蛾や蝶の仲間には、さなぎになるために餌を食べていた場所から離れる習性を持ったものがいます。セスジスズメはヤブガラシやサトイモなどの葉を食べますが、蛹になるためには落ち葉が積もった場所に移動します。どうやらちょうどその場面に出くわしたようです。 終齢幼虫の大きさ45~50mm。頭部小さく2.5mm前後です。全体に細かい毛が生えています。 #C112 キイロスズメ幼虫(スズメガ科) #C103 セスジスズメ幼虫(スズメガ科) 撮影c:2005/08/30 温泉 …

和名 セスジスズメ. 横断する幼虫(セスジスズメ) 投稿日: 2019年8月21日 作成者: 博物館 目の前の歩道を、体長10cm以上もあるイモムシが横切っています。 B................... ‘å‚«‚³‚Í3.5ƒZƒ“ƒ`‚Å•‚Í4ƒZƒ“ƒ`‚ ‚è‚Ü‚µ‚½B. そしてヤブガラシ、ノブドウ、ホウセンカ、サトイモ、サツマイモの植物の葉を食べるという。 さらに「幼虫の食欲は極端に旺盛で、作物の葉を食い荒らし、数日で畑が全滅することもあるので注意が必要である。」だと。 やはり無防備な姿を晒すのは嫌なのか、あっというまに近くの植え込みの中に隠れてしまいました。, 神奈川県相模原市中央区にある市立博物館です。1995年に開館して以来、相模原の歴史や自然を扱う総合博物館として市民に親しまれ、2019年には入館者数が300万人を超えました。また、2010年7月には、小惑星探査機「はやぶさ」の再突入カプセルの世界初公開を行うなど、お向かいにあるJAXA相模原キャンパスとの連携も深めています。, 相模原市立博物館の日々のようすや話題、ちょっとした情報などをお知らせするブログです。博物館の職員が更新しています。. 目の前の歩道を、体長10cm以上もあるイモムシが横切っています。 インパクトのある大きな蛾ですけど、模様と形の感じがブーメランっぽく見えませんか??ちょっと矢印のようにも見えますかね。, 蛾の仲間なのに、スマートなスタイルが個人的には凄く好きです。スタイリッシュな体型だけあって優れた飛行技術の持ち主でもありますからね。, 幼虫の時に食べる葉っぱが、ホウセンカ、サトイモ、サツマイモなどなので、家庭菜園や花壇が食害に遭いやすいです。カラーの花も、サトイモ科なので食害に遭います。, しかも、幼虫も大きいので食べる量が半端じゃない!!あっという間に、葉っぱを食べつくして茎(くき)だけ残して丸坊主にしてしまうほど…やられてしまうと結構ショックが大きいですからね…, なので、幼虫の時は害虫として扱われているんです。虫好きにとっては可哀そうですけど、菜園家にとっては天敵となっています。, セスジスズメは身体もスマートですけど、顔立ちもスッキリとした感じでまとまっています。フサフサの毛並みで、鼻がシュっとした感じの動物系の雰囲気すらありませんか??, 日本全国に分布しているので、結構メジャーな種類の蛾です。でも、意外出会わなかったりするんですよねぇ…, 特徴は、名前の通りで背中に白い筋模様が入っていることです。黒い点が左右対称にあります。, また、翅(はね)には、逆Vの字のキレイな濃い茶色と肌色の太いライン模様が入っています。形としては、ハンググライダーのようにも見えます。これが、見方によっては上を向いている矢印マークに見えるのは私だけかな…, 1.5ミリほどの卵から、翅(はね)を広げると50~70ミリの成虫までに約3週間ほどと驚異的。幼虫の時期から成虫になるまで飼育を楽しんで、成虫になったら自然に帰してあげる人が多いです。, 止まっているのを見かけることの方が多いと思いますけど、翅(はね)の形がハンググライダーのようになっていかにも速そうなこの特徴的な形状が関係して最大で時速50キロで飛ぶことが可能です。