『十八番(おはこ)』とは、その人がもっとも得意な物事を指す言葉。スポーツの世界へ目を向けると、野球におけるエースナンバーは背番号18であることが多い。では、サッカーの世界はどうだろうか。国内でも人気の高いサッカー日本代表の歴代選手を追ってみよう。 5番はディフェンスのニュアンスがあればボランチの選手でもありというイメージです。, ミッドフィルダー サッカーで選手が身に着ける4番のユニフォーム。一般的に4番はDFの選手が背負うことが多いのだが、必ずしもそうとも限らない。ポジションとは関係なく4番を背負う事となった選手の経緯や意味を解説しよう。, 結論から言うと、4番はDFの選手が背負うことが一般的だ。普通背番号は1番を付けるのがGKで、自陣のゴールに近い選手ほど若い番号を付ける場合がほとんどなのだ。その中でも4番はディフェンスの選手で、詳しく言うならばCB(センターバック)の選手が担う。5番の背番号も大体はCBもしくはSBの選手が付ける番号だが、4と5では役割に若干の違いが出る。もちろんチームにもよるが、5番が攻め込んでくる相手に突っ込んでいって守備をし、4番がそれよりも後ろで対処を行うと思っていただければ良い。, 本田圭佑はFW(フォワード)/ MF(ミッドフィルダー)の選手だが、日本代表に選ばれ始めた当時、かつて彼は本来DFが付けるはずの4番を付けることとなった。これにはエピソードがある。本田は元々エースナンバーである10番を付けたかったらしいのだ。だが10番は既に香川真司など先客がおり、付けられなかったのだ。その後、本田は自身の好きな数字という3を候補にしたが、これも当時3番の駒野がおり、次いで好きな数字であった4番にも栗原が居たのだ。しかし、栗原が本田に4番を譲ることを快諾し、本田は4番を付けることができた。別の説には「スペイン代表のMFセスク選手を真似たのでは?」というのもあるが、それよりは前者のなりゆき説が有力のようだ。, なりゆきではあるが、当時の日本代表の4番を背負うことになった本田。その4番には日本代表としての偉大さが詰まっていた。かつて日本代表の4番には、井原正巳(現アビスパ福岡監督)、遠藤保仁、闘志溢れるプレーで人気の田中マルクス闘莉王が背負ってきた。「アジアの壁」と称された4番の選手たちは皆守備を牽引してきたのだ。本田は攻撃的なFW/MFの選手だが、リーダーシップやカリスマ性の高さは誰もが知るところだ。彼がこの4番を背負い、日本代表のサッカー4番史は新たな伝説を紡いだ。時に「ビッグマウス」と揶揄される本田だが、現役でありながら起業家であり、教育者であり、「Global Adovocate for Youth(国連財団による青少年支援者)」にも就任。MITラボ特別研究員でもある。彼の功績は背番号4番を、日本サッカー界に大きな影響を与え、特別な意味を持つ番号として押し上げていくのだろう。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 1番は何と言ってもゴールキーパーです。 Jリーグでも1993年から1996年までこの制度が採用されており、番号を見ればどの選手がどの守備位置なのかが明確にわかるようになっていました。 セレッソ大阪では伝統の番号とされていて、森島寛晃、香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一朗と受け継がれています。, フォワード 5番:センターバック、守備的ミッドフィルダー 6番:守備的ミッドフィルダー、左サイドバック サッカーの背番号とは選手1人ひとりユニフォームにつけられた番号です。背番号の意味は選手を識別するだけでなく、背番号そのものがポジションを表します。さらに、背番号の役割は様々で、10番を背負う選手はチームのエースとして扱われ、1番を背負う選手は守護神として見られます。 しかし、メッシ選手など、明らかにかつての10番とはイメージが違ってきています。, 8番も攻撃的MFの番号で、松井大輔選手、小野伸二選手というテクニシャンのイメージがあります。 しかし必ずしも「背番号何番だからこのポジション」というような決まりがあるわけではありません。 3番:左サイドバック、センターバック サッカーでストライカーといえば9番のイメージが強いですが、18番も攻撃の中心を担う選手がつける傾向にあります。18番の背番号を背負うサッカーの選手は、高い得点能力に加えて、サッカーセンスや抜群のテクニックで攻撃の中心選手として活躍することが求められます。