飛電ゼロワンドライバーで変身した、仮面ライダーゼロワンの形態の一つ。 何気にA.I.M.S.ライダーでは初のライダーキック技である。

ハニカム構造となっている胸部装甲は、ウェポンベイとしての機能を備え、 また、初登場回が「親子」をテーマにした回であったが、奇しくもライトニングホーネットは子蜂を生み出す能力を持つ形態だったりする。

8月3日のツイート, ““特撮ヒーローOB”14年越しに騒いだ「ブルーの血」…三上真史が「仮面ライダーセイバー」に出演”, https://hochi.news/articles/20201008-OHT1T50232.html, 『仮面ライダーセイバー』ブレイズ山口貴也、永徳と作り上げた変身ポーズの裏に仮面ライダーナイトへの思い, ゲストボーカルは後日発表! スカパラ、令和仮面ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』主題歌に決定, スカパラ「仮面ライダー」主題歌ゲストボーカルはアレキ川上洋平「正月と盆が一緒にきた気持ち」, “「劇場版 仮面ライダーセイバー」が「ゼロワン」映画と2本立てで上映!特報も公開”, 仮面ライダーセイバー:初スピンオフ「剣士列伝」がTELASAで独占配信 主役はブレイズ、エスパーダ、バスター、剣斬、スラッシュ “物語の鍵”も, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダーセイバー&oldid=80458982, 前作『ゼロワン』の主人公が少年と青年の中間にいる男の子の成長の物語で、同時期に放送されている『, プロデューサーの高橋一浩やメインライターの福田は、主人公が年上で落ち着いた雰囲気になったため、芽依の役回りをムードメーカーでコメディリリーフ的なものとしており、『, 剣士と怪人たちが大昔から大変な力を持つ本を巡って戦う中で、本を奪いたい悪から本を守る剣士が組織化され、主人公に協力しやすくするため, 子供が観ていてもわかりやすく番組を振り返り、かつ見ていても飽きないキャラクターとなった, 3か所ワンダーライドブックを読み込む部分は、オーズドライバーとは異なる仕組みで、初めて無線通信技術を使用している, 剣先でワンダーライドブックを読み込んで必殺技を発動させるため、『鎧武』以降採用されていなかった非接触での認識となった, マスクは複雑に用いた流線で構成されたスタイリングとなっており、ペン先にも見える作品テーマである「剣」を上下に顔を貫いてそそり立っている, アップ用のスーツは、タイツを下に着込み、そこにオーバーオール調のベーススーツと袖パーツを着込み、首パーツとラバーフォームのシートで成形された胴巻き、ベルト下にマントをベルクロで固定して、プロテクター類とベルトを装着する, 右肩のドラゴンの眼のハイライトは照明ではなく、白いブラシ塗装を造形物に施すことで漫画のような表現となっている, マスクは、セイバーの炎に対して鋭角的な意匠となっており、剣と水しぶきのモチーフが併せて取り入れられている, 変身シーンは、山口が考えた和風のものと、永徳が考えた流水をイメージした中華風のものを擦り合わせている, 大剣の重厚感を出す演出を想定して、地面を擦っても切っ先のオレンジ部分が削れないように同色の保護テープを巻いている, 人間態時に左手に着用しているブレスレットは、前作『ゼロワン』で復活後の迅が首にしていたネックレスと同様のディテールである, 連動アイテムが「本」になったのは、前作『ゼロワン』のプログライズキーが子供にとって伝わりにくいモチーフだったため、3種類以上のアイテムを使用して変身するものとなり、聖剣と連動するアイテムとして、伝説のアイテムという発想から「石板」となったが、それでは子供の興味を引かないため却下となり、石板に似たモチーフで、剣士との相性を勘案して、世界観を広げることができ、子供にも身近にあって馴染みが深い本となった, 実際にアップ用プロップには開閉のギミックが仕込まれており、ベルトに装填して抜刀することで2ページ目が開閉するものとなっている, ライトユーザーに商品を取ってもらう狙いと、アイテムを買い集めることでパワーアップしてもらうため、ライドウォッチやプログライズキーにあった発光ギミックをなくすことで価格を下げ、コストと全体的な仕様のバランスを調節することで、手に取りやすい価格となり、ガシャポンや食玩にも音声ギミックが同様の理由で搭載されていない, 店内にあるミニチュアや店内に陳列されている絵本はいずれも過去の仮面ライダーシリーズに関係するものとなっている.

