【アットコスメ】キリアンの商品一覧。おすすめ新商品の発売日や価格情報、人気商品をランキングでまとめてチェック。美容・化粧品のクチコミ情報を探すなら@cosme! 女刑事マーチェラ シーズン2 キャスト, 朝顔 ドラマ ネタバレ, Where We Stand, グレープフルーツ カクテル ジン, 税込 37,950 円. NHK アナウンサー 宮崎, ダンボール 子供 机 手作り, エアコン 使い方 英語, 渡辺正行 コーラ いいとも, 株式会社 三越伊勢丹ホールディングスのプレスリリース(2019年10月17日 18時22分)いよいよ10月20日(日)から[イセタン サロン ド パルファン]開催! いつの間にやら撤退?してしまってて淋しかったのですが、こちらのフレグランスブランド、名だたるパフューマーさん達に「材料費はいくらかけてもいいから~。あと売れ行きも気にしなくていいから。好きな感じで芸術的な個性あふれるセンスのいい香り、作ってよ!」と、フレデリック・マル氏が言ったかどうかは知りませんが(笑)、ホントにそんなコンセプトのもと、ユニーク且つこだわりの詰まった作品が並ぶブランドで、毎回クンクンするのが楽しかった香り達なのです。ちなみに日本橋三越には、この「フレデリック マル」と同時に、もう一つ「キリアン」というフレグランスブランドも登場します。ブランドとしては、今まで「バイ キリアン」の名前で通ってた気がしますが、今回の上陸時に呼び名が変わるのかな?いずれにしても、久しぶりにこうしたニッチな、香りへのこだわりの強い芸術性を重視したブランドが登場してくれてワクワクします!でも日本橋は、高島屋ももうすぐ大々的にリニューアルOPENするし、色々と客層や人の流れが変わるのかもしれません。ひとまず平日に様子伺いに行くとしても、日本橋なら週末でも客層が落ち着いてて見やすそうだから(笑)、土日にゆっくりクンクンするのでもいいかもな。 ブランドとしては、今まで「バイ キリアン」の名前で通ってた気がしますが、今回の上陸時に呼び名が変わるのかな? キリアン氏は、コニャックでお馴染みのヘネシー家の御曹司。 もはや調香も貴族のお遊びなのでは?(違うw) ゴージャス?ファビュラス? キリアンの数ある香水の中でどこの国でもこれが一番人気らしいです。 販売員さん曰く、「いいとこ育ちのお嬢様や真面目な女性がこの香りを付けて夜遊びに繰り出すイメージ」だそう。 By Kilian Dark Load Sample Set (バイ キリアン ダーク ロード サンプル セット) 1.5ml サンプル Spray x 2. シルビア オークション 相場, パリ8区にあるキリアン・ヘネシーのオフィス。飾られたオブジェに彼の嗜好がうかがわれる。 ここには飾られていないが、写真家はギイ・ブルダンが好みだという。 キリアン、香水の世界へ。 蒸留酒の生まれる環境で、自然に育まれた鋭い臭覚。 楽天市場:香水の館のアトマイザー > ハ 行 > バイ キリアン一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト あいおい歯科 池袋 予約, 香り好きな人にとって、気になるフレグランスブランドのひとつに『Kilian(キリアン)』の名が上がるのではないでしょうか? 2007年にパリで生まれた『Kilian(キリアン)』は、当時混迷していたフランス香水界において一大センセーションを巻き起こしました。 自身の名前をブランドに名付けた『Kilian(キリアン)』ー彼のフルネームはKilian Hennessy(キリアン・へネシー)。 出典 bykilian.com/jp 18世紀から続く世界的 … 【アットコスメ】キリアンの商品一覧(香水・フレグランス(メンズ))。おすすめ新商品の発売日や価格情報、人気商品をランキングでまとめてチェック。美容・化粧品のクチコミ情報を探すなら@cosme! ドルトムント パリ ハイ ライト, ハリポタ イギリス 文化, テレワーク モニター キーボード, Spools & Piping | Válvulas | Piezas de Desgaste | Estructuras | Revestimientos. 渡瀬恒彦 自宅 場所, フランツ 名前 意味, 人間ドック 内容 違い, 翔 んで 埼玉 イケメン 俳優, CIP クラーク 評判, 2019/10/11 2020/10/08 6分 . たなたろです。香水沼が騒然となっていたキリアンの香水『エンジェルズ シェア(Angel’s Share)』を肌に乗せて試した口コミ感想レビューです。画像出典:bykilian.fr『エンジェルズ シェア』の香りヘネシー家御曹司キリアンの本領 オンライン映画祭 嵐 動画, そして誰もいなくなった 小説 名言, 天空の ロストシップ 評価, ティラノビルダー Mac 開けない, 京王プラザホテル 個室 顔合わせ, フルーツ バイキング 福井, 溺愛 漫画 BL, ほこたて ドリル 金属 動画, 香り友のお誘いを受け、パルファンサトリのアトリエにて、香りのスメリング体験を行ってきたの, アトリエは六本木の華やかな街の路地を少し入った静かな住宅街(六本木って人住めるんだねw)にありまして、ここで製品を販売したり、スクールやワークショップなどを行ったりされているそう。