そのため蚊が原因と特定できるまでは、てっきりムカデなど別の危険生物に刺されたものだと思っていました。, ネットで探していても、同じような症状でお悩みの方もいらっしゃるようですが、中々まとまった参考記事がありません。, 本日は、実は蚊も種類があって、体質によっては大きく腫れる場合があることをお伝えしました。, また、感染症などのリスクもゼロではなので、なるべく刺されないような対策が必要です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 最初は産婦人科で「アンジュ」を処方してもらっていた, 秋の夜長。本を読んで夜更かしならば良いのだが、 蚊に刺された痕が水ぶくれや潰瘍になる(えぐれる) リンパ節が腫れる、発熱などの全身症状を伴う; 蚊刺過敏症では、ちょっと腫れがひどい程度じゃなく、かなり重い症状が出るのね。 「蚊アレルギー」という言葉の響きから、自分もそうかも? 2015 All Rights Reserved. 検索するとちょっと怖くなっていましたが、そうだわ、発熱に至る訳でもないし、ただ痛かゆいのが遅れてきて酷いだけ。

不眠症や睡眠障害で悩む人は年々増え続けてい, 生理が始まる前にイライラする、感情的になる、食欲が抑えられなくなる……という経験をしたことの, まさしくこの症状です。 安心してもらえてなにより。こちらこそお役に立ててよかったわよぉ!ありがとう~. 公開日: 記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 夏の声を聞くころになると悩まされるのが、蚊の存在。知らないうちに刺されてかゆい思いをする蚊を知らない人はまれですが、蚊の種類や吸血しない蚊もいる、ということを知らない人もいるのではないでしょうか。この記事では、種類別に蚊の詳細や予防対策を紹介します。, 蚊は主に熱帯地域に生息し、世界で3,000種類の蚊がいると言われています。そのうち、日本で発見・確認された蚊はおよそ100種類とのことです。ここからは私たちの日常生活で知っておくほうがよいであろう、日本に生息している種類の蚊を中心に、大きさや刺すかどうか、また腫れ方やかゆみ別に蚊の種類を紹介していきます。, 日本におよそ100種類いると言われている蚊の全てが吸血するわけではありません。この項目では害虫とされている日本の蚊を紹介していきます。それぞれの蚊の姿は、下記のリンク先を参照してみてください。, アカ(赤)と名前に入っていますが、見た目は茶色の蚊です。その名のとおり家に居付く種類の蚊で、日中は壁や天井に潜伏しており、夕方から夜にかけて活動します。日本で見掛ける代表的な蚊で、全長は5.5mmくらいです。, 黒い背中や足の部分に、白の縞模様が入っている種類の蚊です。昼から夕方にかけて活動し、空き缶やタイヤ、側溝の水たまりなど水のある場所で繁殖するので、屋外で見掛けることが多い蚊です。全長は4.5mmくらいで、アカイエカより一回り小振りです。しかし、その体色から、肌に止まっていることに気付く人もいます。, 姿がアカイエカと非常によく似ていて、大きさもほぼ同じため、見分けることが非常に困難です。しかし、生息する場所がアカイエカと異なり、ビルの浄化槽や地下鉄の駅構内など、名前のとおり地下で見掛けることが多い種類の蚊です。また、チカイエカは低い気温でも産卵することができるため、一年中見掛ける蚊です。地下という悪条件で生き延びるためという説もありますが、チカイエカは昼夜問わずに活動します。チカイエカの面白い特徴は、初めての産卵時には吸血を必要としない種類の蚊ということでしょう。その分、2回目以降の産卵時では、好物である人間の血を求めて昼夜を問わず活発に行動します。, 日ごろよく見掛けるアカイエガやヒトスジシマカより、一回り以上も大きな種類の蚊を見つけて、驚いたことはありませんか。それはガガンボ(大蚊)という名の昆虫で、吸血など人に害を加える種類の蚊ではありません。ガガンボの「ボ」は「お母さん」という意味で、ガガンボは「蚊のお母さん」という意味です。とても弱くてもろい体の構造を沿ており、長い足を掴むとポロリと取れてしまうくらい弱い蚊です。人間に害はありませんが、幼虫は土中に生息して土の中の植物を食べるため、農村では害虫になりかねないとして、駆除を希望する人も多いです。, ガガンボとは逆に、見慣れた蚊よりも一回り小さな体で、刺されると強いかゆみを伴って腫れる虫を蚊だと思ったことはありませんか。