こんにちは。最近GO HOMEという面白いホラーゲームが流行っていますね。操作方法やクリア目的は明確なのですがシナリオが難読だと話題です。そこで今回私なりの考察を記事にしてみました。よろしければぜひご覧ください。それではどうぞ。, これは少女の臨死体験ではなく大人になった主人公の回想であると思われます。事故発生後少女は1人であの家に住んでいました。しかし現在取り壊しが決まってしまい耐えられなくなった主人公は、屋上から飛び降りる前に当時の事件を振り返っていると思われます。なぜそう言い切れるのかと言いますと、異形の正体となぜゲームオーバーになるのかについて考えてみればわかっていただけるかと思います。, 回想に登場してくる異形は全員事故で失った関係者であると思われます。エンディングで像に載っている首なし男は父親であることが示唆されているためです。これは恐らく事件によって頭部を激しく損傷したのでしょう。(また下部分が像なのは男性のシンボルを表現している?)またその異形にぶつかってゲームオーバーになるのは振り返った記憶の懐かしさに耐えきれず屋上から主人公が飛び降りたことを表現しているのだと思います。(先の首なし男を例にとると、「あぁ父とこの道をよく歩いたなぁ。懐かしいなぁ…」など)このように考えると回想であることの証明になると思います。臨死体験だと父親と母親だと思われる遺影があるのはおかしいですからね。また回想の中で家の前で主人公の飛び降りに巻き込まれゲームオーバーになってしまうシーンがあります。あれは過去に耐えきれずに飛び降りそこで回想が終了したことを表現しているのだと思います。, またクラウディア=現在の自分であると思われます。なぜ少女の後ろからクラウディアが追跡してくるのか。それは過去の自分を記憶で追っているからだと思われます。その中で少女を激しく襲って来て捕まるとゲームオーバーになってしまうのは、主人公の衝動的な悲しみを表現しているのではないかと思われます。また家の中にまで入ってきたのは我が家を振り返りながら「ここはもう私の家じゃないんだ」と自答しているんだと思います。, 事故直後の少女と家で一緒に過ごしてくれる存在は金魚しかいませんでした。その中で少女は寂しさを紛らわすために金魚とずっと見つめあっていました。クラウディアは過去の自分を追跡する主人公の化身です。それは少女を見つめる存在であるということであり、金魚が行っていた行動と同じです。そのためクラウディアと金魚のビジョンが重なっているのではないでしょうか。, 最後クラウディアが屋上から事故直後の場所まで橋渡しをしていたように見えました。それは主人公が死のうとしていた場所から少女が生き延びた場所で回想を終えることで、過去を乗り越え生きることを表現したのではないかと思われます。玄関にいた少女に「ここはもうあなたのお家じゃない」と主人公は言いました。これは実際に少女がそこにいるのではなく過去を乗り越えようと自分に言い聞かせていた表現だと思います。またラストシーンで「雲の上はもういいや」「色褪せたって消えやしないんだ」というメッセージがありました。これは死ぬことを辞め、思い出は家が取り壊されたところで消えないということを暗示しているのだと思います。, 以上が私のGO HOMEの考察です。しかし犬と縄跳び人間、家にいた鬼のお面をかぶった人などの考察がまだなので随時更新していきたいと思います。(今のところ事故直後犬は家にいたが飼えなくなったと考えています。しかしまだ顔がクラウディアである理由が分かりません。), 「壁に向かって喋ってろ」と言われるようなことを認知キャパシティの確保のために投稿しています。, 【解説】ジャック・ザ・リッパーは変わらぬ愛を求める悲しき殺人鬼【終末のワルキューレ】. 4.

