インターナショナルな人種構成の学校の少年たちが、みんなひとつになって、熱く、日本語も交えて歌う姿は、美しい光景だった。 【動画あり】2010年春 ハモネプリーグ10 優勝は高校生グループ「センメ」 2010/04/13 21:40 今回もやってきました全国ハモネプリーグ! 絵本リードアラウド認定講師講座〜第7回報告その2:『Press Here』をどう読む?, 「Guys Read」vs. わたしは、毎年5月(今年は8日)に開催されるカーニバルに参加して18年以上、また、そのおっとりしていながら自立心の強い校風が好きで、その13年間は父兄だった。 気取りなく、物怖じせず、ほとんどいつもどおり、伝統に則り気持ち良さそうに歌っていて、見事だった。, WordPress Download Manager - Best Download Management Plugin. Mary’s International School(セントメリーズインターナショナルスクール)が元になっています。, そして、今回披露する曲ですが加山雄三さんの「海 その愛」を日本語と英語半分ずつで歌う予定となっています。, 実はこの曲はセンメが優勝した時にの曲でもあり、毎年母校の卒業式で歌われる曲だそうです。, 練習についてはオンライン通話で毎日おこなっており、曲は英語と日本語の曲だけでなくラテン語やアフリカの曲、教会音楽など様々な曲に挑戦しています。, リードコーラスのカナンさんの他メンバーのプロフィールについてはまだ詳しいことが明かされていない状態ですが、番組内でわかったことなどがあればまた追記していきたいと思います。, 15歳と16歳の高校生グループですが、一生懸命歌いますので応援宜しくお願いします!, — インターハーモニー (@InterHarmony22) July 3, 2020, 他にはミッチさん、ケンタさん、キジュンさん、ジョーさん、番長さんというメンバーがいることがわかりました。, なお、参考ではありますがインターハーモニーの先輩であるセンメについてはメンバーの情報などがいくつかあったのでご紹介しておきますね。, インターハーモニーはもちろん、センメの活動や現在についてもまた注目を集めそうですね。, ハモネプ2020の関連記事も!⇒ハモネプ2020夏の無料動画見逃し配信や再放送は?歴代優勝者や優勝結果まとめハモネプ2020全国大会直前出場15組大発表SPの無料動画見逃し配信や再放送は?ハモネプ2020SPの見逃し配信無料動画や再放送!全国大会直前20年の歴史を視聴ハモネプ2020出演者グループ15組メンバーまとめ!活動経歴や代表曲も, なお、ハモネプの過去の動画などを見たいという方も多いと思いますが今回のハモネプ2020の放送の前に2020年5月22日に地域限定で放送された「ハモネプリーグ!全国大会直前 20年の歴史まるっと見せちゃうぞSP」と6月12日に放送された「ハモネプ2020!全国大会直前出場15組 大発表SP」の見逃し配信動画が動画配信サービスのFODで配信されており過去のハモネプリーグもFODで視聴することが可能です!!, そのため、今回の2020年夏の本番も配信される可能性はありそうなので大会終了後はまたこちらの記事でチェックいただければと思います。, FODプレミアムは月額888円(税抜)で利用できる動画配信サービスですが初回登録に限り『2週間』の無料お試し期間が設けられています!!, 無料期間内の解約であれば月額料金は一切発生しないので、実質無料で視聴することが可能です。, 登録の際は配信が終了している場合もあるので必ずFODプレミアムの公式ホームページにてご確認ください。, なお、登録方法や解約方法については以下の記事で詳しく書いていますのでこちらも参考にしてみてくださいね。, 詳しい手順はこちら! TVはフィギユアスケートしか見ないので、知り合いに教えてもらったのだが、 先日、「センメ」が2010年の「ハモネプ」というアカペラの甲子園大会のようなTV番組で優勝した。 「センメ」というグループ名にしていてビックリしたが、St. よく知った学校であり合唱隊なので、特別な感慨があった。, 決勝の時に歌ったのは、男子校であるセントメリーズで代々歌い継がれて来た歌、加山雄三さんの「海、その愛」である。, 英語の歌詞がついているので、セントメリーズの子たちにも分かりやすい。 