ブリオナ・テイラーへの銃撃事件(ブリオナ・テイラーへのじゅうげきじけん)は、2020年3月13日、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルで、ブリオナ・テイラー(Breonna Taylor)が、自宅アパートに踏み込んできた警察官に複数回銃撃を受け死亡した事件。, 警察側に大きなミスがあったこと、ブリオナ・テイラーがアフリカ系アメリカ人であったことから、人種差別により発生した事件として取り上げられるようになった。, 2020年3月13日、ケンタッキー州ルイビルに居住していた救急救命士のブリオナ・テイラーは、自宅のアパートで交際相手と過ごしていたところ警官隊が玄関を押し破って突入してきた。暴漢の侵入と勘違いした交際相手が発砲すると銃撃戦となり、8発の銃弾がブリオナ・テイラーに当たり落命した。事件後、ブリオナ・テイラーと交際相手に特段の落ち度はなく、警察が警告なしにアパートへ踏み込んだこと、そもそも突入目標の住所の情報は誤りで、警察が行方を追っていた容疑者は既に拘束されていたなど警察側の重大なミスが明らかになった[1][2]。, ブリオナ・テイラーの遺族は、ルイビル市を相手取って裁判を起こした結果、2020年9月15日、ルイビル市が遺族に1200万ドルを支払い、市警が再発防止に取り組むことを条件に和解した[3]。, 2020年9月23日、大陪審は事件に関与した警官3人のうち1人を無謀な危険行為の罪など3件で起訴、残る2人は不起訴とした[4]。 2001年4月28日0時前、、東京都世田谷区の東急田園都市線中央林間行きに乗っていた少年達が、近くに座っていたチェース・マンハッタン銀行東京支店に勤める牧顕さん(43歳)と足を踏んだ踏まないで口論となり、三軒茶屋駅停車中にA(当時18歳)とB(当時18歳)が牧さんを殴り、意識不明の重態にさせ … ‚é“X‚Å‚ ‚éB‚²‚‚¢n•¨‚ª“X“ª‚É•À‚ñ‚Å‚¨‚èA, u‚±‚ñ‚È‚à‚ñ‚ªAŠÈ’P‚É”ƒ‚¦‚Ä‚µ‚Ü‚¤‚Ì‚¾‚ȁBv‚È‚ñ‚čl‚¦‚½‚±‚Æ‚à‚ ‚Á‚½B, ‚¨‚µ‚á‚ê‚ÈŠXA•½˜a‚ȏZ‘îŠX‚Æ‚µ‚Ä’m‚ç‚ê‚éŽOŒ¬’ƒ‰®‚¾‚ªA”ƒ–ŒŽ‘O‚̉w‚Å‚ÌŽElŽ–ŒA‚»‚µ‚č¡‰ñ‚ÌŽ–Œ. 大丈夫??」 どうやら、近所で事件のようである。この近辺は、繁華街なので、いつもかなり賑やかだが、 今日は格別である。テレビをつけても、まだ何も言っていない。インターネットで調べると、やっと、速報で、 「世田谷で刃物男が警官を襲う。」などと、一行だけの速報が出ていた。 ケンタッキー肉の雨事件(ケンタッキーにくのあめじけん、英:Kentucky meat shower)とは、1876年3月3日、アメリカ合衆国ケンタッキー州バス郡のランキン(Rankin)近郊の91×46メートル(100×50ヤード)四方の範囲に赤身肉の断片が数分にわたって空から降ってきた事件[1]。断片の多くは約5cm(2インチ)の大きさであったが、少なくとも一片が約10cm(3.9インチ)に及ぶものもあった[2]。この現象は当時『サイエンティフィック・アメリカン』や『ニューヨーク・タイムズ』[3]、その他いくつかの出版メディアで報じられた[1][4]。, 肉片は牛肉と思われたが、『サイエンティフィック・アメリカン』の初報によれば、実際に肉片を口にした”2人の紳士”が羊肉か鹿肉であると述べたという[5]。地元の猟師であるB.F.エリントンは肉片を熊肉であるとした[6]。, 当初、見つかった”肉片”はレオパルド・ブランダイスの「サニタリアン」誌での記述によってネンジュモと判定された[1]。ブランダイスが詳しい分析のためにニューアーク科学協会へ肉片の標本を送付したところ、アラン・マクレーン・ハミルトン博士による『メディカルレコード』誌への投稿に繋がった。