リトルナイトメアを色々考察してみた 注:5/8一部追記・改変 『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』の可愛らしさと不気味さのバランスは素晴らしい。普段はホラーゲームを敬遠してる人達も興味を持った様子が伺える。 情報量も少なく余りストーリーを考察 … 製作はImCyan(アイムシアン)さんが手掛けています。 鈴村リク (@alfbds0954) です。, はてなブログの今週のお題「怖い話」 ということで 毎年1~2本の新作がコンスタントに発表され、特に夏ごろに新タイトルが出るのでオンライン肝試しとして界隈では人気です。 この書き方は昭和以前の書き方であり、彼女がこの世界に完全に取り込まれてしまった証左でもあるのです。 今回は田舎を舞台にしているからか特に湿度の高いホラー演出が多く、この季節にプレイするにはぴったりだと感じました。 ある意味おばあちゃんも怪異に取り込まれた被害者の1人だったのかもしれませんね。 これまで安全圏から見ていたのに急に現場に駆り出されて、しかも相手は話の通じないバケモノだし。

2020年09月26日 18:12 ダ・ヴィンチニュース どれも素敵な作品ばかりです。 「考察しようとすると闇が深い」「予想の斜め上」 ホラー? 感動? 伏線たっぷりでハマる人続出のこのマンガがすごい. このゲームでは日を追うごとに、背景が「過去(昭和)」に侵食されていきました。 ホラーゲームは自分自身で操作しなければならないので、怖さが倍増する。しかし、恐怖に慣れてしまうと、興味を失うことが多い。そこで、怖いだけでなく、飽きない作りとなっているゲームを紹介していく。是非、プレイしてじっくりと堪能してほしい。 令和から2つも元号が離れてしまった現在では昭和を漠然としか捉えられない人も多くなってきました。 『つぐのひ-昭和からの呼び声-』はブラウザで、過去のシリーズはiPhone/Androidアプリ『ゲーマガ』でもプレイできますので、怪異に取り込まれたい方は、ぜひプレイしてみてください。, とある魔術の禁書目録(インデックス)II 一方通行 (アクセラレータ) (1/8スケール PVC製塗装済み完成品), 人生に追われながら謎解きとボードゲームとブログ更新の時間を必死こいて捻出しています。好奇心を満たしたい欲高め。人間力とアンテナは低い。, 【ボードゲームレビュー】 レガシーコード(LEGACY CODE)-日蝕の物語-/-月の物語-, 【ボードゲームレビュー】 皆で作り出す、理不尽ルール 『テストプレイなんてしてないよ レガシー』.

ホラーゲームは自分自身で操作しなければならないので、怖さが倍増する。しかし、恐怖に慣れてしまうと、興味を失うことが多い。そこで、怖いだけでなく、飽きない作りとなっているゲーム …

操作方法は主人公を左に動かしていくだけというシンプルなシステムであり、30分もあれば誰でもエンディングに辿り着く、ライト目なゲーム。 Visageは怖いけど考察が楽しいゲームって本当?読み方も紹介!のまとめ Visage…あんな屋敷でたった一人目覚めてしまったプレイヤーが気の毒すぎますよね。 画面等の視覚的要素は勿論 … All Rights Reserved. Copyright (C) 1999-2020 mixi, Inc. All rights reserved. マンガがアップされるたびに、内容をめぐって憶測が飛び交う。ホラーかと思いきや、感動的。感動の物語かと思いきや、ゾッとするオチ。いや待てよ、もしかして気が付いていない伏線があったのではないか。そう何度も読み返してしまうマンガをTwitterで発信しているのが、誰でもないさんだ。, こんな話もあり、読者からは「考察しようとすると闇が深い」「……そうきたかぁー!! ホラーゲームは自分自身で操作しなければならないので、怖さが倍増する。しかし、恐怖に慣れてしまうと、興味を失うことが多い。そこで、怖いだけでなく、飽きない作りとなっているゲームを紹介していく。是非、プレイしてじっくりと堪能してほしい。, 概要これは怖すぎて放送禁止になったSIRENのCMだ。見てわかるように相当怖い。簡単に言うとゾンビ系ホラーであるが、ゲーム内の雰囲気は暗く、ジャパニーズホラーらしいゾクゾクさせる演出が多い。この作品に出てくる、ゾンビはいわゆる不死で、時間がたつと復活する。なので、一度、無力化しても安心できないのだ。また、操作キャラクターは基本、無力なので、必死に護身道具を探したり、うまく敵から逃れる必要があるのだ。全体を通して難易度が高く、ホラーゲームであると同時に鬼畜ゲームでもある。SIRENは群像劇風にストーリー進むため、操作キャラクターがコロコロ変わる。群像劇の利点を十分に活かしており、様々な角度からSIRENの世界を体験することができる。ストーリーがかなり秀逸で、とにかく面白い。