その歌詞をみるとわかるが、日本語の「男」の響きよりも、「青年」のイメージでそれこそ「青年よ大志を抱け」という響きになって、澄んだ青年たちの美しいハーモーニーで歌われると、女子であろうと何歳であろうと涙が熱くこみ上げて来る。, 卒業式などでも全員で歌われるが、毎年卒業生たちはキラキラ涙を流しながら、これを舞台で美しくうたい上げる。 TVはフィギユアスケートしか見ないので、知り合いに教えてもらったのだが、 Mary's International Copyright © 2020 リードアラウド研究会. 今回もやってきました全国ハモネプリーグ!記念すべき第10回目となった今回のハモネプ、かなりレベルの高いグループが集まっていましたね〜前回のハモネプの記事→ハモネプ優勝「姉と僕」(動画あり)いやー、今回も良かったですねー、盛り上がりました。純粋に歌を聞いて泣けることなんて、そうそうないんじゃないでしょうか?→動画ranking今回も熱戦が繰り広げられたハモネプリーグの決勝に出場した全15グループのレビューをしたいと思います。→青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2010冬, Aブロック1組目は、新潟の大学生によるユニット「ノーナイズ」昭和の歌を現代に、をキャッチフレーズとした男女混合のグループ。予選では「かもめがとんだ日」をアレンジしていました。ハーモニーの美しさはもちろんのこと、リードボーカルの歌唱力が素晴らしい!!点数はいきなりの91点で、ざわめく会場・・・すでに動画がアップされていましたが、すぐに消えてしまうかも?→動画ranking→YouTube - アカペラ甲子園 ハモネプ 10 ノーナイズ 予選二組目は市立船橋高校の高校生によるグループ「ピノ☆」若さあふれる歌声で、ピンクレディーの渚のシンドバットを熱唱しましたが点数は87点と決勝進出には及ばず。そして、三組目は個人的に一番好きな前回の優勝グループ「姉と僕」3姉妹と長男であるしょうくんの4人のユニットですが、しょうくんの変声期ということもあり少し不安が残る仕上がりになっていたようで心配していたのですが・・・曲は坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」心配もどこへやら、細かいクレッシェンドなど全体の息もあっていてやっぱりレベルが高い!!聴き終わった後も、ずっと余韻が残っているような感じ。しかし、得点は90点でまさかの予選敗退・・・これにはショックをうけました。前回の優勝者ということで、プレッシャーもすごかったでしょうね。これも経験と思い、また次回にガンバッテ欲しいです。四組目は北海道教育大学のユニット「カペラ」地区予選TOP通過とのことです。歌った曲は嵐のHappiness。リズムのいいナンバーでしたが、結果は81点。予選敗退五組目は早大・上智大などの複数の大学からなるグループ「スクリュー」名門合唱団のOBで結成されたとのこと。曲はバンプ・オブ・チキンの「花の名」結果は86点で予選敗退。このAブロック、一番の見所はやはり姉と僕だったと思います。彼らの歌声には何か引きつけられるものがあり、今後を期待せずにはいられませんBブロック一組目は、立命館・その他の大学からなるグループ「A-Z」以前にも優勝経験があり、しかもハモネプ史上最高得点となる99点をたたき出したこともある実力派のグループ。曲はドリカムの「うれしい!たのしい!大好き!」A-Zはリードボーカルがハンパなくうまいですね〜しかも、バックコーラスの女子3人組のコーラスがリードを邪魔することなく、まさに一つのハーモニーとなっている。司会のネプチューンも言ってましたが、会場の雰囲気が一気に変わりました。→動画ranking点数は堂々の95点!二組目は二子玉川にあるインターナショナルスクール「セントメリーズ高校」の男子高校生グループ「センメ」なんと、今回のハモネプでは敗者復活(審査員特別枠)にて復活した後、優勝してしまいました!!!メンバーは、アンディくんを除く全員がセントメリー高校のコーラス部に所属しているようです。曲は「いとしのエリー」上の動画は、ハワイのショッピングモールでのパフォーマンスの動画。(コーラス部で行ったハワイにてのパフォーマンスなので、アンディ君だけ欠席だそうです)レイ・チャールズが歌った、英語バージョンと日本語をミックスしたアレンジ。