお友達にも贈りました。この本と出会えて良かった。亞門さん、亞門さんの周りの方々、ありがとうございました!, 以前、TVの特集でみました。がんを病んでいる主人がどうしても読みたいというので購入しました。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates.

貴重な情報本当にありがとうございます! 宮本亜門さんは自ら散髪されているみたいですよ ( ※ スマホやタブレットからでもPC版が見やすくなりました!PC版も是非チェック! ), 最近何度かテレビで見かけた演出家の宮本亜門さん。昨日のお昼にも「笑っていいとも!」に出演していらっしゃいましたよね。現在54歳の宮本亜門さん(1958年1月生まれ)の髪型が、とっても若々しくてカッコいい!と思ったので、例によってまた勝手に解説させていただきたいと思います。(^^)/ 宮本亜門さんの最近の髪型は、簡単に説明するとソフトモヒカンのトップの部分をかなり長めにして緩めのパーマをかけたようなスタイル。ですが、いわゆるソフトモヒカンとは雰囲気が全然ちがっていて、かなりオシャレな印象を受けました。(*^^*) サイドとバックは地肌が透けて見えるぐらい短めに、ずっと上の方まで刈り上げてあります。ソフトモヒカンの場合、後頭部は「馬のたてがみ」の様にトップから繋がるセンターの髪の毛を長めに残すのが普通ですが、亜門さんの場合、後頭部もかなり上部までスッキリと刈り上げてありました。この部分がスッキリしているのは今の時代、逆に新鮮で、オトナっぽい清潔感を感じますね。 トップの髪は緩めのパーマがかかっているようで(もしかしたらクセ毛かもしれませんが・・・)、ワックス系のスタイリング剤を使ってランダムな立ち上がりをつけて、パーマのウエーブを生かしながら天頂部に一番ボリュームがでるようなスタイリングになっています。前髪はパーマがほとんどかかっていない感じで、眉にかからない程度に長く、毛先をまとめる様にして左サイドから右に向けてナナメにぺタッと下ろしてありました。 攻撃的なイメージになりがちのソフトモヒカンとは違って、前髪とトップにある程度長さがある上に、パーマを上手く生かしたスタイリングがとってもオシャレで、ビジネスシーンにもばっちり通用する、かなり好感度の高いヘアースタイルだと思いました。宮本亜門さん自身が元々若く見えるタイプの方かもしれませんが、54歳という年齢を全く感じさせない若々しいヘアースタイルは、皆さんにもぜひチャレンジしてみて欲しいですね。(^^)/ さて、今回ご紹介した宮本亜門さんの髪型ですが、前回私が書いた記事「2012年メンズヘアーの流行を今年も大胆予測? 10日に一度公演で各地をまわる為 !」の内容に、実はピッタリとあてはまっているのです!これまでは本田圭佑選手のような短めなソフトモヒカンが大人気でしたが、サイドとバックは短いカリアゲをキープしたままトップの髪を長めにして、パーマで毛先を遊ばせたヘアースタイル・・・まさに「セクシーな男らしさ」がこれからの新しい流れになってくる予感です。(*^^*)v, , たけさん、コメントありがとうございます!(^^)/ 初めてコメントさせていただきます カットしてます。(^^)v, 初めまして Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 宮本亜門の バタアシ人生 ―自殺未遂・引きこもり・対人恐怖症・・・すべて経験済み 居場所を見つけた11人の生き方のコツ話, 人生の悲劇は見方を変えれば喜劇にもなる。突然のがん宣告、復帰直後に襲ったコロナ禍…どんな困難でも、不条理でも幸せを呼び込むエッセンスなんだ。, 1958年、東京生まれ。ミュージカルからオペラ、歌舞伎まで幅広く舞台の演出を手がける。2004年、ミュージカル「太平洋序曲」で日本人演出家として初めてブロードウェーに進出。代表作は「金閣寺」、オペラ「魔笛」。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題

ヘア 宮本 亜 門 Indeed recently is being hunted by consumers around us, maybe one of you personally. 宮本 亞門(みやもと あもん、1958年 1月4日 - )は、日本の演出家。. google_ad_client = "pub-0336349923794157";

amazon_ad_tag = "ormubyhesh-22"; amazon_ad_width = "160"; amazon_ad_height = "600"; amazon_ad_link_target = "new";//-->, カットルームあだち

People now are accustomed to using the internet in gadgets to see video and image data for inspiration, and according to the title of this article I will talk about about ヘア 宮本 亜 門. Download.