, 中での写真は撮りませんでしたが、落ち着いたアンティークな雰囲気で香水に関する書物や製品、調香用の香りのオルガンなどが置いてあって、とにかくうっとり~なスペースでした。, パルファンサトリの香りは、いずれも日本人に合うように作られていて、現在のラインナップは20種類。, 当日はさとりさんとは別の若い男性スタッフの方が対応してくださいまして、最初にパンフレットを見せてくれて、概要などを説明してもらいました。, 香りは、シトラスからオリエンタルまで幅広く、「どれが気になりますか?」と訊かれたんですが、友達が「全部・・・」って答えるから(笑)、結局全部クンクンさせてもらっちゃいました, ネーミングも和のテイストがちりばめられていて、まさに日本の風景や感性を香りにしたような、美しいイメージでした。, 「Sakura」の香りは、一般に我々が想像する桜とは全然違って、力強さやグリーンが感じられるフローラルで、こう来るか~と思いました。, 抹茶を思わせるほろ苦いグリーンの香りは奥深く、しっとりと侘び寂びを感じさせる一品でした。, 文字通り、合歓の花の香りなんですが、これがフルーティなようでパウダリーなようで、清潔感があってぬくぬくで、なんとも言えない落ち着く香りで今の気分に合ったの。, 紺と白という相反する色を香りで表現したそうで、トップにハニーのような甘さがあるのに、そこから徐々に清潔なリネンのようなさらさらした香りに変化していく。, これはシプレ調の枠にいて、おそらくナチュラルなウッディ調なんだろうな~と思っていて、自分の好きな香調だと直感で思ったの。, 実際嗅いでみたら、生々しい木々の青葉の香りの奥底に、お酒のようなゆらめく甘さがあって、これまた不思議な香りでした。, お試しは、どれも一つ一つムエットにつけて渡してくださり、その都度丁寧に香りの出来た背景やイメージ、使われている香料などを説明してくださり、実にゆったりじっくりと全ての香りを試すことが出来ました。, 全部嗅いでみての感想としては、どれも繊細で優しい雰囲気があり、つけたらきっと、ほのかに程よく香るんだろうなぁという印象。, 優しいけど、香水としてのトップからベースに移る香りだちの変化はしっかりあって、ただアロマっぽく精油をブレンドしただけではない、丁寧さとこだわりが垣間見えた気がしました。, 我々が香り好きで結構勉強して来ているのを察知されたのか、途中で話題にあがった香水本を実際に見せてくださったり、これから発売される「世界香水ガイド」の第3弾にパルファンサトリの香りもエントリーされているという話を伺ったり・・・, 久しぶりに作り手側の景色が拝めて、確かな品のフレグランスにゆっくり触れられて、とても満足できたお試し会でした, ちなみに、パルファンサトリで扱っているフレグランスは、大体50~100種類くらいの香料で構成されているとのこと。, 商品ラインナップの20種類は、香り的にかぶるものがなく、どれも密やかな香り立ちなのに個性があって、ハマる人はきっと長く愛用するんだろうな~と思えるような質のいい香りでした。, と、久しぶりにそんな欲求が顔を出したほど、とにかく素敵な環境で、毎日あんなところで暮らせたら(働けたら)な~・・・と、夢うつつに帰ってまいりました, ボトルもそうでしたけど、ちゃんとこうして販促グッズやショッパーなどにも自ブランドのロゴが入ったオリジナル仕様になっているところも好感が持てます。, 調香師のさとりさんは、フランス調香師協会の会員でもいらっしゃるそうで、ボトルとかはフランスのものなのかしら~?, レディース寄りな香りが集まったAと、メンズ寄りな香りの集まったBの2タイプがありました。, メンズとかレディースとかは気にしてなかったんだけど、見たらメンズのBセットには、私が気になった香りばかりが入っていたのでこちらを購入即決!, 香り友は逆にAセットの方を欲しがったのですが、あいにく今品切れ中とのことで、持ち帰りはできず残念でした。, トライアル購入で1本サンプルプレゼントしてくれるというので、気になりつつもメンズセットには入ってなかったNemuをいただきました, 芸が細かいし丁寧だし、アトリエでは後半、実際にさとりさんともご対面できまして、物腰の柔らかい控えめな方という印象で、やはり香りってその方を反映するんだなと思いました。, それからもう一つ素晴らしいのは、このブランドは日本人の為だけに門戸を開いているのではなく、サイトが英語・フランス語にも対応していること。, 元々フランスで調香の勉強をされていたようですから、地盤的にヨーロッパにはお強いのかもしれませんが、こうして日本らしい香りを海外でも評価してもらえるような努力をされているのは、すごいなと。