私の普段の荷物は By using it every day,it will look uniquely yours. みなさまのご来店をお待ちしております。, https://shop.mother-house.jp/item/MG12532.html.

今のところ気に入っています。, 気になるのは白い皮がどんな汚れ方をしてくるかです…ズボラなのできちんと管理できるのか。 We recreated the hues of such moments in the color and texture of the leather. 荷物台やテーブルの上だったらなんの問題もないです。, 以上マザーハウスのヨゾラ2way Lサイズのレビューでした。 ZOZOTOWNでセール中にクーポンを利用して… 「マザーハウス ヨゾラ」愛用中. 「普段通勤は自転車だけど、会社にバックパックで行くのはちょっと・・・。」「たくさん歩くときはバックパックが便利、でもワンショルダーが好き!」そんな声を形にした、ワンショルダーとバックパックの切り替えが一瞬でできる2wayバッグです。切り替えは、サイドのショルダーを引くだけ。急いでいる時でも、簡単に持ち方を変えることができます, 2ウェイに瞬時で切り替わる機能性だけでなく、様々なシーンやスタイルに合わせやすいデザインにもこだわりました。, ワンショルダーとしてお持ちいただく際には、バックパックになる2ウェイバッグには見えず、きれい目なスタイルを上品に引き立ててくれます。バックパックとして持つ際にも、バッグ上部が絞られる柔らかいフォルムのためカジュアルになり過ぎず、スカートスタイルでも抵抗なく背負っていただけます。, より体にフィットしやすく、2ウェイの切り替えもしやすいように、ストラップを直線ではなく、緩やかな曲線で作っているのもこだわりのポイント。美しい曲線を描くことで、より体にフィットして動きやすいバッグに仕上げました。フィット感が体への負荷を減らし、バッグが持つ温もりある印象そのものになっています。, バックパックにしたときにもA4書類が横向きに入るサイズ感。書類など持ち歩くお仕事シーンはもちろんですが、ジムのお着換えや帰りに増えてしまったお買い物のお荷物などもしっかり収納していただけます。, PCをよく持ち歩いたり書類などの出し入れが多い方は、PCクッション付で開口口が広いワーキングがおすすめです。ヨゾラ2ウェイバッグ ワーキング はこちら, 書類やPCのお持ち歩きが無く、スッキリとしたサイズ感がお好きな場合は、Lサイズより一回り小ぶりなMサイズがおすすめです。ヨゾラ2ウェイバッグ M はこちら, 香港のきらめく夜景、インドを流れるフーグリー河で見上げた夜の始まり、ネパールで出会った深く青い星空、夕日の沈むスリランカの景色。時と場所によってさまざまな表情を見せる夜空。その一瞬の色合いを、レザーの色と質感で表現しました。オイルを含んだしっとりと上質なレザーは使うほどに光沢感が深まり、毎日使っていくことで自分だけの風合いに仕上がっていきます。, 移り変わる夜空のように、日々様々な顔をもつ「私」。同じ一日の中でも、過ごす場所やシーンによって、持ちたいバッグが異なることはありませんか?, 颯爽と仕事に向かう「私」、仕事帰りにお買い物をして帰る「私」、子供を迎えにいく「私」。, そんな様々なシーンでも、合わせやすいデザインと、さっと持ち替えられる機能性で「私らしく」過ごすための相棒となってくれるバッグです。, ヨゾラのカスタマイズサービスがスタート。9色のレザーを組み合わせてオリジナルのヨゾラに。ポケットの仕様もお選びいただけます。【yozoraカスタマイズページはこちら】, ヨゾラを愛用しているマザーハウススタッフに、それぞれのライフスタイルや使用しているサイズ、荷物の量、使用上の工夫などをインタビューしました。【詳しくはこちら】, 文章では伝えきれない「ヨゾラ2ウェイバッグ」の魅力をショップスタッフがお伝えします。サイズ感に迷われている方、オイルレザーの上品な艶感をご覧になりたい方、ぜひご覧ください。. これからどんな感じで経年劣化するのか楽しみです。, バッグの中は大きな容量があっていいのですが、大きすぎてなんかゴチャ付きます(笑) しかしそんなことはありません。, 時間がないときなどはリュックにして走ったりしていますが、背中へのフィット感もあって問題ないです。, より良いフィット感を求める人はヨゾラワーキングという種類もあるのでそちらがおすすめです。 ・鍵、定期券 世界中の夜空を切り取ったオイルレザー 女性らしさも忘れず、仕事のかっちり感もありつつ、でもリュックにもなるというこのバッグ! カゼマトウ バックパック l. ネイビー ¥40,700.