東京・銀座生まれ。ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。これまでの演出作品数は120本以上(再演作品含む)。株式会社ホリプロ スポーツ文化部所属。2019年9月8日より宮本亜門から「宮本亞門」へ改名した[1]。, 2020年1月に仏・ストラスブールにてリヒャルト・ワーグナーのオペラ「パルジファル」(ラン国立歌劇場)を初演出。, 20年10月、黒澤明監督の映画を初めてミュージカル化した「生きる」(ダブル主演:鹿賀丈史、市村正親)の再演。12月には、米・映画「チョコレードドーナツ」をミュージカル化し、パルコ劇場にて世界初演の予定。, また、19年10月に東京で初演出したプッチーニのオペラ「蝶々夫人」(衣装:高田賢三)を、コペンハーゲンのデンマーク王立歌劇場(21年1月)、米・カリフォルニア州のサンフランシスコオペラ(22年9月)にて上演予定。, 新橋演舞場前の喫茶店「須川」(現「茶房 絵李花」)を営む両親の元に生まれる。出生名は「宮本亮次」。幼い頃から新橋演舞場に出入りし、松竹歌劇団専属の元ダンサーだった母の影響により、銀座を中心に歌舞伎座、日劇、日比谷の映画館等にも通いつめる。幼稚園時代には、藤間流家元の藤間勘十郎の下で日本舞踊を習い始め、同門に十八代目中村勘三郎がいる。またこの時期、映画館で知ったハリウッドミュージカルが好きになる。また小学生頃(港区立白金小学校在籍)からは茶道をたしなみ、将来は真剣に裏千家の家元か日本美術史研究家になると夢見て、中学から仏像や神社仏閣の美に魅せられる。また母が肝硬変を患っており、度々死の宣告を医者から受けていたこともあり、精神世界の美術に興味がいったのが原因にもなっている。, 花街のど真ん中で育ち、周りは役者や芸者と花柳界の大人たちしかいない環境のため、同年代の友人と公園や広場で遊んだ記憶は極端に少ない。, 中学生になると(田園調布中学校在籍)趣味の仏像鑑賞のため、小遣いを貯金しては京都や奈良を旅した。建築物、日本画、さらに西洋美術へと興味は広がるも、学校では孤立。友達ができないことに加え、高校受験のストレスにより、肥満となる。15歳で世の中への失望と、将来への希望を見出せず、交際していた同級生の恋人と共に「同じ時間に死のう」と心中を試みる。宮本は薬局で睡眠薬を購入して服用するが、渡された薬はビタミン剤であったため、翌朝スッキリと目覚めてしまう。慌てて恋人に電話すると「本気だったの?冗談だと思った」と一蹴される。同じ死生観を共有していたと思い込んでいたはずが裏切られてしまい、更に人間不信となる。玉川学園高等部1年生のとき不登校に陥り、約1年間引きこもり生活を送る。窓の無い自室でミュージカルやクラシックなどの様々なレコードを聴く生活の中で、演出家を志すようになる。1年生の終わりに慶應義塾大学病院の精神科で受けた小此木啓吾による治療が功を奏し、再び学校に戻る。ミュージカル『ゴッドスペル』を映画で観て感動し、演劇部に上演を依頼。そこで主役をやることになり演劇デビューを果たす。評判の良かったこの作品は、「キネマ旬報」に記事にされる。その後は玉川大学文学部芸術学科演劇専攻科へ進学。4年生の途中、親に内緒で受けたミュージカル『ピピン』のダンサーのオーディションに受かる。先生に相談したところ、退学をして社会に出た方が良いとアドバイスを受け、玉川大学を中退する。, 1978年にミュージカル『シーソー』でダンサーとしてデビュー。1980年にはミュージカル『ヘアー』に出演。翌日が初日という日の深夜、稽古場から下宿先に戻ると、母が風呂場で倒れているのを発見。翌朝に脳溢血が原因で亡くなる。この経験からのちに、舞台を自分の役目としてやっていくよう「母からバトンを渡された」とインタビューで答えている。その後『アニーよ銃をとれ』『シカゴ』などに出演。, 1984年に『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』で振付師デビュー。その後もダンサー、振付師として活動する。出演者の間、六本木のショータイムのあるクラブでアルバイトをし資金を調達して、ほぼ毎年ニューヨークへも訪れている。24歳のときには池尻大橋にダンススタジオをオープンさせ、1年間の経営後、2年間ロンドンへ留学。