, 実際、海外から旅行で来られたお客さんが、わざわざ六本木のアトリエを訪ねて来ることもあるそうですよ。, 日本人向けな香りのラインアップでありながら、海外の方には日本を感じられる憧れの香りとして人気があるなんて、双方にメリットがあっていいですよね, 購入したトライアルセットは、また時間がある時にお試し結果をこちらでもお話させてくださいね~, 実は、このブログを始めた頃、さとりさんが読者登録をしてくれたというゆかりがありまして。, 当日はそのお話は出来ませんでしたが、またいつかワークショップなどにも参加したいですし、その時にもう少し突っ込んで香りのこと、調香のことなど、お話伺えればうれしいです. シフト 管理 システム シフケア, 秘書検定 2級 就職, キリアン氏は、コニャックでお馴染みのヘネシー家の御曹司。 もはや調香も貴族のお遊びなのでは?(違うw) ゴージャス?ファビュラス? キリアンの数ある香水の中でどこの国でもこれが一番人気ら …

ダイアナ妃 葬儀 音楽, Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 日本 自己犠牲 海外, 亜人 アニメ 1期,

Hey Say JUMP I Am, KILIAN(キリアン) ヴレヴ クシュ アヴェク モワ オード パルファム ウィズ コフレ. この Web サイトの全ての機能を利用するためには JavaScript を有効にする必要があります。あなたの Web ブラウザーで JavaScript を有効にする方法を参照してください。, 【2020年11月06日(金) 午前10時販売開始】幅広いレパートリーの中から、ブランドのベストセラーを含む8種類の香りをお楽しみいただけます。持ち運びのためのトラベルケースもついた、今だけの特別な数量限定セットです。, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Love, don’t be shy/ ラブ ドント ビー シャイ:マシュマロにインスパイアされたセンシュアルで甘美な香り。シャイなネロリのトップノートの躊躇いがちなキスで始まり、ジャスミンサンバック、ローズ、アイリスのハートノートに温かく抱き寄せられて、次第にバニラとムスクの抱擁に陶酔してゆく。柔らかく優しいはじまりが、徐々に刺激的な誘惑へと変貌を遂げます。, In the Garden of Good and Evil/ イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— Good girl gone Bad/ グッド ガール ゴーン バッド:フレッシュでイノセントなジャスミンサンバックに、オスマンサスが持つアプリコットのような甘美な香りで始まる、このフェミニンな印象はそう長くは続きません。淑女の装いを脱ぎ捨て、退廃的な側面を露わにするように、メイローズはハニーのような熱を放ち、ナルシスの官能性が溢れ出す中で、チュベローズは無防備にミルキーな丸みを露わにします。それは、制御不能で逃れられない香り。そこに、シダーウッドとアンバーが豪奢に主張してみせるものの、その高まりを完全に抑えることは叶わない。高まった熱情が昇華し、その快楽は終焉を迎えるのです。, バンブー ハーモニー<竹林で味わうピュアなホワイトティー>純粋でデリケートなこの香りは、まるで五感が浄化されるよう。眩しく輝くベルガモット、ビガラード、ネロリのオープニングノートに、爽やかなシトラスとほのかにグリーンなミモザで彩られたホワイトティーリーフの心地よいハートノートへと軽やかに。ドライダウンのフィグリーフのノートは、柔らかな苔のベッドに横たわりながら瞑想に耽けるような穏やかさへと誘います。キーノート:ビガラード、ミモザ、ホワイトティーリーフ 調香師:カリス・ベッカー, ウーマン イン ゴールド<光と影/複雑な輝きを放つ香り>1907年にクリムトが描いた、『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I』にインスパイアされた香り。繊細なゴールド、複雑な光と影、そんな絵画を称える、芳醇で官能的な質感が織りなす華やかさ。ベルガモットの弾けるような眩しさで始まり、ローズの花びらが散りばめられたようなハートノートは、ローズの全てを描き切ります。そして最後に、惜しみなく広がる滑らかなバニラ アブソリュートに、貴重なパチュリ モレキュールであるアキガラウッドが添えられます。キーノート:ベルガモット、ローズ、トンカビーンズ 調香師:カリス・ベッカー, 【2020年10月16日(金) 午前10時販売開始】まるで神への捧げもののように、リカー醸造の熟成の過程で樽から自然と蒸発するコニャック。この神秘的な分け前をヘネシー家では「エンジェルズ シェア(天使の分け前)」と呼ぶのです。「エンジェルズ シェア オード パルファム」は、実際にコニャックから抽出されたエッセンスを使うことで、自然な琥珀色を帯びています。