リードボーカルは日本人のしゅんや君でしたが、さすがに英語うまい!Bブロックはかなりレベルが高く、聞いていても「全部優勝じゃないか!?」と思えるような出来。前回にも決勝まで進んだ見た目はチャラいけど努力家のグループ「腹筋大学」もエグザイルの「Someday」を熱唱し、出だしからパンチのある歌声に圧倒されました。今回印象に残ったのは、やはり最後のセンメの決勝の曲。決勝で歌ったのはセントメリー高校の卒業式の定番ソングだという加山雄三の「海・その愛」これから卒業して別々の道を歩むであろう6人の、高校時代の集大成。かなり気持ちの入ったまさに「魂の歌声」でした。歌声ももちろんですが、卒業を間近にした6人の心というか、青春というか・・・聞いている人間に訴えかける要素が多々あったんだと思います。納得の優勝です。「センメ」ブログはこちら→センメ次回のハモネプも楽しみ!. ハモネプ2020(土曜プレミアム・青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2020今聴いて欲しい!ぼくたちのハーモニー)が7月4日土曜日21時から放送されますが、今回出場するグループの一つインターハーモニー(いんたーはーもにー)のメンバープロフィールにも注目ですね。, まだ詳しくわかっていないことが多いようですが、本名や年齢・高校や経歴などについて調査してみたいと思います。, さて、今回ハモネプ2020に出場するインターハーモニーですがメンバー全員がインターナショナルスクールに通っている男性6人グループとのこと。, 今回出場するきっかけとして高校の先輩グループでハモネプ2010で優勝したセンメの影響を挙げています。, 優勝したのをテレビで見ており、それから憧れ続けて10年その後合唱部に入り出場を夢見てきたそうです。, また、もうすぐ定年の音楽の先生(ステンソン夫妻)に再び優勝した姿を見せてあげたいという思いもあったとのこと。, ちなみに「センメ」というグループ名は学校の名前であるSt. 先日、「センメ」が2010年の「ハモネプ」というアカペラの甲子園大会のようなTV番組で優勝した。, 「センメ」というグループ名にしていてビックリしたが、St. 僕達は7月4日21時〜の「青春アカペラ甲子園ハモネプ2020」に出演します。 15歳と16歳の高校生グループですが、一生懸命歌いますので応援宜しくお願いします! #ハモネプ #ハモネプ2020 — インターハーモニー (@InterHarmony22) July 3, 2020 FODプレミアムで動画を安全快適に無料視聴!登録方法&解約手順は?, Copyright ©  気になるスコープ! | Wordpress Thema SINKA, 世間で注目されたり密かに話題の人・モノ・ことについて好奇心旺盛なライターが独自の視点でまとめています。

メンバーはもちろんわたしの知っている子たちとは代替わりしているが、今にも二子玉川近辺を歩いていそうな「センメ」の高校生。 「Guys Don’t Read」〜キッズブックス英語スクール, 英語絵本:指導者向けワークショップ@大阪第2回報告その3:講評と展望〜リードアラウド研究会. All rights reserved. 7月4日フジテレビ系で【青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2020】が放送されます。2019年に4年ぶりに復活し、人気が再燃しました。今年はハモネプが始まって20年の大きな節目となります。今回の大会は学生による【アカペラ甲子園】大会とな ↓↓↓↓↓↓↓↓ Mary’s International SchoolのChoir、合唱隊の特別メンバーたちだった。 わかりやすく楽しくがモットーです!, St. Mary’s International School(セントメリーズインターナショナルスクール). ⇒ まきの (01/15) 体育フェスティバル ⇒ ぞう母 (10/30) 体育フェスティバル ⇒ hanaco (10/29) 見守り隊へのプレゼント ⇒ ぞう母 (08/10) 見守り隊へのプレゼント ⇒ hanaco (08/09) 震えるような感動が、老若男女に押し寄せる、学校「名物」なのである。, それを何代目かの「センメ」卒業生の選抜合唱グループが、TVのコンテストで歌い優勝したのだ。, この度は、TVのスタジオ。