Cosmic Baton Girl コメットさん☆とは、国際放送の特撮 TVドラマである『 コメットさん 』を原案とした オリジナル テレビアニメである。 概要. ID: ySlfqYhBD4, 2019/01/26(土) 00:41:10 ID: zRTp0Qw+dO, 2019/01/20(日) 04:58:28 ぜいたく コメットさん アニメ 打ち切り 感動 アニメ 映画 Touching. !」の台詞場面(コメットの目前で言う→コメットの場所に移動しながら言う)、OPでの星への落書き(ロケット自身で落書き→バトンの魔法で落書き)など、様々な点で相違点がある。更にカラー版は第49話より、校長先生のキャラが「ラッキョウ顔で柄パンツを着用」から「丸顔でマントを着用」に変更されたため、冒頭場面は校長キャラと「天馬が壊したモニュメント」を変更した。, 子供の視点(いたずらや学校の事など)がドラマの中心となっている(コメット自身も、校長からイタズラっ子として扱われている。ベータ星から地球へ追放されたのも、いたずらを戒めるため)。ベータン(第14話より最終話)、コメットの祖母(第35話より第44話)がレギュラーである点も、特徴である。, 主題歌(の一部)は寺山修司作詞・湯浅譲二作曲だが、その冒頭部では湯浅がメシアンより影響を受け、自身の初期作品『内触覚的宇宙』などでも多用した移調の限られた旋法第2番が用いられている。, 2007年7月6日(金) ~ 8日(日)「『コメットさん』生誕40周年記念展」が世田谷区ウェルサンピア東京(第9・10・38話ロケ地)で開催された。ファン主催ながら国際放映の許可や関係者の協力も得て、ベータン実物人形を初め様々な秘蔵資料を展示。九重佑三子(コメット役)、芦野宏(順一郎役)、川田勝明、山際永三、香月敏郎、吉原幸栄、大野武雄、築地米三郎、真賀里文子などスタッフ・キャストも多数訪れ、大盛況であった。, 2013年7月、日本映画専門チャンネルの特別企画・『特撮国宝』(全4回放送)の第2回「真賀里文子」の放送作品に選ばれ、第14話・第20話が放送された(同時放送作品は「くるみ割り人形」)。ゲストとして、真賀里がベータン人形を連れて登場。企画監修・司会を務める樋口真嗣に制作秘話を披露した。また、樋口デザインのオリジナルベータンTシャツ100名プレゼントに対して1000名以上の応募があり、1967年の放送当時に行った非売品ベータン人形100名プレゼント以来の人気を博した。, 2017年7月22日(土)「『コメットさん』生誕50周年記念祭」、翌23日(日)「秘密だワッショイ『コメットさん』16ミリフィルム秘密試写会」が神戸市長田区内で開催された(22日は新長田勤労市民センター、23日は神戸映画資料館にて開催)。前述の生誕40周年記念展同様にファン主催ながら国際放映の許可やブラザー工業などの協力も得て、ベータン実物人形はもちろん過去最大級の秘蔵資料を展示。両日のメインゲストに山際永三監督を迎えた他、初日はスペシャルゲストに九重佑三子(コメット役)、サプライズゲストに河島明人(浩二役)が登場して両名は山際監督と数十年ぶり対面。さらにビデオレターの形で八木光生(星の校長先生の声)まで登場し、神イベントと評されるなど今後の伝説化が予想される。, 2018年12月28日(金)17~21時「コメットさん50周年同窓会」が原宿駅前の南国酒家迎賓館で開催された。またファン主催ながら、50年前に打上げパーティーをした店に、スタッフ・キャスト・遺族など30名以上が再結集。参加者は、九重佑三子(コメット役)、西崎緑(ミドリ役)、田中春美、湯浅譲二、山際永三、香月敏郎、佐藤重直、中山和記。遺族では、佐々木守、芦野宏、中川信夫、築地米三郎。ほか同伴者、国際放映、主催ボランティア、ベータン実物人形など参加。マイク回し(各自一言)、テーブル対抗クイズ(賞品付)、八木光生による星の校長先生の新録短編アニメ、全79話名場面集、香月監督誕生日祝、40周年記念展映像(築地米三郎、吉原幸栄、芦野宏ほか)、珍品インタビュー(蔵忠芳、梅村幹比古、橋本洋二、佐々木守、吉原幸栄、市川森一ら)再生など趣向を凝らし、大好評を博した。, 漫画版は、横山光輝によって「週刊マーガレット」に連載され、1967年第28号(6月10日発売)~第50号(11月11日発売)まで全23回で連載された(各回扉込15頁)。