, サッカーでエース番号として代表的な番号は9番ですが、18番の選手も同等の仕事が要求されます。, サッカーの14番は役割、ポジションには特定のものがありません。しかし、背番号14番が持つ意味はヨハンクライフの影響があります。ヨハンクライフのプレースタイルのようにチームの中で自由を与えられる選手が背番号14番を着けることがあります。, サッカーの背番号17番は、控え選手がつける背番号です。サッカーで17番には特に決められたポジションや役割といったものはありません。背番号17は先発出場でも途中出場でもしっかりと自分の役割を果たせる選手であり、チームメイト全員から信頼され、リーダーを任される選手も多いです。, サッカーで背番号21番は、控えの選手が背負う番号です。また、日本では控えのゴールキーパーがつける機会が多い背番号でもあります。21番をつける選手のてポジションや役割はチームによって異なっています。背番号21は、先発で出場しても、途中出場で出場しても実力を発揮できる選手です。, サッカーで背番号13番は、控えの選手が背負う番号です。背番号13番を与えられる選手の特徴は、攻撃が得意とする選手となりますが、チームによってポジションや役割は異なっています。背番号13番は常にゴールを奪うことが役割として求められ、チームのエースを同じような責任があります。, サッカーで背番号20番は、控え選手がつける背番号です。20番は控え選手の秘密兵器的な存在のため、負けている時は点を取り試合の流れを変える役割が求められます。背番号20は控え選手であっても、チーム内での自分の立場をしっかり理解して実行できる選手です。, Activeる! 攻撃・守備両方の役割を担ったり、ゴールのアシストをしたり、中盤の後ろでディフェンシブな動きをしたりと、MFの役割は様々です。, FWはまさに攻撃の要。相手チームから得点をとる役割をします。 Jリーグや各国リーグでは、選手はそれぞれに番号を割り当てられていますよね。 各クラブチームでも代表チームでも◯番といえばあの選手という共通認識があると思います。 しかし昔は変動背番号制度と言って、試合ごとにその日の各ポジションの選手に番号を支給するという時代がありました。 Jリーグでも1993年から1996年までこの制度が採用されており、番号を見ればどの選手がどの守備位置なのかが明確にわかるようにな… 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. 近年、ワールドカップの影響もあって、ますます人気に拍車がかかってきているサッカー。, 好きな選手の背番号が入ったユニフォームで応援するサポーターもよく見ます。 | Activeる! 11番:左利きのフォワード、左ウイング、左サイドハーフ, わかりやすいように歴代の日本代表選手を例に各ポジションの典型的な背番号を振り返りたいと思います。, キーパー しかし海外では正キーパーであっても背番号「1」ではないことも。それぞれの選手のこだわりを調べてみても面白いかもしれませんね。, 相手チームの攻撃を防ぐ役割であるディフェンダー。 2番:右サイドバック 傾向として「どの背番号にどのポジションが多いのか」という観点でご紹介していきます。, チームの守護者であるGKが背負う番号。 日本でいうと本田選手が「02」という背番号を付けていたのは有名ですよね。, アルゼンチンでは、かつて、アルファベット順によって背番号を決めていた結果、GKなのに背番号7なんて選手もいたりしました。, また、メキシコリーグでは3桁の背番号が許されているため、好きな背番号が選べるのもユニークですね。, テクニックに優れた選手は中盤の中核や司令塔など、「いわゆる10番」としてボールを周しゲームをコントロールしている印象はありませんか?, これは「パス中心のサッカー」が前提にあるフォーメーションと考えられます。

10番:攻撃的ミッドフィルダー、フォワード

9番、11番はFWの選手がつけることが特に多い番号です。, 11番までで終わりではなく、12番以降の背番号も存在します。 歴代の代表選手も3,4が多いですが、5番の選手もいます。 センターバックといえば、やはり3番4番が多いですね。 サッカーの背番号の決め方とルール。unioからのお知らせや新商品の告知などのニュース、サッカーやスポーツ、ユニフォームのことについて紹介するブログコンテンツです。 各クラブチームでも代表チームでも◯番といえばあの選手という共通認識があると思います。, しかし昔は変動背番号制度と言って、試合ごとにその日の各ポジションの選手に番号を支給するという時代がありました。