", 『仮面ライダーゼロワン』に登場する仮面ライダーバルキリーの派生形態で、ライトニングホーネットプログライズキーで変身する。 『仮面ライダーゼロワン』の全ライダーフォーム一覧を、初変身シーンを変身音・セリフとともにプレイバック。変身ベルト・変身アイテム一覧も。セリフを暗記すると、英語の勉強になるかも!

ライトニングホーネット! まぁ唯阿にはスペックがバルキリー両形態以上とおぼしきファイティングジャッカルがあるが、バルキリーとして復帰した以上レイダーにもう変身しないうえ、ZAIAを辞めたから使用する機会は無いに等しいだろう。また、上記にもあるがこの形態でも強化形態相当の相手と張り合えるポテンシャル自体は十分にある。, 珍しい蜂のライダー、それも女王蜂モチーフというのが多くの絵師の心を捉えたのか、サブライダーのフォームチェンジと言う微妙な立ち位置にもかかわらず、気合いの入ったイラストが多数投稿されている。, 仮面ライダーゼロワン 仮面ライダーバルキリー

蜂女:蜂繋がり。ライダーシリーズの女性怪人第1号でもある(バルキリーは令和の女性ライダー第1号)。. 他の形態同様技名としてサンダーライトニングブラストフィーバーと表示される。 ZAIA社長・天津垓が所有していたプログライズキーの一つで、唯阿に譲った。 雷撃を放ちながら対象を追尾・撃破するマルチロックミサイルを搭載している。 第11話ではショットライザーでサンダーのエネルギー弾を何発か打った後にハチのエネルギー弾を放つバージョンが披露された。 公式ポータルサイトにて画像が公開されている。

モチーフは一部ではミツバチと紹介された事もあったが、名前から察するにスズメバチがモチーフと思われる。, 「知らないのか?想いはテクノロジーを超える…らしいぞ!」「ZAIAをぶっ潰す!」

カメンライディングディケイド:ライトニングホーネットの変身音を基にしている。 昆虫モチーフでは人気者(バッタ、カブトムシ、クワガタ)の陰に隠れがちな蜂モチーフのライダーでもある。

Twitter:https://twitter.com/525_nemorise Instagram:https://www.instagram.com/morefujimoto/ 蜂がモチーフのライダーはこれまで仮面ライダースーパー1、仮面ライダーザビー、オーズ・ムカチリコンボ(腕のみ)、ビルド・ハチマリンフォームの4人がいたが、ムカチリコンボ、ハチマリンフォームは設定上だけの存在で本編未登場。結果として昭和に1人、平成に1人、合計2人のような状況になっている上、ザビー登場から今まで10年以上も経過している。 仮面ライダーブレイド…必殺技が「ライトニングブラスト」 多人数ライダーの作品の3号ライダーの派生形態はキウイアームズやコンバットシューティングゲーマーレベル3の様に序盤で出番が終わってしまう事が多い中、派生フォームながら過去の長期にわたって使われている上、児童誌などではバルキリーの最強フォームとして扱われている節がある(だがこれが最強フォームになるなら他の派生形態も最強フォームになってしまう)。それもあってかガンバライジングのゼロワン最終弾でのキャンペーンカードにて同じ最強フォームのゼロツーとランペイジバルカンが「共通点のある主役の最強(強化)フォーム」との組み合わせであり、バルキリーも基本形態のラッシングチーターではなくライトニングホーネットでこちらの方にカテゴリされている。因みにゼロワン・バルカン・バルキリー以外のライダーは主役の強化・最強フォームという括りは無く、「共通点のあるライダーもしくは怪人」でチームを組んでいる。

