*2 午前枠のみ視聴年齢制限付、cmでは「視聴年齢制限」の表示はされていない。 *3 2008/10/11から放送。 2010/4/15の再放送でなくなっている。 アニメ専門チャンネルで特定の番組に年齢制限を設定しているのはat-xのみである。 これにより、いわゆる 深夜アニメ や UHFアニメ についても午前からプライムタイムを含め時間帯を問わずに編成しており、おおむね時間帯ごとに番組を構成する他のチャンネルとは一線を画している。 ... アニメ マギ 年齢制限 年齢制限は特にないかもしれませんけど、あのアニメってちっちゃい子どもも全然見れるアニメですかね? モーッと爆笑させタイガー! 大晦日だもの、最後に笑えばいいんじゃない?

*3 2008/10/11から放送。2010/4/15の再放送でなくなっている。続編の『セキレイ~Pure Engagement~』では、最初から視聴年齢制限は付いていない。, *4 2001/6/16から何度も再放送されているが、2011/7/28の再放送でなくなっている。, *5 2004/10/21開始、初回は2話ずつ。初回、2回目の再放送時では第22話のみが視聴年齢制限の対象になっていた。一人の女性を集団で強姦するシーンが含まれているのが理由と思われる。なお2009/6/10の再放送では第22話に年齢制限がなくなり、1話ずつの通常枠で再放送されている。ちなみにキッズステーションからのお下がりアニメである。, *6 2006/1/3放送時は付いているが、2009/12/13の再放送では視聴年齢制限はなくなっている。, *7 2008/2/18から放送されているが、2013/1/3の再放送でなくなっている。, ※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。, 性描写や暴力表現など、お子様に見せたくないシーンと判断されて抗議を受け、アニメ制作に支障が出て, なお、番組によっては視聴年齢制限が付いたアニメが再放送で消える作品も存在している。その基準は不明。. 年齢を聞いて驚くアニメキャラランキング 1位から10位.

2017年05月30日 10:59アニメ漫画 キャラクタ―. 現実の人(美魔女等を除く)の年齢はなんとなく見た目でわかるものですが、フィクション作品の登場人物は思った以上に年齢が分からない事が多いと思います。 どの年齢でも安心して見れるアニメと言えば1番最初に何を思い浮かびますか? それ ... 2020/11/15 17:20.

人気声優くんずほぐれつスペシャル(2009年 司会 -, AT-X新春ナマ!福引きスペシャル 昌也VS悠一どっちを選びまショック! Yes,We Can! を入力していただき、チケットのご予約をしていただく形となります。, チケット購入方法の詳細に関しては、お問い合わせ:フロンティアミュージック 03-5771-6535.

!(2011年 司会 - 小野坂昌也・中村悠一). !(2010年 司会 - 小野坂昌也・中村悠一), AT-X新春福引きSP!昌也VS悠一 ナマ・ナマ・モリ・モリ龍球Z! キャンペーン開催店舗にてtvアニメ「セキレイ」のdvd完全生産限定版全巻(全6巻予定)をお買い上げのお客様に 特典cd「セキレイ~ノン・ストップ・メガミックス~」をプレゼント! ※通常版は対象外と …

アニメシアターX(アニメシアター・エックス)は、株式会社エー・ティー・エックス(AT-X, Inc.)が運営するアニメ専門チャンネルである。通称「AT-X」(エー・ティー・エックス)。, スカパー!プレミアムサービス・スカパー! at-xはワンランク上のアニメ専門テレビチャンネル!最新アニメや名作アニメ、ova、劇場版アニメ、声優バラエティ番組などを24時間、365日放送中!スカパー!、j:com、ひかりtv、各catvにて視聴可能。リクエストも受付中!