マザーハウスのヨゾラ・ワーキングを愛用中の私が、バッグの特徴や使用感、使ってみて分かった弱点、経年劣化具合の写真などを詳しく紹介します。お値段が張るので購入するまで半年以上悩みましたが、いざ使ってみると「もっと早く買っておけばよかった! 05620-190906 マザーハウス「ヨゾラ M」のピンクは想像をはるかに超える満足感, https://flic.kr/p/2hbfr1K https://live.staticflickr.com/65535/48686381503_78e557d8e3_k.jpg, https://flic.kr/p/2hbfqca https://live.staticflickr.com/65535/48686378743_af53c6f6de_k.jpg, ワーキングを選んだ理由は13インチ MacBook Proがすっきり収まるサイズだから。, 展示されていたヨゾラM(パープル)を拝見。10.5インチのiPad Pro 2017を入れてみてスッキリ収まることを確認。念の為13インチのMacBook Proを取り出して「これは入らないですよね。」というと、かわいい店員さんが「入りますよ」と言い切る。え?入る?, 入りました。びっくり。ちょっと出し入れにコツがいりますが、確かに入ります。入れば中では余裕があるほど。, https://flic.kr/p/2hbhbQu https://live.staticflickr.com/65535/48686724036_48b2aca178_k.jpg, M L Plus ワーキング 13-inch MacBook Pro 12.9 inch iPad Pro 11-inch iPad Pro, https://gyazo.com/323f93870ddb465096da4a7dc05f4982, 購入するとき、同時にプロテクションクリームを塗布する「ビフォアケア」サービスがあります。もちろんそれもオーダー。, https://gyazo.com/01a34a920cda50d3aeb349b35fad93ee, ヨゾラ ワーキングに入れていたアイテムをすべてヨゾラ Mに移行。全部収まりました。タテが5cm、ヨコが10cmサイズダウン(マチは1cmサイズアップ)しているのにすべて収まる不思議。. ダークグレー ¥46,200. しかも私はダークネイビーのカバンをたくさん持っているんです。, そんなとき、Lサイズなら「ホワイト」がありますと教えてもらいました。 せっかく買ったバックが黒ずんできたら嫌ですし。 世界中のお客様にお届けしていきます" The better fit reduces strain on the body and creates the warm look that the bag has. Night skies have a completely different look, depending on the time and location. https://gyazo.com/7b1babfd31b70e616e6ec6fb7fe85f6c, 内部、外側:ヨゾラ Mにはワーキングより深いポケットが二つ。どちらも開口部は開いている。ワーキングのポケットはむかって.左側がジッパーで閉める方式。ヨゾラ Mの方式の方が好き。, 内部、内側:ヨゾラ Mにはパスポートが余裕で入るサイズのジッパー付きのポケット。ワーキングの場合、Macが入る大型のポケットがあるので、小型のポケットはない。これもヨゾラ Mの方式の方が好き。, というわけで、内部構造もヨゾラ Mが好ましい。特にパスポートが収まるのは安心感が高い。, いつものようにダイソーで購入した滑り止めを底に敷いて使用開始。バッグが小さいっていい。, https://flic.kr/p/2hbhc8o https://live.staticflickr.com/65535/48686725016_400815fb60_k.jpg, 1個で渡航。下記の記事にリストアップしたアイテムをすべて収めてもまだ余裕がありました。ひょっとしたらバッグをもう一回り小さくできるかも。, 」の機能性とデザインが好き。ヨゾラには、「M」、「L」、「Plus」の3サイズと、少しデザインと機能が異なる「ワークキング」があります。, がないので、仕方なくネイビーを選択したのでした。しかし、小さいサイズを買うとなったら、, 当初、ワーキングを購入した時には、「MacBook Proを入れるならPlusかワーキングです」とのご説明だったので、ワーキングを買ったのですが、, の調査不足でした。きちんと自分で確かめる、という基本を怠った。これなら最初からMでもよかったのかも。, だとMacBook Proが入らないからiPad Pro生活になるだろう」と考えていたのですが、MでMacBook Proまで入るとのうれしい誤算。当然、即買い。色は, は、バッグの中身を出し入れする時に右手を使いますから、バッグは基本的に左肩にかけます(ただし、左右のバランスを保つために長時間歩くときは適宜、左右を入れ替えますし、もちろん、サクッとリュックサック型に変えられるのがヨゾラのいいところ)。, おおお!!