ギデオン [テンプレート], ギデオン(Gideon)は人間の男性で、帝国軍残存勢力のひとつを指揮したモフである。彼はもともと銀河帝国の諜報機関である帝国保安局に仕える将校だった。この頃、彼はマンダロリアンの大粛清に関与した。また彼はマンダロリアンの伝統的な武器であるダークセーバーを所有していた。銀河内戦以降の時代、ギデオンは新共和国に処刑されたと思われていたが実は生きており、ストームトルーパーやスカウト・トルーパー、デス・トルーパー、インシネレーター・トルーパーなどさまざまな兵力を有する帝国軍の残党の指揮を執った。, 9 ABY当時、ギデオンは“クライアント”やドクター・パーシングに、“ザ・チャイルド”と呼ばれる貴重なエイリアンの赤ん坊を手に入れる任務を任せていた。しかしクライアントたちが賞金稼ぎギルドのメンバーである“マンダロリアン”ことディン・ジャリンの裏切りに遭い、一度は手に入れたザ・チャイルドを奪われてしまったため、ギデオンはギルドの拠点がある惑星ネヴァロの街の取り締まりを強化した。ジャリンとギルドの監督官グリーフ・カルガ、キャラ・デューンらが再び街に現れると、ギデオンはクライアントを始末し、自ら彼らとの交渉に臨んだ。敵が逃亡を試みた際、ギデオンはアウトランドTIEファイターで追跡に参加したが、ジャリンに機体を破壊され、彼らの脱出を許してしまった。, 「私が信用できるか知りたいなら、できない。お前が我々の協定を裏切ったように、私も喜んで約束を破り、この手でお前を殺すだろう。唯一保証できるのは、私は常に自分の利益を優先するということだ。だから今は協力したほうがお前にとっても得になる」, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://starwars.fandom.com/ja/wiki/ギデオン?oldid=270357.

所属 種族 『マンダロリアン』(The Mandalorian)は、ルーカスフィルムが製作するアメリカ合衆国のインターネットテレビシリーズ[1]。, 『スター・ウォーズシリーズ』初となる実写ドラマ作品[2]。ストリーミング・サービス『Disney+』のキラータイトルとして、2019年11月12日のサービス開始と同時に配信がスタートした。, 時系列は『ジェダイの帰還』から5年後、『フォースの覚醒』の25年前に始まる。銀河帝国の崩壊からファースト・オーダーの出現の間、新共和国の手が行き届かない地で活動する孤独なマンダロリアンのガンファイターが描かれる[3]。, 脚本・企画・ショーランナーはジョン・ファヴローが務め、エグゼクティブ・プロデューサーとしては他にデイブ・フィローニ、キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソンが参加する。出演はペドロ・パスカル、ジーナ・カラーノ、ニック・ノルティ、ジャンカルロ・エスポジート、エミリー・スワロー、カール・ウェザース、オミッド・アブタヒ(英語版)、ヴェルナー・ヘルツォークらである。第1シーズンは8話からなる[4][5]。シーズン2は2020年10月30日から世界同時配信されている[6][7][8]。, 日本では、シーズン1は2019年12月26日からウォルト・ディズニー・ジャパンとNTTドコモとの連携によって運営されている日本限定の動画配信サービス「ディズニーデラックス」で配信された[9][10][11][12][13][14]。シーズン2からはDisney+で配信されている。, 銀河帝国の崩壊から5年後の惑星ネヴァロで、孤独な賞金稼ぎの"マンダロリアン"は帝国とつながる集団から50歳の獲物を捕獲する依頼を受ける。惑星アルバラー7に行き、現地民クイールの助けを得て、ドロイドの賞金稼ぎIG-11を倒し獲物を捕らえる。獲物はヨーダと同じ種族の幼児ザ・チャイルドであり、強いフォースをふるう。ザ・チャイルドを依頼主に引き渡し、強固なベスカー鋼を報酬として受け取る。一部は鎧とし、一部は離散したマンダロリアンの将来のために寄付する。だがザ・チャイルドに愛情を持つようになり、罪悪感から奪い返す。掟を破ったためにグリーフ・カルガ率いる賞金稼ぎのギルドに追われ、隠れ住む他のマンダロリアンに助けられる。逃走中に様々な世界を訪れ、反乱軍に寝返っていた元ショックトルーパーのキャラ・デューンと知り合う。追われることに倦み、カルガの呼びかけに応じてデューン、クイールとネヴァロに戻り、自分の本名を知るモフ・ギデオンが率いる帝国の残党らと闘う。クイールを失うも、嫌っていたドロイドのIG-11の自己犠牲に救われる。帝国の残党に追われるザ・チャイルドを連れて、ネヴァロを再び離れる。