IT用語辞典バイナリ. 例文5.プロ野球はアンリトゥンルールが多いので、それを気にしながら試合観戦をするのも通な楽しみ方だ。, 夫婦でプロ野球をテレビ観戦していて、連続デッドボールから「乱闘になるのでは?」という会話をしています。, 「アンリトゥンルール」の類義語には、「紳士協定」「暗黙の了解」などの言葉が挙げられます。, 「アンリトゥンルール」とは日本語訳すると「不文律」で、一般的にはスポーツ全般におけるルールブックには記載されていない「暗黙のルール」となります。相手選手を過度に挑発したり、点差が離れているのに勝っている側が攻撃を緩めないのは侮辱行為として、報復行為を受ける可能性があります。日本では、野球や相撲が「アンリトゥンルール」が多い代表的な競技で、「暗黙のルール」を破るとスポーツニュースなどで取り上げられるほど人々からも関心が高いです。. - 特許庁, To extract a synonym without increasing the management load of a dictionary. ベトナム語辞典. individual(in・di・vid・u・al), judicious(ju・di・cious)

- 特許庁, 中央制御部17は、該抽出された要素名の類義語を類義語抽出部15から取得し、該類義語とカテゴリ類推部12に格納されている要素名とを比較し、一致する要素名を選択する。例文帳に追加, A central control part 17 acquires a near-synonym of the extracted element name via a near- synonym extraction part 15 and compares this near-synonym with an element name that is stored in a category analogizing part 12 to select the element names which are coincident with each other. - 特許庁, 多種多様な意味をもつ類義語が検索条件として展開されても、意図した検索結果を的確に得ること。例文帳に追加, To obtain an intended search result exactly, even if a synonym with various meanings is used as a search condition. Copyright © National Institute of Information and Communications Technology. - 特許庁, 文書管理サーバは、文書フォルダ名中の特定単語でシソーラス辞書を検索してその類義語を抽出し、文書保存期間マスタから特定単語又は類義語を含む文書フォルダ群名を抽出する。例文帳に追加, A document management server extracts an analogous term by retrieving a thesaurus dictionary by a specified word in a document holder name, and extracts a document holder group name including the specified word or the analogous term from a document retention period master. - 特許庁, A synonym dictionary 23 converts the word to a synonym and summarizes it to one meaning. - 特許庁, また、類義語151cの解説152cについては、キーワード113cの語義133cと異なる(合致しない)部分に直線の下線が付加される。例文帳に追加, As for a description 152c of the synonymous word 151c, a straight underline is added to the part different from (not matched with) a synonymous 133c of the keyword 113c. 英語はリズムやアクセントを重視する言語です。発音はもちろん大切ですが、アクセントにもしっかり意識を向けておきましょう。 アクセントのない英語は単調で平板になり、聞き取りにくさの要因になります。アクセントが適切に使えると聞き取りやすさが増します。 (2)相手選手やチームを必要以上に挑発しない、大量得点差がついたら攻撃を緩める等がスポーツにおける「アンリトゥンルール」で、破ると相手から報復行為をされる場合もある。, 「アンリトゥンルール」は英語表記「Unwritten Rules」や「Unwritten Codes」で、直訳すると「不文律」となります。「不文律」の意味は幅広いですが、「明文化されてない法」「明言されていないルール」であり「暗黙のルール」「暗黙の掟」となります。