ロンドンにいる2年間で見た舞台の数は700以上とされる。帰国後、演出家を目指すため名前を亮次から亜門へ改名(現在は戸籍上でも亜門)。, 1987年にオリジナルミュージカル『アイ・ガット・マーマン』で演出家としてデビュー。出演は諏訪マリー、中島啓江、田中利花。翌1988年に同作品で文化庁芸術祭賞を受賞する。その後、「ジャニーズ系の演出家」と言われ、1989年ミュージカル『エニシング・ゴーズ』『サウンド・オブ・ミュージック』を大地真央の主演で成功させる。1993年にネスカフェのゴールドブレンド「違いのわかる男」として一般的に認知されるようになる。「宮本亜門といえば、ブロードウェイ・ミュージカル」という違和感を払拭し、アジアへの興味を作品にしたいと、オリジナルミュージカルであるアジア三部作『香港ラプソディー』、サイケ歌舞伎『月食』、熱帯祝祭劇『マウイ』を発表する。その後『狸御殿』『ガールズ・タイム』『ボーイズ・タイム』などに挑戦するが、批評家が観劇しないという状況で極度のスランプに陥る。, Welcome to the AMON MIYAMOTO official website, “Greenberg Play Opens Theaterworks Season”, https://www.courant.com/news/connecticut/hc-xpm-2001-08-30-0108301186-story.html, 第25回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 受賞者決定~剛力彩芽、香里奈、優木まおみ…, “Tao: Drum Heart Brings Japanese Rhythms, Choreography & More to New York”, https://www.broadway.com/buzz/183781/tao-drum-heart-brings-japanese-rhythms-choreography-more-to-new-york/, スポーツ・文化・ワールド・フォーラム 文化イベント 「The Land of the Rising Sun」 上演および公演後記者会見, 宮本亜門演出「能×3D映像公演『幽玄HIDDEN BEAUTY OF JAPAN』」を、シンガポール・リバーナイトフェスティバルにて実施, “宮本亜門の新演出オペラ『金閣寺』、日仏で上演へ…東京二期会が初の日仏共同制作。日本人歌手も両バージョンに出演”, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35302870T10C18A9CR0000/, “黒澤明監督「生きる」が市村正親&鹿賀丈史Wキャスト主演×宮本亜門演出でミュージカルに”, https://web.archive.org/web/20180225141938/http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2018/02/19.php, https://www.news-postseven.com/archives/20190402_1344615.html, https://www.oricon.co.jp/news/2133475/full/, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/22/kiji/20190522s00041000175000c.html, "いま前立腺ガンの手術が無事終わり、大成功でした!今は まだ麻酔が効いておりますが、喋ることも可能なほどで、非常に良好です。まずはご報告まで(スタッフ代筆)。…", https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/01/kiji/20190601s00041000269000c.html, "退院しました。お陰さまで僕の人生で最も貴重な時間を過ごさせて頂きました。がむしゃらに生きてきた僕は、改めて61歳の肉体の事、死が身近にある事を知りました。だからこそ、もっと体を張ってチャレンジし、この命を存分に謳歌しようと決意しました(続き→)…", "ここまで来れたのは皆さんのお陰です。