パセリの原産地は地中海沿岸といわれています。パセリがヨーロッパ全土で栽培されるようになったのは17世紀頃で、日本には18世紀末にオランダ船により長崎に持ち込まれたため、オランダゼリとも呼ばれていました。, 日本でパセリといえば、料理の付け合せに出てくる縮葉種(モスカールドパセリ)が一般的ですが、パセリの原型はイタリアンパセリのような平葉種です。他にも根を食用とする、根パセリもあります。, パセリ栽培の歴史は古く、古代ギリシャでは紀元前 3~4 世紀頃から行われていたようです。ギリシャでは家畜の餌に、古代ギリシャ・ローマ時代には儀式用にも用いられており、華やかな席では出席者が首に新鮮なパセリの花環をかけて、その香りを楽しんだそうです。, 一方でこのパセリは冥界の女王捧げられたことや、王族の亡くなった赤ん坊の下に敷かれていた(その赤ん坊の血から芽吹いたのがパセリだったという説もある)などのエピソードから、不吉な植物とされている一面もあります。, パセリが日本に普及したのは、とんかつを考案した銀座「煉瓦亭(れんがてい)」の木田元次郎氏(きだもとじろう)が、パセリをとんかつに添えたことが、影響しているのではないかと言われています。確かに、欧米では刻んでスープやサラダなどに入れることが多いのに対し、日本では生食や飾りが主流となっていたようです。, 今ではパセリのレシピの幅も広がり、ニンニク、オリーブオイルと一緒にペースト状にして、魚介や肉料理のソースに使用したり。果物や野菜と共に、パセリの栄養素を丸ごと取り入れられるスムージーなどにも使用されます。, パセリは小さなプランター栽培にも適していますし、水耕栽培でも育てることができます。専用の水耕栽培のキットがなくても、テイクアウトのアイスコーヒーの容器や、100均グッズ、メイソンジャーなどを使ってお手製の容器で栽培することができます。皆さんも一年中、いろんな方法で収穫できるパセリを育てて、栄養豊富で、彩り豊かな食卓に是非取り入れてみて下さい。, パセリは日当りのよい場所~半日陰程度の場所で栽培できます。日光が足りないパセリは徒長します。日当たりがよい場所の方が葉の色が濃い色になりますが、光が強すぎると葉が固くなるので、栽培環境の中でうまく育つ場所を見つけていきましょう。, パセリの生育適温は15~20℃です。耐寒性・耐暑性に優れているので、1年を通して栽培可能です。, 畑栽培のパセリは、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後、堆肥と元肥を入れ、土になじませましょう。パセリはよく耕された湿り気のある土を好みます。, パセリは夏の強い日差しに弱く、乾燥すると下葉が黄色くなります。夏は乾燥しないように水やりに注意しましょう。冬の水やりは、土が乾いてから与えましょう。, 2回目の間引き後、追肥は月に1度与えます。パセリは1年中収穫できるために、株が疲れていたり、葉が黄色くなってきたら、追肥の回数を20日に1度の割合に増やしてみましょう。, キアゲハは葉を食害します。葉にフンを見つけたら、必ず幼虫がいます。1枚1枚注意深く探し、幼虫を捕殺しましょう。, 茎がぽっきり折れた状態を見つけたらネキリムシの仕業です。1cmほど土の中を割りばしなどで軽く掘り返しながら探します。大きいネキリムシが2匹もいれば壊滅状態まで食べられてしまいます。, 初心者の場合はポット苗の方が簡単に収穫できます。パセリの苗は本葉5~6枚になった葉色の良い元気な苗を選びましょう。, パセリは2年草のため、2年たつと株が枯れてしまいます。 パセリ栽培の歴史は古く、古代ギリシャでは紀元前 3~4 世紀頃から行われていたようです。ギリシャでは家畜の餌に、古代ギリシャ・ローマ時代には儀式用にも用いられており、華やかな席では出席者が首に新鮮なパセリの花環をかけて、その香りを楽しんだそうです。 豆苗が"2回食べられる野菜"と知ってから、何度も買っている方もいるのでは?きっと豆苗以外にも使える野菜があるはず!そう思って調べると『リボーンベジタブル=再生野菜』という言葉が。野菜の根っこやヘタを水につけておくことで新しい葉が生え、また葉が食べられる再生野菜。万能ネギやキャベツ、バジルなどのハーブ・・・簡単にリボベジできるお野菜が実はたくさんあるんです。ナチュラルでエコなリボベジ生活、試してみませんか?2016年07月20日更新, サラダはもちろん、煮ても炒めても美味しい豆苗。えんどう豆(グリーンピース)の発芽野菜なので栄養満点なのも嬉しいですね。, ①小松菜は根っこを残して3cmほどでカットします。②根っこがひたるくらいまで1cmほど水を入れます。※ワンポイント☆小松菜の頭部分は水から出しましょう。息ができずに腐ってしまうことがあります。