コニャック オイルのトップノートに、オーク アブソリュート、シナモン エッセンス、そしてトンカビーンズ アブソリュートがブレンドされたハートノートが広がり、最後にサンダルウッド、プラリネとバニラの馨しい香りが余韻を残します。これぞ天使しか味わえない神々しいブレンド。キーノート:コニャック、ヘーゼルナッツ、オークウッド 調香師:ブノワ・ラプーザ, 【2020年10月16日(金) 午前10時販売開始】ローズとキューカンバーで蒸留されたジンはいかがでしょうか。みずみずしいキューカンバーのトップノートを、ジュニパーベリーが引き立たせ、氷のような清涼感を与えて、センティフォリアローズの芳醇な香りがすべてを包み込みます。サンダルウッドとムスクのドライダウンが、シャープさと深みをもたらします。それはまさしく理想的なジンそのもの。キーノート:キューカンバー、ローズ、ジュニパー、サンダルウッド 調香師:フランク・フォルクル, ウォッカ オン ザ ロックス<氷で冷やされたウォッカの誘惑>氷の間をなめらかに流れ落ちるウォッカの爽快感にそそられ、思わず手をのばしたくなる・・・。コリアンダーやカルダモンなどの清涼感のあるスパイスとアルデヒドで構成されたオープニングノートは、まるでロックグラスの中の氷から白く立ち上る凍った蒸気のよう。そこにビターなルバーブ、そして僅かなローズとスズランが弾け、最後にレザーのように香るサンダルウッドとオークモスが心地よく調和します。キーノート:アルデヒド、カルダモン、オークモス 調香師:シドニー・ランセッサー, フラワー オブ イモータリティ<清流に浮かぶ桃の花>春がもたらす新しさ、生まれ変わり、自然の奥深くに潜む神秘・・・。花の楽園で不死の花’フラワー オブ イモータリティ’が永遠に咲き誇っています。ホワイトピーチのなめらかでジューシーな芳香、フレッシュなフリージア、ローズやバニラの優しく柔らかな香りのブーケ。泉の底から湧き出たばかりの清水をそっとすくいあげたような、フレッシュなピーチのフルーティーな雫が香ります。キーノート:ホワイトピーチ、アイリスバター、トンカビーンズ 調香師:カリス・ベッカー, フォービドゥン ゲームズ<禁断の果実は蜜の味>熟したピーチにシナモンをふりかけて・・・。それはもう、口に運ばずにはいられない誘惑の香り。ブルガリアンローズ、ブルボンゼラニウムとナイトジャスミンから構成された、フルーティー フローラルのハートノートは、徐々にマダガスカルバニラ、ハニー、オポポナックス オイルの甘さの中に溶けていきます。自由奔放に誘惑のゲームを楽しみ、罪深いまでに甘美な密の香りで五感を満たします。キーノート:オレンジブロッサム、オスマンサス、チュベローズ 調香師:カリス・ベッカー, ラブ ドント ビー シャイ<大人のための魅惑のトリート>無垢な初恋を思わせるみずみずしいハニーサックルと芳醇なローズ、その香りをセンシュアルで甘美なマシュマロが包み込み、傷ついた心を抱きしめながら優しく癒してくれます。やがて温かみのあるアンバーのベースノートは、官能へと誘い込み、深い陶酔へと引き込んでゆく・・・。柔らかく優しいはじまりが、徐々に魅惑的な愛へと変貌を遂げていきます。キーノート:ネロリ、オレンジブロッサム、マシュマロ 調香師:カリス・ベッカー, リエゾン ダンジェルーズ ティピカル ミー<魅惑が香る秘密の情事>それはローズとみずみずしいプラム アコードの情事。ブラックカラント アブソリュートによって濃厚に深まる香りに、アンブレットシード エッセンスが絡み合い、赤道直下の灼けつく熱さに包まれて、身を焦がすように情熱的な夜に溶け込んでいく・・・。バニラ アブソリュートとモスによって、香りはこの世界を離れて浮遊しながら、そのセンシュアルな秘密を守ります。キーノート:プラム、ローズ、バニラ 調香師:カリス・ベッカー, グッド ガール ゴーン バッド<甘美な花々の旋風>イノセントでありながらも、官能的。アプリコットのように香るオスマンサスやオレンジブロッサム、メイローズの甘美な香りで始まるこの可憐な印象は、そう長くは続きません。淑女の装いを脱ぎ捨て、やがて艶めかしく官能的なチュベローズ、ジャスミンサン、そしてナルシスが溢れ出す・・・。純粋で無邪気でありながら挑発的な、甘美な花々の誘惑から逃れることは叶いません。キーノート:オレンジブロッサム、オスマンサス、チュベローズ 調香師:アルベルト・モリヤス, グッド ガール ゴーン バッド エクストリーム<花々の旋風にミルキーな甘さ>ピンクや白のメイローズのブーケと美しいオレンジ ブロッサムが、核となるチュベローズやジャスミンサンバック、ナルシスと共に濃密に香り立ちます。その華々しいフローラルブーケが纏うのは、ミルキートフィーの甘い誘惑。それは、イノセントでありながら香りたつほどに官能的な魔性の魅力に湛えます。