71 (6): 1124–1146. "My theropod is bigger than yours...or not: estimating body size from skull length in theropods". twitter. No reproduction or republication without written permission.

Tail-propelled aquatic locomotion in a theropod dinosaur Nature (2020)Cite this article, National Geographic Reconstructing a gigantic aquatic predator, http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203714004580148763687481660, “Ergebnisse der Forschungsreisen Prof. E. Stromers in den Wüsten Ägyptens. あれはスピノサウルスというよりアクロカントサウルスっぽいもの、とされている 26 名無しのひみつ 2020/10/04(日) 14:35:49.21 ID:yLFmfl5f スピノサウルスはティラノサウルスに匹敵する強さ。 (2007). Journal of Vertebrate Paleontology. 1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - スピノサウルスの用語解説 - 白亜紀後期に北アフリカに生息していた爬虫類竜盤目(→竜盤類)に属する肉食恐竜。体長 14~18m,頭蓋の長さ 1.75m,体重 13~22tと,ティラノサウルスを上回った。二脚歩行をし,メガロサウルスに似ていた。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. "Neural spine elongation in dinosaurs: sailbacks or buffalo-backs?". これは、あなたにも是非知って欲しいと思うことが Therrien, F.; Henderson, D.M. Journal of Paleontology. Wirbeltier-Reste der Baharije-Stufe (unterstes Cenoman). 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, 竜盤目獣脚類(亜目)テタヌラ類(下目)スピノサウルス上科Spinosauroideaスピノサウルス科Spinosauridaeスピノサウルス亜科Spinosaurinaeに属する恐竜。エジプトの白亜紀後期の初め、約9500万年前の地層から産出した。肉食恐竜のなかでは全長約15メートルもあって、桁(けた)はずれに大きい。しかも推定のもとになった模式標本では脊椎(せきつい)の上部と下部が融合していないので、まだ成体には達していないと考えられ、もっと大きく成長した可能性がある。特徴で目だつのは、脊椎の上部の突起が長く伸びてほぼ1.6メートルに達するひれがあったことである。ディロフォサウルス類に似てきゃしゃなつくりであるので体重は4トン弱とみなされる。発見されたのは、頸(くび)と胴と尾の部分の大量の椎骨のほかには、下顎骨(かがくこつ)の前半分だけであった。そのあごと歯もきわめて特異な形態を示す。下顎が深く、先端の幅が広い点はワニ類に似ていた。歯はほぼ円錐(えんすい)形なので、これもワニ類に近い。歯の数は獣脚類としては標準的で、バリオニクスBaryonyxよりも少ない。胸椎の棘(きょく)突起がとても高く伸び獣脚類中で最大を示し、アクロカントサウルスAcrocanthosaurusのそれをはるかに抜いている。頸椎(けいつい)と尾椎はわずかに高くなっている程度。白亜紀中ごろの北アフリカに生存していた脊椎動物を一覧すると、おもしろいことに気づく。スピノサウルスのほかにも、大形草食恐竜のオウラノサウルスOuranosaurus(カモノハシ竜)やレバキサウルスRebbachisaurus(竜脚類)など、時代と生息地が若干異なるものの、みな高いひれをもっていたことである。時代を古生代までさかのぼると、ペルム紀、約2億6000万年前のアメリカには初期の哺乳(ほにゅう)類型爬虫(はちゅう)類ディメトロドンや両生類(迷歯類)のプラティヒストリクスなど、背中にひれのある動物たちが数多く共存していた。系統の違う動物が類似の形態を発達させたこのような収斂現象(しゅうれんげんしょう)のみられる時代と場所が集中しているのは、変温動物の体温調整法と気温との関係を示唆するものかもしれない。, 『ウィリアム・ナスダーフト、ジョシュ・スミス著、奥沢駿訳、真鍋真監修『失われた恐竜をもとめて――最大の肉食恐竜をめぐる100年の発掘プロジェクト』(2003・ソニー・マガジンズ)』, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例. Bailey, J.B. (1997). II. 大型肉食恐竜のスピノサウルスは、今まで尾の部分の完全な化石が見つかってなかったので、泳ぐのに適していたか不明でしたが、今回尾の完全な化石が見つかり、泳ぐのが得意だったことがわかりました。 そこで、そもそもスピノサウルスという名前の意味とか、何を食べていたかなどをまとめたいと思います。, 最後に、ジュラシックパーク3のT-REXとスピノサウルスの戦闘場面の動画を載せたので見て見てください。, スピノサウルスの尾椎発見により、水生に適応していたという論文。ナショジオの復元図で見ると、違いがわかります。2014年のナショジオフォトギャラリー https://t.co/1PKPKp6i2C 今日の英文ナショジオニュース https://t.co/7SJekwciRI, — パンテオン (@pantheo27705718) April 29, 2020, というわけで、早速2020年版 #スピノサウルス を描いてみました。(前に描いたものをちゃちゃっと手直ししただけですが…), なお、日本語での情報は東京都市大学・古生物学研究室の中島保寿さん @japanfossil がいち早く精力的に発信されてますので要チェックですよ#恐竜くん #Spinosaurus pic.twitter.com/ACspJvRyDe, スピノサウルスって、「中生代の白亜紀前期から後期」に生きてた恐竜と言ってもピンときませんが、, 年代でいうと「約1億1,200万 – 9,350万年前」と言ってもピンときませんが・・, 全長は15 – 17メートル。あの有名な大型肉食恐竜ティラノサウルスと同じくらいかそれ以上って言われてます。, 2020年に夏に『映画ドラえもん のび太の新恐竜』で恐竜がいた時代の話なので、見るといいかもしれません。, 今回の尾の化石の発見で、泳ぐのが得意だったことがわかったので、食べていたものも、だいぶはっきりしてきたと思います。, 研究チームは尾の模型を作って水槽内で動かす実験を行ったそうですが、その推進力が半端でないことを確認したそうです。, 今回の発見で、スピノサウルスは、陸から水中に入って泳ぐのが得意だったことがわかりました。, 当時、この巨大な肉食恐竜スピノサウルスは、陸上で大型の草食動物があまりいない地域に生息してて、水中にもぐって、主に大型の魚類を食べてたのではないかと思われます。, 背中の棘は、たぶん15m以上の大きな体を水中で安定させるための背びれの役割ではないかと思います。, 前足も魚を捕るのに適しているようで、口も陸上の動物よりも魚を食べるのに適している形してますよね。, 最後に、ジュラシックパーク3のT-REXとスピノサウルスの戦闘場面の動画を載せるので見て見てください。, 大型肉食恐竜スピノサウルスは、今回の尾っぽの化石の発見で、水中で泳ぐのが得意だったことがわかり、食べ物もの、水中の大型魚類を主に食べていたのではと思われます。, 今回のスピノサウルスの尾の化石の発見は、恐竜好きにはたまらないですね。私も、子供のころは恐竜だいすきで、恐竜のプラモデルよく組み立てていました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 調べてみると思ってもみないことがわかり、