Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. デリカ アーバンギア オフロード デリカスペースギア(delica space gear)は、三菱自動車工業が製造・販売していたオフロード4wdタイプのミニバンである。

三菱デリカd:5の人気の理由 ライバルは追従を放棄 三菱デリカd:5は唯一のミニバンに軸足を置きながらsuvの要素も強く持つ。デリカd:5と同様なクルマは存在していない。そこでデリカd:5の販売が堅調な理由やデリカd:5の未来を考察してみた。

デリカD:5 アーバンギアは「G」「G-Power Package」、P Editionの3タイプで、価格は414万2600円~447万2600円。 関連リンク 三菱自動車工業株式会社 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【三菱新型デリカD:5】「JASPER」2020年4月16日発売!最新情報、URBAN GEAR、サイズ、燃費、価格は?, 【三菱新型パジェロ】2021年フルモデルチェンジ復活!最新情報、PHEV/ディーゼル、サイズ、燃費、…, 【三菱新型eKワゴン】12月25日「T Plus Edition」特別仕様車発売!最新情報、eKクロ…, 【三菱新型エクリプスクロス】2019年12月25日改良日本発売!最新情報、BLACK Edition…, 【三菱新型RVR】12月12日「BLACK Edition」発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【三菱新型デリカD:5】「JASPER」2020年4月16日発売!最新情報、URBAN GEAR、サ…, 【トヨタ新型アクア】2021年3月フルモデルチェンジ発表!最新情報、4WDクロスオーバー、燃費、発売日や価格は?, 【BMW新型X3】2021年マイナーチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【トヨタ新型カローラクロス】2021年8月「カローラSUV!」日本発売!最新情報、燃費、価格は?, 【メルセデス新型SLロードスター】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 安全システム「e-Assist」に誤発進抑制機能(前進時)を追加し、全グレードがサポカーSワイドに該当, 助手席ドア/助手席側スライドドアと連動し自動で展開・収納する電動サイドステップ(LEDステップ照明付)を新たに「G」「M」グレード以外に標準装備, 「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」に最上級グレード「P Edition」を新設定。, パワーステアリングをラック&ピニオン式から、デュアルピニオン式の電動パワーステアリングに変更し、低速時の操舵力を低減して取りまわし性を向上, フロントウィンドシールドに遮音ガラスを採用するとともに、フロアカーペットに遮音材を追加するなど防音性能を強化. デリカはスターワゴンのサブネームを持つ2代目モデル以来、「オフロードも走れるミニバン」というキャラクターを最大の武器に堅調に売れていた。, 2代目モデルのキープコンセプトだった3代目モデル、ベース車を2代目パジェロとし1994年の登場以来13年間販売された4代目モデルのデリカスペースギアを経て、現行モデルは2007年に登場。, 現行モデルは初代アウトランダー以来現行の三菱車まで幅広く使われるエンジン横置きのFFプラットホームを使い、乗用車的なハンドリングや快適性を得ながら、デリカに求められるオフロード走破性は十二分なレベルをキープ。, 超ビッグマイナーチェンジ前の現行モデルはデリカのキャラクターによく似合うディーゼルエンジン搭載車を追加するなどしながら、超ビッグマイナーチェンジ直前まで堅調に売れ続けた。, 超ビッグマイナーチェンジされたデリカD:5はより個性の強いものとなったフロントマスク、超ビッグマイナーチェンジ前とは別物といえるくらい高級感を増したインテリアが与えられている。, 6速から8速となったATに代表されるパワートレーンの改良(搭載されるのは2.2L、4気筒ディーゼルターボのみ)、待望の自動ブレーキと停止まで対応するアダプティブクルーズコントロールを採用。