水を毎日取り換えてあげると、ある日からグッと伸びてきます!, 順調に育てば10日~で成長します♪にんじんと一緒に彩り豊かな煮浸しはいかがですか?, 時々、葉が伸びず花が咲いてしまうこともありますが…。これはこれでかわいらしい小松菜の花。あたたかい目で見守りましょう。, 水菜のサラダは、シャキシャキとした食感も美味しいですよね。食感を楽しむためには、食べる直前にドレッシングをかけるのがポイントなんだそう◎, キャベツの切り取った芯からも、3週間ほどで葉を収穫できるんです!小さな葉を残しておくと、次々と収穫できます。芯を切り取ったら、水に浸けます。この時、水の量が多すぎると腐りやすくなるので注意が必要。5mm程度が浸かるに調整してください。, ピリッとした辛みがアクセントのクレソン。スーパーなどで買ってきたら水に差し、成長させると長く楽しめます。, ニンジンのヘタも水栽培で元気に。料理の彩りなど、パセリ感覚でいかがでしょうか?ワンポイント☆何日かして、ヘタ部分がぬるぬるしてきたら、しっかり洗って取り除きましょう。, おしりの部分だけを水に浸けて、毎日取り換えてあげること3ヶ月。愛着がわく、可愛い観葉植物になりそうです。, 「再生野菜(リボーン・ベジタブル)」とは、そこから食べられる部分を再生したの野菜のこと。買ってきた野菜を食べた後、水につけておくだけ。テレビや雑誌でも特集が組まれるほど注目があります。, お庭やベランダがなくても大丈夫!陽が入る窓辺に水を入れて置くだけですくすく育ってくれます。, 水につけておくと再生する、として認知を広めつつある「豆苗」。パッケージの裏にも書いてあるので実践している方が多いようです。, いつもは捨ててしまうその根っこ。水につけておくだけでまた食べられるようになるんです!, 今まで食べられるものを捨ててしまっていたなんてもったいないことをしていたんですね。簡単に始めることができるリボベジ生活、今日からはじめてみませんか?, 小松菜の洋風煮浸し【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ/2010.04.27公開のレシピです。, 水菜のサラダ【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ/2011.11.07公開のレシピです。, キャベツのみそ汁【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ/2011.07.11公開のレシピです。, 秋から始める家庭菜園♪ベランダ菜園・プランターで作れる「葉野菜」、寄せ植えなどをご紹介. (※2年草とは、種まきした翌年になってから花が咲くというように、生育のサイクルが2年にわたるもの。), 春まきの4~5月と、秋まきの9~10月の2回まいておくと、新鮮な葉がいつでも収穫できます。, パセリは好光性のため土はかぶせず、1か所に3~4粒を手のひらで軽く押さえます。(風の強い場所で種が飛んでしまうような場合は軽く土をかぶせましょう)発芽までは種が飛ばないように注意しながら霧吹きで水やりします。, 双葉が開いたら元気そうなものを選び2本立ちに、本葉4~5枚のころ1本立ちさせましょう。, プランターやポットにまいた方は、8~10粒まいて、双葉が出たら同じように間引き始め、本葉5~6枚で1ポット1本になるよう間引きましょう。, 苗の株間は20cm位は空けて植えましょう。苗と同じくらいの穴を掘り、ジョウロでたっぷり水を注ぎます。水がひいたら穴に苗を植えつけ、畝全体に水をかけましょう。, 本葉が12~13枚になったら、外葉から摘み取りましょう。このとき収穫しすぎて、株が衰えないように気を付けましょう。常に8~10枚ほど残しておくと次々と葉を増やし、1年中収穫できます。長く収穫するためにも、花芽は摘み結実しないようにしましょう。, ハーブと言えば、ハーブティーや香りを楽しむものが多いけど、ちゃんと料理に使えるものも多いですよね。自分でハー…, 苦土石灰(くどせっかい)は土をアルカリ性に傾ける効果があるので、苦土石灰をうまく使えば植物はとても育ちやすく…, 家庭菜園を何年か続けていると使用するものが堆肥です。堆肥を使うことで古くなった土を良い土に改良したり、土壌の…, 家庭菜園を始めると「種や苗を植える前に元肥を施しましょう」「追肥をしましょう」など、必ずといっていいほど出て…, 種のまき方次第で、発芽率やその後の間引き作業、収穫量も変わります。この機会に正しい種まきの方法を知り、より効…. 最後に水を与えて発芽に必要な水分を供給します。水の勢いが強すぎると種が流れてしまいますし、与える量が多いと土が固まってしまいます。 ジョウロでやさしく水やりをするか霧吹きを使いましょう。 