, 『スター・ウォーズ』のテレビドラマの製作は2009年初頭に始まり、2012年までに50本以上の脚本が書かれたが、その複雑な内容のため実現にはあまりにも高額となることが予想された[24]。その当時のタイトルは『Star Wars: Underworld』であった[25]。2013年1月、2012年にルーカスフィルムがウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されたことを受けて当時のABCネットワーク社長のポール・リー(英語版)は「ルーカスフィルムと組んでぜひ何かやりたいと思っています。まだ何をやるかはわかりませんし、話し合いを始めてもいませんけれどね。実写シリーズを検討し、あらゆる要素を見据えて、正しい選択肢を見極めたいと思います。ルーカスフィルムの買収が完了するまでは議論できませんでしたが、すでに完了した今、やり取りのなかでこの話題が出てくるのは間違いないでしょう」と語った[26][27]。2014年6月、ボバ・フェットの登場を含めたシリーズの詳細が明かされた[28]。, 2017年11月9日、ディズニーとルーカスフィルムは開設予定のディズニーのストリーミングサービス(当時まだ名称未定)向けに『スター・ウォーズ』の新作のテレビドラマを企画中であることを発表した。この発表は投資家向けの四半期決算発表の際にウォルト・ディズニー・カンパニー会長兼CEOのボブ・アイガーにより行われた[29][30]。2018年2月6日、投資家との別の財務報告電話会議でアイガーが複数の『スター・ウォーズ』のテレビドラマの企画があることを明かし、「私たちがディズニー直営のカスタマー・アプリ向けに企画する『スター・ウォーズ』のシリーズは1つだけではありません。私たちが伝えてきたように、企画中のもののうちの1つをまもなく公表できるでしょう。契約はまだ完全に済んでいないので詳細は明かせませんがね。あなたたちがテレビでも高レベルの才能を目にすることは、重要なことだろう」と語ったことが報じられた[31]。, 2018年3月8日、次のシリーズではジョン・ファヴローが脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを務めることが発表された[32]。2018年5月、シリーズは『ジェダイの帰還』の3年後を舞台とし、第1シーズンの脚本の半分が出来上がったことが明かされた[33][34]。8月5日、シリーズの製作費は10話で1億ドルに及ぶと報じられた[35]。10月3日、タイトルの『The Mandalorian』と番組の内容が発表された[3][36]。その翌日、更なるエグゼクティブ・プロデューサーとしてデイヴ・フィローニ(英語版)、キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソンが参加し、またカレン・ギルクライストが共同エグゼクティブ・プロデューサーを務めることが明らかとなった。フィローニはシリーズ第1話の監督も務め、また他にタイカ・ワイティティ、ブライス・ダラス・ハワード、リック・ファミュイワ、デボラ・チョウも監督として参加する[37]。12月19日、ルドウィグ・ゴランソンがシリーズの音楽を作曲することが発表された[38]。, 2018年11月、ペドロ・パスカル、ジーナ・カラーノ、ニック・ノルティの出演が発表された[39][40][41][42]。2018年12月12日、ジャンカルロ・エスポジート、カール・ウェザース、エミリー・スワロー、オミッド・アブタヒ(英語版)、ヴェルナー・ヘルツォークがメインキャストに追加されたことが発表された[43]。2019年3月21日、タイカ・ワイティティが声の出演を務めることが明かされ、それは当初はバウンティハンター・ドロイドのIG-88と推測されたが[44]、後に新キャラクターのIG-11であることが報じられた[45]。2019年4月のスター・ウォーズ セレブレーションで上映された映像でビル・バー(英語版)とマーク・ブーン・ジュニア(英語版)の出演が明らかとなった[46]。, シリーズの主要撮影は2018年10月の第1週のあいだに南カリフォルニアで始まった[47]。10月19日、ジョージ・ルーカスはファヴローのバースデー・サプライズとしてセットを訪問し[48]、後にルーカスが番組制作にある程度の関与をしたことが明らかとなった[49]。10月25日、カリフォルニア州マンハッタン・ビーチ(英語版)のスタジオにある『The Mandalorian』のセットから道具の窃盗があったことが報じられた[50][51]。シリーズの撮影は2019年2月27日に完了した[52]。, 2018年10月4日、シリーズの最初の宣材写真が公開された。それはライフルを持つマンダロリアンの写真であった[37]。