では、これらお酒(酒類)の販売業免許の区分と種類に従って、簡単に解説をしてみましょう。 だから小売も卸売の両方やっている会社も珍しくありません。 ふ~ん。違いは顧客が最終消費者か企業かってだけ? んにゃ、それは定義の話であって、小売と卸売は色々な点で違っているよ。 例えは以下の点なんかそうだね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 小売業が商品を売るのは一般の消費者、つまり僕らみたいに最終的にその商品を使う人に売る人が小売業者です。, そして卸売業が商品を売るのは業者、つまり小売業を含めてその商品を転売する人に売る人が卸売業者です。, 一方、違いもそうですがごっちゃになるのは共通点があるからで、小売業と卸売業の共通点は, 卸売業という業種について知った時に一番最初に思ったのは、卸売業って必要ないんじゃないかということです。, 買ってきた商品を特に加工もせずに右から左に流して利益を得る業種であり、必要ない気がしませんか?(加工すると製造業になります。), スーパーマーケットと言うことは、お肉、野菜、鮮魚、飲料、お菓子などなどたくさんの商品を取り扱っていますよね。, 卸売業者を利用せずにすべての商品をお店に並べようとすると、まずキャベツ農家から仕入れして、次はにんじん農家から仕入れして…なんてのを商品分だけする必要がでてきます。, しかもただ仕入れればOKということでもなく、生産状況や品質のチェック、アクシデントなどによって価格や配送のルールをこまかく決める必要もあるでしょうし、各商品に対する専門的な知識も必要になってきます。, そこで、野菜の卸売業者、鮮魚の卸売業者が間に入り、まとめてくれると取引がスムーズになるわけです。, ざっくりとした説明でまとめると、生産者から消費者までの商品伝達をよりスムーズにするために、卸売業は必要になるってことですね。, 小売業と卸売業の違いを気にするということは、中にはバイトするなら小売業と卸売業どっちのがいいのかな、なんて思ったりする人がいるのかもしれません(まあその二択にしなくてもいいとは思うんですが…), 僕はどっちのバイトもしたことあるので、個人的に経験談からそれぞれのメリットをあげていこうと思います。(それメリットじゃないって思うものや、バイト先によって違うってものもありますが、あくまで個人の経験談なので多めに見て下さいね), いろんなお客さんを対応したり、最初だと叱られたりすることも多いかもしれませんが、頑張って続けると嫌でもある程度のコミュニケーション能力がついてきます。, 最初はなんで叱られているかもわからない状態でしたが、ふてくされるわけでもなく、相手のせいにするでもなく、改善しようと前向きに頑張っていたら社会にでてからかなり役にたったなーと思います。, あと一人暮らしの時に廃棄する弁当もらって食費浮かせてもらえたりして非常に助かりました、笑, デメリットをあげるなら、コミュニケーションが得意でない人や気を使いすぎる人だと慣れるまで結構疲れることですかね。, 卸売業の最大のメリットは、職場の人さえいい人ならコミュニケーションをする相手が増えることは少ないので、精神的に超楽なことです。, 配達なんかがある職場だと勤務時間中にドライブもいけて更にいい感じです。あと取り扱う商品が偏っていることが多いので、扱ってる商品にめっちゃ詳しくなったりします。, あとルーチン(手順が決まった仕事)も多いので、作業効率を上げたりとかを楽しめる人にはおすすめです。, 他にも今さら人に聞けない言葉などがある人は、わかりやすく、そしてなるべくおもしろく解説していきたいと思いますので、気軽にコメントいただけると嬉しいです。, 少し前から一人暮らしを始めました。 基本的に、卸売業は、商品(酒類)を顧客の店先まで届けて販売することが本来(店頭渡し)ですので、例外的な酒類卸売業の販売方法です。, 協同組合員間酒類卸売業免許とは、自己が加入する事業協同組合の組合員である酒類小売業免許を有する事業者にお酒(酒類)を卸売することができる酒類卸売業免許です。, 自己商標酒類卸売業免許とは、自らの商標又は銘柄のお酒(酒類)を卸売することができる酒類卸売業免許です。ですから、通常は自らの商標等をラベルに入れた酒類を酒類製造業者に製造依頼して酒類を卸売するという酒類卸売業免許になります。, 特殊酒類卸売業免許とは、酒類事業者(主に酒類製造免許業者)の特別な必要に応ずるため、酒類を卸売することが認められる酒類卸売業免許です。 取扱金額.

税務当局の事務運営では、主に酒類製造者の本支店免許が一般的であり、その酒類製造者からの申請(申請書)により、この酒類製造者の本店や支店等に酒類卸売業免許が付与されます。 では、この情報欄では、お酒(酒類)の販売業免許の区分・種類を説明するために、酒税法の法令解釈通達の第9条関係8を説明することにします。, 一覧で表示すれば、お酒(酒類)の販売業免許は上図のとおりの 区分、種類 に分けられて規定されています。       それをまた別の流通会社とか小売会社に売るって事だよね。

 ふ~ん。違いは顧客が最終消費者か企業かってだけ? 例えは以下の点なんかそうだね。, ①卸売業は企業顧客を相手とするので、立地や雰囲気にあまり注意を払わない。 卸売業者は以下のいずれかに長けているからです。, ①販売とプロモーション: 国内. ⑦市場情報提供: 自分たちで売らなければならない、と商社を使わなかったそうです。, にもかかわらず、卸売業者が活躍している理由は  製造業者は小口顧客に対する営業力を節約できる(営業マンを多く雇わなくて済む)。  仲介業者ってことでしょ?マージンを取るってことだよね?

