ポケリクGO!」になっている。しかし途中からは、『ポケモン☆サンデー』以来の「OK! ポケモンライブラリー」になっていたが、2013年4月7日からの合図は、「OK! - TIM神様の宿題 - ポケモン☆サンデー - 馬の子TIM - ザ・メモリーハンター!

- ポケモンスマッシュ! - アクセる★ビリー! ポケモンライブラリー」という合図だったが、同年10月31日の放送からは『ポケモン☆サンデー』同様にレッドが合図を担当することになった。, 放送される話の画面アスペクト比が16:9の場合や『ポケットモンスター ベストウイッシュ』の放送がない週などは、この表示はない。, 2012年3月まで水曜 17:24 - 17:54、2012年9月まで木曜 16:23 - 16:53、2013年3月28日まで木曜 16:21 - 16:50での放送。, 2011年3月27日までは日曜6:30 - 7:00まで、2011年4月3日から2013年4月14日までは日曜6:00 - 6:30まで(7日遅れ)、2013年4月20日から上記の時間で放送。, 以前は土曜 6:15 - 6:45の放送だったが、2011年4月の放送よりこの時間に変更された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポケモンスマッシュ!&oldid=80328329, アシスタントディレクター - 高橋慎、上山有貴子、林隆一朗、作美彩香、栃木聖美、藤本健介, プロデューサー - 佐々木亮(テレビ東京)、山野智久、山本槇仁(山野・山本→共に以前はアシスタントプロデューサー), アシスタントプロデューサー - 杉山典子(2010年10月3日 - 同年10月31日)、松本裕子(テレビ東京)、林友理、村松紗也子(テレビ東京、一時離脱→復帰), 5.「TOKYO SHOKO☆LAND 2014 〜RPG的 未知の記憶〜」しょこたん☆かばー番外編 Produced by Kohei Tanaka. - ロバートハウス - PLAY!AWA'S 〜美と笑いの大お見せ合いパーティ〜 - 爆笑惑星サバ〜イ! - 内村プロデュース - Mr.マリック★魔法の時間 - 東京I指令 - 天才てれびくんMAX - 香取慎吾の特上!天声慎吾 - 遊ワク☆遊ビバ! - ポケモン☆サンデー - いきなり!黄金伝説。 - クイズプレゼンバラエティー Qさま!! - 山里亮太のまさかのバーサーカー(秋山単独), ガッチャガッチャ - ガッチャガッチャガッチャ - オレたちゴチャ・まぜっ! 「ポケモンカードゲームBW 拡張パック サイコドライブ・ヘイルブリザード」の発売を記念し、ポケスマと『ブラック・ホワイト』の発売一周年を兼ねて2011年9月26日~2011年10月31日の期間限定でニンテンドーWi-Fiコネクションで配信された。 - ロバート秋山のウソ枠(秋山単独) - 若林ノブ秋山の 揃いも揃って言ったコト(秋山単独) - 秋山とパン(秋山単独), はねるのトびら - ロンロバ!ハイティーンブギ! - ロンロバ!全力投球! - BSイレブン競馬中継(JRA競馬中継) - うまナビ!イレブン, おはスタ(山本単独) - ドォーモ - ヤッホー!(馬場単独) - OH!バンデス「お食事処 馬場ちゃん」(馬場単独) - ごちそうマエストロ(馬場単独) - タイチサン! キレイハナ No.182 タイプ:くさ 通常特性:ようりょくそ(晴れの時に素早さが2倍になる) 隠れ特性:いやしのこころ(ダブル・トリプルバトルで味方の状態異常が治ることがある) 体 … - ロンロバ!金メダル! ポケウィーGO!」になっている。[9]アニメ放送中のCM前のアイキャッチでは、選んだメンバーがこのあとの見どころを短く紹介する。また、CM後のアイキャッチは番組のオリジナルのアニメーションに入れ替わっている。放送される話のほとんどは画面アスペクト比が4:3のため、画面左右にできる空白には次回の『ベストウイッシュ』の放送日時とサブタイトルが予告されている[10][11], この番組では『ポケモン☆サンデー』と異なり、VTRの冒頭で「○○○部(○にはプレゼンする部署名が入る)プレゼンツ 『―(企画名)』」と紹介する。このコーナーの内容は、主に2つに分かれる。, 1つ目は、『ポケモン☆サンデー』の「ポケモンだいすきプロジェクト」に当たるもの。メインとなる企画で、番組後半の序盤[12]に放送される。基本的にアドベンチャー部やインターナショナル部がプレゼンする。内容は様々だが、不定期で頻繁に放送される同一の企画もある。, 2つ目は、『ポケモン☆サンデー』の「ポケモンゲームアリーナ」に当たるもの。