ただし、これは「原作」ではなく「原画」であるために毎回扉に「(C)TBS1967」の表記が明示されていた。第23回には「第1部おわり」とあるが、第2部が描かれることはなかった。横山にとって最後に描いた連載少女漫画となったことでも知られている。, 長年、単行本化がされていなかったが、2005年5月に講談社より「原作完全版」として初出版された。また、文庫版も2006年7月に出版されている。, また、2009年1月に講談社より出版された「KODANSHA Official File Magazine 横山光輝プレミアム・マガジン」の VOL.6に、魔法使いサリーとともにメインで特集された。, 前述したとおり、第2部は漫画ではなく「ユーモアテレビ小説 コメットさん」として連載され、引き続き「週刊マーガレット」1968年第2号(前年12月16日発売)~第19号(4月20日発売)まで全18回で連載された(各回5頁ただし第6話と第7話のみ4頁)。挿し絵は阪田希美子が担当した。こちらも、毎回「(C)TBS1967」の表記が明示されている。, 1978年6月12日 - 1979年9月24日にかけて、同じTBS「ブラザー劇場」の時間帯で大場久美子主演でリメイクされた。全68話。, このシリーズはキッズステーション、TBSチャンネル、チャンネルNECOおよび第一興商スターカラオケにて再放送された。本作が「ブラザー劇場」の最終作となり、「ブラザーファミリーアワー」枠に引き継がれた(ビデオ等では前述の九重版との区別のため『大場久美子のコメットさん』と表記)。また、大場版コメットさん放送終了と同時にTBS月曜19時枠からはドラマが2015年現在まで放送されていない。, 第2期のコメットは卒業試験として、「美しいもの」を探すために地球を訪れ[11]、魔法を使いながら「人と人との心の触れ合い」を求めていく 。コメットの視点(恋愛ドラマ)が多いことが特徴(若くてハンサムなゲスト俳優が多い)。また、特撮に関しては旧作のようなセルアニメ合成[12]や人形アニメの使用などは行われておらず、光学合成による特撮が比較的多い。, コメットが星空に話しかけると、母親(演:小山明子)の像が浮かぶ(微笑む、うなずく、首を振って否定する、などの対応をする)。第1期の能動的(毎回のようにコメットの前に現れる、口数が多い、など)な校長(男性)とは対照的。, 放送局の意向で、前番組「刑事犬カール」のカールのカメオ出演やウルトラセブン、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオのゲスト出演が実現した。ウルトラ戦士の客演に関しては、脚本の阿井文瓶がこちらにも参加していた[13]ことや、国際放映が当時円谷プロダクションと撮影や事業面で協力関係が深かったことなどの経緯から実現したものであり、厳密にウルトラマンシリーズの世界設定まで共有されてはいないが、おゝとりゲン(ウルトラマンレオ)は真夏竜が出演して、「ウルトラマンレオ」本編と同一人物として描かれていた。, 2012年3月の第4回沖縄国際映画祭にて、特別上映の「リスペクト上映・リスペクトヒーロー&ヒロイン」の上映作品に『ウルトラマンタロウ』や『仮面ライダーV3』とともに選ばれ、第1話・第22話・第43話・第68話が上映された。その理由として、, 第2期で主演した大場久美子が、コメットさんの衣装である黄色いホットパンツ(サロペットショートパンツ)[24]をドラマの中で着たのは、第1話・第22話・第43話・第57話・第68話のわずか5回だけで、それ以外は普通の服を着ている[25][26]。これは、制作したTBS及び国際放映と大場の当時の所属事務所であるボンド企画との約束で、ドラマ以外で衣装を着用することが制限されていたためだった。そのため、コメットさんの衣装でドラマ以外のTBSの番組に出演したのは、1978年6月6日に放送された『ぴったし カン・カン』にゲスト出演した時だけで[27]、この衣装でコンサートで歌ったのは、1979年3月22日~28日に東京・有楽町の日本劇場で行われた「私はコメットさん☆ 大場久美子ファースト・ショー/スプリング・サンバ」で披露しただけであった[28]。プロマイド用に撮影した写真も、公式プロモーション用写真との同時撮影だった。, この衣装は、当時の大場の担当スタイリストがデザインした物といわれ、スカート調やレオタード調も衣装の候補としてあった中から採用された。