よって、「不文律」はスポーツ以外でも使われますが、「アンリトゥンルール」となると一般的にはスポーツ用語となります。また、日本の場合は野球が最も代表的なスポーツなので「野球の不文律」は「アンリトゥンルール」と同義となります。これを踏まえて本筋に戻りますが、「アンリトゥンルール」はそれぞれのスポーツに付随するルールブックには記載されない云わば、裏ルールや守るべきマナーや常識といった所です。最も有名なのは野球の「アンリトゥンルール」で、試合終盤で大量得点差がついているのに勝っている側がバントや盗塁をすると、相手チームから報復行為をされる場合があります。また、相手を挑発したり無暗なガッツポーズなども禁止しています。これらは相手選手やチームを侮辱している行為として敬意を欠いたので、デッドボールをされたり時には乱闘、また観客からは激しいブーイングが起こります。他のスポーツでも同様で、例えばサッカーなら大量得点差がついている勝っているチームが激しいプレーやトリッキーなドリブルなどのプレーをすると、それは「アンリトゥンルール」を破った事になります。日本では野球以上に「アンリトゥンルール」が度々指摘され問題となるのが、国技・大相撲です。近年は横綱・白鵬の張り手であり、他にも負けが続く横綱の強制的な引退、番付表などにも「暗黙ルール」がいくつもあり、要するに相撲ほど「アンリトゥンルール」で縛られている競技はないと言っても過言ではありません。日本以上に厳しいのが海外で、メジャーリーグや海外サッカーも「アンリトゥンルール」が多々あり、そこに人種差別なども絡み余計問題を複雑化しています。, 「アンリトゥンルール」の由来は残念ながら不明です。アメリカのメジャーリーグ、又はイギリスのサッカーあたりが発祥ではないかと推測できますが、憶測の域を出ていません。日本の場合は、「野球の不文律」という言葉がある事からも野球が始まりだと思いますが、いつ頃に誕生し広まったのかなど詳細は分かりません。, 例文1.高校野球では球児のガッツボーズがアンリトゥンルールを破ったか否かで騒動となり、日本は平和で時代遅れだと思ってしまった。 例文2.個人的には挑発行為などはアンリトゥンルールではなく、明確なルール違反として記載し明確化すべきだ。 Weblio翻訳. - 特許庁, SYNONYM RETRIEVAL DEVICE, METHOD, PROGRAM AND STORAGE MEDIUM - 特許庁, SYNONYM EXTRACTING METHOD AND DOCUMENT RETRIEVING DEVICE - 特許庁, (4)同義語・類義語辞書サーバー21は、ハードディスク43に記録している同義語・類義語辞書データベースDB1から取得したユーザーIDに対応する同義語・類義語辞書を取得し、この同義語・類義語辞書に基づいて同義語・類義語の存在の有無を判断する。例文帳に追加, (4) A synonym-similar word dictionary server 21 acquires the synonym-similar word dictionary corresponding to user ID acquired from a synonym-similar word dictionary database DB1 recorded on a hard disk, and determines the existence of the presence of the synonym and the similar word based on this synonym-similar word dictionary. 英和辞典・和英辞典. - 特許庁, 質問応答関連度特徴量抽出部23は、類義語辞書15を参照して質問応答関連度特徴量を算出する。例文帳に追加, A question answer relation degree feature quantity extraction part 23 calculates a question answer relation degree feature quantity by referring to a synonym dictionary 15. 英語はリズムやアクセントを重視する言語です。発音はもちろん大切ですが、アクセントにもしっかり意識を向けておきましょう。, アクセントのない英語は単調で平板になり、聞き取りにくさの要因になります。アクセントが適切に使えると聞き取りやすさが増します。発音に微妙さがあってもアクセントが正確ならちゃんと伝わる、ということだってあり得ます。, 英語におけるアクセント(accent)とは、一言でいえば、単語の特定の音節を他の音節よりも強調して発音することです。, 単語のアクセントについて学ぶ際には「音節」要素が欠かせません。音節はシラブル(syllable)とも呼ばれます。, 音節は、母音を中心とした音のまとまりの単位です。音節は母音ごとに分けられ、1音節につき母音が1つ含まれます。