, さらに、ホバリングすることもできるので優れた飛行技術の持ち主なんです。なんと卵を産みつける時にも、葉っぱに止まって産むのではなく飛びながら産み付けるほどのエキスパート!!, なので、菜園などにとっては害虫扱いの存在ですけど幼虫から飼ってその驚異的な成長速度を楽しむことができます。もし成虫まで成功したら飛行のスペシャリストを自然に逃がしてあげるのがベストですね。, 真っ黄色の目立つ色で、手のひらぐらいはある大きな蛾!!それが、『ヤママユガ』です。, 茶色の波模様で枯れ葉そっくりな『モモスズメ』。ガーデニングで使う、バークチップのような感じにもちょっと見えます。, チャドクガは、幼虫の時に椿(つばき)に集団で付いている毛虫!! と言えばピンとくる人も多いかもしれないでね。でも、厄介なのは毛虫時代で終わりではないんです!!, 淡い緑色に薄っすらと入れるほっぺがポッと赤くなったような模様がチャームポイントの『ベニモンアオリンガ』, ベースの色が擬態色だけど、キレイに細いピンクのラインがワンポイントになっている蛾。, 名前の通り、大きな白い筋模様が入っていて茶色のカラーなので、個人的にはチョコレートとバニラのお菓子に見えてしまう『シロスジツトガ』, バラの葉を食べ尽くす小さい黒い頭がずらりと並んだイモムシ集団『チュウレンジバチの幼虫』, 『アケビコノハ』はかなり枯れ葉にそっくりな蛾です。でも、カブトムシにも似ているような…, 1.5ミリほどの卵から、翅(はね)を広げると50~70ミリの成虫までに約3週間ほどと驚異的。, オレンジの筋に赤黒カラーのトゲの毛虫がパンジーを…それは『ツマグロヒョウモンの幼虫』です!!. 名称 セスジスズメ(幼虫) 食草: ヤブガラシ(薮枯らし),ノブドウ(野葡萄),ブドウ(葡萄),ホウセンカ(鳳仙花),サトイモ(里芋),サツマイモ(薩摩芋)等など。 特徴: 体色は黒紫色の芋虫。体側に黒と白の縁取りのある黄色(オレンジ色)の斑紋がある。 スズメガ科 コスズメ亜科 セスジスズメ 終齢幼虫の体長は80~85ミリ、頭部は小さく円形です。 幼虫の色は一般には黒色ですが、個体により多少濃淡があります。 稀に地色が緑色、緑褐色、暗褐色などもあります。 胸部気門下線は黄白条です。 スズメガの幼虫には毒がある! スズメガのでかい幼虫を駆除するなら薬がおすすめ 家庭菜園においても、農作物の被害に遭いやすいとされているスズメガの幼虫について、今まで困った方も多いのではないでしょうか? その際、駆除方法に […] セスジスズメの生態 1.5ミリほどの卵から、翅(はね)を広げると50~70ミリの成虫までに約3週間ほどと驚異的。 幼虫の時期から成虫になるまで飼育を楽しんで、成虫になったら自然に帰してあげる人が多い … この模様といい、尾部の棒状の突起をひょこひょこ振りながら歩く様子はかなりユーモラスです。 セスジスズメの幼虫。黒色、褐色、黄緑色など体色は様々で、体側に黄~赤色の円紋が並ぶ。 ヤブカラシ、ノブドウ、ホウセンカ、サトイモ、サツマイモなどの葉を食べる。 幼虫の詳しい情報はこちら → セスジスズメの幼虫(芋活.comへ) セスジスズメ 幼虫 緑ホテルアクティブ 広島 口コミ July 27, 2020 / スマートex クレジットカード ない / in 茂森あゆみ 現在 画像 / by . 苦手な人には心臓に悪い光景かもしれません。, セスジスズメ幼虫。細い方が前、後ろには棒のような突起があって歩くときにひょこひょこ振ります。, カラフルな目玉模様がある特徴的な姿は、セスジスズメという蛾の幼虫です。