プランターに種まきする. ※これはパセリの出回り量の割合をグラフ化したものです。農林水産省統計 年間卸売総量(2019年)を参考にしています, ふわっとした形で鮮やかな緑色のパセリは、料理を彩る付け合わせとして使われることが多い野菜です。丸みのある「縮葉種」のものが一般的ですが、最近は縮みのない「イタリアンパセリ」も人気です。, パセリは飾りとしてのイメージが強いですが、栄養分も多く含まれているので、なるべく残さないようにしたいですね。, パセリの原産地はヨーロッパ中南部から北アフリカにかけての地中海沿岸といわれています。古代エジプトや古代ギリシャではすでに食用とされ、薬用や歯磨き用としても使われていたそうです。, 9世紀頃にフランスへ伝わり、その後16世紀までにはイギリスやドイツなどにも浸透。さらにヨーロッパからの移民によってアメリカにも広まりました。, 日本には18世紀初めにオランダからもたらされ、貝原益軒の「大和本草」(1709年)では、「芹」の項目で「紅毛芹(オランダセリ) 根は羊の蹄に似ていて黄色い」と記されています。パセリの栽培が本格的に行われるようになったのは明治から大正時代にかけてだそうです。, 葉がきれいな緑色で光沢があり、切り口がみずみずしいもの。また葉が密集していてふわふわとやわらかく、縮れの細かいものを選びましょう。葉が黄色っぽく変色していたり、乾燥しているものは鮮度が落ちていて、苦味が強く食感もかためです。, 丸ごと冷凍したものを手でもめば、簡単にみじん切りができます。これを冷凍しておくと必要なときにすぐに使えて便利。また、みじん切りにしたパセリを電子レンジに3~5分ほどかけて乾燥させても長期保存が可能です。, 料理に添えるだけでなく、みじん切りにしたものをスープやサラダにのせたり、パスタにからめるといった使い方も人気。香りと彩りがアップします。, 生:カリウム(1000mg)、βカロテン当量(7400mcg)、ビタミンC(120mg)、カルシウム(290mg)、鉄(7.5mg) 、食物繊維総量(6.8g)、葉酸(220mcg)、ビタミンK(850mcg), 高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、がん予防、老化抑制、風邪予防、便秘予防、冷え症, パセリは栄養が豊富で、抗酸化作用のあるβカロテンや造血作用のある葉酸や鉄、免疫を高めるビタミンCなどさまざまな成分が豊富に含まれています。, また高血圧予防によいとされるカリウムや、便秘改善に効果がある食物繊維、骨を丈夫にするカルシウムやビタミンKなども多めです。, 細かい縮れがあって丸くカールしたパセリ。日本でパセリといえば一般的にこのタイプを指し「縮葉種」や「カーリーパセリ」などとも呼ばれます。品種は店頭では明記されませんが、現在国内で栽培されているパセリは「中里」という品種の系統で「瀬戸パラマウント」や「USパラマウント」「グランド」などがあります。, 葉が縮れていない「平葉種」のパセリで、三つ葉のような形をしています。香りがさわやかで苦味は少なめ。みじん切りしてスープやソース、ドレッシングなどに入れるほか、サラダに混ぜたり、パスタに使うなどいろいろな料理に活用できます。もちろん、そのままちぎって料理に添えてもOKです。, 上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。, 下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。, 上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。, 2016年のパセリの収穫量のうち最も多いのは長野県で、約884トンの収穫量があります。2位は約542トンの収穫量がある千葉県、3位は約318トンの収穫量がある静岡県です。, 2016年のパセリの栽培面積は約163ヘクタール。収穫量は約2,913トンで、出荷量は約2,819トンです。, このデータは、年間出荷量を100%とした場合の月ごとの割合です。詳しくは旬カレンダーのページへ, ビタミンB2が多い野菜を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ. Copyright 2020 Yasainavi.com All rights reserved. 豆苗が"2回食べられる野菜"と知ってから、何度も買っている方もいるのでは?きっと豆苗以外にも使える野菜があるはず!そう思って調べると『リボーンベジタブル=再生野菜』という言葉が。野菜の根っこやヘタを水につけておくことで新しい葉が生え、また葉が食べられる再生野菜。