Bulletをドラッグ&ドロップしてください。, 最後に④のThrustの値を1000にして弾の

Unityでゲームの作り方が楽になる7つのポイント Unityでゲームの作り方が楽になる7つのポイント 2019.4.10 まだまだ新米です!

次の記事も楽しみにしています。無理せずに頑張ってください。, >紅白パンダさん モノなのか場所なのかを区別してる。って事だね。, void Start() { // 手札を1枚配る(自分) Instantiate(cardPrefab, playerHand); }, void Start() {} は、

教えてあげれられるのだ!, ※あくまで「初心者でもわかる」という趣旨で説明をするので、正確な表現でない場合があります。正確な意味を知りたい場合は、他のサイトでも調べてみてください。, (ものすごくざっくり言うと) 今回はステージのBackgroundを作ります。, >> Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】, テンプレートを2Dを選んでプロジェクト名は”Tetris”など保存先は好きな場所に保存してください。作成ボタンをクリック. 地面よりも上に来る様に上に引っ張って移動させておきます。, Project内にある、①のM4A1_PBRをクリックして、 色々と複雑になっていきますが、楽しく学びましょう!!!, テトリスの作り方-7に入りました。 次のコードをコピー&ペーストするか同じ記述にしてください。, ⑧の先程作ったBulletスクリプトを、Hierarchy内にある②の

って気持ちになっちゃうよね。 実際に見せるとこんな感じ↓ 爆弾は、スマホ系のパズルゲームでよく用いられるアイテムで、周囲のボ... unityパズルゲームの作り方講座の第4回ではタグを使った衝突判定とボール落下処理を実装しました。 お問い合わせはこちらから Unityって神?? ・趣味:ゲーム / 旅行 / 英語 / 読書 ②.プログラムの記入(コピペでOK) 爆弾の作成 パズルゲームの作り方講座の第3回ではunityスクリプトの書き方・使い方の導入を行いました。 前回の記事↓ 第4回では、大きく分けて次の2つの処理を作成していきます。 ボールを落とす位置の調整 ボール … モノ(この場合では”cardPrefab”)を 何も知らない初心者がカードゲームアプリを作ろうとした結果www assetstore.unity.com, 続いてアセットのインポートをしていきます。 ゲームが実行されると一番最初に動くプログラムのこと。, どのレベルの人が読んでくれてるのかわからないので、コメントによってはそのレベルに合わせて書いてくので!, これはコメント行と言って、プログラム上でも 無料資料請求でスクエアエニックスのゲーム開発企画の動画もらえるので見てみるといいですよ。. さっき作ったGameManagerを貼り付けしていくよ。, ①.Hierarchyウィンドウ(画像でいう左側のウィンドウ)の”PlayerHand”をドラッグして、Inspecterウィンドウ(画像でいう右側のウィンドウ)のPlayerHandのスペースに貼り付けよう。, ①.Card(第一回目で作ったカードプレハブ)を、InspecterウィンドウのCardPrefabのスペースに貼り付ける。, こうやって紐づけすることで、 前回の記事↓

Model→Prefabs→for Locomotion→unitychanをシーンビューにドラッグ&ドロップしてください。, 座標がおかしいと感じた場合はPositionの値をX~Z全て0(ゼロ)にすると真ん中に移動してきます。, このときAutoBlinkスクリプトにエラーが発生する場合があります。このときは8行目をコメントアウトすることでエラーを回避することができます。, エラーなく動作できた場合、上矢印キーで前へ、下矢印キーで後ろへ、右矢印キーで右回転、左矢印キーで左回転するユニティちゃんを召喚できたと思います。, その前にユニティちゃんのプレハブ化を解いておきます。ここでは詳しく説明しませんが、Unityにはプレハブというものがあります。これについては以下記事で詳しく紹介していますのでそちらをご参考ください。, プレハブの解き方はヒエラルキーウィンドウのユニティちゃんを右クリックしてUnpack Prefabを選択すれば実行可能です。, ヒエラルキーウィンドウの左のキューブが青色のオブジェクトがプレハブ化されたオブジェクトですので、青から白になっていれば問題ありません。, まずはじめにヒエラルキーウィンドウのユニティちゃんを選択して、インスペクターウィンドウのFaceUpdateをオフにします。, 次にプロジェクトウィンドウのunity-chan!→Unity-chan! 第4回では、大きく分けて次の2つの処理を作成していきます。 今回はminoがステージの下に着いたら、自動で次のminoが落ちてくる処理を追加します。, 今回は"Unityテトリスの作り方-2"ということで、前回の続きから行います。 前回の記事↓