それはヌカカ(糠蚊)という名の昆虫です。糠粒のように小さな蚊という意味から、ヌカカと名付けられています。種類としては、蚊ではなくハエの一種です。全長は1~2mmほどでとても小さく、網戸の目を潜り抜けて人の血を吸いにくることもあります。磯辺やキャンプ場などの水辺に生息しており、刺されたときに感じる強烈なかゆさと、そのかゆみがおよそ1週間と長いのが、ほかの種類の蚊に刺されたのとは違うと判断する目安になります。, 蚊の分類としては、上の項目で名を連ねた、アカイエカ、ヒトスジシマカ、チカイエカの3種類です。しかし、この3種類の蚊の全てが刺す蚊ではありません。どの種類の蚊も刺すのは雌だけで、雄は刺しません。これは、産卵のために栄養価の高い血液を欲するのが雌だけだからです。雄は花の蜜や朝露などを食料としています。, ほとんどの人が得意ではないゴキブリですが、飛んでいる姿をみたことがありますか。ゴキブリにも飛ぶものと飛ばないものが存在します。今回はどうして飛ぶのか、どうやって退治すればよいのかゴキブリへの対策も紹介します。ゴキブリの画像もあります。, どんなにテクノロジーが進化しても、家が近代的になっても家の中にはいつのまにか虫が入ってきます。ほとんどは人間にとって害のないものですが、なかには刺したり、血を吸ったりと実害のもあるものいます。ここではそんな家の中で発生する虫の対処法をお伝えいたします。, ジャンボタニシという生物は外来種で、要注意外来生物の一つです。その卵は、地味な成貝のイメージとは正反対の特徴を持っています。ジャンボタニシとはどんな生物なのか、またその卵の驚きの特徴と、駆除方法について紹介していきます。, ゴキブリを掃除機で吸えば駆除完了ということにはなりません。相当リスクが高いことも理解する必要があります。まずはゴキブリの住まない対策について考えましょう。さらに、ゴキブリを掃除機でついつい吸ってしまった時の対策についてお話しします。, 出て来るだけで怖いゴキブリ。そのゴキブリが鳴くって知っていますか。ゴキブリの鳴き声いかがでしょうか?鳴く虫の代表のセミやコオロギ、スズムシの鳴き声と聞き比べて下さい。見間違えやすいかゴキブリとコオロギの見分け方や、鳴き声の似ているカネタタキも載せています。, 果樹や野菜、花を育てているとどこからか飛んできてその土に卵を産み付けるカナブン。育てている植物が急に元気がなくなった時に植木鉢をひっくり返すと中から出てくる幼虫。植物の根や葉を食べているのは実はカナブンの幼虫じゃなかった!害虫の正体を紹介します。, 刺されると痒くなる、蚊の寿命はご存知ですか?蚊の寿命はオスとメスとは違いがあり、特徴も異なります。今回は刺されるととても痒くて厄介な生物、蚊について迫っていきたいと思います。蚊の寿命や蚊の視力はどれくらいなのか、蚊について詳しく紹介していきます。, 蟻は食べ物を放っておくとすぐに外から侵入してきます。いくら本体を退治したとしても、巣を根絶しない限りには、完全には駆除することはできませ。今回は蟻の退治方法について、さまざまな例を説明しながら、その方法について簡単に紹介します。, 家守でお馴染みのヤモリですが、なんと、おっちょこちょいな事にゴキブリホイホイに捕まってしまうことがあるとかないとか。この記事では、そんな事が起こり得るのかどうかを中心に、ヤモリとゴキブリの関係性をご紹介していきます。ぜひ読んでみてください。, ゴキブリの退治には実は洗剤が効果的であるということをご存知でしょうか?洗剤はどの家庭にもある日用品であり、近年では殺虫剤に並ぶゴキブリ退治ツールとして活躍しています。こちらではどうして洗剤がゴキブリに効くのかという点を中心に紹介していきましょう。, 「ムカデはつがいで出る」という言葉を聞いたことがありますか。これは迷信なのでしょうか。それとも本当なのでしょうか。今回はムカデの生態や、ムカデに噛まれた時の対処法などについてご紹介していきます。気になる方は読んでみてください。, 私たちが普段池や川で見かける鯉、あなたはこの鯉が外来種だと知っていますか。外来種の魚ではブラックバスやブルーギルなどが有名ですが、実は鯉にも外来種と在来種がいます。外来種の鯉はどこから来たのか、外来種と在来種の鯉の違いや、その種類などもご紹介します。, ムカデは家屋に侵入する危険な虫として知られています。しかしながら、どういったムカデが家屋に侵入したり、毒をもっていたりするかはあまり知られていません。今回はムカデの成虫と幼虫にスポットと当て、成虫と幼虫における特徴を紹介していきます。