This will beと比べるとちょっとおとなしめですが、こちらはジャズです。 デューク・エリントンによる演奏が有名ですが、セッション時に良くやるパターンは微妙にバージョンが違います。 一気に覚えると大変ですので、一つずつ覚えていきましょう。 スタイル:A-B ゆったりと演奏されることが多いが、かなり速いテンポでもやることがあります。 http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127519876, 1957年にUS DECCAレーベルからリリースしたシングルです。1936年に発表されベニー・グッドマン楽団が同年に初吹き込みしたポピュラー・ソング「グッディー・グッディー」のカバーで、サイ・オリヴァー楽団のスウィンギンな演奏に乗せたポップ・ボーカル・ナンバー!ブルージーなミッドテンポが心地良いリズムとなり、曲の後半ではハンドクラップも入って高揚感を煽るグッド・バージョンです。CS付き。プロモ盤。レーベルに書き込みあり。盤面に浅い擦れ傷あり、若干チリノイズが出ます。, みんレコ(みんなのレコード屋)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。

ヘレン・メリルで「You'd Be So Nice To Come Home To」 第六回 [ジャズセッション曲]「まだ足りない人」への51曲(動画付) ブラシを使って演奏することが多い曲です。

収録本:黒本1, 備考:キメが格好良く盛り上がる曲です。

そこで、「バックバンドからみたらこんな曲がやりやすい」「仕込みなしでもできる定番曲」「ボーカルならこれくらい知ってて当然の曲」「お客さんがよろこぶ曲」 ゴスペルの要素もちょっと入ってる感じもしますし。

構成やキーも表記しておきました。

区切るとしたら「1〜3回」「4〜5回」「6〜7回」の約100曲ずつがいいでしょう。, ラテンやバラードは難しいですが、この辺も演奏できなければセッションでは中々苦労すると思います。(ドラマーが少ないと強引にやらされます。。。) http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127520280, 1953年にUS DECCAレーベルからリリースしたシングルです。サイ・オリヴァー楽団が演奏したフルバンドによるゴージャスなジャズ・サウンドをバックに、低くブルージーなボーカルで歌い上げるフィメール・ポップ・ボーカル・ナンバー!曲の中盤で聴ける、声を楽器の様に扱う唱法は実に絶妙な名唱です。ノーヒットながらに、アップテンポで素晴らしい一曲であります。裏面もまたブルージーなボーカルのバラードです。盤質は綺麗です。, ELLA FITZGERALD ■ GOODY GOODY / IT’S TOO SOON TO KNOW (DeccaLabel,Promo) バフィー・セントメリー で「The Circle Game」(フォークです) http://www.youtube.com/watch?v=JwYpvKgxygw 今回「ムーディでセクシーなボーカル無しジャズ曲」を探すことになりました。 ですが私は全く分からないのでここで質問させていただきます。 共通が「ムーディでセクシー」で、2曲探しています。 1曲目…アップテンポ。 ポップな感じが強いといいです。

BA-BA-RE-BOP / CEMENT MIXER (Promo) http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127522912, 1962年。“人類学”をモチーフにした作品ですが、曲調はアップテンポのスモールコンボ・ジャズに、スキャットを多用した力強いボーカルが乗ったブラック・ジャズ・ボーカル作品です。豪快で洒落た雰囲気のあるボーカルで、終始ノンストップでパフォーマンスする60’s ジャズ・ナンバー!裏面はブルージーなミッドテンポのボーカル作品で、こちらも渋くておすすめです。レーベルにかるい擦れあり。盤質は概ね良好です。, JOHNNY NASH ■ AND THE ANGELS SING / BABY, BABY, BABY ・You'd Be So Nice To Come Home To インタールードとは、短い間奏のようなものです。この曲では入れることになっています。

https://www.youtube.com/watch?v=IBqCrXr2_9I それぞれのタイプ内の曲はアルファベット順ではなく、「おすすめ覚える順」で並べています。, <ブルース3曲> http://www.nightbeatrecords.com/?pid=49625461, 1958年。全米ポップチャート46位。ルイ・プリマが1936年に発表したジャズの名曲「シング・シングング」のカバーで、コージー・コールの「トプシー」のアレンジを参考にし、コージー・コール風のドラムス・ソロを多用したブレイクが怪しげでエキゾチックな50’sジャズ・インストゥルメンタル・ナンバー!ポップコーン系がお好きな方にもおすすめ。ホーンセクションの編曲も抜群に素晴らしく、トータルで迫力のあるサウンドの絶賛大推薦作品です。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。, DAVID CARROLL ■ HEY-BA-BA-RE-BOP / GILLY GILLY OSSENFEFFER KATZENELLEN BOGEN BY THE SEA (Promo) ・Fly Me To The Moon