ボールを落とす位置の調整

ドロー効果やモンスターの召喚効果も Project内の自分が分かりやすい所で右クリック⇨Create⇨C# Scriptをクリックして なってしまったので自分の分かりやすい様に名前を変えてみてくださいね!, こんな感じでオブジェクトが吹っ飛んでいくかと しかし、現状は1つのminoが落ちても次のminoが落ちてこない状況です。

前回は、自動でminoがステージの下の着くと新しいminoが自動生成されるところまでを作成しました。 【解説通りに作るだけ】Unityのデジタルカードゲーム作り方② フィールド作成編の記事の、「【解説】フィールド作成方法」の「配置の設定」の部分を読んでみて下さい!. www.unityprogram.info, 検索窓よりStandard Assetsと検索して上記画像と 場所(この場合では”playerHand”)に出す。 ... 第9回では、ボールを一気に消す爆弾を作成します。また、ボールが消える時のエフェクトも一緒に作成していきます。 ②のBulletを③のM4A1_PBRに重なる様にドラッグ&ドロップして子要素にしてください。, また同じ様な手順で+⇨3D Object⇨④のSphereを作成して名前をBulletにします。

ドラッグ&ドロップしてアタッチしてください。, Hierarchy内にある①のBulletをクリックして、Inspector内にある ドロー効果みたいなものだね。, だと、自分のフィールドにカードを出す。

※「XR-Hub」商標出願中.

思います。

コメントありがとうございます。 ドロップして⑦の様にプレハブ化します。 コメントありがとうございます。 今回はGridを組んでminoを積み上げる処理を追加します。 ※もちろんエラーは残りますが再生できれば影響ないかと思います。, まず、Hierarchy内にある①の+をクリック⇨3D Object⇨②のPlaneとCubeを作成してください。

実装出来るようになるからね。, と言いたいところだけど、 ” // “と書くと、それ以降の文字はプログラムとして読みませんよ~ アセットストアを開いてください。 私もまだ始めて半年くらいの初心者なので、一緒に勉強しながらゲームを作っていきましょうね!, フィールドと手札に生成したときにカードが一つの場所に重なってしまします。どうしたらいいでしょうか?, >youuuuさん 前回の解説で手札やフィールドにカード生成することが出来るようになりましたね! 見てない人はこちら参照↓ 今回は次の2項目を作成していきます。 まだ初心者ですがいつかは、創作カードゲームをアプリ化したいなと思っています。 それは恐らく、フィールドと手札に「GridLayoutGroup」がアタッチされてないからですね。 これからの流れについて理解してた方がやりやすいと思うので、

⑨のスクリプトを名前はBallで作成してください。 www.unityprogram.info, ※実際に使って学習した学習本の紹介は下記カテゴリをご覧ください。 前回の記事を読みたい方はこちら↓ テトリスをやったことがある人はわかりますが、テトリスではminoはステージの枠外には出れない設定になっています。 ・大学2年の時に「ゲームが作りたいー!!」って思ったのに、ゲームの作り方を解説してるサイトがことごとく何言ってんのか分かんなくて挫折した。 ブログ記事での説明がいい方はそのまま読み進めてください。, エディタ画面の上部にあるWindow⇨Asset Storeから 次のコードをコピー&ペーストするか同じ記述にしてください。, コレだけです笑笑 私の記事を読んで、実践してくれているあなたのプログラミングについてのレベルが分かりません。, 解説わかりやすいと思います! まずはUnityで新規プロジェクトを作成しましょう。 できたら、まずシーンを保存します。適当な名前で保存しましょう。 次に、背景を作りましょう。適当にPlaneを使います。 マウス入力の検知 ボールの衝... // Start is called before the first frame update, 【Unityタワーディフェンスゲームの作り方講座】第10回 ゲームループ処理の作成・ゲームの完成, 【Unityタワーディフェンスゲームの作り方講座】第9回 弓矢を強化する処理とショップの作成, 【Unityタワーディフェンスゲームの作り方講座】第8回 HPやゴールドの表示・弓矢のレベルアップ処理の作成, 【Unityタワーディフェンスゲームの作り方講座】第7回 当たり判定とコルーチンでの弓矢の生成&射出処理, 【Unityタワーディフェンスゲームの作り方講座】第6回 ウェーブの作成とレベルデザイン. 第7回ではボールの種類を作成していきました。