, 蛾の種類について、大きい小さいといった大きさや、白い黒いといった色での分類や、毒を持つ種類や大量発生する種類などについて解説。また、日本に生息する蛾の種類や、北海道に生息する固有種などについても解説し、不快なだけじゃない蛾の仲間の世界についても解説。, 夜行性ながら人間の生活に近い場所で見かけることの多い爬虫類と言えばヤモリ。壁や窓にピタッと張り付いた姿は人によってキュートにもグロテスクにも感じられます。昆虫を捕食するヤモリにとって不快害虫のゴキブリは天敵なのか?ここではこの疑問を中心にご紹介します。, バルサンの種類は3つありますが、皆さんは使用したことがあるでしょうか。バルサンはむやみに吸い込んだり皮膚に付着するとアレルギー症状が出る可能性もあります。一方でダニの繁殖も非常に危険が伴います。今回はバルサンを使った安全なダニの処理方法を解説します。, コバエに効く蚊取り線香やコバエが発生しない為の方法をまとめてみました。コバエを退治したいときにキッチン回りにコバエが湧き蚊取り線香や殺虫剤などが使えず困ったときの対処方法やカブトムシに群がるコバエの発生を抑える方法をご紹介します。, アクアリウムを趣味として長年楽しんでいると購入した覚えの無い貝が水槽の中にいるということがよくあります。これらの貝はスネールと呼ばれ放置していると大量に繁殖して水槽の景観が損なわれる厄介者です。今回はそんな水槽の貝の駆除方法と繁殖の仕方についてご紹介します。, コバエが湧く軽減はさまざまであり、その種類によってもことなります。したがって、コバエの種類に応じた対策というのが必要不可欠であるといえるでしょう。そこで今回は、コバエの種類について発生源や大きさ、色などの特徴を中心に紹介します。, 3億5000万年前から地球に生息するゴキブリの生命力や繁殖力について詳しく解説します。ゴキブリの駆除に役立つように、ゴキブリの生態、成長のサイクル、好む環境、性質、成虫の寿命、卵が孵化までの期間、冬の過ごし方などについて詳しくお伝えします。. 安心しました。ありがとうございます。, すずきさん、コメントありがとう!

はじめての胃が, 耳管狭窄症になってしまった!ということで、 もちろん個人差はあって、特に、刺された回数が多いと早めに無反応になる傾向があるそうよ。, 蚊に刺された痕がひどくなるという蚊刺過敏症(ぶんしかびんしょう)についても、もしかして?と思って調べてみたわ。蚊刺過敏症は俗に「蚊アレルギー」とも言われているけど、実際にはアレルギーとはちょっと違うの。, 上で話したとおり、「虫刺されの腫れはアレルギー反応である」というのは間違いないのだけど、蚊刺過敏症は、それ自体がひとつの病気ではなくて、「慢性活動性EBウイルス感染症」という病気にかかっているとき現れる症状のひとつなのよ。, EBウイルス(Epstein-Barr virus、エプスタイン・バー・ウイルス、EBV)は、成人であればほとんどが感染しているヘルペスウイルスの一種。, そのEBウイルスが、免疫系の細胞に感染して増殖してしまったのが、「慢性活動性EBウイルス感染症」(CAEBV)よ。白血病よりも予後が悪いといわれる難病で、致死率は高く治療も難しいそう。日本国内での患者数は、2009年までで年間約25人と、少ないわね。, 現在、完治可能とされる治療法は、白血病などの治療でも行われる骨髄移植(・造血幹細胞移植)のみという、とっても恐ろしい病気。 年齢によって反応は変わるのですね。

「蚊アレルギー」という言葉の響きから、自分もそうかも?と思って皮膚科を受診する人が増えているみたいだけど、そのほとんどは単なる「虫刺され」なんですって。, こうして調べてみると、私のケースは、蚊刺過敏症(蚊アレルギー)ではないことは確かだとして。, 刺されて1日後に中心が赤くなり、腫れて痛みとかゆみがあったから、 最終更新日:2016/07/21 考えられることといったら, ぐらいかしら。腫れの程度にも元々個人差があるみたいだし、病院でも体質といわれて終わってしまう人が多いというから、今回の調査はここまでよ。, ちなみに、刺された後すぐにふくれる即時型反応には抗ヒスタミン剤主体の薬が、遅延型にはステロイド含有の薬が有効ですって。液体ムヒはステロイド含有だからgoodよ。, 生理前にひどく落ち込んでしまったり情緒不安定になる人は、もしかしたらPMDDかもしれないわね, 先日、胃がん検診を受けてきた。その感想と、白い便にまつわる不安を記録してみる。