———————————————— 『genre』 って何と読むでしょう? ネイティブのように英会話の発音がうまくなる方法を知りたいと願う人は多いですよね。しかし、発音改善のコツが分からないという悩みをよく聞きます。日本語と英語ではアクセント(発音)が異なりますが、具体的に日本人が英語の発音を上達させるには、以下の4つのポイントがあります。

https://youtu.be/SdzSMzKvlJ0 1.1 子音の発音は、舌や唇などを使う; 1.2 英語の子音を6種類に分類してみると…; 2 まとめ:英語の発音を身につけた先にある未来 オンラインレッスン(スカイプ・Microsoft Teams)で発音とフォニックスを専門に教えている「みいちゃんママ」です。, u は w の発音をすればよいので、 Copyright © 1996 - 2020 © EF Education First Group. 「英文の構造を理解することで本当の英語力が身につくのでは」

発音記号さえわかっていれば、音声を聞かないでも音がわかってくるようになります。

「英語の発音記号がわかると応用が利くので、英語の発音に自信がつく!」, 体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、英語の発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。 「ォ」と一瞬声を出す感じに。, 唇がそうめん1本分しか開いていないので、 「英文の構造を理解することで本当の英語力が身につくのでは」

「英語が速すぎて、知っている単語でも聞き取れない!勇気を出して話してみても、わかってもらえない!」と思ったことはありませんか?, 実は、英語はただ速いだけではないんです。聞き取りが難しい、または、相手に通じにくくなる原因には、さまざまなものがあります。, 多くの先生は、日本人が難しいと感じるRとL、V、THなどにフォーカスしますが、今回私は、あまり話題にされない、日本語にない母音についてお話ししたいと思います。子音と比べると、母音はそんなに難しくないと思うかもしれませんが、実は、英語の母音は、聞き取るため、そして通じる英語を話すためにとっても大事なものなんです。, 少し発音しづらいものもいくつかありますが、今回は日本語にない6つの英語の母音のコツをご紹介します。, 生まれてからずっと染みついている母国語の癖があることから、新しい言語の発音が難しいのは当然です。ですが、その言語の発音のコツを押さえて、意識しながら諦めずに練習を続けることで、より通じやすい発音に近づきます。, そして、より通じやすい発音を習得することによって、驚くほどにリスニング力も伸ばすことができ、英語でのコミュニケーションがますます楽しくなるはずです!このブログがみなさんの学習のモチベーションになれたら幸いです。, 例:hat(帽子)、pan(フライパン)、map(地図)、fast(早い)、sad(悲しい)、Japan(日本)、hand(手)、have(持つ)、fan(ファン・扇風機)、can(缶)、lamb(子羊), (下のMP3ファイルをダウンロードできない場合、こちらからもダウンロード可能です), 皆さんが知っているカタカナの発音と、実際の発音の違いを比べてみましょう。違いが聞き取れますでしょうか?, ・bag(カバン) を「バッグ」と発音すると、bug (虫)に聞こえてしまいます。, ・fanを「ファン」と発音すると、fun(楽しい)に、聞こえてしまう可能性が高いです。, ・hatをカタカナ通りで発音すると、hot (暑い)に聞こえます。アメリカ英語では、「o」はよく「ア」と発音するんです。, ・同じように、map の母音を「æ」ではなく「あ」にすると、mop(モップ)に聞こえる可能性が高いです。, もちろん、会話の流れで分かるものもあれば、相手が混乱してしまうこともあると思いますので、少し意識してみるといいかもしれません。, 例:cup(コップ)、cut(切る)、nut(ナッツ)、shut(閉める)、fun(楽しい)、sun(太陽)、gun(銃)、run(走る)、luck(幸運)、love(愛)、us(私たち)、much(たくさん)、one(一つ)、done(終わっている・できている)、come(来る)、month(月)、but(でも・しかし)、listen(聞く)、mother(母)、brother(兄・弟)、police(警察)、pilot(パイロット)、second(二番目)、season(季節)、reason(理由)、economics(経済)、around(くらい・〜の近く)、away(ここから〜)、about(くらい), 実は、「uh」の音は、2つの発音記号で表記することがあります。