, 同時に細部の改良も徹底的に行われており、通常のフルモデルチェンジ以上にいいクルマ、魅力あるクルマに進化した。, 結果、超ビッグマイナーチェンジされたデリカD:5は内容が大きく向上したこともあり、価格もだいぶ上がった。, それでも月1500台という2019年度の販売目標台数に対し、2019年は月平均1500台、2020年も同1000台と、2020年はコロナウイルス禍の影響もあったことを加味すれば、堅調な販売をキープしている。, デリカD:5が根強い人気を得ている要因として、大きくわけて筆者には3つの理由が浮かぶ。, (1)オンリーワンの存在だから 冒頭に書いたように日本で買える「ミニバンに軸足を置きながら、SUVの要素も強く持つクルマ」というのはデリカD:5だけである。, またクルマに限らずほとんどの商品にはライバルがあり、「代わりになる商品もある」のが普通だ。, しかしジャンルは別にして日本で買えるクルマでデリカD:5と同様のオンリーワンのクルマは、「ライトウエイトオープン2シーターFRのマツダロードスター」、「現実的な価格のFRスポーツクーペのトヨタ86&スバルBRZ」、「軽&小型本格オフローダーのスズキジムニー&ジムニーシエラ」、「マルチパフォーマンススーパーカーの日産GT-R」くらいのものだ。, こういったクルマはアップル社のパソコンやアイフォンのように、「文句があっても、代わりになるものがないから欲しいならそれを買うしかない」というライバル不在の商品だけに、ニッチな市場にせよ一定数は売れるものだ。, (2)超ビッグマイナーチェンジでの商品力の劇的な向上 デリカD:5が超ビッグマイナーチェンジ前からオンリーワンの存在だったのは事実ながら、自動ブレーキ&運転支援システムがまったくなかったため万人向けとは言えず、オーバーに表現すれば「マニア向け」と言わざるを得なかった。, それが超ビッグマイナーチェンジで「最新」とか「完璧」とまでは言えないにせよ、自動ブレーキ&運転支援システムが付いたことで、大きな弱点も一定まで改善されれば一気に魅力を増し、デリカD:5も少なくない気になっていた人が一気に有力な選択肢としたに違いない。, (3)以前からミニバンとしても魅力があった デリカD:5はビッグマイナーチェンジ前からシートに厚みがあることなど、ミニバンとしてだけ見ても魅力があった。, また標準モデルと中身は同じながら都会的なエクステリアを持つアーバンギアが追加された点も、デリカD:5を普通のミニバンとして使う層には小さくない後押しとなったと言えそうだ。, デリカD:5の販売台数が象徴するように、「ミニバンに軸足を置きながらSUVの要素も持つクルマ」の市場はニッチである。, こういったニッチな市場でオンリーワンとなっているクルマは、前例がないだけに相当のリスクを覚悟して新たなジャンルを開拓しており、成功すれば高いブランド力を持て、孤高のような存在となる。, そのためよほどのことがなければ孤高のような存在を負かすのは難しい。それは「後追いがたくさん出たけど、結局残っているのはロードスターくらい」というライトウエイトオープン2シーターがいい例だ。, デリカD:5もロードスターと同じように高いブランド力を持っており、そこに参入してもデリカD:5を負かすのは難しく、その割に市場が大きいわけでもないのを総合すると、他社は参入しにくい。, 若干最低地上高を挙げたクロスオーバー的なバリエーションを加えるのがせいぜいではないだろうか。と考えるとデリカD:5は当面安泰とも考えられそうだ。, 現在のモデルに関しては自動ブレーキ&運転支援システムの性能向上に加え、実現は難しいようだが、オフロード走破性を若干失ってもいいから通勤ユースやアウトドアに重宝なアウトランダーPHEVと同様のプラグインハイブリッドの追加を望むユーザーはそれなりにいるのではないだろうか。, それ以上に気になるのが次期モデルである。デリカD:5の次期モデルは超ビッグマイナーチェンジ前を含め現行モデルが十分売れただけに、ないということはないだろう。, しかし日産&三菱アライアンスとの兼ね合いで今後三菱自動車独自のモデルが出る可能性はゼロに近い。, そうなると次期デリカD:5(D:6?

日産 3代目エルグランドの12のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!!

【画像ギャラリー】2019年のフルモデルチェンジ並みの改良で大幅に魅力アップ 三菱デリカD:5はライバル不在で唯我独尊、我が道を行く!!

メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, 機能よりモノっぽさで勝負!? Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 三菱自動車は、2月15日(金)、同日より新型デリカD:5の発売を開始すると発表した。2007年のデリカD:5登場以来、最大希望となるビッグチェンジである。メーカー希望小売価格は、384万2640円〜421万6320円。 スズキ 6代目エブリィの5つのグレードを徹底比較!車中泊におすすめのグレードはこれだ!! デリカd:5をオススメする5つの理由と買い方指南 2代目デリカスターワゴン(1986~1999年) デリカスペースギア(1994~2007年) デ… アーバンギアではオフロードは心配、ということはない。 2.7人乗りか8人乗りか 標準車4グレード、アーバンギア2グレードのうち、標準車の最廉価グリード「m(8人乗り)」以外は、7人乗りと8人乗りを …

デリカD5(ディーファイブ)には、SUVタイヤやミニバン用タイヤなどの幅広いタイプが揃っています。アウトドア派にはオールテレーンタイヤ(A/T)やマッドテレーンタイヤ(M/T)、ドレスアップ派にはホワイトレタータイヤがおすすめ。加えて、タイヤとホイールのセットも紹介しています。, ここで紹介するのは、デリカD5のクリーンディーゼル仕様(CV1W)とガソリン仕様(CV2W/CV5W)に適合する225/55R18と215/70R16のタイヤ。, 2019年2月に発売された新型デリカD5は、三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」や縦型のマルチLEDヘッドライトの採用により、特徴的なエクステリアへと変貌。さらに、2019年11月の一部改良により前進時の誤発進抑制機能が追加されました。, 新車装着(OE)用タイヤには、ヨコハマの「GEOLANDAR SUV」225/55R18 98Hや「GEOLANDAR G033」215/70R16 100Hなどを採用。デリカD5には、ミニバン用タイヤだけでなく、オンロードやオフロードに対応するSUVタイヤもおすすめです。, デリカD5の次のグレードに適合する225/55R18タイヤのおすすめをピックアップ。, アーバンギア(URBAN GEAR)の「P Edition」は、2019年11月の一部改良の際に新たに設定された最上級グレード。「G-Power Package」をベースに予防安全技術「e-Assist」やマルチアラウンドモニターなどを標準装備しています。, デリカD5に適合する18インチタイヤには、ハイウェイテレーンタイヤやオールテレーンタイヤのほか、ミニバン向けの低燃費タイヤなど、さまざまなタイプのタイヤが揃っています。, 燃費性能が向上するオンロード向けの人気SUV夏タイヤがブリヂストン デューラーH/L 850, ブリヂストンのオンロード向けSUVタイヤであるデューラーH/Lは、背の高いSUV用に開発されたタイヤで舗装された道だけを走るデリカD5をはじめ、クロスオーバーSUVなどに採用されることが多い夏タイヤです。標準装備のマッドスノータイヤに比べて静粛性が増し燃費性能がアップします。, ほかにも偏摩耗に強いブロック配置になっていて、再びデリカD5の新品タイヤを購入するまでのライフサイクルが長い傾向にあります。, YOKOHAMA GEOLANDAR CV G058 225/55R18 98V, サイプベースの新パターンによってウェット性能や静粛性がアップしたヨコハマ ジオランダーCV, ヨコハマのGEOLANDAR CV G058(ジオランダー シーブイジー ゼロゴーハチ)は、2020年2月発売のクロスオーバーSUV向けグランドツーリングタイヤ。, 「GEOLANDAR SUV」の後継モデルのハイウェイテレーンタイヤとして、オンロードタイヤの基本性能を確保するとともに、グランドツーリングタイヤとして、デリカD5の快適なロングドライブを実現。もちろん、旧モデルと同様にM+S規格のタイヤのため、急な降雪にも安心です。, YOKOHAMA GEOLANDAR A/T G015 225/55R18 98H, オン・オフどちらも対応できる万能型の夏タイヤがヨコハマタイヤ ジオランダーA/T G015, デリカD5に適合するオンロード・オフロードどちらも行ける性能のオールテレーンタイヤは、ヨコハマのジオランダーシリーズにもラインナップしています。オンロードでのデリカD5の静粛性や燃費をある程度確保しつつ、悪路を走破できる能力のオフロード性能も高めたタイヤで、ゴツゴツとしながらもシュッとしている見た目はストリートでも目立つでしょう。