キーノート:オレンジブロッサム、チュベローズ、ミルク 調香師:アルベルト・モリヤス, ヴレヴ クシュ アヴェク モワ<それは質問ではなく誘いなのです>目映いばかりに美しいガーデニアとイランイランが花開き、欲望を掻き立てるチュベローズが織りなす、捉えどころのない、このエレガントな香りは夜が深まるまで続きます。フレッシュなネロリ、オレンジブロッサム、マンダリン エッセンスの始まりが、官能的なサンダルウッドのオーバードーズを絶妙なバランスで支えます。そこに微かに現れるバニラが優しい記憶へと変化をもたらすのです。キーノート:イランイラン、ガーデニア、サンダルウッド 調香師:アルベルト・モリヤス, ローリング イン ラブ<踏み入れたら抜け出せない二人だけのコクーン>それはまさに'ムスク ド ポー(肌のムスク)'一魅了される愛に昂揚する感覚を捉えた香りです。ダイレクトでシンプルに、ただひとつの感情にフォーカスしたモノクロマティック(単色使い)な世界。アンブレットシード、アーモンドミルク、アイリス、フリージアやムスクなどの様々なテクスチャーを重ね、単色でありながらも単調ではない、官能的で甘く、奥行きのある香りを描き出します。キーノート:アーモンドミルク、アイリス、ムスク 調香師:パスカル・ガウリン, プレイング ウィズ ザ デビル<燃え上がるような挑発の香り>真っ赤なブラッドオレンジのエッセンスと、ローズのように香るライチで始まるオープニングノートは、スパイシーなピメントベリー エッセンスと熱く混ざり合い、コントラストを描きながら情熱的に挑発します。そこにクリーミーなサンダルウッドのドライダウンが、スキャンダラスな出会いに大人の遊び心たっぷりのスパイスを効かせます。キーノート:ブラッドオレンジ、ピメントベリー、サンダルウッド 調香師:カリス・ベッカー, ゴールド ナイト<エレガントで大胆不敵な魅力>クリムトの1902年の作品である『ベートーヴェン・フリーズ』に描かれた、ゴールドの甲冑を纏った騎士にインスピレーションを受けたこのパルファムは、洗練とエロティシズムを融合させ、研ぎ澄まされた深い官能を表現しています。癖になるようなダークなパチュリとベルガモット、アニスの弾けるような明るさ、そして温かくゴールドに煌めくバニラとハニーのコントラストが見事に描かれます。キーノート:ベルガモット、ハニー、パチュリ 調香師:パスカル・ガウリン, ストレート トゥ ヘブン ホワイト クリスタル<禁断の媚薬>禁断の誘惑の中でくすぶるような香りのオープニング、それは燃え上がる寸前の濃厚なダークラムによって強く引き出され・・・。やがて、その甘美でグルマンな香りたちは、クリーミーなバニラとドライフルーツによって優しさを添えます。ドライダウンのスパイシーなパチュリとフレッシュでウッディなシダーウッドが、この生命力溢れるアニマリックで官能的な余韻をより長く残します。キーノート:パチュリ、ナツメグ、シダーウッド 調香師:シドニー・ランセッサー, ブラック ファントム メメント モリ<メメント モリ(死を忘れるな)>『今日がどうであれ、明日は分からない。死を忘れず、今日を生きろー。』「海賊の水」とも呼ばれるカリブ海に浮かぶマルティニーク島のラムが苦みの強いコーヒーにツイストを加え、アーシーで温かいベチバーの香りがバランスの取れた深みをもたらします。シュガーケインと、クリーミーで芳しいサンダルウッドのダークな余韻は、冒険を成し遂げた勇者のみが手に入れられるご褒美です。キーノート:ラム、コーヒー、シアニド 調香師:シドニー・ランセッサー, ダーク ロード エクス テネブリス ルクス<闇夜の紳士>闇夜の紳士と予期せぬ出会いを果たすとき、徐々にその謎は解けるでしょう。光と影が交錯するように、ベルガモットとペッパーの洒落た幕開けに始まり、ラムに浸かったジャスミン、そしてレザー アコードと力強いベチバーがエレガントに余韻を残し、瞬く間に貴方を魅了してゆきます。自信に満ちた、チャーミングで洗練された魅力。まるで闇から光へと、その真実が明かされるように。キーノート:ペッパー、ジャスミン、ベチバー 調香師:アルベルト・モリヤス, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Straight to Heaven, white cristal/ ストレート トゥ ヘブン, ホワイト クリスタル:ラム酒にインスパイアされ、カリブ諸島の熱気をブレンドしたような、この香りは生命力を宿した酒杯。主役のラムに寄り添う、セクシーなパチョリのノート。そして、深みを加えるナツメグ、シダーウッド、ブラジリアン ローズウッドの謎めいたオーラ。この生命力に漲る香りは、間違いなく私たちを禁断の果実へと誘います。, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Back to Black , aphrodisiac/ バック トゥ ブラック アフロディジアック:タバコのアロマに潜む、甘美なハニー。ピュアな媚薬。フレッシュなベルガモットがナツメグ、カルダモン、コリアンダーのスパイスの熱気とのコントラストで、エレガントでありながらユニークなオープニングを作り出します。