この制度の狙いとしては、サッカーのルールやポジションの概念がイマイチ一般的に浸透していなかったので、まずはサッカーのポジションの役割などをファンに知ってほしい、というものだったと言われています。, しかし97年からはポジションではなく、選手ごとに番号が割り当てられる固定番号制に切り替わり、選手の認知度を高めていくフェーズに切り替わって行きました。, しかし、変動背番号制度の番号とポジションの関係性のニュアンスは、その後も受け継がれていくことになります。, チームごとやフォーメーションシステムによって、多少違う部分はあると思いますが、現在のおおよその背番号とポジションの関連イメージとしては下記のようになると思います。, 1番:ゴールキーパー 山口素弘選手、中田浩二選手などがいました。, ボランチや後ろからゲームをコントロールする役割としては、代表では何と言っても7番のイメージが強いですね。 サッカーで選手が身に着ける4番のユニフォーム。一般的に4番はdfの選手が背負うことが多いのだが、必ずしもそうとも限らない。ポジションとは関係なく4番を背負う事となった選手の経緯や意味を解説し … そこで今回はサッカーの背番号について、ポジションとの関係やルールなども交えてご紹介したいと思います。, Jリーグや各国リーグでは、選手はそれぞれに番号を割り当てられていますよね。 4番:センターバック マンチェスターユナイテッドでは7番は伝統の番号で、エリック・カントナ、ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドととんでもない選手たちがつけてきました。 サッカーの背番号って、ポジションと関係があるのでしょうか?あります。ここでは、サッカーの歴史のひとつである背番号が設定された経緯を紹介しながら、背番号とポジションの関係について解説します。また、背番号についてのエピソードについても紹介させていただきます。 サッカーが上手に、サッカーに詳しく、そしてサッカーがますます楽しくなるようお手伝いします。, 背番号の成り立ちやポジションとの関係が分かれば、サッカーがますます楽しく、面白くなると思います。, 選手は何番を付けたいか、自分の子供は何番を付けているのかということにも興味がでてますよね。, サッカーの背番号について調べればどのような経緯でサッカーの試合で背番号が設定されたかはわかると思いますので省きますが、, ポジションによって背番号が決まる?ことに影響を与えたのが「Vフォーメーション」に沿って背番号を設定したことのようです。, Vフォーメーションとは、19世紀末から20世紀初頭まで世界のサッカーで主流のフォーメーションだったようで、, GKを底辺にして、DF2人、MF3人、FW5人という隊形がVフォーメーションです。, 背番号が導入されたときに、各ポジションの背番号は1~11番と固定されていたようで、GKを背番号として、順番に設定されたようです。, 時代の流れとともにフォーメーションの変更に沿って、背番号の設定に影響していったようです。, ポジションと背番号の関係がイメージできれば、背番号からポジションがわかったりしますよね。, サッカーのルールの変更によって、その時代に応じた戦術のフォーメーションに変更していきます。, フォーメーションの変更によりポジションが変わるわけですから、背番号も変更していきます。, 絶対にということではありませんが、現在は、このような感じの背番号設定が一般的だと思います。, 13番とか14番とか、なんだったら長友なんか55番で試合にでてるけどそこらへんはどうなってんの?, 現在は、世界中のほとんどで「選手の固定番号」となっており、選手が好きな背番号を付けることができるようになりました。, ですから、ポジションと背番号の関係性は、以前に比べ一致することが少なくなったんです。, 長友の55番、ベッカムの77番、本田圭に限っては02番などなど選手はいろいろな意図があって、, また、観ている人たちは選手を特定しやすくなった??のかもしれませんが、このような傾向にあります。, また、背番号には「チームのエース」とか「チームの点取り屋」などを意味する番号があります。