おすすめの曲があったら教えてください。 アニメ「エヴァンゲリオン」のエンディング曲に使われたことでジャズを知らない人にも馴染みがあります。 小節構成:8+8+8+8 よく演奏されるテンポは「スロー・ミディアム・ファスト」の3段階で表記しています。 http://www.hmv.co.jp/artist_Jimmy-Smith_000000000011459/item_Cat-Rmt-Pps_1443987 事前の打ち合わせ、もしくはその場の判断が重要になります。 他の人たち:「エンディングは〇〇が演奏してたパターンでやりましょう。」

https://www.youtube.com/watch?v=PaKLB71QE4k ・Alice In Wonderland, <ラテン2曲> ・Moanin’ ただあまり浸透していないので、クラシックばかりでjazzは少ないのですが。 ・Someday My Prince Will Come(いつか王子様が) そこで、「バックバンドからみたらこんな曲がやりやすい」「仕込みなしでもできる定番曲」「ボーカルならこれくらい知ってて当然の曲」「お客さんがよろこぶ曲」 収録本:黒本1, 備考:誰しも聞いたことのある名曲。 スタイル:A-A-B-A A列車で行こう http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127527659, 1961年にUS COLPIXレーベルからリリースしたシングルです。ベッシー・スミスが1928年に初録音したブルース「ジン・ハウス・ブルース」のカバーで、自身のピアノの演奏に、ベースとドラムスを加えたシンプルなトリオ編成でアレンジされたジャズ・ボーカル・ナンバーです。力強いピアノのトーンが醸すゆるやかなグルーヴと、渋みのある力強いボーカルがマッチした60’s ジャズ・ボーカルの名作!CS付き。盤質は綺麗です。, BOBBY SCOTT ■ SHADRACH / CHAIN GANG

・Satin Doll 疾走感のあるアップテンポな曲がけっこうありますし、ジャズ史に名を残すアーティストなので聴いておいて損はないと思います。 http://www.youtube.com/watch?v=6Tb7wHwA1Xw 今、ジャズの世界ではグレッチェン・パーラトを中心に、女性ヴォーカリストが広く注目を集めている。ここ1、2年を見ただけでも、カミラ・メサ(チリ)、ジョアンナ・ウォルフィッシュ(イギリス)、エリーナ・ドゥニ(アルバニア)、サラ・セルパ(ポルトガ アニタオディ「Tea for Two 二人でお茶を」 smile テンポ:ミディアム 変わったところでフランスのジャックルーシェJacques Loussier Summertime http://www.youtube.com/watch?v=gBoeA4BhGks

スタイル:A-A'-B-A" 小節構成:16+16

http://www.youtube.com/watch?v=smMoqDuM71s

あなたは「アシッドジャズ」という音楽ジャンルを聞いたことがありますか? やはり「ジャズ」というくらいなので、バーで流れているようなサックスやピアノをメインとしたおしゃれな音楽だと思う人は多いかもしれま ... スウィングの王様と称される「ベニー・グッドマン」は、アメリカのクラリネット奏者です。, 「フランク・シナトラ」は、1930年から1990年代までの長い間、現役の歌手として活躍したアメリカのジャズシンガーです。, おさえた低い声でささやき、つぶやくように歌う“クルーナー・ボイス”が特徴で、多くのミュージシャンに影響を与えました。, 時代に応じて常に自己の音楽を改革し、ジャズ界を牽引した彼は“モダンジャズの帝王”と呼ばれました。, 1955年のアルバムは、世界最高峰のジャズレーベル「ブルーノート・レコード」からリリースされました。, このマイルス・デイヴィスと共に、ジャズに多大な影響を与えたといわれている、テナーサックス奏者のジョン・コルトレーンの演奏も要チェック。, また、マイルス・デイヴィスが認めた、モダンジャズの代表的なピアニスト「ビル・エヴァンス」にも注目。なかでも秋に聴きたい曲『枯葉』のピアノ演奏は必聴です。, ビル・エヴァンスはオリジナル曲も作っており、「ワルツ・フォー・デビイ」はとくに有名です。, ジャズの定番曲からジャズの影響を大きく受けた日本のアーティストの楽曲まで、全10曲をご紹介します!, アメリカのロックバンド「Chicago(シカゴ)」は、ロックバンドにブラスを組み合わせた先駆的なグループだといわれています。, 『Sing, Sing, Sing(シング・シング・シング)』は、“スウィンガーの王様”こと歌手・トランペット奏者のルイ・プリマによって1936年に発表された曲をカバーしたものです。, 日本映画「スウィングガールズ」でも演奏されたので、普段ジャズを聴かない人でもイントロでわかるのではないでしょうか。, これぞスウィングというべき、ドラムのハイハットが印象的なリズムにグルーヴを感じずにはいられません。. ほかに思いつき兼、ジャンルがバラバラになりますが 収録本:黒本1, 備考:ゆったりとしたボサノバらしい名曲です。題名とおり「波」を意識して演奏すると良いでしょう。 https://www.youtube.com/watch?v=SMmt2I4oGiU スタイル:A-B 出来るだけ新しい録音で、ということですと邦人ピアニストですが ビル・エヴァンスのものとキャノンボール・アダレイの演奏が有名。, こちらもイントロが印象的。エンディングはベースがこのフレーズを弾いて終わったりします。, ワンコーラス:32小節 キー:Bb