さらに生きることの素晴らしさを存分に分かち合いたいです。実は昨日もオペラ「蝶々夫人」の打ち合わせを高田賢三さんと病室でしていたぐらいなので、通常モードどころか好調にスタートしています。 僕は復活しました。亜門の第3幕をご期待ください。 宮本亜門…", https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宮本亞門&oldid=80377600, 構成・演出:宮本亜門、訳詞:大場公之、編曲・ピアノ演奏:深沢桂子、ピアノ演奏:種村久美子、舞台監督:村田明、矢田貝誠吾、演出助手:, 企画・構成・演出:宮本亜門、訳詞:宮本亜門、山内あゆ子、大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、美術:島川とおる、照明:勝柴次朗、衣裳:宇野善子、音響:安藤淳、歌唱指導:大場公之、音楽監督助手:近藤正春、振付助手:原みつる、舞台監督:村田明、主催:有限会社宮本企画、サントリー株式会社, 作・演出・訳詞:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、美術:島川とおる、照明:西川園代、衣裳:宇野善子、音響:安藤淳、舞台監督:幸泉浩司、制作:内藤美奈子、宮本レイ、企画制作:パルコ・宮本企画、桂井恵美、江口剛史、多田誠・吉田関人, 作・演出:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、美術:島川とおる、衣裳:宇野善子、照明:原田保、音響:松木哲志、舞台監督:勇村育世、振付:藤井真梨子、宇海光燿、主催:テレビ朝日、朝日放送、多摩市文化振興財団、企画・制作:パルコ/内藤美奈子・草川美華、宮本企画, 作・演出・振付:宮本亜門、ピアニスト:崎久保吉啓、音楽監督:深沢桂子、訳詞:大場公之、衣裳:宇野善子、美術:島川とおる、照明:服部基、音響:安藤淳、舞台監督:小林潤史、黒木辰男、制作:プエルタ・デル・ソル, 演出:宮本亜門、原作:木村恵吾、脚本:斎藤雅文、音楽:服部隆之、音楽監督:竹本泰蔵、美術:荒井良二、特殊美術:田中義彦、作詞・歌唱指導:大場公之、衣裳:, 作曲・作詞:スティーブン・ソンドハイム、台本:ジョン・ワイドマン、演出・振付:宮本亜門、公演音楽監督:竹本泰蔵、翻訳・訳詞:橋本邦彦、美術:, 原作:辻信太郎、演出:宮本亜門、作詞・作曲:Michael John LaChiusa、脚本原案:宮本亜門、橋本邦彦、脚本:鈴木哲哉、訳詞:橋本邦彦、音楽監督:藤井丈司、声楽監督:楊淑美、編曲:近藤達郎、伊藤隆博、指揮:矢澤定明、美術:和田平介、照明:勝柴次朗、音響:松木哲志、振付:上瀧緑、角田尚、衣裳:有村淳(宝塚歌劇団)、ヘアメイク:山田操、演出助手:関聡太郎、舞台監督:矢野森一、藤崎遊、製作:株式会社サンリオ、株式会社ケイダッシュステージ, 作曲・作詞:スティーブン・ソンドハイム、台本:ジョン・ワイドマン、演出・振付:宮本亜門、音楽監督:山下康介、翻訳・訳詞:橋本邦彦、美術:, 脚本・作詞:トム・ジョーンズ、作曲:ハーヴェイ・シュミット、演出:宮本亜門、振付:井手茂太、音楽監督:佐孝康夫、美術:, 演出・振付:宮本亜門、音楽・詞:マーク・ホルマン、脚本・詞:グレッグ・コティス、翻訳:常田景子、訳詞:橋本邦彦、音楽監督:甲斐正人、振付:Kazumi-Boy、美術:, 作曲・作詞:スティーブン・ソンドハイム、台本:ジェイムズ・ラパイン、演出・振付:宮本亜門、音楽監督:山下康介、翻訳・訳詞:橋本邦彦、美術:礒沼陽子、照明:中川隆一、音響:大坪正仁、衣裳:, 作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム、台本:ジョン・ワイドマン、演出:宮本亜門、美術:, 原作:クリストファー・ボンド、脚本:ヒュー・ホィーラー、作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム、演出・振付:宮本亜門、翻訳・訳詞:橋本邦彦、訳詞:中條純子、伊藤和美、宮本亜門、音楽監督:山下康介、指揮:西野淳、美術:, 脚本:ジョン・ワイドマン、作曲:デイヴィッド・シャイヤ、作詞:リチャード・モルトビー Jr.