アップルのwatchOSは、ウェアラブルデバイスのオペレーティングシステムの中で最も洗練されたもので、watchOS 5は 9月17日に... 【フィットビット比較】Fitbit VersaとFitbit Versa Liteの違いは?.

日本の電子マネーで使われている「TypeF(FeliCa)」には対応していません。, つまり、カタログに「NFC対応」と記載があっても、必ずしも日本の電子マネーに対応しているというわけではないということを気をつけましょう。, 最近はGoogleのスマホPixelシリーズにもFeliCaが搭載され始めていますが、 まだまだスマートウォッチで搭載されている機種は限られています(ソニーだけ), また、スマートウォッチ自体がFeliCa対応であったとしてももう1ステップ必要です。, 次の段階として「そのサービスを多くの電子マネー決済業者と連携して、 2020年5月下旬、ガーミンジャパンの一部のスマートウォッチにおいて、JR東日本が提供する「Suica」の発行やチャージ機能が利用できるようになった。同社は、ランニングやゴルフなど、さまざまなスポーツのデータが計測できるGPSウォッチを数多く展開しているが、それらで鉄道の利用や「Suica」加盟店での買い物が可能になった。, スマートウォッチの「Suica」機能は、今まで「Apple Watch」がほぼ独占する機能だったが、ガーミンのウォッチが選択肢に追加され、特にAndroidスマホユーザーにとってはうれしい限り。そこで気になるのは、その使い勝手だ。「Apple Watch」との違いを確認しつつ、「fenix 6X Pro Dual Power」を使った試用レビューをお届けする。, 「Suica」は、日本全国の約5000駅や、約5万台のバスのほか、交通系電子マネーとして約94万店舗(2020年3月末時点)で利用できる交通系ICカード, ガーミンの対象ウォッチ(後述)とスマートフォンをBluetoothでペアリングし、スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」上で設定することで、ウォッチ内で「Suica」の発行や、「Google Pay」でのチャージなどが利用できる。実際に利用できる機能やサービスは以下のとおり。, ガーミンのウォッチと「Apple Watch」の「Suica」で利用できることを比較, ガーミンのウォッチの「Suica」は、Googleアカウントに登録されているクレジットカードを使って、「Google Pay」による入金(チャージ)を行う。また、「Suica」が使える店頭や券売機では現金でもチャージ可能だ。また、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレスサービス「スマートEX」や、自動改札機にタッチするだけで一部駅間の新幹線を利用できる「タッチでGo!新幹線」にも対応しているうえ、使えば使うほどJR東日本の共通ポイント「JRE POINT」も貯まるのもうれしいポイントだ。, いっぽうで、定期券や「Suicaグリーン券」の購入、お得に東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」が利用できないのは残念なポイント。, 2020年4月15日時点の対応ウォッチ一覧。新ゴルフウォッチ「Approach S62」に対応しているのもうれしい, ●「Approach S62」の詳しいレビューはこちら!街でもイケるゴルフウォッチ! ガーミン「Approach S62」の進化がスゴい, さっそく、ガーミンの「Suica」対応ウォッチ「fenix 6X Pro Dual Power」を使って、実際の使い勝手をチェックしてみた。, 今回使用した「fenix 6X Pro Dual Power」は、大型1.4インチディスプレイを備える太陽電池式のマルチスポーツGPSウォッチ。「GPS+音楽モード」で最大17時間、「GPS+光学心拍計」で最大66時間稼働するなど、スマートウォッチの中でも最大級のバッテリー寿命が魅力だ。非接触型決済機能「Garmin Pay」や「Spotify」などの音楽配信サービスに対応した音楽ストレージなども搭載, 「Suica」機能を設定するのはいたって簡単。「fenix 6X Pro Dual Power」と連携させたスマホアプリ「Garmin Connect Mobile」上で指示に従っていくだけ。その際、「Google Pay」にクレジットカードの情報を登録する入力する必要がある。設定方法は、YouTube動画でも「Androidバージョン」と「iOSバージョン」それぞれが紹介されている。なお、今回のテストでは、「iPhone 11 Pro Max」を使用した。