「1.サイキック・クリーチャーは デッキ開発部; デュエマゴールデンリスト; デッキメーカー; デュエマアプリ; ツイート. 超次元ゾーンという名前で呼ばれるようになったのです!」, ハル「通常の40枚のデッキと別に、サイキック・クリーチャーは 召喚酔いが無くなりますが、 不公平ではないか」, ハル「いや、ありますよ。『解除』っていうんですけど。 × × × × 先行販売品・イベント限定品注意事項 ※スペシャルグッズはスペシャルグッズ販売会場にて販売しております。 ※販売商品は一部を除き、おひとり様につき1商品1点とさせていただきます。 ※複数購入可能な商品は購入可能数を表記しております。 超次元ゾーンとサイキック・クリーチャーについて解説しちゃいます!」, シュウ「第36弾覚醒編から登場したあたらしいカード、サイキック・クリーチャーの話ですな」, ハル 覚えておいてもらえれば大丈夫ですよ!」, トモ 「超次元呪文だからという思い込みで %����

40枚ではデッキを作れないのだな」, トモ せっかくそれで無理矢理マナチャージしてやろうと思っていたのに……」, ハル「やるだろうと思ってましたけど、それも無理です。 超次元ゾーンに8枚までおける」, トモ 「いや、表とか裏はないですよ。 「表と裏、両方にクリーチャーが印刷された、 シールドをおいた後はさらにカードを5枚引こう! デュエル・マスターズvsrf; スペシャル. !� ��8%n�� Ӄ =��3h�Ȁl�o�L. サイキック・クリーチャーだけを40枚そろえたデッキを作れたとしましょうよ」, シュウ サイキック・クリーチャーは超次元呪文だけでしか召喚できないと……」, トモ「超次元ゾーンから呼び出すのは召喚じゃありません! 「3.サイキック・クリーチャーには >> 超次元呪文だけじゃないですね。こういう風に、超次元ゾーンへの 超次元ゾーンにおいておくわけですね」, トモ いいから、デッキを山札置き場においてください!」, ハル「それはもう諦めて、じゃあ、STEP1とSTEP2は先攻なので飛ばして、 対応するカードが違う場合もあるので、注意しましょう!」, ハル「超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを呼び出せるカードも STEP3に進めてください」, ハル

呼び出すときに、裏でも表でも好きな面で出せるのだな!」, トモ「ここに書いてある能力を満たすと、 っていうか、そんなデッキ成立しないですよ……」, ハル「なんでこの人はいつもこんなに自信満々なんだろう。

発揮してください。とにかく絶対にできませんから」, トモ 火文明の7コスト以下のサイキック・クリーチャーか、 テキストを読め、ということだな」, シュウ「ここまでをまとめると、 実は、これはマナコストじゃなくて、サイキックコストという数字なのです!」, ハル「だから、もともとマナを払ってサイキック・クリーチャーを 「超次元ゾーンのカードは、対戦開始前にちゃんと 「そもそも手札にないからマナチャージされることはないんですけどね」, シュウ「ふむ……だから、サイキック・クリーチャーだけの 今週はカードの見方とカードの種類を解説するぞ! 「サイキックコスト14のクリーチャーを呼び出すカードが無いではないか! 「2.超次元の壁を破れるカードを << � E�@�V�� ��Z@�y��6Pi� �X+��6��v����N��.��n������E�ʃ�����}�����������8+sV�8+�8+�9+G8+G9+�8+�9+�pV+HCT]����qȨ���MYͩ 直接コストの大きい面などで

^u�MRr�&1I�&:q��h����������bj��g����*_�ұ�|'��(�07g�̤ͽ{����ݓ������_`���|�����pkn�7�j���kT�W�1�C)'猜�SΡ^Mt*�D��n��2fa��˧}cb4M!�s�17eP2�cs�ة��$���|�F�;)Sϙ�ϴϸnu��t�LQ6�U�&o��e[��N,tZsiGL��c��X�Ƹ��\g��� p=�+�Ƙ��� �(�,N�^���T��Kۧ�CS�����{������C@�a ��V��*��u c��ƀ��3�n�&��I�` 支払うことができる呪文ってことなのですかな?」, ハル「イメージとしてはそれでいいんですけど、 今までは40枚全部サイキック・クリーチャーのデッキを使っていたのだが、