約1週間後、ファヴローは自身の公式インスタグラム・アカウントで『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル(英語版)』でボバ・フェットが持っていたのと同じダブルバレルのライフルの写真を公開した[53][54]。, 2019年4月11日、第1話が2019年11月12日にDisney+で配信されることが発表された[1]。2019年4月14日、ファヴローとデイヴ・フィローニ(英語版)とキャスト陣はスター・ウォーズ・セレブレーションの『Mandalorian』パネルで映像を初公開された[55]。2019年8月23日、米国のアナハイムで開催されたディズニーファンイベント「D23 Expo 2019」において、予告編が初公開された[56]。2019年10月28日、第二弾予告編がStar Wars公式YouTubeチャンネルで公開された[57]。, 日本では2019年11月25日、公式動画サービス「ディズニーデラックス」にて12月より配信開始されることがウォルト・ディズニー・ジャパンから発表され、同年12月26日に第1話が配信開始となった[13][14]。第2話は2020年1月3日に配信。以降は毎週金曜日に1話ずつ、全8話配信された[14]。, 2020年9月20日に開催された第72回プライムタイム・エミー賞では、ドラマシリーズ部門作品賞にノミネートしたが受賞は逃した[58][59][60]。一方で、撮影賞シングルカメラ・シリーズ(30分)部門、作曲賞シリーズ部門、プロダクションデザイン賞(30分以下)、音楽編集賞コメディおよびドラマシリーズ(30分)およびアニメーション部門、音楽ミキシング賞コメディおよびドラマシリーズ(30分)およびアニメーション部門、特殊効果賞、スタントコーディネーション賞ドラマシリーズおよびリミテッドシリーズおよびテレビ映画部門を受賞した。, The Mandalorian Will Premiere on Disney+ November 12, シーズン2は10月30日より配信決定!Disney+(ディズニープラス)「スター・ウォーズ」実写ドラマ『マンダロリアン』 - ライブドアニュース, 'Star Wars' TV Show Books Taika Waititi, Bryce Dallas Howard as Directors, 'The Mandalorian': Jon Favreau Teases Disney+ Series at Star Wars Celebration, クランクイン!は、映画、TVドラマ、海外ドラマ、アニメ、コミック、海外セレブ・ゴシップ、イベントの最新情報をお届けする総合エンタメニュースサイトです。インタビュー、コラム、特集、体験レポートなどのオリジナルコンテンツも満載。試写会やグッズのプレゼントもあります。, 「ディズニーデラックス」でSW初の実写ドラマ『マンダロリアン』配信決定。ダウンロード機能追加も, SW初実写ドラマ「マンダロリアン」、Disney DELUXEで国内独占配信。700円引きキャンペーンも, SW初の実写ドラマ「マンダロリアン」Disney DELUXEで12月26日から配信決定 : 映画ニュース, スター・ウォーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」日本独占配信|ディズニーデラックス, ‘The Mandalorian’ Season 2 Writers and Cast Confirmed, Shows A-Z - mandalorian, the on disney plus, 'Star Wars: The Clone Wars' Jedi Master Dave Filoni On The Future Of Ahsoka Tano, 'Mandalorian' & 'Rebels', Rick McCallum interview: Dennis Potter, Star Wars TV series, George Lucas & Red Tails, ABC to look at 'Star Wars' live-action TV series, Cancelled 'Star Wars: Underworld' TV Series Would Have Featured Young Versions Of Han, Chewie & Lando, 'Star Wars' Live-Action TV Series to Launch on Disney Streaming Service, New ‘Star Wars’ Trilogy in Works With Rian Johnson, TV Series Also