, ドラマ終了後に初めて着用したのは、1983年ごろに放送(詳細な放送日は不明)された『今夜は最高!』(日本テレビ)だった。メインゲストとして出演し、「コメットさん」を再現したコント[29]の中で披露した[30]。, その後、1993年7月19日に放送された『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ)でメインゲストとして出演した際、コントの中で当時のVTRを見せられた後で披露した。これは所属事務所の倒産により、当時の約束が事実上消滅したためであった。この時着用した衣装は番組が用意したもので、衣装を再現して新たに作成したものだった。, 再び衣装を着用するのは、2006年6月16日~18日に東京・赤坂のシアターVアカサカで行われた「上方喜劇の会」での事だった。この時の演目・「トホホな甚五郎」のストーリー上、「コメットさん」がキーワードとなっていたためだった。この頃も、「コメットさんの衣装を着てほしい」という仕事の依頼は多かったのだが、大場はほとんど断ってきた[31]。だが、「本格的な喜劇は初めてなので“解禁”しました」と言って舞台に立った。 アニメ版タグ→コメットさん☆, 九重佑三子による第1作(1967/7/3~1968/12/30)、第1作と連動した横山光輝による漫画、大場久美子による第2作(1978/6/12~1979/9/24)、およびアニメ版『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』(2001/4/1~2002/1/27)が存在している。 ID: h123aaMW3i, https://dic.nicovideo.jp/t/a/cosmic%20baton%20girl%20%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%95%E3%82%93%E2%98%86, キーワード「Cosmic Baton Girl コメットさん☆」でニコニコ動画を検索, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 宇宙空間でのハチミツの不思議な状態が話題に 「遊びは科学の一部なんだ」(カナダ)<動画あり>, 「中学受験にもはや国算理社は不要か」謎解き入試、読書感想文入試…ユニーク入試で入れる穴場校リスト.

『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』(コスミック バトン ガール コメットさん)は、TVドラマ『コメットさん』を原案[1]として、2001年4月1日から2002年1月27日にかけて、テレビ大阪・テレビ東京系列で放送されたテレビアニメ。, 本作は、過去に製作されたテレビドラマ版を含めると『コメットさん』の3作目にあたる。原案は、TVドラマ版『コメットさん』制作局の国際放映。第1作放映の時に漫画を担当した横山光輝はテロップに出ていない。, テーマは「輝き」。視聴対象である子供たちに「君たちのいる世界は、こんなにも素敵に満ち溢れている事に気付いて欲しい」との製作サイドの願いが込められている。[2], 企画は東宝・タカラ双方による玩具先行でスタート。監督:神戸 + シリーズ構成・脚本:おけやの二人体制でまとめられていった。キャラクター設定は難産を極め、コンペで選ばれた「まきだかずあき」の初期案、中期案は当初比較的リアルな体型のデザインであったが、タカラサイドの反応は鈍く、逆に提示されたタカラ案を踏まえた後期デザイン[注 1]より、立体化(ドール化)を意識し、よりスマートな体型、シューティングスターの意匠を付加した現在のデザインでまとめられた。, コメットの故郷を「トライアングル星雲」にある3つの王国のひとつとして設定し、この世界を統べる星国の王子のお妃候補がコメットで、同じ星雲内にコメットと同じくお妃候補でライバルとなるメテオが存在するという構図を敷いた。逃げ出した王子を探すという明確な目的が与えられているものの、実際は地球に数多ある「輝き」を、13歳という多感な少女に感じ取らせることで、テーマを浮かび上がらせている。この13歳という視点は、登場人物が幼い子供から老人まで幅広い年齢層がある中で、双方の視点で輝きを見いだせるちょうどよい視点として設定されたものである。