【装備レビュー】「CONDOR MA8 ユーティリティポーチ」で貴重品を身につけサバゲーマー, 【初心者Recommend!! 本日ポイント2倍DAY!! ●グリップ:MOE ●ストック:MOE SL ●フォアグリップ:AFG2 ●ライトマウント:MOE OFFSET LIGHT MOUNT ●アイアンサイト:MBUS PRO ●マガジン:PMAG Gen3 20R, 20  COLT AR15

インドアフィールドでいかがですか? ●ストック:PRS2, 26  FNH SCAR16S

●ハンドガード:MIDWEST SSR Extension ●グリップ:MIAD ●セレクターレバー:SSG ●光学機器:aimpoint M4S ●アイアンサイト:MBUS PRO ●マガジン:PMAG Gen3 30R, 以上、分かる限りのカスタムパーツをまとめてみました。 ●グリップ:MIAD ●ストック:PRS ●光学機器:Leupold MK8 ●アイアンサイト:MBUS PRO ●マガジン:PMAG Gen3 25R, 24  カスタムAR コーション表記(ミリタリーやLE専用という注意書き)やフォージマーク(製造した鍛造会社を示す刻印)からコルト製のセミオート版LEモデルと思われるAR。なぜかフォワードアシストノブが古いティアドロップタイプですが、ソツのないセッティングで使いやすそうなARです。 ●ハンドガード:Geissele MK8 ●グリップ:MIAD ●ストック:MOE-SL ●光学機器:aimpoint M4S  ●アイアンサイト:MBUS PRO ●フォアグリップ:M-LOK AFG ●ライトマウント:M-LOK OFFSET LIGHT MOUNT ●マガジン:PMAG Gen3 30R, 21  LWRC M6

こちらも7.62mmのARでS&WのM&P10がベース。AR10はバッファーチューブとハンドガードのサイズがAR15と同じなので、このように一般的なAR用パーツが組み込むことができます。 SIG SAUERのARクローンであるM400のカスタマイズ。M400は精度が高く、動作システムがリュングマン方式。一般的なARと同じ感覚でイジれるのが好評だそうです。 解離水はリピートで。 ●グリップ:MOE ●ストック:MOE ●光学機器:aimpoint T1 ●アイアンサイト:MBUS PRO ●マガジン:PMAG Gen3 40R, 14  カスタムAR

マグプルレプリカでイイ感じのakに 本日は「 JG AK47タクティカル (現状は →こちらご参照 )」に取り付けたオプションから、割りと 人気の高い 「 MAGPUL CTRストック 」のレビューをちょこっと。

【SHOT Show®2015】Magpul(マグプル)ブースに展示されたカスタムガン、ぜんぶ解説します!【2015年はコレが来る?】. バットパットの上の方にはctrストックを製造している本家マグプル社のロゴマークがあります。 ... さて、前項まではctrストックそのものについて詳しく見ていきましたが、今度はその ctrストックをm4へ取り付け ... 2014.02.13 2019.02.22. もうそろそろ朝だけ寒いの勘弁してください。 お仕事があるんです。布団の中にギリギリまでいちゃいけないんです。, 本日は「JG AK47タクティカル(現状は→こちらご参照)」に取り付けたオプションから、割りと人気の高い「MAGPUL CTRストック」のレビューをちょこっと。 お役立ちいただけるものがあればと思ってます。, 結局、どう取り付けるか考えた末に、ヤフオクで仕入れた★東京マルイ AK47 HCのストック基部とストックパイプを取り付け。 AK47 HCのストック基部とサードパーティ製のストックパイプはネジ長が合わないモノも あったりするので、基本的に同じメーカーのもの同士が良いと思われます。, 取付、取り外しに関して説明書はないので下の画像を拡大のうえご参考に。 まず赤い部分をガクッと少し引き下げます。 そして緑のレバーを押し上げながら、 黄色のスキマにマイナスドライバーなどを当ててテコの原理で丸い部分を押し下げます。 結構チカラがいります。, 恐らく似たような形状の★MAGPUL PTS MOEカービンストック、★MAGPUL STRストックも同様の方法でないかと思われます。違ったらゴメンなさい。, 取付時のストック長の調整も緑のレバーを引いたままストックを前後すれば出来ます。 気になる長さは最短で24cmほど。 結局AKノーマルストックと一緒やんけ、と思いつつも見た目は良いのでOK。, 肩当て部はゴム製。六角穴があるので取り外し可。 バッテリーもがんばれば収納可みたいですが、狭いのでイヤです。 後ろに見えるのは使っていない電子ドラム。, ストック本体にはバリが目立ちます。レプリカですので。 アタシはあまり気になりませんが、コストとの兼ね合いかもしれません。, オプションで頬付の高さを変えられる★チークライザー for MOE / CTRもあり、 3サイズのラインナップもあるので、細かな調整で快適なホールディングが出来ると思われます。, とにかく見た目がやたらカッコいいのと、重さがそこまでないので 取り回し良くもなったりします。良いです。, レプリカのものでOKなら価格のバカ高くないので思い付きで購入できます。 ホントはダメです。衝動買いはいけません。でもAK系にめっちゃ似合いますぜ。, 【JG AK47タクティカル】もっとイケてるAKを作る① 身に覚えがないトラブル篇, 九州在住。30代。妻子持ち。 2015年に初サバゲーと初トイガン購入後、サバイバルゲームにどっぷりコース。「今夜、あの娘を撃ち抜くために。」というふざけたタイトルのブログを割と真面目に更新し、様々な装備やトイガンのカスタム、九州のサバイバルゲームフィールドレビューやサバゲー動画などをご紹介してます。. ●フォアエンド:MOE M-LOK ●ストック:SGA ●光学機器:HUNTER, 06  MOSSBERG M500