番組後半の終盤[12]に放送され、基本的にマーケティング部がプレゼンする。メンバーと視聴者との「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」による対戦、ゲームや映画に関する最新情報の公開など。, 初回放送は2010年10月24日。『ポケモン☆サンデー』の「サンデーポケモンニュース」に当たるコーナー。不定期で、番組後半の中盤[12]で放送されることが多い。ミジュマルがスタジオの机上にあるパソコンの前から、ポケモンに関する最新情報を1つ伝える。情報を伝え終わった後には、ミジュマルが「以上、ミジュマルでした。マル」と言う。ミジュマルの言葉は、ナレーションで代わりに伝える。, 『ポケモン☆サンデー』と同様に、系列外では30分に短縮しての放送となっている。以前『ポケモン☆サンデー』を放送していた長崎県では放送されていない。また『ポケモン☆サンデー』と同様に一部の地域ではアニメ本編とは異なる放送局で放送されている。, ボキャブラ天国 - 力の限りゴーゴゴー!! - ワイ!ワイ!ワイ! 『ポケモンスマッシュ!』は、2010年 10月3日から2013年 9月29日までテレビ東京系列などで放送されていたポケモン 情報 バラエティ番組である。 略称は「ポケスマ」。 - ザキロバ!アシュラのススメ - ザキロバケイコ - ザキとロバ - ロバートの秋山竜次音楽事務所 - 極楽とんぼKAKERUTV - 潜在異色(山本単独) - P-Sports〜目指せ、ポケモンバトルマスター!〜(山本単独) - 国産洋画劇場(秋山単独) - デリ飯(秋山単独) - おはようロバート - NMB48のナイショで限界突破!

- 新感覚ゲーム クエスタ - ポケモンスマッシュ! 『ポケモンスマッシュ!』は、2010年10月3日から2013年9月29日までテレビ東京系列などで放送されていたポケモン情報バラエティ番組である。略称は「ポケスマ」。, 2010年9月26日までテレビ東京系列で放送されていた『ポケモン☆サンデー』の後継番組。「ポケットモンスター」に関する内容を扱うバラエティ番組であるが、『ポケモン☆サンデー』同様、一般的なバラエティ番組に近い部分もある。, 前身の『ポケモン☆サンデー』のメンバーに、新たに桃瀬美咲、ハナ・ワット、マリアイスラエル・チャルディーニ、チェ・ホンマンが加入。2012年10月7日の放送における番組のリニューアルに伴い、桃瀬・ハナ・マリアの3人に代わって、マクヴィカーニース、ニコロ・マランゴン、木内舞留、ノエミが新加入。さらに、2013年4月からは武井壮も加わり再度リニューアルされた。, 2013年9月15日の放送において、2004年10月3日から約9年間、『ポケモン☆サンデー』『ポケモンスマッシュ!』と番組名を変えながらも続いてきた当番組が2013年9月29日に最終回を迎えることが発表された。同月22日は過去の名場面SP、最終回の同月29日には「ポケスマ最強王座決定戦」が放送された。同年10月6日からは『ポケモンゲット☆TV』として内容を新たにしたポケモン情報番組が放送され、この番組からは中川翔子のみ続投、新たにタカアンドトシ、西井幸人がレギュラーとして出演した[1]。, メンバーは「ポケモンエンタープライズ (P.e)」という会社 の社員であるという設定で、「ポケスマメンバー」と呼ばれる。『ポケモン☆サンデー』の「ポケモンリサーチ」又は「ポケサンカンパニー」同様、メンバーはそれぞれの部署に配属されている。「ポケサンカンパニー」では存在しなかった会長の役職が増え、会社のグローバル化に伴い部署名もそれを意識したものに変わっている。第1回放送分で、会長のチェが決めたという配属がゴルゴから発表された。, 「ポケサンカンパニー」の調査部に当たる部署。『ポケモン☆サンデー』同様、ロケを行うことが多い。, 2010年10月3日から2013年3月31日まで、『ポケモン☆サンデー』の「ポケモンセレクション」に当たるコーナー。原則として、番組の前半で放送される。ただし、『ポケモン☆サンデー』同様に、テレビ東京系列外ではこのコーナーは放送されておらず、30分番組として放送している。これまで放送されてきたアニメ『ポケットモンスター』の中からどれか1話を再放送し(オープニングやエンディング、ミニコーナーなどはカットされる)、そこから大切なことを学ぶという内容。また2013年4月7日から、ポケモンリクエストになっている。, 毎回、メンバーの誰かが放送する作品を選んでいるということになっており、そのメンバーが最初に話の見どころを紹介する。『ポケモン☆サンデー』ではレッドの「ポケ ウイ ゴー!」だった合図は、「OK!