演出においては、「子供向けTVマンガの枠ではなく、少女を主題に撮影する映画」を意識して演出がされている。作中で多用される「四角いアイリスアウト」も、こうした映画的表現を求めて行われた一つである。これは「黒一色のバックの中央にやや小さな正方形を空け、その中に風景を写しこむ」技法であり、登場人物の心象を描く場面などで使われている。この技法は神戸が以前手がけていた教育映画で行った手法であり、今作品では強調したいところで使うようにしたと、DVD-BOX2のブックレット内収録の神戸と岸川靖の対談の中で神戸が語っている。, 丁寧な日常表現は反面、作品の魔法少女物としての派手さを抑えることになってしまう。後半は一転し、従者の「ラバボー」が「ラバピョン」と恋仲になることで発生した恋力による「ラブリンドレス」によるコメットの能力バージョンアップや、ケースケ、イマシュンらとの微妙な恋愛模様を作品に盛り込み、なにより前半おざなりだった「王子の行方探し」を本格化させるなどしたが、作品自体は放送10か月で終了となった。, 本作ではテレビドラマ版で初代コメットさんを演じた九重佑三子がコメットの母(王妃)役、二代目コメットさんを演じた大場久美子がコメットの叔母役で声優を担当しており、それぞれストーリーに関わる重要な役割を与えられ、作品に花を添えている[注 2]。東京都千代田区のダイヤモンドホテルで2001年2月26日に行われた本作の制作発表会見には、九重・大場・前田の3名の歴代コメットが揃って出席した[3]。タカラ・ショウワノート・NECインターチャネル他協賛による「コメットさん☆星の国キャンペーン」の特賞で、本作でコメット役を務めた前田亜季を含めた3名の歴代コメットとの記念撮影会が用意された。, 神奈川県鎌倉市がモチーフとなっており、電車や駅周辺は江ノ島電鉄を、藤吉家周辺は鎌倉市住宅街を、海岸は由比ヶ浜・稲村ヶ崎・七里ヶ浜をモデルとしたものである。, 放送期間中は江ノ島電鉄の駅や街中にポスターやステッカーが貼られ、街をあげてのキャンペーンが行われた。2001年10月28日には「コメットさん☆」フェスが開催された。三代目コメットの着ぐるみが街を歩く、江ノ電鎌倉駅の一日駅長に初代コメットの九重佑三子と共に任命されるなどして盛り上がりを見せた[4]。, トライアングル星雲にある三つの星国(ほしくに)が集う、お披露目ダンスパーティから逃亡したタンバリン星国の王子を捜すため、ハモニカ星国の王女コメットとカスタネット星国の王女メテオは遙か彼方の星である地球に向かった。王子を探し出す手掛かりは、「瞳に輝きを持つ者」ということだけ。コメットは慣れない地球で初めて出会った藤吉家のお手伝いさんとして地球に居候し、王子を探すこととなる。しかし、実は王子探しは地球に行く口実で、過去に母や叔母も行ったという地球に自分も行ってみたかったというのが本音であった。, 果たしてコメットが降り立った地球には、コメットがまだ知らなかったさまざまな輝きをもつ者に満ち溢れていた。それは、夢の世界が身近に存在する子供たち、夢や希望に向かって努力する若者たち、自らの夢を見つけ、夢や希望に向かう子供や若者を時には支え、時に厳しく鍛える大人たち、そして昔の夢を大切にしている老人たち、それぞれが放つ輝きだった。コメットはそんな者たちの悩みや願いを、星力を使って解決し、あるいは後押しする。コメット自身もまた、ライフガードを目指す三島佳佑(ケースケ)、ストリートミュージシャンからスターダムに駆けあがった今川瞬(イマシュン)との出会いを経て、夢を追う一人の少女としてときめき、悩む日々の中で輝きを放つ。, ライバルのメテオは、娘を亡くした老夫婦の娘として地球に潜伏して王子を探す。時にはコメットと協調してトラブルを解決することもあった。やがてメテオはイマシュンに熱を上げるようになる。, 先輩の星使いでコメットの叔母の柊美穂(スピカ)との再会は、コメットに心から相談できる頼もしい存在としてひと時の安らぎを与えるものであった。その美穂の元従者のラバピョンとコメットの従者ラバボーは恋仲となり、それはコメットに「恋力」という新たな魔法力を与えることとなった。しかしこの恋力は、二匹の愛の影響だけではなかった。, タンバリン星国から王子を捜索しに来たミラ・カロン姉弟らが加わり、王子探しはいよいよ本格化するが、秋にオーストラリアへライフガードの修行に旅立ったケースケが、年を明けたころに日本に戻ってくる。