速さをV、中心の回転速度(角速度)をθ、中心から物体までの距離をSとすると、, の式で表されます。 選手たちの柔軟性は、まだまだ十分とはいえないので、課題として引き続き取り組んでいきたいと思います。, 連動性とは身体を上手に動かす能力です。先ほどピッチングは、直線運動を回転運動に変える動き(実はバッティングもそうです)だと言いました。速いボールを投げるために必要なポイントは、いくつかありますが、それぞれが単独で発揮できる力は弱いので、上手に連動させる必要があります。, これらを一連の動きとして行わなくてはなりません。

膝を内側に絞りながら屈伸運動を行ってしまう と、お尻を引き込むことが出来ずに力は半減してしまいます。, (NG)膝を内側に絞った動作 それは足の内側(母指球)から着地することです。 足の内側(母指球)から着地すると スムーズに体重移動ができ、 着地足がしっかり固定されます。 そして地面からの反動で指先が加速し ちなみに後ろでキャッチボールしている(赤丸で囲った)選手は、よい投げ方をしてますね。, 踏み出し足をつっかえ棒にするのと、捻りを一気に解放するのはほとんど同時に行われますが、時間的にはつっかえ棒がちょっと早くなります。, 下半身をストッパーにして並進を止め、腹筋を使って捻りを一気に解放して、指先を走らせて、ボールをリリースします。, キンブレルのフィニッシュです。踏み出し足を伸展させ、しっかりと体重を受け止めています。, 日本人選手はいないの? といわれそうなので、探したらいい写真がありました。千葉ロッテの東條選手です。, さて写真をつかって、目指すべきフォームと現状のブレイズの選手の問題点をあげながら、速いボールを投げる方法について長々と説明してきましたが、もう一度大切なことをおさらいしましょう。, 速いボールを投げられるピッチャー = 瞬発力がある × 柔軟性がある × 連動性がある, 「連動性がある」とは、以下のポイントをそれぞれ独立して行うだけでなく、一連の動きとして連動性を持たせて行うことを指します。, ただし少年野球選手の場合、筋力がまだ弱いので、この投げ方をすると下半身のブレにつながり、コントロールが乱れる場合があります。 という質問を受けます。 あなたはどうでしょうか? そういった疑問はありませんか? そんな今回は.

変えたことで .

伸びのある速いボールを投げるためには、体重移動のやり方が重要です。この記事では、軸足の使い方を中心に「合理的な体重移動」の方法を徹底解説します!これは投手だけでなく、野手にも通ずる考え方ですので、ぜひマスターして欲しいと思います。