ホラーゲームの中でここまでストーリーが練られているものは中々ない。, あらすじ本作の主人公、須田恭也は、羽生蛇村で起こった一人の村民による全住民の大虐殺とい事件の噂に惹かれ、羽生蛇村を訪れる。羽生蛇村付近の山中で、村で行われていた怪しげな儀式を偶然目撃した直後、異変に巻き込まれた。死んだはずの人間がサイレンの音とともに生き返る。そんな異変が起こる中で、須田は一人の少女、神代美耶子に出会う。須田は彼女とこの村からの脱出を試みるが…, オススメのプレイスタイル基本、自力で進めていってほしいが、詰まる部分があったら、積極的に攻略本、攻略サイトを使うことを勧める。ヒントも何もないので、自分の力だけでクリアするのは、かなり難しいと思われる。, SIRENのすべてが載っている本。なかなか、ゲームだけでは、ストーリーの完全な理解は難しいので、プレイ後の購入を勧める。これを読むとSIRENのすべての謎が明らかになり、面白さが数倍に膨れ上がるので、オススメである。, 他作品SIREN2PS2のソフト。ストーリーの難解さは初代以上。海を舞台としている。新敵、「屍霊」「闇霊」「闇人」が登場する。SIREN: New TranslationPS3のソフト。初代のリメイクであるが、登場人物の多くが外人になっていて、ストーリーも変更されていて、分かりやすくなっている。, 概要PCゲーム、PS4のゲーム。隔離された精神病棟を舞台にしている。主人公はビデオカメラだけを持ち、探索を行う。武器を持つことはできず、ただ敵から逃げたり、隠れなければならない。また、ビデオカメラを頼りに暗闇を歩き回っているため、バッテリーを拾いつつ、探索する必要がある。敵は一度、主人公を見つけると、執拗に追いかけてくる。そのときのBGMが焦燥感を引き立て、恐怖を生む。また、敵は神出鬼没で、いつ何時も気が抜けない。ゲーム性は単純だが、恐怖を駆り立てる点において、非常に評価が高いホラーゲーム。日本版はまだ出ていないが、近々、発売予定であるらしい。, あらすじフリージャーナリストのマイルズ・アップシャーの元に匿名の人物から謎めいたメールが届く。 そのメールによると、マーコフ・コーポレーションという会社が慈善事業として運営している精神病院で、非人道的な手段を用いて莫大な利益を得ているという。 早速愛用のハンディカムと共にアメリカ・コロラド州の山頂にそびえる巨大な隔離施設「マウントマッシブ精神病院」を訪れたマイルズだったが、彼を待っていたのは血と暗闇と狂気の支配する地獄だった。 ここで何が起こったのか?ここで何が行われていたのか? そして畏れと共に囁かれる言葉「ワールライダー」とは何を意味するのか。 マイルズは恐怖の中、真相に向かっていった。, 概要DSのゲーム。「プレイすると一週間後に死んでしまう」と言われている「呪いのゲーム」に手を出してしまった、主人公がその謎を解き明かすゲーム。 一人称視点で、現実世界を歩き回りながらら、TSと呼ばれる携帯ゲーム端末に配信される「呪いのゲーム」をプレイしていくスタイル。「呪いのゲーム」はオーソドックスなRPGなのだが、ストーリーが進行するにつれて、不可思議な現象が次々と起こる。一人称視点のときは、ゲームの謎を解くために、病院や学校などを探索するが、「ルグレ」と呼ばれる幽霊から逃げなければならない。「呪いのゲーム」では、生理的な怖さ、一人称視点では、視覚的な怖さが体験できる。また、両者はリンクしていて、「呪いのゲーム」内での行動が現実世界に影響を与えることがある。, あらすじある日突然、TSに配信されてくるという謎のゲーム。そのゲームをプレイした人間は、七日以内に死に至るという。大学で講義を受けていた主人公のTSに、突然ゲームが配信されてきた。ゲームの送り主で、主人公の先輩のオダカはそのゲームにハマってしまい、最近大学に姿を見せなくなってしまったという。友人のリコに頼まれ、主人公はオダカのマンションに彼を呼びに行くことになる。しかし、そこで待っていたのは、数々の不可解な現象と謎のゲーム配信、そして死体となったオダカだった。主人公は、自らにも迫る死から逃れるため、恐怖の七日間を過ごすこととなる。, Wiiのソフト。いわゆる、お化け屋敷ゲームである。プレイヤーは佐伯家に引っ越してきた一家である。プレイヤーは懐中電灯をもっており、電池がすべて無くなると、ゲームオーバーである。敵は、映画「呪怨」でおなじみの伽椰子と俊雄である。びっくり要素が強く、呪怨特有の生理的な怖さもある。呪怨の雰囲気を忠実に再現できている。だが、ストーリーがほとんどなく、ボリュームがかなり少ないのが、たまにきず。友達と一緒にワイワイしながら、やるのがオススメだが、怖いので苦手な人は注意。, 『SIREN』とは、2003年にソニー・コンピューターエンタテイメントが開発、PlayStation2用に販売されたホラーゲームである。他人の視界を利用してマップを見渡せる幻視ジャック(視界ジャック)や純日本風の舞台設定など、他にはないシステムや世界観から、国内外で大ヒットとなった。主人公の進め方次第でシナリオの難易度が変化はするも高難易度であることも知られている。, 国内でプレイ可能なホラーゲームの数々。 その際、横書きの少女のセリフが一瞬だけ右から左のレイアウトとなるシーンが挟まれるんですね。 閉じられた世界が拡張して私たちの世界を内包してしまった時、その不条理さは私たちにも襲い掛かってきます。