 卸売業者は商品の所有権を獲得し、盗難、破損、腐敗、陳腐化によって発生する ⑥リスク負担: はい。それは、流通の前段階の卸売業者やメーカーが納めることになりますね。 爽香 ?? 先生 今度は、卸売業者が納める税金を考えようか。卸売業者は小売業者から9 6円 の消費税を預ってるよね。 爽香 ええ、そうですね。 先生 76.3兆円 販売. ③小売業と卸売業では法律上、税法上の扱いが異なる。, 卸売っていうのはメーカー(製造業者)から仕入れて この大分類には,原則として,有体的商品を購入して販売する事業所が分類される。 なお,販売業務に附随して行う軽度の加工(簡易包装,洗浄,選別等),取付修理は本分 類に含まれる。 卸売 業.  確かにね。, 理想はそうです。 ⑧コンサルティング:       商品を仕入れてきて、誰かに売ってる・・・? この酒類の販売業免許の区分・種類の法的根拠は酒税法の第11条で「税務署長は酒類の販売業免許を与える場合において、酒税の保全上酒類の需給の均衡を維持するため必要があると認められるときは、(中略)その販売方法について条件を付することができる。」と定められているところにあります。

 そんなこんなで、卸売に販売を頼むメリットはたくさんあるんだね。       他の会社に提供するのを卸売業と呼びます。, だから小売も卸売の両方やっている会社も珍しくありません。 に対してお酒(酒類)を販売することができる酒類販売業免許をいいます。, 一般酒類小売業免許とは、免許を取得した販売場において、原則として、すべての品目のお酒(酒類)を小売することができる酒類小売業免許をいいます。 お酒(酒類)の販売業免許の区分・種類は、酒税法の通達で定められています。大別するとお酒(酒類)の小売業免許と卸売業免許に区分され、さらに各々で付与される販売業免許の区分・種類が細分化されて規定されています, お酒(酒類)の販売業免許の区分・種類については、酒税法の法令解釈の通達、第9条関係で定められています。大別するとお酒(酒類)の小売業免許とお酒(酒類)の卸売業免許に区分され、さらに各々で付与される販売業免許の区分・種類に細分化されて規定されています。  卸売業者は顧客に信用売りを認め、生産者に対しては期日どおりの支払いをすることで資金の融通を行う。, ひゃ~、なんか一杯あるね。 (酒類製造者はその製造場においては、その製造場で製造した酒類の販売には、酒類販売業免許は必要ありませんので。酒税法第9条但し書), お酒の販売業又は製造の免許取得でお困りなら悩まず相談。お気軽にお問い合わせください。. 生産・輸入.

仕入先と言えばメーカー、卸売業者、商社など様々ありますが、それぞれのメリットは理解していますか?また卸売と小売の違い、さらに混同してしまいがちな卸売と商社の違いを説明できますか?卸業者は仕入れる際に外せない選択肢の1つでもあります。 卸売市場 . もっと詳しく知りたい場合は「コトラーのマーケティング・マネージメント」をご覧ください。 6.7. 1.  そうそう、そんな感じ。

60% (国産青果 86%) 水産 54% 10% 輸入 1.3 9.2 兆円. 総 説.  んにゃ、それは定義の話であって、小売と卸売は色々な点で違っているよ。

どうしてメーカーは直接小売業者や最終消費者に販売しないの?その方が得じゃない?  コストを負担して、リスクを吸収する。 兆円. 要は、同業の酒類卸売業免許を有する業者、酒類小売業免許を有する業者及び酒類製造免許を有する業者に対してお酒(酒類)を販売できる酒販免許です。, 全酒類卸売業免許とは、原則として、すべての品目のお酒(酒類)を卸売することができる酒類卸売業免許です。酒税法では、酒類を15の品目に分けて規定していますが、この全酒類卸売業免許は、酒類の15品目すべての酒類の種類を卸売することができるという酒販免許です。, ビール卸売業免許とは、ビールを卸売することができる酒類卸売業免許です。このビール卸売業免許では、上記11の全酒類卸売業免許(15品目の酒類卸売業が可能)と異なり、ビールだけが卸売できるという酒販免許です。, 洋酒卸売業免許とは、酒税法でお酒(酒類)は15品目に分類されていますが、このうち果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒、その他の醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒及び雑酒のすべて(10品目)又はこれらの酒類の品目の1以上の酒類を卸売することができる酒類卸売業免許です。, 輸出される酒類の卸売業、輸入される酒類の卸売業及び輸出・輸入される酒類の卸売業ができる酒類卸売業免許です。, 店頭販売酒類卸売業免許とは、酒類販売業免許を有する自己の会員(免許通知書等により酒類販売免許者であることを確認して管理する顧客)に対して、店頭において酒類を直接引き渡し、卸売することができる酒類卸売業免許です。