しかしケースケはどうにも腑抜けており、以前の輝きがない。コメットはそんなケースケを励まそうとするが、美穂のアドバイスもあり、彼が実はタンバリン星国の王子「プラネット」であり、ケースケとすり替わっていることに気付く。王子は「自分はトライアングル星雲の未来を一方的に託されることがいやで、地球に逃げてきた」こと、「コメットやメテオは地球で輝きを見つけたが、自分は見つけ出せていない」ことを、男装して解りあおうとしたコメットに打ち明ける。しかし、プラネットの侍従長ヘンゲリーノから「王子の輝きは、二人の姫のどちらかによって得られるもの。御帰還を」と進言され、またコメットの頼みもあり、帰還を拒んでいた王子は自星に戻る。, これによりコメットもメテオも目的が果たされたため、各々の星へ帰らねばならなくなる。メテオは老夫婦が寂しくないようにとビデオクリップを作って帰り支度を整え、コメットは地球から離れたくない思いにかられながらも、星の子たちが自分の帰りを待っていることを知り帰る決心をする。その帰還途中、王子よりお妃候補決定の連絡が届くが、王子はどちらも選べず、王女二人に選択を託す。しかし王女たちも選択できるわけもなく、事は振り出しに戻る。その後、王子が「今度は自分だけの輝きを見つける」と再び地球に行ったと聞かされ、王女二人も地球に向かう。, 新たな輝きを求め、星の子たちの力を得て、星の導きで再び地球を訪れたコメット。彼女が最初に訪れたのは、コメットが一番会いたかった人、ケースケの元だった。, コメットの地球での居候先。コメットが地球に来た当初、当てもなくさまよっていたところに救いの手を差し伸べる。, メテオの地球での里親。老夫婦二人暮らしで、かなりの資産家。そもそもはメテオが第2話で星力を使って、強引に二人の娘になりすましていた。二人は若いころ、ちょうどメテオと同じくらいの歳のメテオそっくりの娘・美沙子を失っており、メテオを「美沙子が名前を変えて帰ってきた」ものとして受け入れ、二度と失うまいと大切に育てている。つまり、メテオと風岡家との関係は、偶然ではなく星の子の導きによる必然のものである。第17話でメテオはこの事を知り、本当の娘のように愛してくれる風岡夫妻の気持ちに応える。これ以降、わがまま放題であったメテオは肩の力が抜け、少しだけ素直になる。, コメットらトライアングル星雲の住人は、「星力」と呼ばれる一種の魔法を使用するが、これは当人が持つ力だけでなく、星の子らにお願いして分けてもらう力でもある。これの使用について、コメットを例に使用プロセスを紹介する。また、コメットらが使うアイテムも本節で合わせて紹介する。, 資料によって「ティンクル」/「トゥインクル」といった表記のぶれがあるが、本節では「トゥインクル」に統一する。, 奈良テレビ、アニメシアターX以外の出典は2001年7月中旬 - 8月上旬時点のものとする[7]。, 「星の子ネットラジオ」というタイトルの、ファン独自の企画立案によるインターネット放送。制作スタッフ公認。, 音楽著作権などをすべてクリアした上で大々的に放送が行われた。著作権者やJASRAC公認の個人運営によるインターネットラジオストリーミング放送は日本でも初のケースであったという。, 魔法のステージファンシーララ - ガサラキ - それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ - ぐるぐるタウンはなまるくん, Cosmic Baton Girl コメットさん☆ - ギャラクシーエンジェル(第2期) - ぴたテン - ギャラクシーエンジェル(第3期) - デ・ジ・キャラットにょ - マシュマロ通信 - おねがいマイメロディ - おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 - アニメロビー(おねがいマイメロディ すっきり♪・ロビーとケロビー) - おねがい♪マイメロディ きららっ★ - ジュエルペット, ピンクを基調に、ピンク色のショートヘア、妖精をイメージした羽根状のマントや帽子の意匠は、まきたのオリジナルである。このデザイン画(『コメットさん☆ メモワール・ド・エトワール』 11頁)は、同じタカラが提供の1995年作品「, コメットやメテオは、地球の学校には通っていない。このためコメットに至っては特にパニっくんの母に素行を怪しまれており、「学校は卒業した」と説明している。