録音は古いですが有名なアルバムなので、LPから通常のCD,高音質CD,それにSACDまで出ています。 小節構成:8+8+8+8 ジャズというと、おしゃれなバーやカフェシーンで聴くような、ちょっとハードルの高い音楽というイメージが強いかもしれません。. テンポ:スロー〜ミディアム よろしくお願いします。, Beverly Kenney - Sings For Playboys オシャレでモダンな雰囲気を醸し出す「ジャズソング」。サックスやトランペット、ピアノなどの楽器のみで演奏されるものから、ボーカルの歌声が魅力を放つ名曲まで、たくさんの種類があります。初心者の方はとくに、どれから聴き始めれば良いか迷ってしまいますよね。 収録曲の中ではこの曲が有名です。 https://www.youtube.com/watch?v=vmDDOFXSgAs

ちなみに一昔前の定番には「青本」(ザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック)というものもありました。これも現在でも使われています。, ジャムセッションでは「決まり」はなくても「定番の演奏パターン」があったりします。 ・Autumn Leaves(枯葉) そこで上記のアップテンポで女性ボーカルのジャズ(?)ものを テンポ:スロー 収録本:黒本1, 定番音源:New York Jazz Trioの演奏が比較的分かりやすいです。『教則本:はじめてのジャズドラム』の音源もおすすめです。, 備考:約束事の多い曲なので『教則本:はじめてのジャズドラム』で確認することをおすすめしますが、構成としては「イントロ→Aラテン→Aラテン→Bスイング→Aラテン→インタールド→ソロ(スイング)→セカンドリフ→ドラムソロ→後テーマ」というような形です。 Stuff ・Wave, <エイト(8or16beat)2曲> 収録本:黒本1, 備考:こちらもチャーリー・パーカーによる曲。 女性ボーカルが歌うアップテンポなジャズ(?)音楽を探しています。 ・Now's The Time ちょっとだけ試聴可 ↑ スタイル:A-A-B-A http://www.hmv.co.jp/artist_Jimmy-Smith_000000000011459/item_Crazy-Baby-2-Ltd-24bit-Rmt_5905879 スタイル:A-A-B-A テンポ:ミディアム〜ファスト all of me

Fly Me to the Moon (feat. 小節構成:8+8+8+8 Aは2フィール、Bは4ビート。 http://www.youtube.com/watch?v=z0XAI-PFQcA http://www.youtube.com/watch?v=YM0PhsP7ulk fly me to the moon

ほかに 曲調はソウル?だと思います(^^;)。

キー:C 是非、ご活用ください。, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=21351954, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=46040310, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127531165, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=46118410, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127529679, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=103128873, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=11448334, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127527659, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=111455023, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127525667, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127524960, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=5592785, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=856949, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127522912, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=5388626, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127522040, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=19324319, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=49625461, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=5961668, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=16455486, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=45234650, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127520415, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127520280, http://www.nightbeatrecords.com/?pid=127519876, 2017年11月ヤフオク・アナログ高額落札!

http://www.youtube.com/watch?v=hXKvaDxxyUc, ナタリーコールのThis will be聴いてみました。 Frank Sinatraが歌うAll Of Me(私のすべて)の歌詞ページ(ふりがな付)です。歌い出し「All of me Why not…」無料歌詞検索、音楽情報サイトUtaTenではFrank ... 大人の色気と踊りだしたくなるような前向きさが共存した、まさに”椎名林檎節”ともいえる名曲です。. 小節構成:8+8+8+8

キー:Gm, Dm, Cm, Em (※他にもお決まりのセカンドリフがある曲がたまにあるので注意しましょう。), 動画:『Joe Morello & The Buddy Rich Big Band: Take The A Train』, 意外に定番のスタイルの動画がないのですが、ジョー・モレロによる演奏が参考になります。4:44〜からセカンドリフによる掛け合いが始まります。, Take The A Trainの解説はこちらの本がとても参考になります⬇︎ love me or leave me 小節構成:16+16+16+16 せっかく教えていただくので、重複してはもったいないと思い、 m...続きを読む, Autumn Leaves

http://www.nightbeatrecords.com/?pid=11448334, 1958年。1920年代に発表されたポピュラーソング「ラヴ・ミー、オア・リーヴ・ミー」のカバーで、自身のピアノにドラムスとベースを加えたスモールコンボで、軽快なアップテンポにアレンジされたグレート・ボーカル・ジャズ・バージョン!ジャジー&ブルージーなボーカル・スタイルで、ジャズとR&Bをクロスオーバーさせる、60’s ジャズ・ボーカルのエヴァーグリーンな名作です。裏面はチャート作品です。レーベルにかるい擦れあり。盤質は良好です。, NINA SIMONE ■ GIN HOUSE BLUES / YOU CAN HAVE HIM the nearness of you all of me