一つ(ʌ)がすこし長めで、もう一つ(ə)がより短いのですが、その2つの音が非常に似ているので、ここでは一緒に「schwa」としてまとめたいと思います。, schwaはとっても大事です。なぜなら、英語で一番よく使われている母音だからです。, ・「ア」のように口を大きく開けすぎず、力を抜いた感じで、短く「ァッ」のように発音します。, lockはアメリカ英語では、「ア」の音で発音しますが、luck は schwaの音で発音します。, なぜSchwaがそんなに多く使われているか・・・それは、以下の言葉でお分かりいただけるかと思います。, 強調する真ん中の「A」は、先ほどお伝えした「æ」の音になっています。 英語を勉強している人がよく難しいと思うことに、『英単語がいつも論理的な方法で発音されるわけではない』ことがあげられます。, 難しいつづりが発音を難解にすることもありますし、同じような音ではあるものの、苦手がられている英語の発音とは少し違う音を含んでいる場合もあります。こういった英単語は、英語学習者だけではなく、多くのネイティブスピーカーでも苦戦しています。今回は、ネイティブ講師でさえ頻繁に発音を間違える6つの英単語をご紹介しましょう。, この英単語の母音の組み合わせより、母音を繰り返すほうが簡単なので’nuclear(ヌークレア)’と発音されることがよくあります。単語の中をよく見ることで正しい発音が出来ると覚えておきましょう。’clear’が入っていますから、はっきり’nuclear’と発音してください。, これもよく発音の順番を間違える英単語です。古い形の英語ではこの単語は’prescription’と発音されていたかもしれませんが、現在では医者に行くと書いてくれる購入すべき薬のリストのことで、文字の順番が正しく書かれているかを確かめて’prescription’と言いましょう。, これは、話し言葉より書き言葉でよく使う独特な英単語の一つです。現実よりも極端な方法で何かについて表すという意味で、正しい発音は/haɪˈpɜː.bəl.i/です。, 何かが完璧であったり、品質の最も高い例であるときに’the epitome of something’のように使うことができます。彼はスタイルがどのようなものであるかを表すもっともよい例だという場合には、”In his new suit, he is the epitome of style”ということができます。最後の’me’は私たちが自分のことを’me’というときと同じように発音されるので、全体での発音は/ɪˈpɪt.ə.mi/になります。, 無限の力を持ち、どんなことでも可能であるということです。この英単語を正しく/ɒmˈnɪp.ə.tənt/と発音する際に重要なのは、アクセントを正しく’ni’の位置につけることです。, 発音を知るためにはとても大事な英単語で、ネイティブスピーカーでもよく間違える英語です。語根である’pronounce’と、どのようにつづりが違うかを理解しましょう。’pronunciation’に’noun’はありませんから、発音するときにもつけ足さないようにしてください。, ネイティブスピーカーでさえ苦戦することの多い6つの英単語をご紹介しましたが、あなたはいかがでしたか?発音が難しいと思う英単語があれば、下のコメント欄から教えてくださいね。, はじめまして。Wilです。 英語教師、教育専門のエンジニアとして活動しています。 約10年間、英会話教室とオンライン英会話で英語を教えており、教師に対する教育指導も行っています。大手オンライン英会話のイーラーニング用の教材にも従事した経験があります。 外国語を学ぶのも好きで、4ヶ国語を話します。さらにもう一つ、新しい言語を学びたいと思っています。, メールアドレスが公開されることはありません。必須項目は、印でマークされています 。, EF English Liveでは、質の高いネイティブ講師のマンツーマンレッスンを業界一のリーズナブルな価格でお楽しみいただけます。 ⇒EFのウェブサイト. 1 英語の子音の発音記号の種類. 正しい英語だと思って外国人との英会話で使ったら、まったく通じなかったり誤解されたりするカタカナ英語。 カタカナ英語は本当の英語の発音とは異なるから、カタカナで発音を覚えることは英語習得の弊害になるでしょう。 ネイティブの発音は? 今回は英語の母音についてお話ししました。