★恐竜ブーム再来!!2013年は空前のダイナソーイヤー!

タルボサウルスとティラノサウルスは、共に映画にも登場しましたよね。その名も「タルボサウルス vs ティラノサウルス」。 両者は、ティラノサウルス科ティラノサウルス亜科に属するので、きわめて近い仲間です。 両者を比較したサイトがあります。 この映画、超リアル!まさに動く大恐竜図鑑!!

両アゴの一部しか見つかっていないので、体長は推定ですが、推定体長10~12m、推定体重:1t~4t、タルボサウルスやティラノサウルスに匹敵する大きさだったと考えられています。 17種類80頭以上の世界中の恐竜が大集結した大迫力アドベンチャー! タルボサウルスはアジア最大最強の肉食恐竜です。 Tarbosaurus bataar(タルボサウルス・バタール)の意味は古代ギリシャ語の「[τάρβος]/tarbos; 恐怖・畏怖・崇拝」「トカゲ」とモンゴル語の「[баатар] baatar;英雄」です。意訳すれば「恐怖を抱かせる英雄トカゲ」です。ここに展示している標本はソ連モンゴル共同調査の際発掘されたタルボサウルスをもとにしています。現在ロシア科学アカデミーに所蔵されています。, タルボサウルスが産出するネメグト層は白亜紀末の堆積物で、モンゴルから中国にかけて露出しています。恐竜のほかにも魚の骨や軟体動物の化石、カメなども見つかっていることから、常に川の流れがあるような場所だったと言われています。ティラノサウルスに比べるとやや小さいことも分かっていますが、それでも当時のモンゴルでは最大の捕食者でした。 真正面からみるとしっかりこちらを見ていることが分かります。しかしティラノサウルスに比べるとやや顔が細いとも言えます。, タルボサウルスはティラノサウルスに比べて、腕や手の甲の骨が小さくなっており、より「退化」しています。 頭骨は上顎全体の強度がティラノサウルスよりも上がっていることも分かっています。これはネメグト層から産出する竜脚類「ネメグトサウルス」などの大きな獲物の存在が影響していたと考えられています。, 中国遼寧省前期白亜紀(1億2500万年前)の地層で発見されたティラノサウルスの仲間のユウティランヌスは羽毛がありました。ユウティランヌスは全長9mの大型の獣脚類です。当時の遼寧省は平均気温10度と寒冷な場所で、保温のために羽毛がとくに発達したと考えられています。, それまで小型の羽毛恐竜しか見つかっておらず、大型の恐竜では体格が大きいと羽毛がないのではないか、という議論もありましたが、この発見で大型の肉食恐竜であっても羽毛が生えていたということがこれ明らかとなりました。そのため、ティラノサウルスの仲間であるタルボサウルスにも羽毛があった可能性があるといえます。, 恐竜センター3階の展示には遼寧省の小型羽毛恐竜と鳥類への進化の展示を展示しています。. ★ハリウッドで技術を磨いたスタッフ陣が、白亜紀の恐竜時代を完璧に再現!

お馴染みのティラノサウルスから、“アジアの暴君”と言われるタルボサウルス、巨大草食恐竜プギョンゴサウルス、翼手竜ヘナミクヌスなど、様々な恐竜たちが想像を遥かに超える鮮やかな姿で蘇る!まさに最高の恐竜バイブル! 白亜紀の朝鮮半島。森の王様タルボサウルス家族の末っ子に生まれたパッチは、幸せな日々を送っていた。しかしそこに現れた帝王の座を狙う赤いティラノサウルス=レックスによって、家族を殺されてし … 『パシフィック・リム』(7月公開予定)、『ウォーキング・ウィズ・ダイナソー3D』(12月公開予定)、『ジュラシック・パーク4』の全米公開決定や、これまで34カ国237都市で上演され、観客動員800万人以上、興行収入380億円を突破している恐竜ライブショー「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブアリーナツアー イン ジャパン」の開催など、2013年は空前の恐竜ブーム!!, 【DVD1枚組2012年/韓国/カラー/89分/画面サイズ:ビスタサイズ/音声:日本語ドルビーデジタル5.1ch/字幕なし/1層. 学名の意味:諸城(ズーチェン:地名)の暴君, ズケンティラヌスは白亜紀後期の終わり頃(カンパニアン:約8360万年前~約7210万年前)の中国にすんでいたティラノサウルスの仲間です。. 劇場公開作品 全国60館 興行収入4,000万円, 8千万年前の白亜紀を、歴史的考証に基づき最新デジタル技術で忠実に再現!実写さながらのリアルな恐竜たちの生き残りを賭けた闘いと壮大な冒険を描いた大迫力アドベンチャー!タルボサウルス、ティラノサウルスといったメジャー恐竜を始め、アジアで発見された珍しい種類まで、映画史上最多の17種類80頭もの恐竜たちが大集結!子どもからかつて恐竜にときめいた大人まで、すべての人が興奮できる恐竜ワールドが今、蘇る!!

タルボサウルスは白亜紀後期のアジアに生息していた恐竜です。 ティラノサウルスの仲間なので、ティラノサウルスによく似ています。そのため頭が大きく全体的にがっしりとしていて、前あしがティラノサウルスよりもさらに短いのが特徴です。





発掘地:中国 山東省 諸城 体長:推定10~12m ★映画史上最多、17種類80頭もの巨大な恐竜たちが蘇る、動く大恐竜図鑑!!

ズケンティラヌスは白亜紀後期の中国にすんでいたティラノサウルスの仲間です。 タルボサウルス(モンゴル)、ティラノサウルス(北アメリカ)に匹敵する白亜紀最大級の獣脚類です。 タルボサウルス(モンゴル)、ティラノサウルス(北アメリカ)に匹敵する白亜紀最大級の獣脚類です。, ズケンティラヌス(頭骨の一部) 【あらすじ】 タルボサウルス タルボサウルスは、白亜紀後期のモンゴルにすんでいたティラノサウルス類です。 同じ時代に北アメリカにすんで ... タルボサウルス タルボサウルスは、白亜紀後期のモンゴルにすんでいたティラノサウルス類です。 同じ時代に北アメリカにすんで ... 残念ながら上下のあごの一部しか見つかっていないので、タルボサウルスやティラノサウルスとの違いはわかりませんが、似たような姿であれば、こんな感じだったかも。, ズケンティラヌスが発掘された山東省の諸城では、鳥脚類で最大のシャントンゴサウルス(ハドロサウルス類:体長15m)、角竜類のズケンケラトプスやシノケラトプスが見つかっています。.