, iOS版「Garmin Connect Mobile」で「Suica」残額を確認する画面。「Suica」発行時に1,000円チャージする必要がある, クレジットカードを登録した「Google Pay」によるチャージ画面。残額を含むチャージ上限は20,000円(左)。またチャージ残額通知を設定することも可能(右) 独自のOSを備えるものまでたくさんのOSが発表されています。, しかし、デバイスから使用できる電子マネーという視点から見ても、 「スマートウォッチで使える電子マネーはあるの?」という質問に答えるならば、 m���7lm4��Y�=rQ��rF��w�����w.���~D)�,��"�ْQ�����l`j*8��q+R�dzH���vH��r�3 nj�s�T=��E0��X*$�80�< 14 0 obj <> endobj そのため、iPhoneはもちろんApple Watchからも電子マネーが使えるのです。, 現時点(2019年6月11日)ではApple Pay以外に「日常的に使える」

この機能が無いのはかなり厳しいです。, 今までの「wena」シリーズでもそうでしたが、電子マネーを使うにはiPhoneに「おサイフリンク」アプリを入れて初期化をする必要がありました。, SuicaについてはAndroidの「wena3」アプリで使えるそうですが、その他の以下の電子マネーを使うには一時的にでもiPhoneが必要なのは変わらないようです。, Amazon Alexa搭載が搭載され、手元にスマホがなくてもアレクサに色々話しかけられます。, Qrio Lockに対応していて、スマホを取り出さなくても自宅の鍵を開け締めできます。, これは少し魅力を感じますが、「Qrio Lock」の評判がイマイチなのがちょっと気になります。, Fitbit に変わるスマートウォッチを探していますが、未だに私のライフスタイルにピッタリ来る商品を見つけることができていません。, コラボでいろいろな時計が出ているそうですが、コラボよりも本体の機能充実を期待します。, フリーランスでITエンジニアをやっています。 %%EOF このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。, Google、Android Pay v1.12で日本での提供準備を開始、FeliCaもサポートする見込み, Google が「Android Payのモバイルアプリの最新版 v1.12 で日本でのサービス開始のための準備を行っていることが判明しました。, これは Android Police による APK ファイルの分解調査で明らになったことで、今回は、Android Pay が FeliCa ベースの “おサイフケータイ” をサポートすることと、電子マネーの「楽天 Edy」、Suica や Pasmo、Manaca、Icoca といった交通系の電子マネーカードを登録できことです。, ↓以前のエントリーで、Apple PayがiPhone7に搭載されることが決まった際、Android Payについて書いたものを紹介します。, Appleは日本以外の国で売れなくなっていることもあり、Appleはかなり日本のマーケットを意識しています。じゃなきゃiPhone7にSuica搭載なんて絶対にしないもん。 Googleの場合、日本以外の世界的なマーケットでAndroidがガンガン売れていることもあって、あまり日本のマーケットにNexusやPixelを売り込むことに力を入れていません。昨日発表があったPixelは、日本での発売は未定だし、Nexusシリーズのサポートもイマイチだもんね。 Android PayにSuicaを搭載するために、是非JRの皆さまはGoogleに営業に行ってください。, 今までもモバイルSuicaに対応したガラケーやAndroid端末ってありましたよね?, Android Payの上に乗っかったAndroidのSuicaとは、一体何が違うのでしょうか?, まだ詳細が発表されていませんが、おそらくApple PayにSuicaが対応したときと同じような仕組みになるはず。, 今までのガラケーやAndroidのモバイルSuicaと比較すると、iPhone7のSuicaは、「機種変更をした際のSuicaの移行」「iPhone本体を紛失したときの手続き」などが圧倒的に楽です。, 理由は、iPhoneのSuicaは、Apple Payの上に乗っているためなんですよね。, Android端末で、FeliCaチップを搭載してるのは、docomoやauなどのガラパゴス端末のみです。, グローバルモデルで、FeliCaチップが搭載されているモデルって見たことないもん。Androidの大多数のシェアを持っている中華スマホもFeliCaチップは搭載していません。