、演出・振付・訳:宮本亜門、訳詞:, Jill Abramovitz、Stanley Bahorek、Donna Lynne Champlin、Jonathan Hammond、Deborah Lew、David McDonald、Lillias White、Michael Leon Wooley, 原作:水上勉「ブンナよ、木からおりてこい」、作曲:ヘンリー・クリーガー、脚本・作詞:ビル・ラッセル、演出:宮本亜門, 原作:フレデリック・モートン、音楽:フランク・ワイルドホーン、脚本・歌詞:ジャック・マーフィ、追加歌詞:ナン・ナイトン、演出:宮本亜門、編曲:キム・シャーンバーグ、追加編曲:クン・シューツ、翻訳:小嶋麻倫子、翻訳・訳詞:竜真知子、音楽監督:八幡茂、振付:上島幸夫、装置:, 作詞・作曲:リサ・ランバート&グレッグ・モリソン、脚本:ボブ・マーティン&ドン・マッケラー、演出・翻訳・振付:宮本亜門、訳詞:, 台本:ジェームス・ラパイン、作曲・作詞:スティーブン・ソンドハイム、翻訳:常田景子、訳詞:中條純子、演出:宮本亜門、音楽監督:山下康介、指揮:吉住典洋、平田英夫、美術:二村周作、衣裳:黒須はな子、照明:中山安孝、音響:山中洋一、映像:栗山聡之、ヘアメイク:河村陽子、演出助手:北村直子、舞台監督:藤崎遊、企画製作:株式会社パルコ, 台本:ダグ・ライト、音楽:スコット・フランケル、作詞:マイケル・コリー、翻訳:常田景子、訳詞:中條純子、演出:宮本亜門、音楽監督:八幡茂、振付:岡千絵、美術:方剛、衣裳:前田文子、照明:中川隆一、音響:本間俊哉、映像:栗山聡之、舞台監督:山本圭太、演出助手:小島靖、製作:東宝, Hadley Fraser、Lorna Want、Luke Brady、David Burt、Clive Rowe、Edward Petherbridge、Paul Hunter、Carl Au, 脚本・作詞:トム・ジョーンズ、作曲:ハーヴェイ、シュミット、演出・振付:宮本亜門、美術:, 脚本・作詞:トム・ジョーンズ、作曲:ハーヴェイ、シュミット、演出・振付:宮本亜門、翻訳:山内あゆ子、訳詞:小池一子、上演台本翻訳・訳詞:宮本亜門、北村直子、音楽監督:佐孝康夫、美術:, 原作:クリストファー・ボンド、脚本:ヒュー・ホィーラー、作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム、演出・振付:宮本亜門、翻訳・訳詞:橋本邦彦、訳詞:中條純子、伊藤和美、宮本亜門、音楽監督:山下康介、指揮:西野淳、吉住典洋、美術:, 作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム、台本:ジョン・ワイドマン、演出・振付:宮本亜門、翻訳・訳詞:橋本邦彦、音楽監督・オーケストレーション:山下康介、指揮:デイヴィッド・チャールズ・アベル、美術:, 作・演出・振付:宮本亜門、訳詞・歌唱指導:大場公之、音楽監督・編曲:深沢桂子、美術:島川とおる、照明:西川園代、衣裳:黒須はな子、音響:実吉英一、ヘアメイク:川端富生、舞台監督:村田明、演出助手:末永陽一、, 原作:カルロ・コローディ、演出・脚色:宮本亜門、共同演出・振付:福島桂子、美術:下田昌克、大島広子、主催:, 脚色:ジョン・グエア&メル・シャピロ、歌詞:ジョン・グエア、音楽:ガルト・マクダーモット、原作:ウィリアム・シェイクスピアの戯曲、ブロードウェイ公演製作:ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバル(プロデューサー:, 原作:カルロ・コローディ、作曲・音楽監督:深沢桂子、演出・脚色:宮本亜門、共同演出・振付:福島桂子、美術:下田昌克、大島広子、主催:, 脚本:ステファン・エリオット、アラン・スコット、 演出:宮本亜門、翻訳:エスムラルダ、訳詞:及川眠子、衣装:ティム・チャペル、リジー・ガーディナー、 音楽監督:前嶋康明、振付:麻咲梨乃、大村俊介(SHUN)、IG、桜木涼介、 TETSUHARU、美術:松井るみ、照明:アンディ・ヒナゴ、音響:山本浩一 、ヘアメイク:宮内宏明、映像:石田肇/レイ、製作:東宝、avex live creative, 