... // Start is called before the first frame update. 同じものをダウンロードしてインポートします。 ここはゲームエンジン「Unity」を使ったゲームの作り方を解説する入門講座サイトです。オリジナルのサンプルゲームを題材にゲームの作り方を丁寧に説明していきますので、Unityの使い方やゲームの作り方を具体的に学んでいただけます。 著者:く 今度はM4A1 PBRと検索してインポートしましょう。 って思って、色々調べてみると www.unityprogram.info, ※オススメのアセットの紹介は下記カテゴリから見てみてください。気に入るアセットがあるはずです。 私も働きながら学んでいる最中ですが、今までの知識や趣味を実体験をもとに発信しています。, ・マサです 前回の記事↓ 吹き飛ばしてストレス解消してください!笑笑, ※Unityを学習していきたい人は下記カテゴリからご覧ください。少々めんどくさい感じです。 やっぱり画像は大事なんですね! 今回は、1列そろったらminoも消えるという処理を追加します。, 今回はminoの移動範囲を制御する処理を書きます。 スポンサーリンク 前回はカードを作りましたが、今回はフィールドの作成をしていくよ!! 実際にやってみると超簡単だ... 初心者だけど、カードゲームを作ってみたい!! 今後の記事の書き方の参考にしますね、ありがとうございます コメントありがとうございます。 前回の記事を見てない方はそっちを見てからの方がいいよ↓ GameObjectを作成して名前をBulletにします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【名前】みじんこ(ここのブログ書いてるひと) ②.自分のフィールド(playerField)と敵のフィールド(enemyField)については、まだUnity側とプログラム側で紐づいていないので、紐づけが必要。, ちなみにStart内のコードは、for文(繰り返し処理のこと)を使って以下の様に書いてもやってることは同じ。, まだ細かいところまではわかる必要はないけど、ざっくりでいいからコードの意味を理解しながら進んでいこうね!, 書いてる側の私としては、 前回はminoが自動で生成されるスクリプトを追加しました。 さっき紐づけしたスペースが無くなるから見てみて。, 要はGameObject(もしくはTransform)の次に書かれるものが、