, 今後は、他の日本語にない発音、または、言葉レベルと、センテンスレベルの発音、リズム、強調、音声変化などについての動画を少しずつ作るつもりなので、もしよろしければ、Youtubeのチャンネル登録もよろしくお願いします, 多くの先生は、日本人が難しいと感じるRとL、V、THなどにフォーカスしますが、今回私は、あまり話題にされない、日本語にない母音についてお話ししたいと思います。子音と比べると、母音はそんなに難しくないと思うかもしれませんが、実は、, つまり、正式な英語の発音を注意深く聞き、カタカナの発音とはどう違うのか、文字通りの発音とはどう違うのかに意識を向けます。そしてその後、聞きながら、. 今回の記事では、「英語発音の全体像シリーズ」の2回目として、前回の母音の発音に続き子音の音の種類(発音記号)を見ていきたいと思います。, 子音も日本語よりも音が多い、しかも子音だけで発音される、など難しく感じますが、きちんと学んだうえで練習すれば2~3か月程度で身についていきます。, 日本語の子音は「あいうえお以外の音」ですが、英語の子音は「舌や唇などを使って出す音」です。, 前回の記事に書いたように、母音の特徴は「舌先をどこにも付けたり離したりしていない」「唇や喉を閉じたりしていない」ということでしたね。, 子音は逆に、舌先をどこかに付けたり離したり、唇や喉を閉じたりすることで発音します。, また、母音は常に喉が震える有声音ですが、英語の子音の一部の音は喉が震えない音(無声音)になります。, 例えば "z(声を出す「ズー」)" に対して "s(声を出さない「スー」)" が無声音となりますね。, 英語の子音には24種類の音がありますが、これらを6種類に分類すると次のようになります。, b、p、m については、日本語とほぼ同じですが、日本語よりも息を勢いよく吐きます。, f、v については、日本で教わるように唇をかむのではなく、上の前歯に下唇をそっと当てるだけです。, どこから『唇をかむ』という話が出現したのか分かりませんが、それでは息ができないですし発音もできないですよね。, なお、この2つの音は口の形は全く同じで、f が無声音、v が有声音、ということが唯一の違いです。, このうち d、t、n の口の形については、日本語と同じ舌の位置(上の前歯の後ろ)でもいいですが、若干うしろ(上あごの骨が凹んでいる辺り)でもいいでしょう。, l についてはやり方が人によって色々ありますが、基本的には日本語よりも前方の位置で舌を歯に上あご(または上の前歯)につける形になります。, このグループの音を挙げますと th(θ、ð)、s、z、sh(ʃ)、zh(ʒ)、ch(tʃ)、j(dʒ) の音が該当します。, th はよく言われるように歯の間に舌先を挟む感じで発音されます(有声音・無声音ともに)。, その他の音は、「スィー」となる "s、z" 組と、「シュィー」となる "sh+その他"組に分かれます。, どういうことかというと、実は日本語の「ん」には2種類の「ん」の音があるけれども、私たちは区別していない、ということ。, 日本語では「あんない」の「ん」と「ほんや」の「ん」は「同じ音」と捉えられていますが、他の言語では「違う音」として聞き分けられてます。, ついているとき(あんない)は上あごで発音する n になり、ついていない形(ほんや)が鼻から発音する ng(ŋ)になります。, 試しに「案内」と言ってみると舌はしっかりと上あごについていますが、「本屋」と言うと舌を上あごに付けずに発音していることが分かると思います。, 実際には舌を付けないだけでなく鼻から息を吐くこともポイントなのですが、普段は意識していない音なので、ちょっとした練習が必要となりますね。, それは、準母音(semivowel)とも呼ばれる "r" の音です(y と w も同じく準母音ですが、こちらは割愛します)。, どう例外かと言いますと、r の発音では舌の先がどこにもついていない(かつ、唇も喉も開いている)という点。, これは先ほど挙げた母音の特徴であり、子音でありながら母音の特徴を持つため、準母音と呼ばれているのです。, 前回と今回の記事では、英語の発音練習の第1ステップである「英語の音の種類を知る」という観点から、全ての発音記号を紹介しました。, これらの音を身につけることをベースに、英語発音の他の要素(発声、イントネーションなど)を身につけていくことになります。, しかし、他の記事でも書いているように「見よう見まね」による我流の練習では身につきません。, きちんとしたトレーナーから教わるか、きちんとした英語発音教材で基礎から学ぶことが必要です。