Coming to Disney Streaming Service, 'Star Wars' TV Series: Disney Developing "a Few" for Its Streaming Service, 'Iron Man' filmmaker Jon Favreau will create a live-action 'Star Wars' series, Exclusive Details on Jon Favreau’s STAR WARS TV Series, Jon Favreau Confirms Setting, Script Status of Star Wars Series, Disney’s Streaming Service Starts to Come Into Focus, ‘Star Wars’: Jon Favreau Reveals TV Series Details, Bryce Dallas Howard, Taika Waititi, and More to Direct 'Star Wars' Live-Action TV Series, 'Black Panther' composer Ludwig Göransson will write music for 'The Mandalorian', 'Star Wars': Nick Nolte Joins Pedro Pascal in 'The Mandalorian' (Exclusive), The Mandalorian is described as Clint Eastwood in Star Wars, “Here's what happened in the secret footage of, https://ew.com/tv/2019/04/14/secret-footage-the-mandalorian/, 'The Mandalorian' Actor Giancarlo Esposito Describes the New Technology Used on the 'Star Wars' Show, “Grand Theft Investigated at Studio Hosting, https://www.hollywoodreporter.com/news/grand-theft-investigated-at-studio-hosting-high-profile-projects-1154992, https://screenrant.com/star-wars-mandalorian-set-theft-investigation/, https://www.thewrap.com/the-mandalorian-disney-wraps-filming-on-jon-favreaus-star-wars-tv-show/, Jon Favreau's upcoming 'Star Wars' TV series nods to the infamous 'Holiday Special', The Rifle From The Mandalorian Is a Blast From Star Wars' Silliest Past, SWCC 2019: 9 THINGS WE LEARNED FROM THE MANDALORIAN PANEL, 2020年(第72回)エミー賞、受賞作品&受賞者一覧 ─ 「キング・オブ・メディア」「ウォッチメン」「シッツ・クリーク」存在感示す, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マンダロリアン_(テレビドラマ)&oldid=80456550, ザ・チャイルドを連れて船に戻る途中、"マンダロリアン"はトランドーシャンの賞金稼ぎの奇襲を撃退する。自船レイザー・クレストに戻ると、, "マンダロリアン"はネヴァロに戻ってザ・チャイルドをクライアントに渡し、賞金として大量のベスカー鋼を手に入れる。ザ・チャイルドをどうするのかと尋ねるが、賞金稼ぎギルドの規約を盾にされて回答は得られない。マンダロリアンたちの秘密の隠れ家に戻り、アーマラーにベスカー鋼を渡し、鎧の胸当てを作らせ、残ったベスカー鋼はマンダロリアンの未来のために寄付する。グリーフ・カルガから新しい仕事を受けるが、罪悪感からクライアントの基地に戻る。多くの, "マンダロリアン"はザ・チャイルドを連れ、身を隠すために人口の希薄な惑星ソーガンに来て、元反乱軍ショックトルーパーのキャラ・デューンに会う。二人は戦い、キャラは惑星を離れるよう言う。"マンダロリアン"が出発の準備をしているところに村人が現れ、クラトゥイニアンの襲撃者から守ってくれるよう依頼する。"