・Twitterアカウント, テトリスの作り方-8に入りました。 ※リンクは下記より。 昨日は ④.コードとオブジェクトの紐づけ, ①.さっき作った”Scripts”フォルダに入って、「+」をクリック→C#スクリプトをクリック。, ※この時名前を一旦確定したりすると、コードに書かれるクラス名と、Unity上に表示されている名前に齟齬が産まれてしまう事があるので注意してね。, そしたら、今作った「GameManager」のコードを開こう。(ダブルクリックで開くよ), コードには元から色々書かれている部分があるので、とりあえず使わない黄色の部分は削除しよう。, そしたらUnity側に戻って、 ※プラウザでのサイトのリンクも貼っておきます。 Unity側にPlayerFieldをコードに紐付けするスペースが出現するよ。, 試しにこの行を消して保存すると、 パズルゲームの作り方講座の前回の記事では、unityを用いた衝突判定、重力処理を扱いました。, Unity上のC#を書く練習に、まずはボールを一定間隔で生成するスクリプトを作っていきましょう。, 初めに、ProjectのAssetsの中にScriptsフォルダを作成してください。その後、Scriptsフォルダ下にC# Scriptを「BallGenerator」という名前で作成してください。この時、描いた名前が自動でクラス名になります。, スクリプトを作成したら、スクリプトをダブルクリックしてください。すると、既定のテキストエディタが起動します。本記事の環境ではVisual Studio Codeが起動しています。, 起動すると、下のようにBallGeneratorファイルが開かれた状態になります。この時、5行目を見てみると、クラス名がBallGeneratorになっていることが確認できます。, また、自動生成されたクラスには、start関数とupdate関数があります。start関数は、ゲームオブジェクトが生成されたとき一度だけ実行される関数です。変数の値の初期化などに使用されます。update関数はフレームごとに一度実行される関数です。入力取得やリアルタイムに演算させる際などに使用されます。, それでは、60フレームごとに1つのボールを生成するスクリプトを作成します。このスクリプトを作成するためには、下記のようなコードを書いていきます。, まず、7~8行はプレハブのゲームオブジェクトを取得するために書いています。7行目の[SerializeField]は、Unity特有のコードであり、インスペクタから設定できる変数であることを意味します。これは属性(attribute)と呼ばれ、通常は次の行の変数に適用されます。つまり、8行目のGameObject型の変数ballObjはインスペクタから設定できる変数であることが分かります。, 次に、10行目ではフレームごとにカウントアップする変数cntを、11行目では定数MAXCNTを60と定義しています。これらは、22~23行にて使用します。, それでは、関数内のコードについて解説していきます。今回は初回起動時に必要な処理がないため、start関数には何も記入しません。update関数では、60フレームごとに1つのボールを生成する処理を書いていきます。, まずは60フレームごとを検知する処理を考えていきます。書き方は2種類あります。一つ目は次のようなコードです。, これは、cntがMAXCNT(60)以上であるかどうかをif文にて分岐させる書き方です。このほかにも、よく書かれるコードがあります。それは次のようになります。, このコードは、cnt%=MAXCNTの部分を追加してif文を少し変えたコードとなります。この書き方では、cnt%=MAXCNTは「cntにMAXCNTで割った余りをcntに代入する」処理となります。, 例えば、cntが0~59の時はMAXCNTの値である60で割った余りはそのまま0~59です。しかし、cntが60になったとき、60で割った余りは0となります。つまり、cntは0から昇順に59まで増えていき、60になると0となります。そのため、この書き方でも、60フレームごとを検知することができます。, コードの説明に戻ります。26行は、ボールと同じゲームオブジェクトを複製するコードとなります。このInstantiate関数に複製したいゲームオブジェクトを書くことでそのゲームオブジェクトを複製できます。ここでは、ballObjを書いているためボールを複製していることが分かります。, 最後の27行は、この後作成するゲームオブジェクトBallGeneratorの子オブジェクトに設定するコードとなります。この処理は後で効いていくコードとなるため、ここでは説明を省略します。, それでは、Unityに戻りましょう。ヒエラルキーに空のゲームオブジェクトを作成し、名前をBallGeneratorにしてください。ゲームオブジェクトBallGeneratorのインスペクタに先ほど作成したスクリプトBallGeneratorを追加してください。さらに、7行に書いた[SerializeField]によりインスペクタからballObjが設定できるようになっていることが確認できます(インスペクタ上では”Ball Obj”と表記が変わっていますが、これはUnityの仕様上、自動的に変わるものなので気にしないでください)。プレハブに登録したBallをballObjにドラッグ&ドロップして設定しましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ・東京でエンジニアとして働いてます ... Unityの初心者向けのチュートリアルすら難しくて心がめげた話【ゲーム制作 2日目】.

前回の記事↓

って事になるので、召喚効果みたいなものになるよ。, これが出来れば、今回のコードについては完全に理解できている!と言えるのでやってみよう。, ①.既に手札にカードを1枚出すことは出来ているので、それを5回繰り返せばいい。 発射速度を速くします。 ③のFirstPersonCharacterに重なる様にしてドロップします。 続きの記事もそろそろ頑張ります。。笑, 一つ一つの作業に画像があるので、分かりやすいです。 Bulletにドラッグ&ドロップしてください。, 今度は弾が増え続けると動作が重くなってくるので時間が経つと ⇨Characters⇨FirstPersonCharacter⇨②のPrefabsをクリックして、 Project内にあるプレハブ化した⑦のBulletに

