ロバート・バー(Robert Barr、1850年 - 1912年10月21日[1])は、イギリスの小説家。スコットランド生まれのカナダ育ちで、探偵小説で知られる。, スコットランドのグラスゴー生まれ。4歳の時に両親に連れられてアッパー・カナダに渡り、トロント師範学校 (Toront Normal School) で教育を受けた。オンタリオ州ウィンザーの学校で教師になり、最終的には校長まで出世した。この時期に新聞「デトロイト・フリー・プレス」に短編小説の寄稿を始めた。1876年に同紙の編集部員になり、「ルーク・シャープ」("Luke Sharp") という名義で活動した。バーは同紙において地位を高めてゆき、最後には編集長となった[2]。, 1881年、彼はロンドンに移住し、「フリー・プレス」の英国版週刊誌を創立した[3]。そして1882年には雑誌「アイドラー」"the Idler"を創刊し、共同制作者としてジェローム・K・ジェロームを選んだ(ジェロームに言わせると、「大衆に知られた名前」を求めてのことであった)。 バーは1895年には編集の職を退いている。1890年代のロンドンにおいて彼はブレット・ハートやスティーヴン・クレインに並ぶ人気作家となった。ロバート・バーの作品は、多くが当時流行していた犯罪小説に分類される。ホームズ・パロディの「シャーロウ・コムズの冒険」("The Adventures of Sherlaw Kombs", 1892)のような作品もある。, In the Midst of Alarmsは1856年カナダにおけるフェニアン襲撃を扱っている。 A Woman Intervenesは恋愛と、金融、そしてアメリカのジャーナリズムを描いている。Countess Teklaは歴史小説に挑んだ作品である。, 日本語への翻訳状況は、長編や個人短編集のようなまとまった形での刊行は長らく行なわれず、"The Absent-Minded Coterie"(邦題「放心家組合」/「健忘症連盟」)等の短編が散発的にアンソロジーや雑誌に訳載されるに留まっていたが、2010年に短編集『ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利』が刊行された。(その他の短編については下記外部リンクも参照), C. Stan Allen, "A Glimpse of Robert Barr.". 本名:ロバート・アンドリュー・バーデラ・ジュニア(Robert Andrew Berdella Jr.) 通称:カンザスシティの屠殺者 国:アメリカ 生:1949年1月31日 没:1992年10月8日 犯行期間:1984年~1988年 逮捕日:1988年4月2日 犠牲者数:6人 判決:終身刑 . ロバート・アンドリュー・ベルデラ・ジュニア (1949年1月31日 – 1992年10月8日)は、 カンザスシティの「Butcher and The Collector」として知られるアメリカの連続殺人犯。 1984年から1987年までのミズーリ州カンザスシティで6人の男を 強姦し 、 拷問 、殺害、最大6週間の監禁 し有罪判決を受けた。

逃亡、発覚 1988年3月。ミズーリ州、カンザスシティ。 …

ロバート・アンドリュー・ベルデラ・ジュニア (1949年1月31日 – 1992年10月8日)は、 カンザスシティの「Butcher and The Collector」として知られるアメリカの連続殺人犯。1984年から1987年までのミズーリ州カンザスシティで6人の男を 強姦し 、 拷問 、殺害、最大6週間の監禁 [1]し有罪判決を受けた。, 「私の最も暗いファンタジーのいくつかは私の現実になりつつある」と自信の殺人事件を説明して [2] :264 有罪を認め、最級殺人で無期懲役のための仮釈放の可能性なしを言い渡される。1988年8月最初の犠牲者ラリー・ピアソンから以降1988年12月までの電荷殺人および第二級殺人の4つの罪状を認める[3] 。収監中のミズーリ州立刑務所にて1992年10月に心臓発作で死去[4], ベルデラは1967年から1969年までカンザスシティ・アートインスティテュートに在籍していました [2] :100, この間、彼は有罪判決を受けましたが、アンフェタミンの販売で停職判決を受けました。 [5] 3,000ドルの債券( 21614 )、 [6] 。彼は後にLSDとマリファナの所持で逮捕されたが、証拠の欠如により告発は取り下げられた。, 1988年9月13日に残った5人の殺人容疑について、2人の弁護人の同意を得て最初は無罪を主張したにもかかわらず、ベルデラは検察官とこれらの残りの容疑での死刑を回避することに合意しました。, この嘆願の合意において、ベルデラは、誰が殺したか、各犠牲者にどんな屈辱が与えられたか、各犠牲者をどのように殺したか、そして彼が彼らの体で何をしたかをグラフィックで告白することに同意した。, これらの自白は、1988年12月13日から15日の間に検察官に届けられました。[7], 実際の拷問記録内にコード化された注釈を参照して、ベルデラは、略記されたエントリの多くは、被害者に与えた虐待の方法の略語であると認めた。, たとえば、「CP」と書かれたエントリは、被害者を封じ込めるために犠牲者に注入したクロルプロマジンの注入を指し、「DC」と書かれたエントリは、クリーナーで目の洗浄を指します声帯内の物質の排出または注入。, 「EK」または「EKG」と書かれたエントリは、捕虜に電気ショットで施された拷問方法に言及していましたが、他のエントリにはベルデラが犠牲者に薬物を投与した解剖学的位置も含まれていました。たとえば、犠牲者のジェームス・フェリスに関連して、ベルデラは「2 1/2 ket nk shoulder」と記した記事を書いた。, 彼の犠牲者「ゆるいギャグ、安静に抵抗しない」または「非常に遅れた呼吸、いびき」などの他のエントリは、それ自体でさらに説明された。[8], 別の拷問方法は、爪と性器の下への針の挿入だった。さらに、ベルデラは、被害者が続くたびに虐待のレベルが増加していることを告白し、被害者を撮影したポラロイド画像を「トロフィーまたはイベントログ」として見ていた。[9], http://www.kansascity.com/news/special-reports/kc-true-crime/article704522.html, “Robert A. Berdella, Already Convicted of One Count of First-Degree Murder, Pleads Guilty to A Second Charge”, http://articles.orlandosentinel.com/1988-12-20/news/0090170142_1_berdella-sentenced-to-life-antiques-dealer, “Kansas City Sicko Kept Detailed Diary, Photos of Sex Torture, Bondage and Murder”, http://www.nydailynews.com/news/crime/kansas-city-sex-slayer-detailed-diary-torture-murder-article-1.2723454, https://books.google.com/books?id=EZjlE4-1GSIC&pg=PA25, https://www.nytimes.com/1988/12/20/us/missourian-admits-murders-of-5-men.html, NY Daily News - We are currently unavailable in your region, https://books.google.es/books?id=WVL_DAAAQBAJ&pg=PA46&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロバート・ベルデラ&oldid=77513273.

(NY: Oxford University Press, 1997), x. http://www.mobileread.com/forums/showthread.php?t=14354, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロバート・バー&oldid=79255253.

Amazonでロバート・バー, 田中 鼎のヴァルモンの功績 (創元推理文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ロバート・バー, 田中 鼎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またヴァルモンの功績 (創元推理文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 スコットランドのグラスゴー生まれ。4歳の時に両親に連れられてアッパー・カナダに渡り、トロント師範学校 (Toront Normal School Stephen Knight, introduction to The Triumphs of Eugène Valmont. ロバート・バー(Robert Barr 、1850年 - 1912年10月21日 )は、イギリスの小説家。スコットランド生まれのカナダ育ちで、探偵小説で知られる。 前半生.