, ジオランダーA/Tが持っているパターンやグルーヴは、耐ウェット性・摩耗性・ドライ性能・マッド性能・スノー性能全てに効くパターンで、ショルダーデザインは耐久性も高めています。, ジグザグ主溝が泥を噛んでショルダー部のジグザクサイプが雪を取り除くナンカン マッドスター ラジアル A/T, ナンカンのMUDSTAR RADIAL A/T(マッドスター ラジアル エーティー)は、全サイズにレイズドホワイトレター(RWL)を設定するオールテレーンタイヤ。, 頑丈なブロックパターンが悪路で優れた走行安定性を発揮するほか、石噛みや泥詰まりにもしっかり対応。さらに、M+S(マッドアンドスノー)規格のタイヤのため、泥道や雪道でM+SデリカD5の力強い走りを実現します。, GOODYEAR EfficientGrip SUV HP01 225/55R18 98V, 燃費性能を追求したコスパの高い夏タイヤがグッドイヤー エフィシェントグリップSUV HP01, グッドイヤーが販売するエフィシェントグリップSUV HP01は、クロスオーバーSUV向けのSUVタイヤで燃費性能やデリカD5の乗り心地を追求したタイヤです。発熱を抑えるラバーを採用して燃費性能を高めていて、パターンやデザインを見直したことでデリカD5での静粛性や燃費アップにも貢献しています。, グッドイヤーのSUV向けオンロードタイヤであるラングラーHPと比べると、転がり抵抗は15パーセント低減し残溝1.6mmまでの走行距離は42パーセント伸びてライフ性能もアップしています。パターンノイズやロードノイズも低減されていて、静かに運転できます。, トーヨータイヤのプロクセスCF2はSUV向けサマータイヤながらも低燃費ラベルを獲得しているSUVタイヤです。車での旅行や通勤などオンロードを走るデリカ向けのタイヤで、砂利道などは苦手です。転がり抵抗係数は「A」、ウェットグリップ性能は「b」を達成していてデリカD5での燃費がいいのはもちろん、雨の日でも安心して走ることができます。, 非対称パターンを採用していて、運動性能を高めると同時に耐摩耗性もアップしているのでワインディングロードでも疲れにくくロングライフなのでお財布にも優しいタイヤです。, 非対称パターンがハンドリング/ウェット性能/耐偏摩耗性能を高次元でバランスするヨコハマ ブルーアース-XT, ヨコハマのBluEarth-XT AE61(ブルーアース エックスティー エーイーロクイチ)は、2020年2月発売のクロスオーバーSUV向けオンロード用サマータイヤ。, 市街地や高速道路などオンロードでデリカD5を思い通りの走りを実現するリニアなハンドリングに加えて、静粛性やロングライフ性能を確保。また、全サイズでウェットグリップ性能の最高グレード「a」と、両立が難しい転がり抵抗性能「A」を獲得しています。, FUNBARI TECHNOLOGY/ふんばりテクノロジーがミニバン特有のふらつきを抑えるダンロップ エナセーブ RV505, ダンロップのエナセーブ RV505(アールブイ ゴーマルゴ)は、不意のふらつきでも安定した走りを実現するミニバン専用低燃費タイヤ。, 新開発の「ふんばりテクノロジー」によって、デリカD5の多人数乗車や多積載時のカーブやレーンチェンジ、横風などによって起こりやすいミニバン特有のふらつきを抑制して安全性をアップ。さらに、偏摩耗(片減り)を抑えてライフ性能を高めるほか、静粛性能の向上にも貢献します。, デリカD5の次のグレードに適合する215/70R16タイヤのおすすめをピックアップ。, デリカD5に適合する16インチタイヤは、BFグッドリッチのオールテレーンタイヤや、18インチにはなかったマッドテレーンタイヤなどのホワイトレタータイヤが人気です。, BFGoodrich All-Terrain T/A KO2 LT215/70R16 100/97R, タフなブロックパターンがオンロードにもオフロードにも対応するBFグッドリッチ オールテレーン T/A KO2, BFグッドリッチのAll-Terrain T/A KO2(アールテレーン ティーエー ケイオーツー)は、言わずと知れたSUV/4×4のオフロード走行やドレスアップに人気のオールテレーンタイヤ。, ギザギザのショルダーブロックによりマッドやスノーで強力なトラクションを発揮して、デリカD5の走破性を高めるほか、裂け割れに強いタフなサイドウォールが外傷によるダメージを抑制。また、本サイズは、サイドレターにレイズドホワイトレター(RWL)を設定しています。, BRIDGESTONE DUELER A/T 001 215/70R16 100S, ブリヂストンのデューラーA/Tは、オンロード向けのH/L850とは違い、オフロードでも走破性を高めた設計のタイヤで、オールテレーン専用のブロック配置で、デリカD5でオンロードはゴツゴツとしすぎない乗り心地、オフロードは滑りにくくトラクションがかかる走破性を持っています。