, Suicaを使って決済をするには、FeliCaチップが搭載されてないとできません。, なので、FeliCaチップが搭載されてないPixelやNexusシリーズでは、Suicaを使って決済することはできないんだよね。, スマートウォッチにFeliCaチップを搭載して、Androidと連携すればいいのです。, なので、Androidと接続できる、FeliCaチップを搭載したスマートウォッチがどんどん登場するはずです。, 現状、GoogleのフラッグシップスマホであるPixelもFeliCaチップは搭載していない状況ですから、GoogleはサードパーティーのスマートウォッチにFeliCaチップを搭載するという戦略に出るだろうね。, 1万円以下で、FeliCaチップを搭載したスマートウォッチがでたらバカ売れしそうです。, 安価なスマートウォッチが登場することで、Suicaの決済は、スマートウォッチってのが一般的になるはず。, 電子マネーを使った小額決済って、顧客自身に、いくらつかったか把握させないビジネスだからなんですよね。, Android PayにSuicaの機能が搭載されても、スマホ側にFeliCaチップが搭載されていないと、Suicaでの決済はできません。, 日本でAndroid Payを使ったSuicaの決済を浸透させるには、FeliCaチップを搭載した機器の普及がマスト。, 1万円以下でFeliCaチップを搭載したスマートウォッチが登場すれば、Android Payは爆発的に広がっていくでしょう。. 「どんなスマートウォッチがあるの?」 ・Tizen・・・「サムスン」や「インテル」が協力して開発したスマートウォッチ用OS, この内「Wear OS」は、プログラム内容などの仕様が外部公開されているため、多くのメーカーが自社のスマートウォッチに搭載しています。そして、現在Wear OSで、Google Payを利用できるようにする動きが広まっています。, すでに海外では、Wear OS経由でGoogle Payを利用することが可能です。そして日本でもGoogle Payが利用できれば、Google Payに対応しているSuicaを使えるようになります。, ちなみに、Google PayがWear OS経由で使えるようになると、「WAON」「楽天Edy」「id」など、代表的な電子マネーサービスを複数利用できるようになります。, 残念ながら、海外で利用されているICチップの決済技術と、日本で使われているICチップの決済技術には違いがあります。, そのため、海外のICチップ決済技術にしか対応していない海外版Google Payを、日本では利用できません。しかし、将来的には日本でもGoogle Payが使えるようになるでしょう。, 実際ファッションブランドとして有名で、スマートウォッチも取り扱っている「フォッシル」と「ディーゼル」は日本でのGoogle Pay導入を公式発表しており、他のメーカーも参入予定をほのめかしています。, 今まで日本ではApple Payに分があった電子決済機能をWear OSで利用できるようになれば、Wear OS搭載スマートウォッチの利便性はさらに高くなります。将来的には、ほとんどのメーカーのスマートウォッチが日本でGoogle Payに対応する可能性が高いでしょう。, もう少し待てば、日本でSuicaを使えるスマートウォッチが発売されるかもしれません。「どうしてもApple Watch、Garmin以外のスマートウォッチでSuicaを使いたい」という方は、今後のスマートウォッチメーカーの動向にも注目してください。, 2020年6月時点でSuicaに対応しているのは、Appleから販売されているApple Watch、Garminから販売されているスマートウォッチのみです。なお、Apple Watchの場合、SuicaにはApple Watch Series 2から対応していますが、Series 2は現在販売中止となっています。, Apple watchに続き、GarminのスマートウォッチがSuicaへ対応したことにより、今後も続々とSuica対応のスマートウォッチが発売することに期待が高まります。今後Suicaへの対応が期待できそうなスマートウォッチは以下のようになっています。いずれのメーカーも海外ではすでにGoogle Payに対応しており、国内でもGoogle Payやモバイル支払いへの対応を考えていると発言しています。そのため、近いうちにGoogle Payを使ってのSuica支払いが可能になるものと予想されます。, Apple Payにsuicaを登録するためには、Apple Watchのseries2以降か、iPhone7またはiPhone7Plus以降でFace IDまたはTouch ID、パスコードが設定されたものが必要になります。