テニス上級者への道!強くなるにはこれが大切!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 片手バックハンドでスピンをかける為の「生命線」といえるのが 腕の「回外運動」 です。 スピネーション とも呼びますね。 こちらの画像のような動きです。 この運動でボールに回転を与え … 試合の展開を制覇するフォアハンドですが、バックハンドでも同じように展開することができたらいいですよね?, 今回は、片手バックハンドでも展開できるトップスピンの打ち方を紹介したいと思います。, たしかにフォアハンドで決めることを考えれば、威力の出しづらいバックハンドでは無理に攻めず、チャンスがくるまで待つというのもありです。, そのため、バックハンドではミスしないように、つなぐだけになっているパターンを多く目にします。, しかし、これは相手にとってなんのプレッシャーも与えることができないことを覚えておいてください。, つないでくるとわかっていれば、相手はバックハンドにしか打ってこないし、リスクの低いストロークを打ってくるので、ミスに期待はできません。, スピンがかかっていればアウトは少なくなるし、高く弾むのでチャンスがくる確率が高くなります。, 片手バックハンドなら、鋭くスイングできるので、回転をかけやすくトップスピンを打ちやすいです。, 片手バックハンドではスイング軌道が長くなるため、高い位置にセットすることでインパクトまでに1度下に下りまた上に上がってくる動きが大きくなり落差の反動を使えます。, 低くセットしてもスピンをかけることはできますが、反動を使えないので強いトップスピンにはなりません。, 筋肉に自信があるのなら話は別ですが、トッププロでも反動を使って打っているので、真似してください。, 片手バックハンドは、スイング距離を長く取れる分ラケットを大きくひいてしまい手打ちになりやすいのも特徴です。, わかりづらい人は右肩の上にあごが乗っているような形になれば、十分にひねることができています。, そのため、下から上に鋭くスイングしていく必要がありますが、振り上げてボールを飛ばすには大きなエネルギーを使います。, ボールのバウンドに対してもタイミングを合わせることができるので、正確にインパクトするためにも大切です。, 片手バックハンドはフォアハンドや両手バックハンドに比べて前肩を支点にして打ちます。, トップスピンを打つには、インパクトの後ラケットヘッドを立てていくことで回転をかけやすくします。, 親指が立つとスピネーションを使えるので、少しの動きでもボールに回転をかけられます。, ※スピネーションとは、プロネーションの反対の動きで、前腕を外側に向かって回転させる動き。, それと同じで、スピネーションはトップスピンを打つ時には欠かせない動作なので、インパクト付近でしっかり立てていこう。, 打点がズレてしまった時にも、ひじを柔らかく使うことで微調整できるので、しっかり打つことができます。, 筋力や体幹があるならそれでも打つことができますが、エネルギーをしっかり伝えなければ打てないトップスピンでは、力負けは許されません。, 体が開いてしまうと、押しが弱くなるので、パワー負けしてスピンをかけることができません。, 展開の基本はスピンが使うことが多いので、バックハンドから展開できることは武器になりますね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

低重量トレーニングのメリットは筋肉が疲労して動かなくなるまで追い込める点です。重いトレーニングだけではたくさんある前腕全ての筋肉を鍛えることはできないのでこのメニューも組み込むことをおすすめします。, 腕の筋肉といえば上腕二頭筋ということでたくさん筋トレをする方がいらっしゃいますが、実は他人から一番みられる筋肉は腕橈骨筋をはじめとした前腕の筋肉です。  特に重いものを持つなど肉体労働ではこれらの筋肉をたくさん使いますので、腕橈骨筋を筋トレすることでパフォーマンスアップやほかの筋肉への余計な負担を減らしケガの予防などにも役立つ効果があります。, 前章の②で述べたように、格闘技や野球、テニスをされる方は、パフォーマンス向上のためにぜひ腕橈骨筋を鍛えてみて下さい。, 前腕筋群は様々なスポーツで必要とされ、鍛える事で競技能力の向上に繋がります。  半袖を着たときや腕まくりをしたときに自然と露出するので、腕のたくましさを最もアピールできる部位と言えるでしょう。, 役割の部分でも説明したように、腕橈骨筋は肘を曲げる筋肉としての役割を持ちます。 | Theme: ちなみに、サーブの基本はコンチネンタルグリップと言われますが、プロネーションを行う中で長くラケット面をボール方向に向けたいのであれば、, サーブを打つには、体の使い方をきちんと理解する事が必要で、それができないといつまで経っても不安定で威力の出ないサーブから抜け出せない, サーブは100%自分の力で打つので相手のボールの威力を利用できず打ち方の出来が直接的に結果に反映されるショット, ラケット新製品 Wilson PRO STAFF 97 V13.0 を買ってみた (テニス). (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは!管理人のぼぶです。テニスが好きすぎてブログを書いているので、よかったら参考にしてください。, テニスを極めるために必要な情報をブログに書いています。 スピネーションとはプロネーションと反対回りの動きです。まずスピネーションしてからプロネーションを起動させることで、レバレッジ(テコの原理)を上手に使うフォアハンドやサーブができます。拳の方向から見ると次の動きになります。これは空手の正拳突きの拳(こぶし)の動きです。

▼▼テニスの上級者になるために必要なことについてはこちら▼▼ 前腕屈筋群・前腕伸筋群・腕橈骨筋の3つに大きく分かれています。, 手首を内側に曲げる時に使う筋肉で、アームレスリングでは相手の手首を巻く事で相手の力を抑える事が出来ます。, 手首を外側に曲げる時に使う筋肉で、アームレスリングでは直接的に使用する事は少ないですが、屈筋群の力を最大限発揮するためにも反対に位置する伸筋群も均等に鍛える必要があります。, 親指が上を向いた状態で肘を曲げると働く筋肉です。この親指が上を向いて肘を曲げた状態はまさしくアームレスリングのスタート姿勢と同じですね。つまりアームレスリングでは腕橈骨筋が常に働いている状態と言う事になり絶対に鍛えるべき部位と言う事になります。, 続いて腕橈骨筋のトレーニング法についてまとめていきます。腕橈骨筋は前腕筋群の中では筋体積が大きいため、逞しい前腕を手に入れたい方は鍛えるべき筋肉となります。, 今回はスピネーションを始め前腕筋群のトレーニング法やスポーツにおける前腕の役割についてまとめました。前腕のトレーニングは意外と忘れがちになりますが、スポーツでのパフォーマンス向上などに欠かせない事が分かったと思います。また、前腕筋群は約20種の筋肉から成り、それぞれの筋体積も小さいため高負荷・低回数だけではなく低負荷・高回数(15~20回)でのトレーニングを取り入れるのもお勧めいたします!, スピネーションで前腕の筋肉を鍛えるとスポーツなどの場面で非常に役に立ちます。上腕筋を鍛えて腕相撲やテニスに役立てましょう。今回は前腕筋を鍛えるスピネーションという種目を紹介していきます!, たくましい腕を筋トレでつけたい!と思っている方は多いですが、実は上腕二頭筋だけでは不十分です。前腕の一部である腕橈骨筋(わんとうこつきん)のメニューをマスターして本当にかっこいい『見せ腕』をつけていきましょう。, ①直立し、ダンベルを両手に持ちます。この時、肘は体の側面に近づけ、手のひらは体に面するようにします。, ②上腕を固定して、上腕二頭筋の収縮を感じながら、ダンベルが肩の高さになるまで、肘を前方へ曲げます。, ③ダンベルを肩の高さまで上げたら、上腕二頭筋を絞るようにして一旦保持したのち、ゆっくりとダンベルを下します。, ①脚は肩幅程度に開き、バーベルもしくはダンベルを手の甲を前に向けて持ちます。持ち幅は肩幅程度の広さです。, ③バーベルが胸の前まで持ち上がったら上で1秒キープし、ゆっくりとバーベルを下ろしていきます。, ①ベンチや椅子に前腕を手の平が上を向くように乗せて、ダンベルの端っこを縦向きに持ちます。, ハンマーカールは上腕二頭筋や上腕筋、前腕前面の腕橈骨筋(わんとうこつきん)を主に鍛える種目です。中でも腕橈骨筋は前腕の筋肉であるため目に留まりやすく、鍛えれば腕が太くたくましい印象を与えられます。ダンベルカールなどと併せて行い、たくましい腕を作りましょう。, 「リバースカール」はダンベルカールの動きを手を逆さまにして行う種目で、主に前腕の筋肉を鍛えることができます。前腕を鍛えることで袖から見える腕を太くすることができ、これはかっこいい見た目を作る上で非常に重要となります。ぜひトレーニングに取り入れてみてください。, トレミーは全国のジム・パーソナルトレーニングジムや筋トレ方法・食事・サプリメント情報ダイエットの総合情報サイトです。, Copyright 2018 | TOREMY | All right reserved.