, DVD収録の第43話は、放送時のエンディングの替わりにBGM『星のトレイン』をバックに、全本編の映像を交えてエンドテロップが流れ、その中に、収録を見合わせた写真を応募した視聴者の、氏名のみが表示された。, 作中では、イマシュンがメテオにプレゼントした曲としているが、元はコメットにささげたものであった。, 本曲のアコースティックバージョンが、ベストソングコレクション「また逢う日まで」に収録。, 『コメットさん☆ メモワール・ド・エトワール』2003年7月 ネヌディエスコーポレーション刊 158頁「原案:国際放映」, 『コメットさん☆ メモワール・ド・エトワール』2003年7月 ネヌディエスコーポレーション刊および、DVD-BOX解説ブックレットより。, 『コメットさん☆ スター・ダイアリー』の神戸・おけや対談、82頁より。コメット、メテオの呪文がそれぞれフランス語、ドイツ語が由来であることからも分かる通り、ハモニカ星国=リベラルなフランス、カスタネット星国=厳格なドイツのイメージである。またタンバリン星国は伝統のイタリアのイメージとのこと。これは対談時の神戸の話を聞き手が星国の印象にまとめたもので、実在の国の実像とは異なる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Cosmic_Baton_Girl_コメットさん☆&oldid=80054132, 必要があれば天空にバトンを掲げ、星力をここに溜める。この際、星たちに対し力を借りるお願いの呪文を唱える。, 呪文:「星の子たち、私に星の力をください。皆が持っている力を、一つの輝きにして…。」, これでバトンを振れば、他のアイテムの出現など簡単な星力を行使できる。星力が無くなると力は使えなくなる。, さらにバトリングアクションを行い、星国での姿であるミニドレス姿(星力ver.)に変身する。これにより星力を最大限に使用できる。, 呪文:「幾千億の星の子たち。きら星の輝きを、そして幾多の力を、私の星力に変えて…。エトワール!」, ラバボーが恋力が影響した状態でペンダントに入ると、その形が星型からハート形に変化する。, ペンダント上部のスイッチに両手親指で押し、ラブリンドレス姿に変身する。(第21話では、本人の意思とは関係なく変身した), バトンの上方ハート部に軽くキスし、呪文を唱え星力を行使する。星力はより強力な恋力となって効果を発揮する。, 呪文:「幾千億の星の子たち。きら星の輝きを、そして幾多の力を、ラバボーの恋力を、私の星力に変えて…。エトワール!」, ミルキーウェイ(C/W) - 作詞:うらん / 作曲・編曲:大久保薫 / 歌:新堀奈夕, トゥインクル☆スター(前期ED) - 作詞:うらん / 作曲・編曲:大久保薫 / 歌:, ミラクルパワー〜スターダスト☆バージョン〜 (後期OP) - 作詞:松本悠 / 作曲:白川明 / 編曲:渡部チェル / 歌:中山静香, 星に願いを(C/W) - 作詞:うらん / 作曲:大久保薫 / 編曲:太田美知彦 / 歌:中山静香, 星のパレード☆(後期ED) - 作詞:うらん / 作曲:白川明 / 編曲:渡部チェル / 歌:田中小百合, コメット☆ソング(C/W) - 作詞・作曲・編曲:小西春菜 & 近藤由紀夫 / 歌:田中小百合 / コーラス:有楽町コメットさん☆コーラス隊 青年部・牧の原千壇キッズ, コメットさん☆キャラクターソングコレクション「笑顔の日曜日」(2001年7月25日発売 NECA-30043), コメットさん☆キャラクターソングコレクションII「コメット☆ソングス」(2001年11月29日発売 NECA-30053), コメットさん☆ベストソングコレクション「また逢う日まで」(2002年1月26日発売 NECA-30057), コメットさん☆VOL.1 - VOL.11(発売元:NECインターチャネル・販売元:東宝), コメットさん☆DVD BOX1 - BOX2(発売元:NECインターチャネル・販売元:東宝), 「きらめくバトンガール」 - 作詞:松本悠 / 作曲・編曲:渡部チェル / 歌:千葉紗子, 「My Muse」 - 作詞:山田ひろし / 作曲・編曲:太田美知彦 / 歌:メテオ(本多知恵子), 『コメットさん☆ スター・ダイアリー』(旭屋出版アニメ・フィルムブックス) 2002年8月7日、.