, ちなみに、Apple Watchのseries2以降と言っても、日本国外で販売されたものに関してはsuicaには対応していませんので注意してください。, ここでは、Apple Watchへの登録方法にポイントをしぼってご説明しましょう。Apple Watchでsuicaを使う場合には、suicaの新規発行のみが可能です。定期券などに使用している既存のsuicaをApple Watchに取り込むことは現状では出来ません。, Apple Watchにsuicaを登録する場合にもiPhoneが必要です。まず、iPhone上でWatch APPを開き、「マイウォッチ」タブを選択してください。次に、画面をスクロールさせて「WalletとApple Pay」をタップします。, その後、「カードを追加」をタップし、「続ける」をタップしたあと、「suica」を選択します。最後に、suicaに入金したい額を入力した後、画面の案内に従って交通系ICカードを新規作成すれば、suicaの新規登録とチャージが完了となります。, ただし、Apple Watchで可能なのはsuicaの新規登録のみです。定期用のsuicaなど、手持ちのsuicaのカードを登録したい場合には iPhone7またはiPhone7Plus以降のiPhoneが必要となります。この場合には、Wallet Appの機能を使用します。いずれにしても、Apple Watch単体ではsuicaの新規発行のみが可能だということを覚えておいてください。, Android系のスマートウォッチに搭載されているWear OSは、オープンソースのAsteroid OSと連携しているため、Wear OSのファームウェアの書き換えが出来るようになっています。そのため、各社各様の機能を持ったスマートウォッチが開発されています。心拍数や消費カロリーなどを測るスポーツ用に特化したものから、通話やLINEが出来るものまで、製品の機能はメーカーによって様々です。, 中でも、アメリカのアパレルメーカーであるFossilや、マイケル・コース、時計・ジュエリーメーカーのスカーゲンなどは、Google Payやモバイル支払いへの対応を積極的に行っているメーカーです。2020年1月の時点では、まだ日本国内でsuicaに対応しているスマートウォッチは存在しないのですが、今後は順次追加されていくものと見られています。, Andoroid系のスマートフォンでGoogle Payを使うには、まずGoolge PlayストアからGoogle Payのアプリをダウンロードしなくてはいけません。Suicaの発行もこのGoogle Pay上で行うようになっています。Google Payへのsuicaの登録はとても簡単なので、誰でも容易にできます。, まずは、Google Payアプリを起動して「開始」をタップしてください。次に、電子マネーの一覧が表示されるので、この中からsuicaを選びます。画面下部には、Google Payの規約と特約に同意する旨のボタンが表示されているので、「同意する」をタップして次に進めましょう。, suicaの登録には、メールアドレスやパスワード、生年月日、性別などの登録が必要です。これらの入力を終えたら、「アカウントを作成」をタップしてください。これが完了すると、Google Payでsuicaが使用出来るようになります。なお、チャージするにはクレジットカードやデビッドカードなどが必要になります。, 一口にスマートウォッチと言っても、suicaをはじめその機能は様々です。しかし、多くの製品に共通している機能としては、GPSによる位置情報の把握や、心拍数や歩数、消費カロリーのチェックといったヘルスケア系の機能があります。また、Apple Watchなど一部のスマートウォッチでは音楽の再生もできます。, スマートウォッチを選ぶ場合、主にタッチスクリーンに対応しているかどうかをまず基準にすると良いでしょう。画面がタッチスクリーン式になっていないものでは、メールやLINEなどが送られてきた場合にもそれを通知してくれるだけです。しかし、価格にもよりますが、タッチスクリーン式のものであれば実際のそのメールやLINEを画面上で読むこともできます。, スマートウォッチを選ぶ場合、防水機能なども気になるところでしょう。しかし、防水機能はほとんどのスマートウォッチに備わっています。多少の水濡れくらいであれば壊れないものが多いと言って良いでしょう。しかし、ダイビングなど激しい動きをした場合には、防水機能が働かないこともあるので注意しましょう, スマートウォッチの機能は、だいたい1万円を切るものと、それ以上のものとで大きく変わってきます。こちらで話題にしているsuica対応のモデルであれば、最低でも2万円台はします。また、スマートウォッチはモデルチェンジが早い商品なので、古いバージョンのものはすぐに手に入らなくなってしまう点に気を付けてください。