, チームのエース、最近は言われなくなりましたがファンタジスタと呼ばれる攻撃的な選手がつけていた番号です。, 古くはジーコ、マラドーナ、プラティニ、ゲオルゲ・ハジ、バルデラマ、Rバッジョ、ジダン、, 最近ではメッシ、ネイマール、ハメス・ロドリゲス、日本代表では香川などが付けていました。, ちなみにドイツのマテウスは背番号10番でリベロをしていました(本来はMFなんですけど)。, ポジションの示すとおりセンターフォワードを表す番号ですが、チームの点取り屋、ストライカーという意味がある背番号です。, 日本ではあの釜本邦茂を筆頭に高原、久保竜、岡崎などその時代の点取り屋が付けていますね。, これは1960~70年代に活躍した西ドイツの世界的なストライカー「爆撃機」ことゲルト・ミュラーに由来するもので、, その後ドイツではルディー・フェラー、ミヒャエル・バラック(バラックはストライカーではありませんが)と続き、, ゲルト・ミュラーの影響で、日本でも13番はFW、ストライカーがつける傾向にあります。, マニアックな話をすれば世界のサッカー界では、「レジェンドの背番号」と言われる象徴的な背番号がありまして、, ちなみに、クライフの息子ジョルディがマン・Uに所属したときの背番号が14番でした。, これらのように、背番号が意味するポジションや役割がチームの歴史や環境によって設定されているんですね。, アルファベットで背番号を決めるということは、メンバーの構成によって背番号が変わるということです。, 実際にGKのフィジョールは5番や7番を付けていましたし、MFだったアルディレスは1番や2番を付けていました。, ちなみに、アルディレスはエスパルスやマリノスなどJリーグのチームの監督をしてくれましたね。, 本田圭が所属したパチューカはメキシコリーグ、このメキシコリーグには3桁の背番号が許されているようです。, チリのストライカーのイバン・サモラーノ、トルコの英雄ハカン・シュクル、2人とも世界的なストライカーです。, この2人がイタリアの名門インテルに所属していた時、ストライカーの証である背番号9を希望したんですが、, 何と言いましょうか、選手の各?位?バケモノさ加減??でいうと、ロナウドには及ばないわけですよ(笑), そのため、サモラーノは足したら9番ということで18番で「1+8」という背番号にしたようです。, でも、今でも「番号が低いほど守備的であり、番号が大きくなるにしたがって攻撃的」という名残は残りつつ、, 個人の希望やチームやリーグなどの環境によって個性的な背番号になっているといえると思います。, これらのことを踏まえつつ、今後のサッカーの背番号を観察することも面白いのではないでしょうか。, マン・Uのエースは7番(ジョージ・ベストからロブソン-カントナ-ベッカム-C・ロナなど). 近年ではあえて12番以降の番号を好んで選ぶ選手もたくさん。, ポジションではなく、選手によって背番号の持つ意味が変わってくるのも面白いポイントですね。, 一般的な背番号もありますが、面白い背番号や決め方も紹介します。 今回は、サッカーの背番号のルーツから、ポジションの関係性。, 国によっても背番号の役割が違うので、背番号に注目してサッカーを観てみるのも面白いかもしれませんね。. エースストライカーといえばやはり11番ですね。

そのため日本の感度ではちょっと意外なところに意外な番号の選手がいたりします。, ゲームに勝つためのフォーメーションは、どのような背番号配置がなされているのかなども注目してみるのもいいかもしれませんね。, いかがでしたでしょうか? 実はフィールドプレイヤーはこの1番を付けられないというルールもあったりします。 また番号のサイズなどについても規定がありますので注意が必要です。. サッカーの背番号って、ポジションと関係があるのでしょうか?あります。ここでは、サッカーの歴史のひとつである背番号が設定された経緯を紹介しながら、背番号とポジションの関係について解説します。また、背番号についてのエピソードについても紹介させていただきます。 しかしディフェンダーのイメージのある背番号3や4など、小さい番号を好んでつけるストライカーもいたりします。, MFはフィールドの中盤で、主にボールをつなぐ役割をします。