[2]・スカパー!プレミアムサービス光・ひかりTVや、一部のケーブルテレビに加入することで視聴できる。, 正式なチャンネル名は「アニメシアターX」だが、原則として放送上では使われず、もっぱら通称かつ社名の「AT-X(エー・ティー・エックス)」が使われる(放送上で常に「TOKYO MX」を使用する東京メトロポリタンテレビジョンなどと同様)。「アニメシアターX」という名称は、スカパー!やケーブルテレビ等の各種案内や番組表等で使われている[3][4]。, 古くからアニメ番組とのつながりが深いテレビ東京を母体とする放送局であり、同局のコンテンツ能力を生かした編成が特徴である。設立当初はテレビ東京(およびその系列局)が製作しているアニメ番組を中心に網羅する編成だったが、現在では地上波の放送系列(独立局含む)にとらわれない柔軟な編成を執っている[注 3][注 4]。, 日本国内にはアニメ専門チャンネルがいくつか存在するが、当チャンネルは全ての配信事業者において、基本料金およびパッケージ料金とはまた別料金での契約を必要[注 5]としており、その月額料金も1,980円(1,800円 + 税180円)[注 6]と、他の専門チャンネルより割高である。割高な理由としては、版権(著作権)上の理由によるものだけでなく、スポットCM(スポンサー)が少ないため広告収入が見込めないことと、他ジャンルのチャンネルよりも配信に広い帯域を用いらなければならないこと[注 7]などがある。, 番組の放送のみに留まらず、2000年代半ば以降はAT-Xが自ら新作アニメの製作委員会に参加するようになり、2008年頃からは「AT-Xのみでの全話独占放送」(地上波・BS各局で未放送)となる作品も少数ながら散見されるようになった[注 8]。2010年代に入ると、AT-Xの製作委員会参加作品がBS放送ではグループ内のBSテレ東(旧・BSジャパン)ではなく、BS11(ビックカメラ系)やBSフジ(フジテレビ系)などでもネットされている。また、地上波・BS各局の特定のアニメ番組でスポンサーとなる場合もある[注 9]。, 2010年代半ば頃からは、地上波やBS各局を差し置いて(テレビ放送での)放送日時が全ネット局の中で最速となる新作アニメが増加しており、新番組が始まる改編期(1・4・7・10月)には「○月新番最速放送!」などとして、どのチャンネルよりも早く作品を視聴できることを公式サイトやCM等で宣伝している。, 声優によるトーク番組・情報番組・バラエティ番組にも力を入れており、2008年から2011年まではそれらを元にした年越し特番(生放送)も放送された。声優を主体とした番組はディレクTVからスカパー!に移行した2000年頃より増加し、主に2010年代後半頃からは他の専門チャンネル等でもしばしば放送されているが、AT-Xのオリジナル番組群はその先駆けとも言える存在である。, 2015年10月1日には、スカパー!オンデマンドにおいて『ST-X』(エス・ティー・エックス)を開設[5]。「アニメ声優専門チャンネル」と銘打ち、独自の特典映像や特別番組を含む声優バラエティ番組のオンデマンド配信[6]を開始したが、2年後の2017年9月30日をもってサービスを終了した[7]。AT-X本体とは別にTwitterアカウントが設けられ、『ST-X』のサービス終了後も声優バラエティ番組全般に関するツイートを発信していたが、2019年4月30日をもって運用を終了した。, AT-Xの最大の特徴は、アニメに特化した放送形態にある。中でも特に、アイキャッチ・提供バック、エンドカードといった「他チャンネルではカットされることが多いパート」も、極力そのまま完全な形で放送している[注 12][注 13]。, CMは番組の途中には挿入されず、放送終了後に流れる(ステーションブレイク)。大多数は放送番組の宣伝CM(地上波・BS各局と共通または独自に制作したもの)だが、無料放送を実施する際はAT-X自体の宣伝CMも流される。時期によってはV☆パラダイスなどの他チャンネルのCMも流される。また2010年代前半には、TBS製作の番組を放送した後に同局製作の作品のBlu-ray・DVDのCMを流していた(BS-TBSと同様の形態で、いずれも発売元はTBSである)。2006年11月までは、過去に放送した作品の主題歌をBGMにした環境映像が使われていた[注 14]。, 特筆すべき点として、ペアレンタルロックにより特定の番組に対し「R15+指定」(15歳未満は視聴不可)の設定を行い、視聴者層の棲み分けを図っている点が挙げられる。アニメ専門チャンネルで特定の番組に年齢制限を設定しているのはAT-Xのみである。これにより、いわゆる深夜アニメやUHFアニメについても午前からプライムタイムを含め時間帯を問わずに編成しており、おおむね時間帯ごとに番組を構成する他のチャンネルとは一線を画している。, なお全ての番組の終了後に「テレビを見るときは、部屋を明るくして画面に近づきすぎないよう注意してください。」