さらにペイペイジャ・・・, 今日着ていたのは、MNNでもご紹介したTriple Aught Designのレディースタクティカル・・・, オルガエアソフト ヤフー店よりご案内です。 また、まだエアガン用が発売されていないパーツもありますが、そこは人気のMagpul。近いうちにどこかしらからリリースされると思います。, Magpulのカスタムパーツは商品名が記号のみが多いので、特に初心者にとってはピンと来ないかもしれませんが、「こういうのがカッコいいな!」とか「この組み合わせはよく似合うね」などと何となくでも意識してくれればいいな、と思います。, [amazonjs asin=”B008D1NVW2″ locale=”JP” title=”MAGPUL実物 MS3 Multi Mission Sling (マグプル実物スリング)BKカラー”], AK, AKM, AR, ARカスタム, FN15, LM308, M500, M870, SHOTSHOW2015, SR15E3, magpul, カスタム, ショットショー, マグプル. © 2020 今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow All rights reserved.

Magpulカスタムガンから見る、2015年のカスタム流行予測だと思って下さい。, 01 AKM ●ハイダー:BattleComp ●グリップ:MIAD ●ストック:MOE RIFLE STOCK ●光学機器:Leupold MK6 ●アイアンサイト:MBUS PRO OFFSET ●マガジン:PMAG Gen3 20R, 19  KAC SR15E3 ●フォアエンド:MOE M-LOK ●ストック:SGA ●Forward Sling Mount ●光学機器:aimpoint T2, 08  カスタムAR

●フォアエンド:MOE M-LOK ●ストック:SGA ●Forward Sling Mount ●フォアグリップ:M-LOK AFG, 05 Remington M870

台・・・, オルガエアソフト ヤフー店よりご案内です。 Redカラーもよく光ります・・・, 【店舗】ポイントアプリお持ちのお客様 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 新作のAK用パーツの組み込みサンプル。各部がポリマーパーツになるだけでずいぶんと近代化されますね。手に取ると木製パーツのAKよりずいぶんと軽かったのが印象的でした。

同時に同社のパーツを組み込んだサンプルガンも多数展示。今回はMagpulが提唱するM-LOKシステム(アクセサリー装着アタッチメントの規格)対応のハンドガード(MIDWEST製)が多数使われていて、力の入れようが分かりました。, Magpulのサンプルガンは毎回話題になるので、さばなびでもサンプルガン全26丁を撮影してきました。というわけでここでまとめて紹介します!, 今年から加わったAK用パーツや定評のあるショットガン用、そして最も普及しているAR用のカスタムパーツが隆盛を極めていました。 本日のお買い物は5%ポイント還元!

●グリップ:MOE  ●ストック:STR ●光学機器:VORTEX RAZOR HD ●ライトマウント:M-LOK OFFSET LIGHT MOUNT ●アイアンサイト:MBUS PRO ●マガジン:PMAG Gen3 20R, 11  AR10 ●アッパーレシーバー:NOVESKE MUR ●ハンドガード:MIDWEST M-LOK ●グリップ:MOE K2 ●ストック:CTR ●光学機器:aimpoint M4S  ●アイアンサイト:MBUS ●フォアグリップ:M-LOK AFG ●マガジン:PMAG Gen3 30R, 17  COLT AR15(LEモデル) レシーバーは厚手のmurアッパーとマグプルのビレットロワ。ハンドガードも強度の高いガイズリー製というミリタリーでも使えそうな耐久性重視の組み合わせです。13インチのハンドガード+14.5インチバレルも取り回しに優れる実戦的な組み合わせです。