マンダロリアン"は宿と金を受け取って引き受け、キャラを仲間として雇う。ヘルメットについて聞かれ、子供のころから誰にも顔を見せていないと答える。"マンダロリアン"とキャラは襲撃者がAT-ST (全地形対応偵察トランスポート)を持っていることを知るが、村人は逃げようとしない。二人は村人を戦闘訓練し、AT-STに罠をしかける。襲撃があり、AT-STは破壊され、生き残った襲撃者は逃げる。"マンダロリアン"は村の子供たちと楽しそうに遊ぶザ・チャイルドを置いて、1人で惑星を離れようと考える。だがザ・チャイルドにロックされた追跡装置を持つギルドの賞金稼ぎが現れて、キャラに殺される。村も安全でないことを知った"マンダロリアン"はザ・チャイルドを連れて惑星を離れる。, "マンダロリアン"はザ・チャイルドを求める賞金稼ぎの宇宙船を返り討ちにし、損傷した船の修理のために, "マンダロリアン"は以前の仕事仲間ランの宇宙ステーションに行き、5人からなる作戦に参加し自分の船を提供する。他の4人は帝国の元狙撃手メイフェルド、デヴォラニアンの力自慢バーグ、ドロイドのパイロットQ9-0(ゼロ)、そしてトワイレクのナイフ使いシアンであり、, "マンダロリアン"はグリーフ・カルガからメッセージを受け取る。カルガの街はザ・チャイルドを求めるクライアントの率いるトルーパーに支配されており、ザ・チャイルドを餌にしてクライアントを殺し街を解放すれば、賞金稼ぎギルドからの追及を解くと提案される。"マンダロリアン"は罠を疑ってキャラ・デューン、クイール、修理され再プログラムされたIG-11を仲間にくわえる。惑星ネヴァロに着き、カルガらと会うが、マイノックに襲われてカルガは負傷する。ザ・チャイルドがフォースでカルガの傷を治すと、カルガは仲間の賞金稼ぎ達を撃って寝返り、マンダロリアンを殺しザ・チャイルドを奪う計画であったことを告白する。デューンが"マンダロリアン"を捕えたふりをしてカルガとともに街に入り、クライアントに会う。クイールはザ・チャイルドを船に連れて行く。モフ・ギデオンのトルーパーが建物を囲みクライアントを殺す。街の外の砂漠では、スカウトトルーパーがクイールを殺し、ザ・チャイルドを手に入れる。, IG-11はスカウトトルーパーからザ・チャイルドを救い出す。ギデオンの率いるトルーパー軍はカルガ、デューン、"マンダロリアン"らの立てこもる建物を包囲し、"マンダロリアン"を本名ディン・ジャリンで呼ぶ。IG-11が来て包囲軍を襲撃し、その隙に一行は脱出しようとするが、"マンダロリアン"がギデオンに負傷させられて一行は建物に戻る。ザ・チャイルドはフレイムトルーパーの炎をフォースではね返す。マンダロリアンはカルガとデューンにザ・チャイルドを連れて下水溝から脱出させる。IG-11は"マンダロリアン"のヘルメットを外してバクタで治療するが、ドロイドであるために顔を見せてはならない掟は破られない。"マンダロリアン"とIG-11は仲間に合流する。他のマンダロリアンの助けを求めるが、アーマラー以外の多くが殺されるか逃げ出している。アーマラーはザ・チャイルドをその種族のもとに戻すよう求め、マッドホーンの印章と, "マンダロリアン"はザ・チャイルドをその種族に戻すために他のマンダロリアンを探し、, "マンダロリアン"はペリ・モットーに他のマンダロリアンの居場所を知っているというカエル型種族のフロッグ・レディを紹介され、彼女とその未授精卵とともに光速以下でトラスクに向かう。, "マンダロリアン"はトラスクに着き、フロッグ・レディの夫の情報で他のマンダロリアンを探すために漁船に乗る。ザ・チャイルドを奪われそうになるが、ボ=カターン・クライズ率いる3人のマンダロリアンに救われる。顔を見せることを厭わず、マンダロアを奪回しようとする3人は、ジェダイを紹介する見返りに帝国軍の貨物船からの武器奪取の手助けを求める。マンダロリアンたちは船を制圧し、船長はモフ・ギデオンの指令で船を墜落させようとするも失敗し、ダークセーバーの在りかを答えない。"マンダロリアン"はボ=カターンの仲間に加わる誘いを断り、ザ・チャイルドとともに.