, 値段が1万円を切る廉価版のスマートウォッチは、心拍数系や歩数計などが内蔵されている、ヘルスケア系に特化したものが多くなっています。音楽再生などの機能もついていないものが多いです。廉価版の製品でもタッチスクリーン式のものはありますが、やはりメールやLINEの着信などは通知機能のみに限定されています。, Apple Watchであれば現在でもsuicaに対応しています。ですが、将来的にAndroid系のスマートウォッチでsuicaを使いたいのであれば、Google Payへの対応を公式に宣言しているものを選ぶと良いと思います。価格的には、安いものでも2万円台、高いものでは5万円くらいはすると思っておいたほうが良いでしょう。, こちらは2020年1月時点での、Apple Watchの最新バージョンです。もちろん、Apple Payによるsuica払いにも対応しています。価格はSeries4のGPS+Cellularモデルと比べると若干安くなっており、その点も魅力だと言えます。, 画面には新型のRetinaディスプレイが採用されており、文字盤が常時表示されています。また、Apple Watch Studioで様々なカラーリングのバンドが発売されているため、組み合わせて個性を楽しむこともできます。ヘルスケア関連や音楽関連の機能も充実していて、Apple Musicにアップロードされている全曲をストリーミングで聴くことが可能です。, Apple Watch Series 3は2017年9月に発売されたバージョンです。Series 2は販売中止になりましたが、Series 3は現在でも販売が継続されています。価格は2018年モデルのSeries 4が販売中止になったことにより、以前よりも安い価格で販売されています。, Series 5と比べると、ストレージが16GBとやや少なめで、形状にもディスプレイに角があるなどの違いがあります。しかし、GPSセンサーや光学式心拍センサーなどが付属しており、一般向けやスポーツ向けなど様々な用途で楽しめるスマートウォッチになっています。Siriを利用して電話に出たり、ストリーミングで楽曲を楽しんだりすることも可能です。, アメリカ発祥のアパレルブランド・時計メーカーがFossil(フォッシル)です。Fossilは会社設立当初から時計の製造・販売を行っており、国内・国外ともに人気のあるブランドの一つです。Fossil製のスマートウォッチの特徴は、やはりその抜群のお洒落さで、カラーバリエーションやベルトの種類も豊富に用意されています。, Gen 5は現在の最新シリーズで、省電力機能や優れたスピーカーを内蔵しています。現在、suicaには対応していませんが、モバイル支払いの一つであるNFC支払いに対応しており、スマートウォッチを端末にかざすだけで各種決済をすることが可能になっています。また、スマートウォッチとしては一般的な機能であるGPSや心拍数計の他に、高度計や加速度計なども備えています。, FossilのスマートウォッチGen 5にはメンズとレディースの2種類のバージョンが存在します。レディース版のGen 5がメンズ版のGen 5と異なっているのはデザインのみで、メンズ Gen 5と同等の機能を使いこなすことができます。もちろん、モバイル決済であるNFC支払いにも対応しています。, デザインには2種類あり、文字盤のまわりに宝石のような装飾が施されているものと、装飾のないスマートなデザインになっているものとがあります。なお、文字盤のサイズは44mmとメンズ Gen 5と変わりありません。こちらも、NFC支払いの他に、心拍数計やGPS、高度計、加速度計といった基本機能を備えています。, スカーゲンはアメリカ発祥の時計・ジュエリーブランドで、主に北欧風デザインの時計などを販売している会社です。現在は、フォッシル・グループの傘下に入っていますが、お洒落で機能的なデザインのスマートウォッチを販売しています。公式サイトにはsuica対応の記載はないのですが、Google Payに対応していることが明記されています。, デザインはユニセックスな感じで、男性でも女性でも、どちらでも違和感なく装着出来るのが特徴です。スマートフォンとの連携では、Eメールやソーシャルメディア、テキストメッセージの通知機能などが搭載されています。一方、ヘルスケア関連の機能も充実しており、心拍数や歩数、消費カロリーなどを計算して、スマートフォン上で管理することが可能です。, こちらは、HUAWEIから販売されているクラシック・スタイルのスマートウォッチです。NFC支払いに対応しており、Google Payにも正式に対応していることが、公式に発表されました。現在のところ、Android系のスマートウォッチでのsuica支払いに一番近い立ち位置にいるのが、このスマートウォッチだと言って良いのではないでしょうか。