●ハンドガード:MOE M-LOK ●グリップ:MIAD ●ストック:MOE RIFLE STOCK ●マガジン:PMAG Gen3 20R, 23  KAC SR25K 東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); メーカーさまからのいただきもの。(感謝) ●ハイダー:AAC 51T BLACKOUT ●アッパーレシーバー:NOVESKE Switchblock ●ロワーレシーバー:Magpul ●ハンドガード:MIDWEST M-LOK ●グリップ:MOE K2 ●ストック:STR ●光学機器:aimpoint T1  ●アイアンサイト:MBUS PRO ●フォアグリップ:M-LOK MVG ●ライトマウント:M-LOK OFFSET LIGHT MOUNT ●マガジン:PMAG Gen3 30R, 15 FNH FN15 Tactical 前回ハンドガードをMADBULLのバトルレイルと交換して、またまたガラッと印象が変わったM4ですが、今回はライフルの「リア」の部分にあたる「ストック」を交換しました。, M4のストックにも様々な形状があるのですが、フロントをスラッと細いハンドガードと交換したので、デフォルトのM4ストックだと似合わないので、フロントにマッチしそうなものを探しました。, それで色々探してみたところ、ここ最近(2014年当時)話題になってきているMAGPULのCTRストックが似合いそうだったので、購入してみました。, さて、それでは購入したMAGPUL CTRタイプストックについて詳しく見ていきます。, 先述の通り、今回購入したのは実物ではなくレプリカのアクセサリー(メーカー不明)です。実物とは色々異なるかもしれませんが、安価で購入でき、サバゲーで使用するには十分かと思います。, 「オレは絶対MAGPUL PTSじゃないと嫌じゃい!」って場合でもない限り、レプリカで安く済ませれば他の装備やアイテムに予算を回せますしね。, カラーはブラックとデザートの2種類がありましたが、フロントやフレームに合わせてブラックを選択。黒で統一していきます。, この手の「マグプル」のアクセサリーは、本家MAGPUL PTSの他にも様々なメーカーが製作しており、聞いたことのあるメーカーから無名のメーカーまで多種多様です。, リアリティや質感を求めるなら実物MAGPUL PTS、私のように安く手に入れたい方はノーブランド品といった感じに選ぶといいのかもしれません。, セット内容を見てわかるように、「ストックパイプ」は付属しないので、純粋にM4系のリトラクタブルストックを他のものと交換したいという人向けの内容。, 次はこのCTRストックの「ここが気になる」というポイントを重点的に詳しく見ていきます。, マルイ純正ストックやその他のストックにあるようなチェッカリングが入っており、肩に当てた時にズレにくくなってます。, また、上の写真を見てわかるように、上の方にはストックパイプの穴が開いていますが、付属のバットパッド(後述)或いはキャップを装着すると隠れます。, その他ストックの両側面にはQDスリングスイベルが装着できるマウントがついていました, なお、購入したショップのレビューにて複数の人が記載していたのですが、バットパットのラバーの接着が甘く、剥がれやいとのこと。, 気になる箇所だけど自力修復可能なレベルなので、そこまで神経質になることはないかと思います(私が楽観的なだけ?)。, バットパットの上の方にはCTRストックを製造している本家マグプル社のロゴマークがあります。ただしレプリカです。, CTRストックをストックパイプへ通す時は、丸いピンレバー(上の写真の赤丸で囲んだ部分)を押し下げながら挿入します。, ミリタリー関係のブログや通販サイトのレビューによると、(特に実物は)このピンレバーがかなり固くて装着に苦労するとのことで、専用のツールやドライバー、六角レンチ、割り箸を使って対策をとるそうです。, …ところがこのCTRストックを実際に装着したところ、ツールなどは一切不要で素手で装着出来ました。レプリカだからでしょうか?, 上からリトラクタブルストックVL(LayLax)、東京マルイM4A1純正ストック、そしてCTRタイプストック。, 遠近もあるかもしれませんが、こうやって並べてみると他の2つのストックよりCTRタイプストックが若干大きく見えます。, ちなみにこのCTRストックの重量を測ってみたところ236gでした。参考までにマルイ純正M4A1用ストックが194g。, さて、前項まではCTRストックそのものについて詳しく見ていきましたが、今度はそのCTRストックをM4へ取り付けてみます。