男性[1] 黒[1] 肌の色 スターウォーズのスピンオフドラマシリーズ、マンダロリアン・シーズン1の最終エピソードがディズニーデラックスで配信され、ついにフィナーレを迎えました。, 同シリーズの終盤で主人公のマンドことマンダロリアンの前に立ちはだかったのはモフ・ギデオンと呼ばれるボスキャラでした。そして彼が持っていたのが何を隠そうダークセーバーです。, そこでこの記事では一体、モフ・ギデオンとは何者なのか。そしてなぜ彼がダークセーバーを持っていたのかについて考察していきたいと思います。, モフ・ギデオンのモフは帝国軍における総督(そうとく)、あるいはガバナーに値するランクのことを指します。, モフと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ウィルハフ・ターキンじゃないでしょうか。ウィルハフ・ターキンは、モフの中でも最高の位であるグランドモフの称号を手にしている人物で、ダースベイダーやパルパティーンの側近として活躍しましたね。, 一方のギデオンもモフの称号を手にした帝国軍のハイランクの人物で、彼がタイファイターに乗って、ストームトルーパーやデストルーパーを引き連れていたのも、そのためです。, モフ・ギデオンはかつてISBと呼ばれる帝国軍の諜報機関に当たる帝国保安局のメンバーでした。, ISBは帝国市民が国家に忠実かどうか、または帝国軍を脅かす敵対者を監視するのが役目で、いわゆる秘密警察としての役割を担っていました。, そんな組織で働いていたモフ・ギデオンがなんらかの理由でベビーヨーダことザ・チャイルドの命を狙っていたのです。, モフ・ギデオンが最初にマンダロリアンシリーズに登場したのはエピソード5のラストでした。, エピソード5では新米バウンティハンターのトロ・カリカンとマンダロリアンが組んで、凄腕の殺し屋フェネック・シャンドを捕まえるミッションに行きましたが、最後にトロが裏切り、フェネック・シャンドを殺してベビーヨーダを誘拐しようとしましたね。, そしてラストでフェネック・シャンドの死体のもとに歩いて行く何者かの後ろ姿が映りましたが、あれこそがモフ・ギデオンだったのです。, ファンの間では後ろ姿がボバフェットに似ているという意見が飛び交いました。しかしあのシーンは後にモフ・ギデオンの登場の伏線だったことが明らかになっています。, かつて帝国軍はマンダロリアンの一族と紛争になったことがあり、そのせいでほとんどのマンダロリアンが殺されました。その出来事はグレート・パージとして知られていますが、その大虐殺の主犯格の一人がモフ・ギデオンだと言われているのです。そう、モフ・ギデオンはマンダロリアンの一族をほぼ絶滅させた張本人だったのです。, グレートパージが起こってからというものマンダロリアンたちはすっかり勢力を失い、地下社会で秘密に活動することを強いられるようになりました。つまりマンダロリアンにとってモフ・ギデオンは因縁の相手なのです。, そんな因縁の相手モフ・ギデオンがマンダロリアンシリーズのラストで披露したのがダークセーバーと呼ばれる、ライトセーバーに似た武器です。, ダークセーバーは、黒いブレードを放出する古代のライトセーバーの一種で、モフ・ギデオンはそれを使って墜落したタイファイターから脱出していましたね。, もともとダークセーバーを作ったのは、ジェダイ・オーダーに加盟した最初のマンダロリアン、ター・ヴィズラでした。, ター・ヴィズラが死んだ後、ダークセーバーはジェダイによってしばらく保管されていましたが、旧共和国が滅びた時にマンダロリアンのヴィズラ一家によって惑星コルサントのジェダイ・テンプルから略奪されます。, その後ダークセーバーはマンダロリアンの間で受け継がれ、長い間マンダロリアンのリーダーの象徴とされてきました。, といってもダークセーバーはいつもマンダロリアンの戦士が手にしたわけではありません。マンダロリアンの過激派グループ、デスウォッチの指導者プレ・ヴィズラをダース・モールが倒し、ダークセーバーを奪い取り、ダークセーバーだけでなく、デス・ウォッチの指導者の地位まで手に入れたこともありましたね。, つまりダークセーバーはその所有者を倒した者が新たな所有者となって、人から人へと受け継がれてきた特殊な武器だと言えそうです。, ちなみに最後にダークセーバーを手にしたマンダロリアンの戦士はスター・ウォーズクローンウォーズや反乱者たちに登場したボ=カターン・クライズでした。, そんなダークセーバーをマンダロリアンシリーズでは、モス・ギデオンが持っていたのです。ということは、マンダロリアンの戦士を絶滅に追い込んだ大虐殺、グレート・パージのときにモス・ギデオンがボ=カターン・クライズを倒したのか、あるいはほかの何者から奪ったと考えるのが自然でしょう。, いずれにしてもマンダロリアンの指導者を象徴する武器を、マンダロリアンを絶滅に追い込んだ男が手にするという皮肉な結末になってしまったのです。, シーズン1は、ベビーヨーダを守ることがメインストーリーだったのに対し、シーズン2以降ではダークセーバーもストーリーの重要なカギとなってきそうですね。, おそらくシーズン2、あるいはシーズン3では、主人公のマンドことマンダロリアンがモフ・ギデオンを倒し、ダークセーバーを取り返すのではないかと僕は思っています。 そして彼がマンダロリアン戦士の真のリーダーに上り詰めるのではないでしょうか。.