それによると肉片はウマか、ヒトの幼児の肺の組織と断定され、「この内蔵の構造がウマとヒトの幼児ではほとんど同じである」とした[5][7]。この標本の構造は更なる分析によって裏付けがなされ、2つの肉片の標本が肺組織、3つが筋肉、2つが軟骨と断定された[5]。, この現象の解明が多く試みられたが、ブランダイスはこの物質が地表に存在し、雨が降ると透明なゼリー状の固まりに膨張するシアノバクテリアの一種であるネンジュモではないかと考えた。この仮説は肉片は雨と共に降ってきたとする印象を与え続けてきた。一方チャールズ・フォートは1作目の本であるThe Book of the Damnedで当時雨は降っていなかったと指摘した[1]。地元住民に支持されたのは、アメリカハゲタカが肉を吐いたとする説で、これは「仲間が吐くのを見るとすぐさま同じことをする習性があるから」である[5]。L.D.カステンバイン博士は『ルイビルメディカルニュース』(Louisville Medical News)に、肉の種別についてもっともよく説明できる考えとして発表した[2][8]。ハゲタカは恐れを感じて急に逃げ出すときに肉を吐き出す[6]。フォートは潰れて乾いた見た目の肉塊は圧力の結果だと説明するとともに、この事件の9日後である1876年3月12日にロンドンで"野菜のようなものが付着した"赤い”細胞”が降ってきた事件を付記している[9]。, https://books.google.com/books?id=lW1HAAAAIAAJ&printsec=frontcover&dq=Charles+Fort,+Book+of+the+Damned&hl=en&sa=X&ved=0CCYQ6AEwAGoVChMI86DNluCKyAIVEVeICh3vWwmT#v=onepage&q=Kentucky&f=false, “Blog: The Great Kentucky Meat Shower mystery unwound by projectile vulture vomit”, http://blogs.scientificamerican.com/running-ponies/2014/12/01/the-great-kentucky-meat-shower-mystery-unwound-by-projectile-vulture-vomit/, “Flesh Descending In A Shower. 31日午後10時50分頃、世田谷区太子堂にあるケンタッキーフライドチキン三軒茶屋店に男が押し入り、店内で閉店作業をしていた店員の男性(24)にナイフを突きつけた上、「金を出せ。 翌9月24日には、穏やかに始まったデモ行進が次第に騒乱状態になり警官隊と衝突。警官2人が銃撃を受けて重傷、銃撃を行った容疑者を含むデモ参加者127人が逮捕された[6]。, 2020年5月25日には、黒人男性が警察官に殺害される事件(ジョージ・フロイドの死を参照)が発生。アフリカ系アメリカ人への人種差別と警察の暴力をからめた激しい抗議運動が展開されたこともあり、ブリオナ・テイラーへの銃撃事件も抗議対象となった。, 2020年8月25日、ルイビル市内で抗議デモが行われたが、警察は参加者少なくとも64人を通行に関する指示に従わなかった理由で逮捕した[7]。, 同年に女子テニスの全米オープン大会に出場した大坂なおみは、初戦でブリオナ・テイラーの名が記された黒いマスクをして入場[8]。また、フォーミュラ1、2020年トスカーナグランプリで優勝したルイス・ハミルトンは、表彰式で「ブレオナ・テイラーを殺した警官を逮捕せよ」と書かれた黒いTシャツを着用して事件をアピールした[9]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブリオナ・テイラーへの銃撃事件&oldid=79758233.