, 平日は通勤に使い、週末は悪路を通って山や川に向かうレジャーを満喫する人にはピッタリのタイヤで、SUVでもあるデリカD5に似合うことこの上ないサマータイヤです。, YOKOHAMA GEOLANDAR A/T G015 215/70R16 100H, ミニバンとクロスオーバーが融合したデリカD5に人気のヨコハマタイヤ ジオランダー A/T G015, ヨコハマタイヤのジオランダーは1996年に誕生してから20年以上経つタイヤブランドで、日本の道だけではなく海外の砂漠や岩肌のある道などを駆け巡ってきました。サブネームによってタイプが分かれていて、「SUV」はクロスオーバー向けのオンロードタイヤ、「A/T G015」は舗装路だけではなく悪路も行けるオールテレーンタイヤです。, 両方のタイヤとも耐摩耗性や耐久性が高くロングライフな性能を持っているので、1組のタイヤで何年も保つ性能を持っています。, 非対称パターンで乗り心地やロードノイズをカットする夏タイヤがトーヨータイヤ オープンカントリーA/Tプラス, トーヨーのオープンカントリーA/Tプラスは、左右非対称パターンを用いたリブパターンでパターンノイズの軽減やブレーキ性能を向上させてオンロード性能を高め、オープンスリットやジグザグブロックによりトラクションを高めてデリカD5でのオフロード能力も高めています。, デューラーやジオランダーと同様にドライ路面も悪路も走りたいユーザーの情熱に応えるタイヤで、決して見かけだけではないオールテレーンタイヤです。, NANKANG MUDSTAR RADIAL M/T 215/70R16 100T, ナンカン マッドスターラジアルM/Tのショルダーまで伸びたパターンブロックが凸凹道で抜群の牽引力を発揮, ナンカンのMUDSTAR RADIAL M/T(マッドスター ラジアル エムティー)は、デリカD5で泥濘地や砂利道(グラベル)などの未舗装路で優れたオフロード性能を発揮するマッドテレーンタイヤです。交差パターンと溝底のバーが小石や泥を排除することで、優れた操作性を発揮します。, M+Sタイヤのため、マッドのほかに浅雪にも対応。さらに、タイヤウォールに刻まれた人気のホワイトレターが、デリカD5の足元のアクセントになることでしょう。, タイヤと一緒にホイールを購入するなら、お得なセット商品がおすすめ。トーヨータイヤ、ヨコハマ、ダンロップの低燃費タイヤと、それぞれ異なるスポークデザインのホイールのセットをピックアップ。, トーヨータイヤのグレード「A/b」の低燃費タイヤと立体5スポークデザインのキョウホウのホイール, トーヨータイヤの「プロクセス CF2 SUV」は、SUV専用タイヤでありながら全サイズが転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「b」を獲得した低燃費タイヤ。ワイドなトレッドにより、デリカD5の長距離運転時にすっきりした乗り心地を実現します。, また、共豊「シュタイナーLST」は、シュタイナーのファーストモデルとスポルシュシュタイナーのロングセラーモデルを融合した進化モデルとなっています。, ヨコハマのグレード「A/a」の低燃費タイヤとツインスポークタイプのレアマイスターのホイール, ヨコハマのミニバン専用タイヤ「ブルーアースRV-02」に、クロスオーバーSUV向けサイズを新たに設定。デリカD5の気になるふらつきを抑制するほか、雨の日の濡れた路面に強く、静粛性にも優れています。, 一方、レアマイスターの「サフレディ」は、ブラックポリッシュブロンズクリアのホイールカラーがデリカの足元を渋くドレスアップします。, グレード「AA/b」のダンロップの低燃費タイヤとスタイリッシュな16本スポークのビッグウェイのホイール, ダンロップの「エナセーブRV505」は、安全性や快適性が長続きするミニバン専用タイヤ。FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)が耐ふらつき性能を高めるとともに、トータルライフや静粛性をアップ。, それ対し、ビッグウェイの「レイシーン SP-M(エスピーエム)」はブラックパールのホイールカラーで、飽きのこないスポークタイプのデザインとなっています。, デリカD5はほとんどが18インチタイヤを選択するグレードになると考えられますが、16インチタイヤを標準装備しているグレードもあり、種類は豊富にあります。18インチ標準のグレードでも、16インチホイールと215/70R16のATタイヤを購入すれば履くことができますし、18インチホイールは冬タイヤ用に回すのもいいでしょう。, 16インチは偏平率が70パーセントもあるので比較的タイヤが厚くなり路面からの衝撃も吸収しやすいので、乗り心地は16インチのほうがいいと考えられます。さっそく、好きなタイヤをデリカD5に履かせて刺激的なカーライフを楽しんでください。.