脚本:バート・シェヴラヴ、ラリー・ゲルバート、作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム、演出・上演台本・訳詞:宮本亜門、翻案:青鹿宏二、音楽監督・編曲:甲斐正人、振付:上島雪夫、宮本亜門、美術:石原敬、照明:高見和義、音響:山本浩一 、衣裳:小篠ゆま、美粧:拓殖伊佐夫、製作:松竹株式会社, 作曲・編曲:ジェイソン・ハウランド、脚本・作詞:高橋知伽江、演出:宮本亜門、原作:黒澤明監督作品「生きる」、美術:二村周作、照明:佐藤啓、音響:山本浩一、衣装:宮本まさ江、ヘアメイク:小沼みどり、映像:上田大樹、振付:宮本亜門、米島史子、前田清実、主催:ホリプロ、TBS、東宝、WOWOW、企画制作:ホリプロ, 作曲:G.ドニゼッティ、原作:G.F.ロマーニ、演出:宮本亜門、指揮:星出豊、訳詞:, 台本:ヴィクトール・レオン、レオ・シュタイン、作曲:フランツ・レハール、訳詞・上演台本・演出・振付:宮本亜門、アドバイザー:佐藤信、音楽監督・指揮:竹本泰蔵、美術:島川とおる、牧野良三、照明:御原祥子、音響:加藤始、衣裳:中矢恵子、舞台監督:太田けんじ、演出助手:池山奈都子、メイク:真津田美紗子、主催:(財)名古屋市文化振興事業団, 演出:宮本亜門、指揮:横山修司、訳詞:大場公之、照明:原田保、美術:中越司、衣裳:原まさみ、ヘアメイク:馮啓孝、舞台監督:幸泉浩司、演出助手:北村直子、企画・制作:宮本企画, 演出・脚色:宮本亜門、指揮:樋本英一、作曲:深沢桂子、美術:島川とおる、照明:服部基、衣裳:八重田喜美子、音響:紺谷龍也、舞台監督:中村真理、メイク:馮啓孝、演出助手:前川久仁子、主催:(財)日本オペラ振興会/株式会社東京放送, 作曲:W.A.モーツァルト、原作:P.A.C.dボーマルシェ、台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ、指揮:パスカル・ヴェロ、演出:宮本亜門、装置:ニール・パテル、衣裳:前田文子、照明:デーヴィッド・ランダー、振付:麻咲梨乃、舞台監督:大仁田雅彦、演出助手:髙岸未朝、前川クニコ、公演監督:大島幾雄、制作:財団法人二期会オペラ振興会, 作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ、指揮:パスカル・ヴェロ、演出:宮本亜門、装置:ニール・パテル、衣裳:前田文子、照明:デーヴィッド・ランダー、舞台監督:大仁田雅彦、演出助手:髙岸未朝、公演監督:大島幾雄、制作:財団法人二期会オペラ振興会, 作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、P.A.C.dボーマルシェ、台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ、指揮:マンフレッド・ホーネック、演出:宮本亜門、装置:ニール・パテル、衣裳:前田文子、照明:大島祐夫、振付:麻咲梨乃、演出助手:髙岸未朝、舞台監督:大仁田雅彦、公演監督:近藤政伸、制作:財団法人東京二期会, 作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ、指揮:パスカル・ヴェロ、演出:宮本亜門、装置:ニール・パテル、衣裳:前田文子、照明:中川隆一、舞台監督:大仁田雅彦、演出助手:髙岸未朝、真鍋卓嗣、公演監督:大島幾雄、制作:財団法人東京二期会, 作曲:タン・ドゥン、指揮:ローレンス・レネス、演出:宮本亜門、舞台美術:松井るみ、衣装:太田雅公、照明:リック・フィッシャー, 作曲:ジュゼッペ・ベルディ、指揮:アントネッロ・アッレマンディ、演出:宮本亜門、美術:松井るみ、衣装:, 作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ、原作:ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ボーマルシェ、指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス、演出:宮本亜門、装置:ニール・パテル、衣裳:前田文子、照明:大島祐夫、振付:麻咲梨乃、舞台監督:大仁田雅彦、演出助手:澤田康子、公演監督:中村健、制作:公益財団法人東京二期会, 