, ヘルスケア系の機能では、心拍数の測定や位置情報システムによるワークアウトのトラッキング機能などが搭載されています。また、プロのトレーニング・データを利用したアドバイス機能が搭載されており、次にどんなトレーニングをすれば良いのかなどのアドバイスもしてくれます。もちろん、音楽データの保存・再生も出来ます。, LG Watch Sport Unlocked GSMは、韓国の情報通信機器メーカーであるLGが発売しているスマートウォッチです。デザインは一種類で、モニタ横に3つのボタンがついた形となっています。こちらのスマートウォッチもGoogle Pay対応となっているので、将来的にはsuica支払いに対応してくれるのではないでしょうか。, 外観は武骨な感じですが、メイン画面に様々な情報が表示されるので便利です。また、各種アプリなども呼び出して使いやすいように設計されています。ソフト面では、Google Playストアに直接アクセスして、アプリをインストールすることが可能になっています。音質などは若干良くないようですが、画面をタップしたりスワイプしたりすることで、スマホライクに使用することが出来ます。, 8.ケイト・スペード ニューヨーク scallop smartwatch 2  KST2013 レディース, ケイト・スペード ニューヨークはアメリカ発の高級ファッションブランドです。こちらでご紹介しているscallop smartwatch 2  KST2013も、それに違わずファッショナブルなデザインとなっています。外観は、フルラウンド型タッチスクリーンの周りに花びらのような半円形のデザインが施されています。, メールの着信やSNSの更新などは、通知機能のみが実装されています。また、リアルタイムの心拍数センサーは、トレーニング用のアプリとも連動出来るようになっています。もちろん、防水・GPS対応で、ITメーカー製造のスマートウォッチにも劣らない機能が搭載されていると言えます。正規輸入品の価格は¥53,900ですが、並行輸入品であればそれよりも若干価格が安く、およそ¥40,000くらいで手に入ります。, こちらもFossilの製品ですが、最新版であるGen 5よりも一世代前の製品となっています。2020年1月現在、公式サイトでは在庫切れとなっているのですが、Amazonでは現在でも正規品を購入することが可能です。Google Payによるsuica支払いには対応していませんが、NFC Pay(NFC決済)に対応しています。, やはりアパレルメーカー製のスマートウォッチだけに外観がオシャレで、ベルトも革製とシリコン製、ステンレススチール製の3種類から選ぶことが出来ます。なお、ディスプレイ画面は好みに応じてカスタマイズすることが可能になっています。マイク機能がついており、Googleアシスタントにも対応しています。, Fossil レディース Gen 4 Q Explorist HRは、メンズ向けのGen 4と比べると若干フェミニンなデザインになっています。メンズ製品と違ってデザインのバリエーションは少なめで、2種のみが販売されています。しかし、ラウンド形状のタッチスクリーンや画面横の3つのボタンといったフォルムは、メンズに準じたものとなっています。, 機能もメンズ向けのものと同様で、Eメールや通話の通知機能といったスマートフォンと連携した機能から、心拍数の測定や加速度計といったヘルスケア系の機能まで充実しています。もちろん、GPS機能も標準装備です。現在のところ、Google Payを利用したsuicaの支払いには対応していませんが、NFC支払いには対応しています。, Series 5のリリースとともに発売中止になったAppele WatchのSeries 4ですが、インターネットであればまだ購入することが出来ます。Apple WatchのシリーズにはGPSモデルとGPS+Cellularモデルがあるのですが、GPS+Cellularモデルであればスマートウォッチで直接通話することも可能です。, デザイン的にはSeries 3やSeries 5とほとんど変わりなく、ディスプレイのサイズが40mmのものと44mmのものが存在します。Series 3ではディスプレイサイズは42mmだったので、若干サイズの大きいものとサイズの小さいものが登場したと言えます。価格はデザインによって異なるのですが、Series 5よりも安い価格のものもあります。, こちらはスポーツタイプのスマートウォッチで、ベルト部分はゴムで出来ています。ディスプレイ画面のサイズは42mmのものと46mmのものが用意されています。42mmタイプのものはベルト部分を除いた重量が約29gとその軽量さも魅力です。Classicバージョンと同様Google Payにも対応しています。