, 取り付けに関しては先述のピンレバーを押し下げた状態で挿入するという以外は従来のM4系ストックとほぼ同じ取り付け方法でした。, フロントを細長いタイプのハンドガードに交換したので、ストックも替えることで更にスマートなシルエットになります。, 最近流行っている(?)レイルの位置を変更できるタイプのハンドガードはもちろん、ノーマルのハンドガードからRIS・RASといったフロント形状にも似合うストックです。, M4以外にもストックアダプターを装着したAK47(AK74)やMP5にも合いそうですね。, CTRストックに交換することで、M4をよりシャープでスマートなシルエットにすることが出来ます。, 一方でサバイバルゲームで使用する場合は、バッテリー収納スペースをどうするかという課題が浮上します。, ノーマルのM4の配線はフロント側に伸びており、ハンドガード内部に小さいバッテリーを収納します。ただ、この場合バッテリーは小容量のものしか搭載できず、1日ゲームをする場合は複数本用意する必要があります。, 私は頻繁にバッテリーを交換するのが嫌だったので、M4の配線をストック側に来るようにして、ストックに装着したホルダーに大容量のラージバッテリーを搭載しています。, そんな私にとって一番気になったのは、今までやってきたようにバッテリーポーチを取り付けられるかどうか。, ストックの形状やレバーの位置の関係で難しいかなぁと思ってましたが、いざ取り付けてみると取り付けることは可能で、レバーの動きも(それほど)問題ないのでとりあえず安心。, ただ、ストックポーチを用いた大容量バッテリーを収納する方法は、快適にゲームで使用することを考慮した方法で、CTRストックのデザインを犠牲にした方法となります。, この2つが条件ですが、レイルハンドガードにPEQ-15レーザーBOXタイプのバッテリーケースを装着することで、そこにバッテリーを収納できます。, バッテリーケースをレイルハンドガードに装着するだけで、簡単に外見を損なうことなくバッテリーを搭載可能なのが利点。特別な加工も不要なので初心者にも出来る簡単な方法です。, PEQ15タイプのバッテリーケースと対応するバッテリーはメーカーによって相性があるので、なるべくセットになったものを選ぶのが無難です。あるいはレビューを参考に判断しましょう。, といった条件があり、加工が必要なのでバッテリーケースに収納する方法と比べると上級者向け。, 小さくても高性能な「リポバッテリー」の普及により、ストックパイプなどの狭いスペースを活用して外見を崩すことなくバッテリーを収納できるようになりました。, 最大の特徴はストックパイプのデッドスペースを活用することで、外見を崩すことなくバッテリーを収納できるという点。, また、「リポバッテリー」はスマホやパソコンにも使われているバッテリーとのことですが、従来のバッテリーよりも若干デリケートな代物なので、扱いには注意が必要です。, 今現在ではストックチューブバッテリー仕様にする為にあらかじめ加工が施されたフレームやストックパイプも販売されていますので、加工に自信が無い方はそちらを選ぶことを推奨します。, 私も将来的にはストックパイプの中にバッテリーを収納しようかと考えていますが、とりあえず現時点ではゲーム使用を考慮し、バッテリーホルダーで固定する手法を採用しました。, 若干外見は崩れるものの、大容量のバッテリーを搭載できるのでゲーム時にバッテリー切れを気にせず使えて、なおかつストックを伸縮することも可能です。, これでフレーム、フロント、ストックといったM16・M4系の大まかな外装カスタムが完了したので、あとは小物とかマガジンとか色とか(?)をチビチビと揃えていきます。, せっかく外装をスタイリッシュにしたので、アクセサリーもMAGPULなどのスタイリッシュなものを取り付けてみようかなと考え中。, ちなみにMAGPUL社の一つであり、銃器を扱った訓練や教習ビデオの販売をしている「MAGPUL Dynamics」の元インストラクターである、スタイリッシュヒゲオヤジことクリス・コスタ氏もこのCTRストックを愛用しているみたいです。, Turbulenceは趣味である模型(プラモデル)やエアソフトガン、サイクリングを始め、購入した商品のレビューや気になったニュース記事の紹介などを投稿しているブログです。, 特定のジャンルに特化しているわけではなく、書きたいと思ったジャンルについて自由に書き綴っています。, 東京マルイ電動ガンM4A1カービンをベースに社外製パーツを組み込んで少しずつカスタムします。使用したパーツやアクセサリーもあわせて紹介。, ファイティングロードのセーフティガードTRUSTで安全に自分を追い詰めることにした, バウヒュッテの「寝ながらゲーミングシステム」は本当に快適なのか? 実際に作って検証してみた.