作曲:タン・ドゥン、指揮:ジョナサン・ダーリントン、演出:宮本亜門、舞台美術:松井るみ、衣装:太田雅公, 作:ダーチャ・マライーニ、訳:望月紀子、演出:宮本亜門、美術:和田平介、照明:中山安孝、衣裳:桜井久美、選曲:吉田関人、音響:高橋巌、舞台監督:矢野森一、演出助手:遠藤吉博、ヘアー:高橋功亘、企画:劇書房、製作:メジャーリーグ, 作:ブラッド・フレイザー、演出:宮本亜門、翻訳:永松真理、常田景子、美術:中越司、照明:西川園代、衣裳:中野裕通、音響:吉田武司、選曲:吉田関人、ヘアメイク:野田保寿、演出助手:吉利治美、舞台監督:村田明、企画製作:株式会社パルコ, 作:ノエル・カワード、訳:常田景子、演出:宮本亜門、美術:ルーシー・ホール、照明:笠原俊幸、音響:金子彰宏、ヘア&メイクアップ:高橋功亘、演出助手:常田景子、舞台監督:小川 亘、T.P.T.芸術監督:デヴィッド・ルヴォー, 原作:ブラッド・フレイザー、演出:宮本亜門、翻訳:常田景子、美術:中越司、照明:西川園代、音響:井上正弘、衣裳:吉田洋平、ヘアメイク:野田保寿、演出助手:上田智之、舞台監督:村田明、企画・制作:株式会社パルコ, 作:ダーチャ・マライーニ、訳:望月紀子、演出:宮本亜門、美術:レイチェル・ホーク、衣裳:岩谷俊和(DRESSCAMP)、音楽:産毛、照明:中川隆一、音響:高橋巌、ヘアメイク:小島裕司、演出助手:西祐子、舞台監督:徳永泰子、企画製作:株式会社パルコ, 作:イヴ・エンスラー、翻訳:常田景子、演出:宮本亜門、美術:升平香織、照明:阿部康子、音響:長野朋美、演出助手:西祐子、舞台監督:徳永泰子、小林清隆、ヘアメイク:SHIZUE(POOL)、主催・企画製作:ホリプロ, 原案・演出:宮本亜門、脚本:鈴木哲也、宮本亜門、美術:伊藤雅子、衣裳:堂本教子、音楽:吉田関人、映像:泰永優子、栗山聡之、照明:渥美友宏、音響:中島正人、ヘアメイク:川端富生、演出助手:陶山浩乃、草光純太、舞台監督:高梨智恵美、企画製作:株式会社パルコ, 演出:宮本亜門、脚本:宮沢章夫、振付:藤間勘十郎、美術:金井勇一郎、照明:勝芝次朗、映像:奥秀太郎、舞台監督:徳永泰子、製作:松竹株式会社, 企画監修:土屋恵一郎、構成・演出・台本:宮本亜門、映像:奥秀太郎、技術協力:福地研究室(明治大学)、音楽:福岡ユタカ、美術:大島広子、照明:藤本晴美、大柿光久、音響:田上篤志、主催:国際交流基金、共催:アジア文明博物館、学校法人明治大学、協力:観世宗家・一般財団法人観世文庫, 構成・演出・台本:宮本亜門、映像:奥秀太郎、音楽:福岡ユタカ、照明:伊藤孝、美術:竹内良亮、音響:田上篤志、衣裳:太田雅公、ヘアメイク:馮啓孝、主催:国際交流基金, 粒マスタード安次嶺、島袋寛之、渡久地雅斗、Reimie Fueugen、池田一葉、DICE、松元祐稀、尾崎美帆、古川朋海, SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う(2015年12月, 脚本:宮本亜門、池谷雅夫、演出:宮本亜門、主催:墨田区、小布施町、特別協賛:木下グループ、制作:『画狂人 北斎』制作委員会, 脚本:宮本亜門、池谷雅夫、演出:宮本亜門、主催:墨田区、すみだ北斎美術館、制作:TSP, 作・演出:宮本亜門、「Flora」制作:ヤノベケンジ、「Flora」衣裳協力:増田セバスチャン、舞台美術:伊藤雅子、音楽:小林岳五郎、山下康介、振付:麻咲梨乃、新海絵理子、三井聡、TAICHIRO NOZAKI(LDH stage Inc.)、EGA(株式会社演舞麗夢)、衣裳:十川ヒロコ、ヘアメイク:冨沢ノボル、仮面制作:江川悦子, 2004年 ニューヨーク、オン・ブロードウェイにて、ミュージカル『太平洋序曲』 (, 2007年 『TEA: A Mirror of Soul』を米・サンタフェ・オペラをアメリカンプレミアとして上演。, 2008年 新作ミュージカル『Up In The Air』を世界初演として米・ワシントン・, 2013年 5月『TEA: A Mirror of Soul』をカナダ バンクーバーオペラで再演。8月, KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY(J-WAVE).