大事になってくることが メジャーリーグの150キロ以上のボールを投げる選手は、190センチ100キロを超える大男が珍しくありませんが、それでも股割りをすれば180度開脚して胸がべったり付くほどの柔軟性を持っています。, ジョーダン・ヒックスの踏み出し足の着地です。軸足の甲とヒザ、腰がキャッチャー側を、胸は三塁側を向いていることがわかります。, チャップマンは、胸郭の柔軟性が非常に高いですよね。踏み出し足が着地したときに、下半身と上半身間に十分な捻りができています。チャップマンの軸足を見てください。甲、ヒザがキャッチャーを向いています。, キンブレルの着地です。他の選手と同じように、軸足の甲、ヒザ、腰がキャチャー方向を向いていますが、胸は三塁側を向いています。下半身と上半身の間に、大きな捻りがあることがわかります。, これはブレイズの選手の投球フォームです。踏み出し足の着地時に、胸は三塁側を向いていますが、軸足の甲とヒザがキャッチャー方向を向いていません。 それでも、中学、高校と進むうちに筋力が付いてきて、フォームが安定し、コントロールが改善されるはずです。 つまり、踏み出し足の着地時に、上半身と下半身に大きな捻りがあることが大切なのです。 特にプロやレベルの高い選手の投球動作で、どういう筋肉を使っているのかを計測したデータを見ても、お尻やハムストリングスをよく使っているのがわかります。, お尻の筋肉とハムストリングスを使っているシーンというのは大きく分けて2つあります。, 体重移動していくときの股関節の使い方がうまくできているとこれらの筋肉をしっかり使うことができます。, 逆に、パフォーマンスが悪かったり、レベルが高くない人の動作を分析すると「太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)」を沢山使っていることがわかります。, 体重移動していくときに軸足の膝が早く投球方向に向いたり、軸足の膝が自分のつま先よりも前に出るような動作になってしまうと、(つまり体の開きが早くなると)太ももの前の筋肉が沢山使われてしまいます。, この太ももの後ろの筋肉がしっかり働くことで、踏み出した足のブレーキを踏むことができます。, これも膝が前に抜けてしまったり、投げる瞬間に体が沈み込んでしまう、もしくは上体が突っ込んでしまうような選手ほど、太ももの前の筋肉をよく使っています。, 昔からよく言われる「いいピッチャーはお尻が大きい」というのも、あながち間違いではないのかもしれません。, 筋肉を大きくしすぎる必要はないですが、外の筋肉をうまく使えているかどうかが大切なので、お尻やハムストリングスを使うトレーニングをお勧めします。, ポイントは股関節の使い方です。股関節を意識して行うスクワットの動作が効果的なんです。, 股関節に体重を乗せて股関節に体重をはめ込んでいくような感じで重心を乗せていくようにスクワットをしてみて下さい。, この形を作ると、しっかり股関節がはまって股関節にグッと力が入り込むような感覚をつかむことができます。, この動作を取ると、身体は安定し、前後左右から押されてもしっかり耐えることができます。, ポイントは膝がつま先より前に出ない、体は前傾しすぎず、起こした状態でお尻を突き出すイメージでしゃがみます。, これがそのままバッティングの股関節の使い方、ピッチングの股関節の使い方になってきます。, 注意点は頭を上下させないこと、左右に体重移動するときも膝が前に出すぎずにしっかり股関節にはまっている感覚を持つということです。, こういった使い方を練習していただくと、お尻の筋肉や太ももの後ろの筋肉を使えるようになってきます。, うまくできていないスクワットに比べればしっかりとお尻やハムストリングスを使えると思います。, 今回は、ピッチャーに必要な下半身の筋肉はどこなのかということとそのトレーニング方法をお伝えしました。, 当然バッティングにも生かすことのできる体の使い方ですので、ピッチャーでもバッターでもぜひお試しいただければと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 【ピッチングのコツ】かかと?つま先?踏み出した足、あなたはどちらから接地していますか?, 【動画】トミージョン手術を受けた治療家が語る。肩肘のケガ予防、球速アップに共通するポイント。, 野球における「下半身主導」は間違い?ピッチングやバッティングの常識を変える「上下同時理論」, ピッチング、バッティングに役立つ!全身のパワーをボールに伝える最強の上下同時理論! – MORIピッチングラボのブログ|京都 北区 野球 投球 野球肩 野球肘. 着地足がしっかり固定されます。 勢いよく体重移動ができない状態になります。, またつま先で着地すると 自分に合った方法を見つけてみてください。, 『50代女性がバッティングで気分爽快』夫婦野球 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。, しかし、軸足の甲とヒザがキャッチャー方向を向いておらず、捻りを使って投げていません。, ただし少年野球選手の場合、筋力がまだ弱いので、この投げ方をすると下半身のブレにつながり、コントロールが乱れる場合があります。, スケールの大きな選手を育てるためにも、小学生のうちは多少コントロールが悪くても小さくまとまることなく、正しいフォームを身に付けさせてあげたいと考えています。. 回転の速度はどうしても.

速いボールが投げれますので 【ピッチング】速いボールが投げれる着地足の着き方. 地面からの反動で指先が加速し

体重移動にブレーキがかかり 後傾してしまうタイプの選手は、骨盤を前傾させるための「大腰筋」や、背骨を立てるための「脊柱起立筋」などが弱いという特徴があります。それらの筋肉を鍛えることによって、自然に理想的なバランスを手に入れることが出来ると考えられます。, 後くの字は、体重移動をいかに強く行うかというところの身体の使い方です。体重移動を起こすときに軸足の股関節のところにくの字が出来るように身体を使っていくことが理想的な動作です。, これは小学校の時に運動会で教わった、「綱引き」の形です。グローブ手で縄を引っ張るときに最も強く引ける身体の使い方こそが、最も前への力を発揮し やすい状態です。二つの実験をすると、壁などの固定物を引っ張るとき、肩から引っ張ろうとするよりもお尻を後に引くようにして使った方が強く引けることが 分かります。これを投球動作に応用し、足を上げたところからお尻を後に引き込むように身体を移動させていくのです。 着地足がしっかり固定ができ 体重移動に勢いがあり 着地の仕方は様々 プロの投手を見ると、着地の仕方はもちろん「かかと」からもいますが、つま先、ベタ足と色々な着地の仕方があります。 着地の仕方にはタイプがあり、決してかかとからが正解ではないと言うのが私の考えです。 したがって、 着地は出来るだけかかとから、膝よりも前で行い、股関節にクッションを作って行うことが理想的です。そのためのトレーニングとして、ジャンピングランジな どを膝が前に出ないように注意しながら行い、お尻からもも裏のハムストリングを鍛えるようにします。, (NG)背骨を中心にスピンしているため、アームが短い。