そして、ハニーとオリバナムにセンシュアルなシダーウッドとベチバーが絡み合うハートノート、それを包み込むオークモスとパチョリ。このタバコのコンポジションは、バニラの柔らかなアコードを纏った、シスタス ラブダナムのパワフルなアンバーノートで格段に強さを増し、印象的な力強さを見せつけます。, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Liaisons Dangereuses , typical me/ リエゾン ダンジェルーズ ティピカル ミー:ダマスカス プラムにインスパイアされた、デリケートな果実の滑らかな香り。そのリッチな複雑さの中には、引き込まれるような魅力が潜みます。 ゼラニウムの花の吐息がシナモンによって温もるハートノート。やがて、センシュアルなムスクのブーケに包まれて、サンダルウッドが織りなすコンポジションは円熟を増します。, In the Garden of Good and Evil/ イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— Forbidden Games/ フォービドゥン ゲームズ:フルーツとスパイス、そしてフラワーとアンバー、そこに禁じられた果実と称されるネクターを加えたコンポジション。陰りを帯びた、この香りは五感を魅了し、刺激し、虜にします。アップル、ピーチ、プラムにシナモンバークを加えたフルーツ ポプリで幕を開け、ブルガリアンローズorpur(R)、ブルボンゼラニウム、そしてミッドナイトジャスミンの豊かなフローラル ハートノートは、徐々にマダガスカルバニラ、ハニー、オポポナックス オイルの甘さの中に溶けていきます。, In the Garden of Good and Evil/ イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— Playing with the Devil/ プレイング ウィズ ザ デビル:それはパルファムの名が示す瞬間を表現するために、反面性を描いて浮かび上がるコントラストで表現されたフルーティー アニマリック フレグランス。オープニングでは、ブラッドオレンジ、ブラックカラント、ホワイトピーチ、ライチがホットなスパイスと混ざり合い、ブラックペッパーとピメントベリーのフルーティーノートのオーバードーズにより、キリアンが描く ‘禁断の果実’の世界を表現します。そして、 メイローズのフェミニンさと、ジャスミンサンバックが持つセクシュアルな雰囲気でドレスアップした、シダーウッド、サンダルウッド、パチュリによるウッディなハートノート。やがて、シスタス、アンブラロームがトンカビーンズ、ベンゾイン、バニラと絡み合いアニマリックな官能性を引きだします。, Addictive State of Mind/ アディクティブ ステイト オブ マインド —嗅覚への依存、日常からのエスケープ— Intoxicated/ イントキシケイテッド:コーヒーの崇高な香りは、五感を魅了します。リッチで濃いトルココーヒーの硬い殻から香りを引き出し、グリーンカルダモンを圧倒的な強さで合わせます。オイルとアブソリュートを合わせることで、香りのハートを極限まで際立たせるのです。そして、スパイシーなナツメグとパウダリーなシナモンで厚みをもたせます。ベースノートに漂うのは、焦げた砂糖のキャラメルのような甘さ。コーヒーはリラックス効果を持ちながら、夢うつつの世界へと誘うのです。, Addictive State of Mind/ アディクティブ ステイト オブ マインド —嗅覚への依存、日常からのエスケープ— Smoke for the Soul/ スモーク フォー ザ ソウル:気分をなだめるタバコのビターな呼気。それは、甘く刺激的な植物の癒しの世界。ブルーユーカリプタスとローズグレープフルーツが、カルダモン、タイム、バルサムの眩暈がするような霧の中へと貴方を連れ出し、タバコ、バーチ、カシミヤウッドの穏やかな香気の世界へと誘います。そして、マテティー、マリーゴールドが新世界の幻想を仄めかすのです。, Addictive State of Mind/ アディクティブ ステイト オブ マインド —嗅覚への依存、日常からのエスケープ— Vodka on the Rocks/ ウォッカ オン ザ ロックス:氷で冷やされたウォッカの誘惑。ロック ウォッカの、ひんやりとした感覚を再現するため、コリアンダーとカルダモンのコールド スパイスにアルデヒドを掛け合わせています。ホワイトアルコールを思わせるローズとリリーのクリアなフローラルと、ルバーブのビター アコードをミックスしたハートノート。そして、オークモス、アンブロキシド、サンダルウッドの心地良さに、微かにレザーが香ります。, Moonlight In Heaven/ ムーンライト イン ヘブン —月明かりが導く、楽園への逃避行— ハネムーンのような、ロマンティックな逃避行。