というメッセージを5 - 15秒程度表示するほか(フィラーとして時間調整も兼ねる)、主に前述の「ポケモンショック」以前に制作された旧作の放送時は冒頭に光の点滅(パカパカ)等の表現に関する注意文を表示する。, 2009年4月1日以降、毎日6時を基点とする24時間放送を行っている(それまでは朝7時放送開始、深夜4時終了)。, ウォーターマークは常時表示ではなく、画面右上に本編の前半・後半の各冒頭に数秒間ずつ表示される(古くはキッズステーションもこの方式であった)。なお、2000年代後半頃までは新作以外の作品では表示していなかった(CS初放送の場合は除く)。テレビ東京系のアニメ番組の放送前(直前番組の終了後)には、同局系列局で放送されているクロスプログラム(5秒間、一部番組を除く)が挿入される。, 毎月第1日曜日に行われる「スカパー!無料の日」には現在参加しておらず(2015年3月まで参加)、代わりに第1土曜日を無料放送日としている。ただし、映画やOVAなどの特別番組や年齢制限を設けている番組、一部の声優バラエティ番組は対象外となる。沿革の通り、2015年4月の改編以降は日曜日の日中が週替わりの長時間特別編成枠「スペシャルサンデー」となり、この時間帯に映画やOVAが放送される機会が増えたため、このような措置を執っている。このほか、毎月開始する新番組の一部の第1話も無料放送の対象としている。また、かつては毎月20日も独自に無料放送を行なっていたが、2007年11月20日をもって終了した。, スカパー!e2(現在のスカパー!)では、2007年12月31日までデータ放送を使用して新番組の情報などを伝えていた[注 15]。, 毎年夏休みシーズン(8月から9月頃)には『ウチの夏フェス!+』(ウチのなつフェス・プラス)[注 16]と題して、自社制作の声優バラエティ番組を集中的に再放送するなどの特別編成を行なっている。2018年より現在の名称となり、声優バラエティ番組のほかにアニメも特別編成の対象となった。期間中のCM枠では、声優バラエティ番組の出演者や「フレッシュ夏フェス隊」と称した新人声優達による一言メッセージが随時流される。, 自社制作のオリジナル番組のほか、近年はAT-Xが製作委員会に出資している作品の直前特番も制作されている。, AT-X SHOP(エーティーエックス・ショップ)は、AT-Xがかつて展開していた通信販売サイトである。, 2004年1月26日に開設。2006年9月4日までは株式会社キャラクター・アンド・アニメ・ドット・コム(現在のキャラアニ)に業務委託されていた。DVDに関しては、20%OFFで販売していた時期もあった。, 2010年より、主にテレビ東京系で放送された作品やAT-Xが製作委員会に参加している作品のBlu-ray・DVDを対象に、加入者限定で「30%OFF+送料無料」で販売されていた。2012年からは「15%OFF+20%ポイントサービス+送料無料」(非加入者は「15%OFF(送料負担)」)に変更された。商品によっては、オリジナルの特典を付けることもあった。, 2013年11月29日をもって閉鎖された[13]。2014年4月30日からは「AT-X SHOP mini」と題して、かつての業務委託先であるキャラアニが運営する『キャラアニ.com』において自社商品の委託販売を行なっている。, 2012年度の改編までは、ステーションブレイクにおいて毎月上旬・下旬のBlu-ray・DVDソフトの売り上げランキング(ベスト10)を発表するCMを流していた。時折上空に向かって灯されたスポットライトが当たる高層ビルを中心に回転する背景CGと、カステラの『ビデオ買ってよ』(1989年)がBGMとして長年使用された。, 「AT-X SHOP」に関連したサービスとして、「AT-X メンバーシップカード」というクレジットカードが発行されていた(ケーブルテレビでの契約者は対象外)。GEコンシューマー・ファイナンス(現在の新生フィナンシャル)が発行元となり、国際ブランドはVISAとJCBの2種類から選択できた。ポイント制度もあったが、視聴契約を解約するとポイントは失効とされた。発行元のGE社のクレジットカード事業撤退により、2010年1月をもってサービスを終了した。, (月曜)ファンファンキティ!(非アニメ番組)(火曜)シャドウバース(水曜)よりぬき銀魂さん ポロリ篇(再放送)(木曜)遊☆戯☆王SEVENS ベストセレクション(金曜)パウ・パトロール ベストセレクション[2], (火曜)ブラッククローバー[4](金曜)妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜[2][5][6], 7:00 BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS(再放送) - 7:30 遊☆戯☆王SEVENS[6] - 8:00 カードファイト!!