, HUAWEI Watch GT2はAndroidの他、iPhoneとも連動出来るようになっています。対応しているOSは、Android 4.4+以上、iOS 9.0+以上となっています。Classicバージョンのところでもご紹介しましたが、HUAWEI Watch GT2 42mm Sportsはトレーニング用としても真価を発揮してくれるスマートウォッチです。廉価版のスマートウォッチでは物足りないという人におすすめです。, GARMINのスマートウォッチはGoogle Payには対応していません。しかし、独自のGarmin Payというモバイル支払いの機能が備わっています。suicaが対応されるかどうかは未定ですが、現在多くの場所でGarmin Payによるモバイル支払いが可能となっています。, 主な機能はAmazon Musicに対応した音楽の再生、心拍数計測、呼吸数の検出などとなっています。どちらかと言うと、運動やフィットネス向けのスマートウォッチだと言って良いでしょう。計測機器の性能が高く、トレーニングなどの際に大きな威力を発揮してくれます。価格は¥54,780と若干高めですが、スマホと連動することによって専用のGarmin Connectモバイルアプリを利用することが可能です。, Fitbit Versa 2 スマートウォッチはAndroid7.0以上、iOS11.0以上に対応しているスマートウォッチです。Amazon Alexaが搭載されており、ニュース速報や天気情報などをチェックすることが可能です。また、本体にマイクが内蔵されているため、話しかけるだけでアラームの設定やスマホの操作などをすることが出来ます。, スマホとの連携では、Eメールの着信やSNSの更新通知、設定済みの定型文や音声による即座のレスポンスなどが可能です。Google Payには対応していないようで、ヘルスケア専門のスマートウォッチとの中間的な立ち位置の製品となっています。6日以上連続で心拍数の計測が可能で、トレーニングやダイエットに励んでいる人にとっては使いやすいスマートウォッチだと言えます。, サムスン製のスマートウォッチは、OSとしてTizenを使用しているため、iPhoneとAndroid系スマホ、どちらとの連携も可能です。Galaxy Watchの場合、対応しているOSはAndroid 5.0以上かつRAM1.5GB以上の機種、およびiOS 9.0以上および iPhone 5以降の機種となっています。スマホとの連携は主にアプリを介して行うようで、豊富なラインナップがそろっています。, 防水性能や対ショック性能などが高く、カジュアルなシーンだけでなくスポーツやアウトドアなどのシーンでも活躍してくれます。運動中は、心拍数の計測の他、6種類ものトラッキング機能を備えています。Android系のスマホを持っていて、ヘルスケアやトレーニング系のスマートウォッチが欲しいと思っている方にはおすすめの製品です。, TicWatch Pro スマートウォッチはWear OS搭載のスマートウォッチで、Android6.0以上、iOS 10.3以上のスマホに対応しています。Google Playストアに直接アクセス出来るため、様々なアプリのインストールが可能となっています。また、GPSや心拍数計、歩数計内蔵で、スポーツ用のスマートウォッチとしても使用することが出来ます。, この製品のディスプレイは基本モードとスマートモードの二層方式となっており、省電力設計となっているのも魅力の一つです。一回の充電で、だいたい2日間~30日間くらいは持つという優れものです。また、TicSleepとGoogle Fitなどのアプリを使用することによって、睡眠状態の管理などもすることが出来ます。, MISFIT VAPER2は、株式会社フォッシル ジャパンから販売されているスマートウォッチです。価格的には30,000円台とリーズナブルながら、心拍数計や加速度センサー、高度計、ジャイロスコープなどを備わっている、本格派の製品になります。こちらの製品は海外ではGoogle Pay対応となっているのですが、日本ではまだ未対応となっています。, スマートウォッチには他にもさまざまな便利機能が備わっています。Apple watchに続き、GarminのスマートウォッチもSuicaに対応するなど、日々スマートウォッチの性能は向上しています。今後もさまざまな便利機能が備わり、わたしたちの生活をよりスマートに、そして快適なものに変化させてくれることでしょう。, Suica対応でなくとも、生活を向上してくれることは間違いありませんので、ぜひこの機会にスマートウォッチをチェックしてみてはいかがでしょうか。, スマートウォッチの機能やできること、どんなスマートウォッチがあるのかなど、興味がある方はこちらの記事もご覧ください!.