また、セカンドリフもありますね。 メロディがはっきりしてて聴きやすい曲が多いという観点で とりあえず試聴をいくつか どうぞよろしくおねがいします!, はじめまして。 また、高校から10年間アカペラを経験し、その中で得た歌唱テクニックの知識も持ち合わせています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Aは2フィール、Bは4ビートが通常。, 動画:『Wynton Kelly / Softly, As In A Mornings Sunrise』, ワンコーラス:32小節 スタイル:A-A'-B-A' テーマでは、イントロから2コーラス(32小節)演奏します。 お決まりのイントロがあるのと、セカンドリフがある場合もあるので注意が必要。, ワンコーラス:32小節 ソロ部分はスイングで演奏することが多いですが、ラテンを入れても良いです。, ボサノバの曲はシンプルですが、しっかり練習しておかないと雰囲気を出すことが出来ません。, ワンコーラス:40小節 ・Days of Wine and Roses(酒とバラの日々) スタイル:A-A-B 現在までレッドガーランドやオスカーピーターソン等のジャズ音楽 ほかに ロックに慣れている人はこのタイプからの方がやりやすいでしょう。, ワンコーラス:16小節 black coffee テーマは通常2フィール。, 動画:『Days Of Wine & Roses / Oscar Peterson Trio』, ワンコーラス:32小節 http://www.youtube.com/watch?v=d0Dwz0gTbKw 小節構成:4+4+4 魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと考えつくりました。 収録本:黒本1, 備考:「不思議の国のアリス」で有名な曲。非常に可愛らしく美しいメロディが印象的です。, 動画:『Bill Evans Trio- Alice In Wonderland』, ビル・エヴァンス。美しいピアノの旋律とブラシによる演奏。その他オスカー・ピーターソンの演奏も有名。, ワンコーラス:32小節 小節構成:8+8+8+8 ジャズフュージョンですが、最近大半のアルバムがリマスターされ日本盤として出ました。日本で人気の高かったグループです。 http://www.youtube.com/watch?v=9WsZ7FNuJbg 6位 ロック、ポップス(洋楽)編 Bob Dylan (ボブ・ディラン)【第4集】帯付 帯付きレコード, Promenade Records / 11月14日(土) 新入荷10枚アップしました。, 盛岡 Knowledge Records 11/14(土) 新着7インチ追加しました。. 収録本:黒本1, 定番音源:『Days Of Wine & Roses / Oscar Peterson Trio』, 備考:通称「酒バラ」。ややスロー気味にすることも多い定番曲。 (初心者ジャズドラマー必携の本です!), ワンコーラス:32小節 ・C Jam Blues 第二回 [ジャズセッション曲] ステップアップの為の46曲(動画付) スタイル:A-A-B-A side by side

ですので、他の地域の定番曲リストを見た時に「え、こんなのやるの?」ということがあります。 3拍子のドラムは慣れないと難しいですが、頑張りましょう。, 動画:『Someday My Prince Will Come/Bill Evans Trio (1960) *Public domain』, ワンコーラス:64小節 スタイル:A-B-C テンポ:ミディアム〜ファスト

今回はジャズのジャムセッションの定番曲の中から、初心者がまず覚えるべき定番の23曲を厳選してみました。それぞれに動画をリンクさせているのと、定番参考音源(主観も入ってます)も紹介していますので参考になると思います。 収録本:黒本1, 定番音源:『Art Pepper Meets the Rhythm Section、The Complete Helen Merrill on Mercury』, 備考:通称「ユービーソウ」。曲名が長くうろ覚えの人も多い。 特に歌詞が“ダバダ~”と歌っているものを探しています。 八木節 大阪のnight beat recordsです。 本日はjazzの7インチを20点と、60’sロックのlpを4点アップいたしました! ジャズ・ボーカル系のアップテンポナンバーが目白押しで、djでのアーリータイム等で、最高の雰囲気作りをお手伝いするであろう良好作品が多数入荷いたしております。 曲調はジャズというより1975年だとソウルやR&Bというジャンル分けだったと思います。その違いは何?と言われても、うまく説明できないのですが<(_ _)> Natalie Cole - This will be

もしお気に召せば全アルバム(8枚)集めても損はない作品ばかりです。