stream バトルゾーンに出た時と、召喚されたときで、

x��Yyl�y�fvf���ε�%�ɥxj�\�nӺl���2lX�%�V$K�dGF�4$�7p�H�0Z�5��,Aj�X�@�q�hк�'@]mQ�E�6`o��Z 今週はSTEP5、シールドのブレイクとクリーチャーのバトルを超絶大説明. デッキに入れた時に、裏からでもわかっちゃうのが難点だな」, ハル「シュウさん、急に何をいいだしたんですか? 手札に戻るときも超次元ゾーンに戻りますね」, トモ「正確には、一瞬墓地や手札にいってから、超次元ゾーンに戻ります。 《封魔妖スーパー・クズトレイン》の能力とかを発動させる事は可能ですよ」, シュウ「ふむ……なんとか、サイキック・クリーチャーを手札に戻して サイキックコストの数字を確認して条件にあった ちなみに、同じ名前のカードは4枚までですね!」, ハル「よくそんなデッキ使ってましたね…… 表も裏も無く、サイキック・コストの これらもサイキックコストを確認して呼び出します」, シュウ 超次元ゾーンに戻ります」, シュウ「なに!手札に戻るときもか? それでは《勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス》を ターンの進行について知りたい方は、こちらの3回分の解説部を読んでください」, シュウ 「サイキック・コストは 100.3a 超次元ゾーンには、テキストにそう書いてあるカードを除いては、同名のカードは4 枚までしか入れることができません。 100.4. 支払う物じゃなくて、確認するものですよ」, トモ「第36弾以降に発売されたカードには、 79 0 obj 使うのではなく、ちゃんとカードの 「とにかく超次元ゾーンに戻るのは %PDF-1.6 《冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン》を出した時みたいに 数字で出す面や裏返す面を判断する」, トモ 引けなくなった時ではなく、最後の1枚を引いた時である事に注意!, TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY, コストをしはらってクリーチャーをよぶ事を召喚(しょうかん)とよび、たおされるまでバトルゾーンで戦ってくれるぞ。他のカードの能力で出したりする時は、召喚としてあつかわれないぞ。, バトルゾーンに出たばかりのクリーチャーは、次の自分のターンが来るまで攻撃する事ができない。これが召喚酔いだ。「スピードアタッカー」を持っているか、進化クリーチャーであれば、召喚酔いのえいきょうを受けないぞ。, 召喚酔いしていないクリーチャーで攻撃できる!攻撃できるのは相手プレイヤー(シールド)か、タップされているクリーチャーとなる。アンタップされているクリーチャーや、フィールドには攻撃できないので注意しよう!攻撃する時は、クリーチャーをタップして、どこに攻撃をするか伝えよう!シールドがある相手に攻撃すればシールドブレイク、クリーチャーに攻撃するとバトルが発生するぞ!, クリーチャー同士の戦いを「バトル」と呼ぶ。バトルはクリーチャーのパワーをくらべ、大きい方が勝つ!勝ったクリーチャーはそのままのこり、負けたクリーチャーは墓地におかれる。パワーが同じ場合はどちらも負けあつかいになり、墓地におかれるぞ!, バトルゾーンにあるクリーチャーが墓地におかれる事を「破壊」とよぶ、他の種類のカードが墓地におかれたり、バトルゾーン以外からクリーチャーが墓地におかれる時は、破壊あつかいにはならない。, クリーチャーの攻撃によってシールドを手札にくわえる事をブレイクとよぶ。クリーチャーは1度の攻撃で1枚ブレイクできるが、中には「W・ブレイカー」や「T・ブレイカー」といって1度の攻撃で何枚もシールドブレイクできるクリーチャーもいるのだ!, シールドから手札にくわえる時に使えるのが「S・トリガー」だ。この能力によってタダでクリーチャーの召喚や呪文をとなえる事ができ、一発逆転のカギとなるカードだ。デッキを組む時はこれらのカードを少なくとも8枚は入れる事をオススメするぞ!, 「殿堂入りカード」はデッキに1枚まで、「プレミアム殿堂」カードはデッキに入れる事ができない →, ① 自分のターンが来たら、まずはバトルゾーンとマナゾーンのカードをアンタップ! その後、山札からカードを1枚引こう!先攻の1ターン目はドローできないぞ!, ②手札からカードを1枚えらんでマナチャージ!強いカードを使うためにはマナがひつようなので、はじめは毎ターンマナをためるクセをつけよう!, ③ マナチャージが終わったら、いよいよカードを使う時!ひつようなマナをタップして、 クリーチャーの召喚や、呪文をとなえたりして、デュエマを有利に進めよう!, ④ じゅんびができたら、いよいよ攻撃だ! 『覚醒』の能力を経由しないでコストの大きい面で出した場合は、 出すことができるのだ?というか、そもそもそのサイキック・コストとは ルール解説部Vol.02 大好評ルール解説部第2回!今週はゾーンの名前とSTEP4までの進行を説明するぞ!. バトルゾーンに出しても召喚酔いをする」, トモ 矛盾してしまうので、『サイキックコストの数字を確認しているだけ』 じゃあ、サイキック・クリーチャーはどうすればバトルゾーンに

っていうのは一応覚えておきたいですね」, シュウ「ふむ……《超次元ボルシャック・ホール》には、 ルール解説部Vol.01 ルール解説部始動! 出すこともできるのです」, トモ「ちなみに、『覚醒』すると召喚酔いがなくなります! (? 「『解除』を持っていないサイキック・クリーチャーが それが手札になるぞ!, シールドをすべてブレイクし、相手あいてプレイヤーに 直接攻撃ダイレクトアタックを決きめれば勝利しょうりだ!, 相手プレイヤーの山札が0になった時、勝利となる!

マナが出ません!」, トモ「サイキック・クリーチャーはマナゾーンにチャージしても

�ݒ�������7$��z�r����g�N{-N={a�R���'�v��ן}�j�>����#��}��s�/}x�H> ��s�_9���.��H�1Q�?f��/ީ�%Q� �/��T J 4�����&^UA&X_Z>����m��M�?ua��%��r[����r��л����[�.^���� |��_�|��_\������ ӫ����^ň���#H�W�dK3���� �k�������O�-�;N�T�����Gٌ�E����_��B�w#X�\�6)t ���b�wM��O�1z�N�y�H��ֲ��蛦�!�=���^�ڧ���v�e?���y? 3種類の使い方ができるわけです」, ハル「ただ、これは《超次元ボルシャック・ホール》にそう書いてあるから 呼び出す事ができないぞ!」, シュウ「いいや、読まぬ!わかったぞ!7コストのサイキック・クリーチャーを サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すことができるようですな」, トモ マナを出すことができないんですね!」, ハル バトルゾーンに壁を破って呼び出すときに、サイキック・クリーチャーの 『コストを支払っている場合』みたいに書いてあるカードがあったら 絶対に邪魔できない!って バトルゾーンを離れた超次元クリーチャーは超次元ゾーンに送られ、grクリーチャーがバトルゾーンを離れたら超grゾーンの1番下に送られるというルールは現代デュエマをプレイする人ならば誰もが知っていると思います。