, 英語の発音をきちんと基礎から学ぶことで、「英会話が得意」と言える自分に確実に生まれ変わることができるわけですから。, このサイトが、英語発音と英会話の上達を通じて、あなたの望む未来を手に入れる助けになれば幸いです。, 英会話にほえろ!海外に生活する元英語嫌いが公開する「話すための勉強法」(メインサイトです), https://eikaiwa4toeic700.com/pronunciation/wp-content/uploads/write.mp3. カタカナ英語に注意しようね! https://youtu.be/jf7U-3vYsK8 花束、ブーケは英語で何というでしょう?カタカナで書くと「ボウケイ」のような音になります。

この2つの単語は共通する唇の動きがあります。唇 …, 綴りで「O」、口笛の口がはいる二重母音の練習です。 どちらも「th」と「三角 …, フランス語から来ているカタカナ英語『ジャンル』 「液体、リキッド」という意味の「liquid」 …, 花束、ブーケは英語で何というでしょう?カタカナで書くと「ボウケイ」のような音になります。 「単語はその意味になる理由、イメージと結びつければ記憶に残りやすい」 英語の発音につながる英語のコツや方法などをまとめたテキスト(今すぐダウンロードできます) なぜ日本人だけ英語が話せないのか? 「英語のカラクリ」(PDF全71ページ) を動画付きで無料プレゼント中ですので、そちらも是非参考にしてみて下さい。 ですが、最初と最後の強調しない「A」はschwaの発音になっています。, 次に発音する言葉は、スペルは部分的に同じですが、母音を強調するかしないかによって、発音が変わります。Bananaの最初と最後のAのように、強調しない母音は、ここでは「ə・ʌ」の音になっています。, 例:is(〜である)、big(大きい)、ill(病気)、bill(会計)、will(〜であろう)、fill(いっぱいにする・埋める)、kick(蹴る)、king(王)、kid(子供)、kit(キット)、pin(ピン)、pig(豚)、pink(ピンク)、pick(選ぶ)、miss(逃す)、women(女性達)、orange(オレンジ)、cabbage(キャベツ)、music(音楽)、begin(始める)、visit(訪れる)、minute(分)、fish(魚)、gym(ジム), (カタカナでの表記は、あくまでも英語の音の目安です。正しい発音は、必ず音声でじっくり聞いてから真似してみてくださいね), 例:book(本)、look(見る)、good(良い)、should(〜したほうがいい)、would(〜であろう)、could(できた・できるなら)、wood(木材)、foot(足)、push(押す)、put(置く)、pull(引く)、full(いっぱいの)、pudding(プリン), 例:new(新しい)、too(〜もまた・非常に)、true(真実)、stew(シチュー)、chew(噛む)、cool(涼しい・良い)、tool(道具)、pool(プール)、balloon(風船)、soon(すぐに)、moon(月)、June(6月)、rude(無礼な)、juice(ジュース)、shoes(靴)、boot(ブーツ)、group(グループ), ・「ウーヮ」のように、最後に「ワ」の口になって終わるような感じです。(⚠︎「ワ」は声には出しません), 例:go(行く)、so(とても〜、〜だから)、no(いいえ)、toe(足先)、note(ノート)、boat(ボート)、road(道)、rose(薔薇)、loan(ローン)、know(知る)、snow(雪)、slow(遅い)、pole(柱)、bowl(ボール)、cold(寒い)、phone(電話)、home(家)、hope(希望)、pose(ポーズ)、those(それら), ・その「ウ」も、先ほどお伝えしたように、日本語の「ウ」よりも、最後に唇を丸めて発音すると、より英語らしくなります。「オーウヮ」のように。, 一度聞いただけで使いこなせるようになるのはなかなか難しいと思うので、お時間があるときにぜひMP3を自由にダウンロードして、練習で使ってみてくださいね。, そして、慣れるためのファーストステップは、とっても簡単です。ただ、意識すればいいのです。, つまり、正式な英語の発音を注意深く聞き、カタカナの発音とはどう違うのか、文字通りの発音とはどう違うのかに意識を向けます。そしてその後、聞きながら、恥ずかしがらずに何度もそっくりそのまま真似して、練習をつみ重ねます。, That’s all for English vowels!