影響なのかバージョンの関係かわかりませんが一つのスクリプトを BladeRondoというカードゲームをデジタルで再現したくて始めました。 Start関数とか、Startメソッドと呼ばれるもので、

コード側にPlayerHandがどこなのか、CardPrefabがどれなのかを 今回はUnityを使って、子供の時に誰もが一度はやったことがあるであろう、テトリスゲームを作ってみます。, テトリスの作り方は様々ありますが、今回は2Dで作成します。初心者でもわかるように、スクリーンショット付きでわかりやすく解説しています。, Unityは基本的にC#でプログラムを書くので、UnityとC#入門の方にもわかりやすいようになっています。, 7種類のミノを隙間なく積み重ねてスコアやタイムを競うゲームですが、今回は60秒間ゲームが続けられるとクリアで、それまでに上にミノが上に積み上がってしまうとゲームオーバーという設定にします。, テトリスには7種類のminoがあります。今回は” Tmino”、”Imino”のような感じ7種類作成します。, Unityが表示されるとAssetsフォルダを右クリックして、Create→Sprites→Squareの順で選択します。, そうすると、画像2のように”Square”というObjectが生成されます。Squareをシーンに移動させます。, 画像3のようにSquareを4つにDupulicate(複製)します。複製方法はSquareを指定しながら右クリックするとDupulicateという項目が出てきます。, 4つのSquareを指定しながらの色を変更して、Scaleをx=0.9, y=0.9, z=1に変更します。Scaleを変更する理由は、1のままだとSquareとSquareの間を少し開けて見やすくするためです。, 次にSquareのTransform.Positionを変更します。画像4では例として”Tmino”を作成してますが、作成方法は他のminoを同じでPositionと色の変更が必要です。, ※Transform.Positionをとはシーン上のObjectの場所を指します, SquareがTminoの形になっているでしょうか?次は画像5のように空のObjectを作成して、”Tmino”という名前にします。, 空の”Tmino”のPotisionとRotationのx,y,z=0にすることを忘れないでください!, 4つのSquareを選択したままドラックアンドでTminoに移動して親子関係を作ります。親がTminoで子4つのSquareになっていればOKです。, その後、完成した”Tmino”をPrefab化するのですが、その前にAssetsフォルダの中にPrefabという名前でフォルダを作成して、TminoをPrefab化させましょう!, 同じ手順で他のmionも作成しましょう!違いは画像4のPositionとminoの色が違うだけなので、他は同じ手順で作成できると思います。, 画像6のように”Imino”、”Jmino”、”Lmino”、”Omino”、”Smino”、”Tmino”、”Zmino”が作成できたら、一度Prefab化したObjectをシーンから削除しておきましょう。, Prefab化したminoはいつでもシーンに戻せるので、特に心配することはないです。, Udemyには初心者向けから中級者向けなどUnityを教えてくれる教材が揃っていて、割引期間だと数千円で講座を受講できます。スペシャリストの方の講義が数千円で学べると思うと本当に安いと感心します。, また、Udemyを使ったことがない方も30日返金保証もついているので安心して始めることができます。まずはお試しで講座を受講してみましょう。, 【Udemyで講座をチェック】>> Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】, 次回はテトリスのステージを作成します。下に次回のリンクを貼っているので、ご確認ください。最後まで見ていただき、ありがとうございました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, エンジニアとしては3年目です。 Inspector内にあるScaleの値を全部0.1にして⑥の様に小さい弾の様にします。, ④のBulletをドラッグして、Project内の空いている所に

テトリスでも作り方は様々ありますが、今回は2Dで作成しまいた。 初心者でもわかるように、スクリーンショット付きでわかりやすく解説しています。 Unityは基本的にC#でプログラムを書くので、UnityとC#入門の方にもわかりやすいようになっています。 前回でカードとフィールドの作成が完了しましたね! ※前回の記事はこちら↓ 【解説通りに作るだけ】Unityのデジタルカードゲーム作り方② フィールド作成編前回はカードを作りましたが、今回はフィール …