, 例えば、permit は per・mit の2音節からなる語、important は im・por・tant の3音節からなる語として解釈されます。spring は1音節です。, 個々の単語のアクセントは、英語辞書に発音と共に記載されています。発音と共に確認して把握しましょう。, アクセントの位置を示す記号はアクセント記号(accent mark)と呼ばれます。おおむね 「 ˈ 」のような形の記号(ダイアクリティカルマーク)が用いられます。, 動詞 permit は発音とアクセントが /pərˈmit/ のように表記されます。これはアクセントの位置を per・mit のように後方の音節に置くことを示しています。, permit は名詞の用法では /ˈpərmɪt/ のように表記されます。このときアクセント位置は per・mit のように前方の音節にあります。, important の場合、発音とアクセントは /ɪmˈpɔrtnt/ のように表記されます。この場合、im・por・tant のように真ん中にアクセントがあります。, 辞書によって微妙に表記のルールが違う場合もあり得ます。手持ちの辞書の凡例などを念のため確認しておきましょう。, 単語に特定の接頭辞や接尾辞がついている場合、アクセントの位置はほぼ特定できます。一通りのルールを把握してしまえば、単語レベルのアクセントはかなりの部分までカバーできてしまえるでしょう。, 文章表現においてどの語を強調するか、という意味で「アクセント」の語が用いられることもあります(それが言語学的に正しい言い方かどうかは、いったん保留にします)。, 文章中で単語に置くアクセントは、単語の中で音節に置くアクセントほどしっかりしたルールはありません。おおむね「話者が強調したい箇所を特に強く述べる」くらいの把握でも十分です。, とはいえ、どういう種類の語(というか情報)にアクセントを置くかという基本指針はあります。この指針を踏まえておくと自然な英語に近づくでしょう。, 英語のアクセントは発音の勢いの強弱で表現されます。そして日本語のアクセントは音の高低で表現されます。それぞれ「強弱アクセント」と「高低アクセント」に区分されます。, 日本語は同音異義語が非常に多い、にもかかわらず話し言葉でも「クモ(雲)とクモ(蜘蛛)」あるいは「ハシ(橋)とハシ(箸)」のような語が明瞭に言い分けられる、これは高低アクセントが活用できているからです。, 英語を話す際には音の高低ではなく発声の強弱を駆使して表現するべし。これを意識するだけでも、英語的な話し方の要領が身につけやすくなりそうです。, 「カタコトの日本語を話す欧米人」のステレオタイプなイメージにありがちな「わたーし、ニホーンゴ、わーっかりませ~ん」というような大胆な声の強弱、あれを我が物にするくらいの心意気で臨みましょう。, 音節がひとつしかない単語の場合、選択肢はありません。当の音節にアクセントが置かれることになります。, 2つ以上の音節からなる語は、どの音節にアクセントが置かれるか判断する必要があります。接頭辞や接尾辞を含む構成の単語の場合、だいたいアクセントの位置が決まっており、判断の手がかりになります。, 1音節しかない語はアクセントをおける箇所が1つしかなく、必然的にアクセント位置が決まります。, 1音節の単語に接頭辞や接尾辞が付く形で派生した名詞や副詞は、たいてい、派生元の語と同じ位置にアクセントが置かれます。, ただ、一見この条件に該当すると思われる語でも、接尾辞にアクセントを置くという法則が先行する場合があるので、注意が必要です。, 同じ形で名詞の用法と動詞の用法がある単語は、アクセントの位置によって品詞が区別されます。, 一般的には、名詞は前方にアクセントが置かれ、動詞は後方にアクセントが置かれます。このルールは「名前動後」と呼ばれることがあります。, book+store で bookstore(本屋)というように、名詞をつなげて1語になったような合成語の多くは、たいてい最初にアクセントが置かれます。, 微妙に発音の似た接尾辞があり、違いを際立たせる必要があると推察できる場合、あるいは、語幹の意味よりも接尾辞の示す意味の方が文意に強く影響すると言えそうなパターンが多く見られます。, 一見このパターンと思われても該当しない例もあるので、あくまでも傾向・目安としての把握に留めておきましょう。, ever 単独でも /évə/ と ev 部分にアクセントが置かれます。ever 自体が強調表現なので、アクセントが置かれるのも自然なのかも。, 国名・地名に接尾辞 -ese を加えて「~人」という意味で用いられる場合、-ese 部分にアクセントが置かれます。そして、単複同形になります。, -ette は仏語の女性名詞形に由来し、「女性」「小さいもの」あるいは「模造品」という意味を加える接尾辞です。, 接尾辞にはアクセントが置かれず、その直前にアクセントが来るタイプの接尾辞つき表現もあります。, おおよその傾向として、語尾そのものは語気を強めなくても明瞭に聞き分けられる、語尾よりも語根の方が重要、という風にも把握できそうです。, intellectual(in・tel・lec・tu・al)