夜に輝く月明かりのような、ピンクペッパーベリーのスパイスが効いたレモンとグレープフルーツのシトラス二重奏。繊細なベチバーを包み込むトンカビーンズの香りと共に、ココナッツの甘さとミルキーなライスの香り、そしてマンゴーのジューシーなアクセントがそれを彩ります。偽りのない、このフレグランスは、月明かりが照らし出す、禁断の楽園への扉の前へと貴方を誘い出します。ユニークさと親しみやすさを両立する、エキゾチックなパルファムです。, Carpe Noctem/ カルぺ ノクテム —今を生き、今日を楽しむ、夜の世界— Black Phantom ”MEMENTO MORI”/ ブラック ファントム メメント モリ :海賊船にはためくスカル、それは‘メメント モリ(死を想え)’を暗喩する戒めの象徴。『今日がどうであれ、明日は分からない。死を忘れず、今日を生きろ—。』超現実的で洗練されたグルマン ウッディ フレグランス。アラビア語の‘暗いもの’から派生したとも言われるコーヒーは、人を酔わせ、夜のように黒く、地獄のように熱く、愛のように甘い。パイレーツの酒杯をコーヒーに代え、ラムのツイストを加える。苦みの効いたコーヒーのアロマは、アーシーで温かいベチバーにより強調され、ラムの魅惑的な甘さはベースノートのシュガーケインと混じり合います。そして、クリーミーで芳しいサンダルウッドのダークな余韻。今日を生きる人に捧げる香り。, Carpe Noctem/ カルぺ ノクテム —今を生き、今日を楽しむ、夜の世界— Dark Lord ‘EX Tenebris LUX’/ ダーク ロード エクス テネブリス ルクス :闇夜の紳士と出会うとき、驚くほどの物々しさと神秘がゆっくりと開花していく。まさに夜の野生の中で交錯する光と影の旋風。ベルガモットとペッパーの生命力あふれる魅力的な幕開けに始まり、火花を散らすようなジャスミンサンバックとダバナのノートは、触れる肌により自在に変幻をとげる。そして官能的なラムに包まれながら、ついに影の世界へと堕ちていく。驚くほどに高まるアルコールとレザーのアコードは、忘れられない嗅覚の痕跡、それは紳士のプライベート コレクションから貴重なビンテージ リカーを味わうように……その優雅さが、一瞬にして貴方を魅了する。, From Dusk Till Dawn/ フロム ダスク ティル ドーン —ゴールドに輝くアートの世界に魅せられて— Woman in Gold/ ウーマン イン ゴールド:著名なクリムトの絵画にインスパイアされた香り。クリムトが唯一、二度も筆を取ったという淑女は、その肖像画に描かれる輝く複雑さとグラマラスな魅力を兼ね備えた女性です。そして、この香りも同様に、その繊細なゴールドと、光と影の複雑さを表現しています。素晴らしい品質のベルガモット オイルによる、弾けるような眩しさを持つユニークなトップノートに、ローズの花びらのようなハートノートは、ローズの全てを描き切ります。そして最後に、アキガラウッドとパチュリ モリキュールを纏ったバニラ アブソリュートの寛大さが広がります。, From Dusk Till Dawn/ フロム ダスク ティル ドーン —ゴールドに輝くアートの世界に魅せられて— Gold Knight/ ゴールド ナイト:クリムトの1902年の作品である『ベートーヴェン・フリーズ』に描かれた、ゴールドの甲冑を纏った騎士にインスピレーションを受けて生まれた香り。大胆で、勇猛で、官能的で、魅力的。癖になるようなダークなパチュリとベルガモット、アニスの弾けるような明るさ、そして温かくゴールドに煌めくバニラとハチミツが描く見事なコントラストの世界。, Asian Tales/ アジアン テイルズ —瞑想のような、東洋へのボヤージュ— Bamboo Harmony/ バンブー ハーモニー:眩しく輝くベルガモット、ビガラード、そしてネロリではじまる香り。それは、贅沢なフレーバーと美しい色で知られるホワイトティーリーフの心地よいハートノートへと変化を遂げ、僅かなスパイスでハイライトされたミモザが広がります。そして、希少なマテティーのエッセンスと官能的なフィグリーフ、そしてオークモスによって、ユニークな余韻を奏でるのです。, Asian Tales/ アジアン テイルズ —瞑想のような、東洋へのボヤージュ— Flower of Immortality/ フラワー オブ イモータリティ:中国では、人間の魂を操り、永遠のものへと変える力を持つと信じられる、非常にシンボリックな桃の花。ホワイトピーチのなめらかでジューシーな芳香は、キャロットとアイリスが織りなすノートと混ざり合い、そして、トンカビーンズと太陽を浴びたバニラビーンズで柔らかさを増したローズクリスタルの素晴らしいノートに、ブラックカラント アブソリュートが醸し出す、爽やかな風が吹き抜けます。, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Straight to Heaven, white cristal/ ストレート トゥ ヘブン, ホワイト クリスタル:ラム酒にインスパイアされ、カリブ諸島の熱気をブレンドしたような、この香りは生命力を宿した酒杯。主役のラムに寄り添う、セクシーなパチョリのノート。そして、深みを加えるナツメグ、シダーウッド、ブラジリアン ローズウッドの謎めいたオーラ。この生命力に漲る香りは、間違いなく私たちを禁断の果実へと誘います。, ストレート トゥ ヘブン ホワイト クリスタル オード パルファム トラベル スプレィ セット, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Back to Black , aphrodisiac/ バック トゥ ブラック アフロディジアック:タバコのアロマに潜む、甘美なハニー。ピュアな媚薬。フレッシュなベルガモットがナツメグ、カルダモン、コリアンダーのスパイスの熱気とのコントラストで、エレガントでありながらユニークなオープニングを作り出します。そして、ハニーとオリバナムにセンシュアルなシダーウッドとベチバーが絡み合うハートノート、それを包み込むオークモスとパチョリ。このタバコのコンポジションは、バニラの柔らかなアコードを纏った、シスタス ラブダナムのパワフルなアンバーノートで格段に強さを増し、印象的な力強さを見せつけます。, バック トゥ ブラック アフロディジアック オード パルファム トラベル スプレィ セット, L’ Oeuvre Noire/ ルーヴル ノワール —愛が描く甘い誘惑の世界— Liaisons Dangereuses , typical me/ リエゾン ダンジェルーズ ティピカル ミー:ダマスカス プラムにインスパイアされた、デリケートな果実の滑らかな香り。そのリッチな複雑さの中には、引き込まれるような魅力が潜みます。 ゼラニウムの花の吐息がシナモンによって温もるハートノート。やがて、センシュアルなムスクのブーケに包まれて、サンダルウッドが織りなすコンポジションは円熟を増します。, リエゾン ダンジェルーズ ティピカル ミー オード パルファム トラベル スプレィ セット, In the Garden of Good and Evil/ イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— Forbidden Games/ フォービドゥン ゲームズ:フルーツとスパイス、そしてフラワーとアンバー、そこに禁じられた果実と称されるネクターを加えたコンポジション。陰りを帯びた、この香りは五感を魅了し、刺激し、虜にします。アップル、ピーチ、プラムにシナモンバークを加えたフルーツ ポプリで幕を開け、ブルガリアンローズorpur(R)、ブルボンゼラニウム、そしてミッドナイトジャスミンの豊かなフローラル ハートノートは、徐々にマダガスカルバニラ、ハニー、オポポナックス オイルの甘さの中に溶けていきます。, In the Garden of Good and Evil/ イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— Playing with the Devil/ プレイング ウィズ ザ デビル:それはパルファムの名が示す瞬間を表現するために、反面性を描いて浮かび上がるコントラストで表現されたフルーティー アニマリック フレグランス。オープニングでは、ブラッドオレンジ、ブラックカラント、ホワイトピーチ、ライチがホットなスパイスと混ざり合い、ブラックペッパーとピメントベリーのフルーティーノートのオーバードーズにより、キリアンが描く ‘禁断の果実’の世界を表現します。そして、 メイローズのフェミニンさと、ジャスミンサンバックが持つセクシュアルな雰囲気でドレスアップした、シダーウッド、サンダルウッド、パチュリによるウッディなハートノート。やがて、シスタス、アンブラロームがトンカビーンズ、ベンゾイン、バニラと絡み合いアニマリックな官能性を引きだします。, In the Garden of Good and Evil/ イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— Voulez-vous coucher avec Moi/ ヴレヴ クシュ アヴェク モワ:新たな夜の世界が、束の間の愛の魔法を繋ぎ止めます。夏の朝のような明るいイランイランとチュベローズに、シャイに顔を覗かせるブルガリアンローズのフローラルなハートノート。夕日のようにセンシュアルなバニラ、シダーウッドのベースノート。フレッシュなネロリと輝くガーデニア、そしてサンダルウッドの絶妙なコンポジションが、溢れる魅力を無垢に装ってみせます。満たされた夜を謳歌する、現代女性のためのエレガントなフレグランス。, ブラック ファントム メメント モリ オード パルファム トラベル スプレィ セット.