"Piercing needle with incredible force. 蜂が電撃を使うという発想は「避雷針」や「蜂毒」のイメージからだと思われる。 2020年11月9日からプレミアムバンダイにて予約開始となる『仮面ライダーバトル ガンバライジング 7th Anniversary 9ポケットバインダーセット』にて第33話で使用した技のカードが収録される。カードの性能も中々高性能なのだが、注目するべきは必殺技名であり、その名も「刃、ザイア辞めるってよ。」である。因みに、このカードの登場により、初の派生フォーム単体で複数のレジェンドレアになったフォームとなった。, ラララ!雷鳴!雷電!電撃!ライトニングホーネット! また、一点突破の錐揉みキックを得意とし、右脚を軸に高速回転しながら急降下、足先の穿孔ニードルで対象の中枢を破壊する。, 劇場版やゲームを含めた場合はマリカがフォーゼアームズやモモライダー、ダークネクロムイエローがノブナガ魂に変身した前例があるが、いずれも男性ライダーが使用していたものの流用であり、女性ライダー初の専用フォームチェンジである。 第18話では仮面ライダーサウザーが必殺技に使用。 メタルクラスタホッパーの攻撃には流石に敵わないが、それでもへクスベスパでクラスターセルにある程度拮抗出来る性能や(途中からのランペイジバルカンの加勢があるとはいえ)スペックでは圧倒的に上のサウザーとの最後の一騎打ちの際は同じくスペック上では上であるシャイニングアサルトホッパーのシャインクリスタを破壊し、そのままサウザーを変身解除させる程の火力を誇っており、攻撃性能200%は伊達ではない。, サンダー!



また、超硬鋼『ZIA209-03』のハニカムフレーム構造により衝撃分散能力に優れる他、飛行用の翅『ホーネットエール』を展開して飛行するなど攻守共に隙が無く、機動性も高い。流石に純粋な空中戦ではフライングファルコンに及ばないものの、ヘクスベスパを使用することによって対抗できるようになっている。

身体中に空いた蜂の巣状のウェポンベイからは蜂型ミサイル『ヘクスベスパ』を打ち出す。ミサイルは触角と額に埋め込まれた装置により制御され、追尾して敵に確実に命中させる。これに電撃を纏わせ威力を底上げしたり、水中に逃げ込んだ敵を痺れさせるといった芸当も可能。 第13話ではヘクスベスパを打ち出すバージョンが披露された。 ハチのデータイメージ「ライダモデル」が保存されている。カラーはディープイエロー。 変身音声で流れる英文の意訳は「驚異的な力をもって貫く針」。, 電撃を纏った格闘技を得意としており、必殺キックの際には足の先からは穿孔武器『ライトニングニードル』が飛び出して、キックを強化する働きがある。

アーマーカラーはブルーとイエロー。

第33話ではライトニングニードルを纏った飛び蹴りが受け止められた後、そのままの姿勢でショットライザーからライトニングニードルを射出する技を使用した。 仮面ライダーゼロワンの変身音、メチャクチャかっこいいですよね! aiをモチーフにした作品となった仮面ライダーゼロワンですが、何と言っても変身音が過去作の仮面ライダーの中でも屈指のカッコよさを誇っていると思います。 そんな … 『仮面ライダーゼロワン』に登場する仮面ライダーバルキリーの派生形態で、ライトニングホーネットプログライズキーで変身する。 アーマーカラーはブルーとイエロー。 変身音声で流れる英文の意訳は「貫く針には驚異の力」。 右足にハチの針を模したエネルギー体・ライトニングニードルを纏い相手に跳び蹴りを放つ。

黄色の装甲はハチの能力を体現しており、急加速と急停止を多用した空中戦闘で対象を翻弄する。 派生形態でありながら総じて高火力が持ち味であり、パンチ力・キック力・走力こそ下がっているものの、総合的な攻撃性能はラッシングチーターの200%以上とされている。 『仮面ライダーセイバー』(かめんライダーセイバー、欧文表記:kamen rider saber)は、2020年 9月6日よりテレビ朝日系列で、毎週日曜9:00 - 9:30(jst)に放送されている、東映制作の特撮テレビドラマ作品 、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。 "Piercing needle with incredible force."