フリーのホラーゲームっておもしろいの?無料のホラーゲームはどんな感じ?そんな疑問のある人におすすめ!名作ホラーゲームもたくさんフリーであるんです。今回は、そんなおすすめできる名作無料ゲーム … 全国150万人の”一方通行ばかりの道路が苦手”な皆さまいかがお過ごしでしょうか。

そんな「つぐのひ」シリーズの魅力はなんといっても繰り返す世界で滲み出す恐怖がインフレしながら襲い掛かってくるところ。 Chilla’s Art(チラズアート)氏による日本の民家を舞台にした和風ホラーゲーム「おかえり」。学校から帰宅した少女を出迎えた存在とは…, 短編ホラーとなっており、1時間程度でエンディングを迎え手軽に遊べる作品になっている。, 最近新しい家に引っ越して来た中学生の少女。午後6時に学校から帰宅した少女は母が居ると思い「ただいま」と声を掛ける。しかし、その家には誰も居らず、少女を出迎えたのは不可思議な現象であった…, というストーリーがバックボーンとして存在し、プレイヤーは少女を操作し物語を進めていく。VHS風のグラフィックが特徴的で、まるでプレイヤーがビデオテープを再生し見ている感覚を覚え、不気味さと恐怖がより煽られる。, 家の中は静まりかえっていた。部屋を見て回る少女だが、なぜか各部屋には鍵がかかっていた。空いている部屋が無いか確認していると、何処からともなく鍵の開く音とドアの開く音が聞こえて来る。, 逆さまになったリビングの家具、居ないはずの猫の鳴き声、床を走り回る足音、様々な出来事を体験する少女は親の部屋で鍵付の箱を見つける。そしてノートに書かれた5つの場所。鍵の暗証番号のヒントになると、5つの場所を見て回りながら5桁の番号を調べて行く。, そして、わかった暗証番号で鍵を開けた箱の中には、1通のメモが入っていた。その内容は「借金」について書かれていた。, まさか自分の家族が借金していた事とは知らなかった少女は、動揺しながらも家の中を彷徨う。そしてドアの開いた部屋が目に入る…今までは鍵が掛かっていたのだが…, 今まで開かなかった一室のドアが開いており、その中で自身の母親が首を吊っている所を目撃してしまう。血の涙を流しながら亡くなっている母の姿を見て、少女は涙を流し声を上げるのだった…, 母親の側に置いてった1通の手紙、それを手に取ると視界は暗転する。そして4時間経過した後の物語から開始される。, そこはとある山道、辺りは暗く静寂に包まれていた。少女は山道を上って行き、ある神社に到着する…, 人の気配のしない神社の中には、一つの椅子と先が輪になったロープが天井から垂れ下がっていた。, 母親がロープにより吊られている姿に違和感がある事(ロープの輪っか部分に手を掛けている点)から自分の意志ではない事が読み取れる。少女の家族は、この家に引っ越して間がない事からも、母親の最後の姿に自身の意思が介在していない事はほぼ確定。, そして母親のメモと思われる物を見ようとした瞬間に視界が暗転、そして4時間経過する点。作中であれだけ独り言を言っていた主人公の少女が、4時間後から一言も喋らない事から、エンディング前にプレイヤーが操作する人物は少女でない可能性がある事。, 借金苦により精神が疲弊していた母親と、その母親の最後に深い精神的疲労を負った少女。この2人の心の隙を突き取り憑いた霊が、2人を亡きものにし、魂を抜き取ったという解釈。, 上記で述べた2つの考察ポイント。そしてもう1つのポイントとして、メタ的な所を切り口とした制作者の兄弟がアメリカ育ちだという点。, 海外では悪魔が人間の魂と取る時に、対象者の精神を追い詰め自暴自棄にさせ、その弱った精神を惑わし魂を悪魔に与える事を承諾させる(すなわち命を与える)という話がある。, この3つのポイントから導き出される仮説が、和風ホラーに海外の悪魔の魂を奪う方法を重ね合わせて制作された可能性が考えられる…のだが…, 和風ホラーとしての家に誰もいない不気味な雰囲気は良く表現されおり、和風ホラーにふさわしい「想像する恐怖」を感じさせてくれる。, 考察で述べた可能性もあるが、あくまで一個人の考えに過ぎず、公式な説明があるわけでもないため物語の不可解さは不明なままだ。, 「[わたブログ]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」, ヤンデレを選んで逃げ…ホラーゲーム【YANDERE NO SUTOKA】の紹介や感想.