オランダのダービッツ選手はキャリア晩年でフィールドプレイヤーとして1番をつけていたそうですが、日本ではルール上でもキーパーしか付けれない番号です。 2番から5番の選手はディフェンシブなポジションでプレーする傾向が多いと言えます。 サッカーのユニフォームをオーダーする時に決めないといけないことはたくさんありますが、背番号のそのうちの一つですよね。 代表では中山雅史選手や岡崎慎司選手など、とにかく点を決める選手がつけてきました。, 最後に日本サッカー協会のユニフォーム規定について触れておきます。 1 そもそも背番号制が導入されたのはいつ? サッカーの背番号制度が導入され始めたのは実は20世紀初頭。 既にラグビーの試合では背番号制が導入されていたため、サッカーにも取り入れる必要があるのでは?という論議が交わされ、実現されました。 7番:守備的ミッドフィルダー、右ウイング、右サイドハーフ、攻撃的ミッドフィルダー、フォワード 香川選手が加入した当時は空いていたので7番をつけるのかと騒がれてましたが、結局違う番号でしたね。, そしてトップ下といえばもちろん10番ですが、これは説明はいらないでしょう。 8番:守備的ミッドフィルダー、攻撃的ミッドフィルダー サッカーでストライカーといえば9番のイメージが強いですが、18番も攻撃の中心を担う選手がつける傾向にあります。18番の背番号を背負うサッカーの選手は、高い得点能力に加えて、サッカーセンスや抜群のテクニックで攻撃の中心選手として活躍することが求められます。 三浦知良選手のイメージが強いですが、左ウイングの選手が付ける場合もあります。, そして9番も点取り屋のイメージが強い番号。 番号について具体的に言及した部分に下記のものがあります。, 「番号は整数の 1 から 99 を使用し、0 は認めない。登録選手が 100 名以上の場合 に限り、100 以上の番号を認める。ただし、公式競技会に登録する際の選手番号 については、その競技会規定に定めるところに従うものとする。」, 0番や3桁の番号は公式な試合では認められていないので注意が必要です。 守備ミッドフィルダーで言えば、6番のイメージが強いです。 しかし海外では必ずしもエースが10番を選択するわけではありません。, ゲームで勝利するために、シュートを打つことを前提にしたフォーメーションのチームが多いため、海外は必ずしも10番主体なわけではないのです。

近代サッカーでは典型的10番の重要性は薄れてきているとされていますが、多くの名選手がつけてきました。 9番:センターフォワード サッカーにおいて背番号制度の導入がなされたのは20世紀初頭になってからである 。 1897年、オーストラリア・ブリスベンで行われたラグビーのクインズランド対ニュージランド戦で使用されたのを契機に、イギリスにおいてサッカーでも使用すべきではという言説がなされるようになった 。

中田英寿選手や遠藤保仁選手が典型です。, 7番は近年ではCR7の影響もあって、セカンドストライカーのイメージも強いと思います。 サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。.

サッカーをされている方なら、なんとなく背番号とポジションの関連性やエースナンバーのイメージはあると思いますが、明確なルールはよくわからないという方も多いと思います。 他にキーパーの番号といえば21番や23番をつけるパターンが多くあります。, 鹿島アントラーズの2番は名サイドバックがつける、伝統の番頭とされており、奈良橋晃選手から内田篤人選手に受け継がれており、内田選手がドイツに行っていた期間は空けられていました。, 左サイドバックは代表で言えば、相馬選手などが3番をつけていましたが、現在の長友選手は5番にこだわりがあるようで、クラブチームでも5番を貫いています。, センターバック Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 実は、この背番号にはそれぞれ意味があるんです。, 既にラグビーの試合では背番号制が導入されていたため、サッカーにも取り入れる必要があるのでは?という論議が交わされ、実現されました。, 1928年のイングランドリーグ、アーセナル対チェルシー戦が背番号をつけた最初のサッカーのゲームだったと言われています。, それまでの試合では、選手一人一人がどこにいるのか把握できませんでした。しかしこの背番号制の導入により、容易に選手を見分けることができるようになりました。, 背番号はポジションを表すためにも使用されます。