1つ目は足を上げてから前足を着地する時の軸足です。 いわゆる軸足で「タメ」を作る時にこれらの筋肉が働いています。 体重移動していくときの股関節の使い方がうまくできているとこれらの筋肉をしっかり使うことができます。 Copyright (C) 2020 横浜ブレイズ |横浜市南区少年野球連盟所属チーム All Rights Reserved. その力を利用して直線運動を回転運動に変えます。, ジョーダン・ヒックスのリリースです。踏み出し足が地面に対して鋭角になっていて、つっかえ棒の役割をしていることがわかります。, この画像ではリリースを少し過ぎていますが、チャップマンも踏み出し足をつっかえ棒のように使っているのがわかると思います。, ブレイズの選手のリリースです。踏み出し足が地面に対して直角になっています。この選手は、ブレイズで一番速い球を投げますが、踏み出し足をつっかえ棒のように使えるようになれば、もっと球速があがるはずです。 踏み出し足で. 横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 着地足がしっかり固定ができ

投球動作の中で、軸足と踏み出し足には、それぞれの役割があります。この記事では、ピッチャーの球速アップやキレを出すために、それぞれの足の役割と、踏み出し足の使い方について解説しています。 投球モーションにおける.

少年野球で105キロを超えるボールを投げることができれば、速球派のピッチャーになると思います。少々甘いコースにいっても簡単には打たれることはありません。 近年、メジャーリーグの盛り上がりもありソフトボー部に入部するお子様も多いと思います。 そんなソフトボールの中で一番華があるのはやはりピッチャーですよね。 そこで、ピッチャーをしている人や一度でもやってみたいと思った方に向けての、… そのためには、この選手も、股関節の柔軟性をもっと高める必要があります。, トリプルエクステンションによって並進する身体を、踏み出し足をつっかえ棒にしてブレーキをかけます。そうすると、車に乗っているとき急ブレーキをかけられたように、上半身が一気に前に倒れます。 柔軟性 身体が固いと、速い球を投げるのに必要な動きができない。怪我防止にもつながる。, ジャンプ系トレーニング : ラテラルジャンプ(サイドジャンプ) / バウンディング. 踏み出し足の角度(着地の仕方)を. マネしてみるとわかるのですが、この姿勢はかなり窮屈です。股関節や胸郭の柔軟性がないととてもできません。 遅くなってしまいます。 そこで、 上側の画像のように.

Copyright - Minimal, 2019 All Rights Reserved.

100キロくらいのスピードだとしても、コーナーに投げ分けられれば、大丈夫です。さらに緩急をつけることができれば完璧です。

つまり、球速を上げるには中心の回転速度を上げ、アームを出来るだけ長くとる必要があると考えられます。, 円の弧が大きくなるほど、リリースのタイミングのズレによるボールコントロールのズレが小さくなります。, 上の図で比べてみると、同じ距離のリリースの狂いでも、円が大きい方が角度のブレが少ないことが分かります。, つまり、リリース時に軸となっているのが手首や肘なのか、肩なのか、背骨なのか、それとも重心である下腹部なのかによって、円の半径が変わってくるのです。もちろん下腹部から指先までを半径として使えた方が有利なのです。そしてこのようなリリースを迎えるための身体の使い方をすることが、LAS投球動作の目的になります。, ここでは「バランス・後くの字・前くの字」という3つのフェーズに分けて解説をおこなっていきます。, これは、ピッチャーが足を上げたところのバランスです。足を上げた後にどのような動作が待っているのかというところを考えると、足の上げ方を考えるこ とが出来ます。理想的なバランスは、頭と膝が軸足の真上にあり、お尻がそのライン上もしくはそれより背中側にある状態です。, よく見られるのが、頭が軸足より背中側に倒れてしまい、その代わりにお尻がお腹側に入ってしまった状態。いわゆるY字バランスと呼ばれるバランスで す。この状態からでは、全体的な動作の中心が股関節ではなく膝に入ってしまい、上体が後傾し、前に力を伝えにくい動作となってしまいます。, 足を上げた後、お尻を後に引き込み、股関節の所でくの字を作る「後くの字」が行いやすい状態でバランスを取ることで、全体的に股関節を中心に使った理想的な位置に身体を移動させていくことが出来るのです。