焚き火に必要な道具といえば、マッチと火バサミと革手袋と手斧。個人的には直火が好きだが、キャンプ場では焚き火台も欠かせない。火吹き竹もあると便利。我が家では、この焚火の道具たちが自作の焚火道具ケースに収納されていて、キャンプに行こうと思い立ったときはサッと待ち出せるようになっている。, 最近はメタルマッチや火打石で、火起こし自体を楽しむ人が増えているようだけれど、私は手っ取り早くマッチで一発着火をおすすめする。, マッチのいいところは軸木が焚き付けを兼ねていて、30~40秒も燃え続けるところだ。その間に余裕を持って乾いたスギの葉や細い枝に火を移すことができる。その点で、点火するだけのライターより優れているような気がするし、焚き火はマッチの方が何となくさまになる。ただ、管理がずさんなもので、雨の日のキャンプで濡らしてしまうこともしばしば。だから、念のためライターも持っていく。, マッチやライターは焚き火に限らずアウトドアの必須道具。通常焚き火をしない登山でもバーナーに火を付けるのに使うし、いざというときに役に立つので、タバコは吸わないけれどアウトドアをするときは常にポケットに忍ばせている。, 燃えている薪を動かすときに使う。ただ、本当のことを言えばあまり火をいじくりまわすのは感心しない。なぜなら、丁寧に薪を組んでやれば、何もしなくても火は自分の意志で好きなように燃え上がり、薪をすべて燃やしきって最後は灰だけ残して消えるのだから。, では、どういうときに薪をいじるかというと、それは焚き火をコントロールするときだ。崩れた薪をちょっと直して、空気の通り道を作ってやれば、弱くなった火も再び勢いよく燃え出す。逆に火力を抑えたいときは薪を広げてやればいい。特に焚き火で料理をするときは火力調整が肝になる。, 私が愛用している火バサミは、テオゴニアのファイヤープレイストングというもの。最近、某雑誌で芸人でソロキャンプYouTuberのヒロシさんを取材したのだが、その彼が使っていたのがこれ。, 一般的なトングタイプの火バサミは、反発力を利用したものだが、これは大きなハサミのような構造で薪をつかんだり、離したりできる。丈夫なスチール製で、安価なトングタイプによくある太い薪をつかんだときのよれやねじれが発生しないのも使いやすいところ。それに何より見た目がいい。愛着が持てる道具というのは使い勝手はもとより、やっぱりカッコよくなくちゃいけない。, 薪を小割りにするときに使う。斧身にそこそこ重さがあるため、軽く振り下ろすだけで簡単に薪を割ることができる。直径の小さな薪なら鉈でも小割りにできるが、本来、鉈は枝を打ったり、ツルを切ったりするための刃物で、薪割りにはやや力不足。鉈で薪を割るときは振り下ろすのではなく、木口に刃を当てて、別の薪で背を叩いて刃を食い込ませて割ると安全だ。, 薪をいじったり、調理器具を持ったりするときに熱から手を保護するために装着する。ホームセンターなどで売っている作業用の安価なもので十分。厚手のほうが、熱は通しにくいが、直接火のついた薪をつかむわけではないので、フィット感の方が重要。薪を集めたり、割ったりする際にも使うからだ。今、愛用している安価な革手袋は4~5年使って煤で真っ黒になっているけれど、まだまだ長持ちしそう。, 今やキャンプ場ではこれがないと焚き火ができない。そんなわけで、自作の焚き火台を3つと10年以上前にバイクツーリング用に入手したユニフレームのファイヤスタンドⅡを持っている。それぞれ用途に合わせて使い分けているけれど、気に入っているのは大きな鉄板に鉄棒の脚を溶接した自作の焚き火台。ただ、大きくて、重くて、持ち運びは困難。もっぱら庭での焚き火専用。, インターネットの通販サイトや個人のブログなどを見ると、アウトドアギアの中でも焚き火台ほど次々と新作が登場する道具もないのではないか。自作している人も多い。ユニークなしくみのものもあって、試してみたくなるけれど、焚き火台はシンプルなほうが使いやすい。市販品でも定番といわれているものは、きっとそういうものだと思う。, 薪が湿っていて火付きが悪いときや、火がくすぶって消えそうなときに火吹き竹を使って空気を送ると、消えかけた火が赤く発光して、再び炎を上げる。バーベキューで炭を起こすときにも便利。熱が集中しているところにピンポイントで力強く空気を吹きかけるのがコツ。息だけで炎をコントロールできる結構楽しい道具。, 簡単なので自作がおすすめ。内径2㎝ほどの竹を末端に節を残して50㎝ほどの長さに切り、鉄棒などで中の節を抜き、末端の節に2~3㎜径の穴をあければできあがり。, 極力、道具なしで焚火を楽しみたい人もいるかもしれない。本来、焚き火はマッチ1本あればできるものだけど、道具があればそれだけ遊べる。火をいじるのが焚き火の楽しみなのだ。, 参加者追加募集のお知らせ!山陰海岸ジオパークトレイル フォーラム2020 11/21(土).

火ばさみにもさまざまなものがあります。先端に工夫がされていて大きな薪も掴みやすくなっているもの。また持ち手が革でくるんであって、使い込むほど味が出てくるもの。愛着の逸品があると焚き火の懐に入っていく感じになります。このあたりはこだわりの世界ですね。, 焚き火の肝心かなめ「主役」です。火をおこしたものを維持するには薪が必須になります。最初のうちは自分では用意できないのでキャンプ場で購入してください。一晩使える程度のものを束にして管理棟で販売しています。, 薪にはスギやヒノキといった針葉樹と、ナラ、クヌギ、ブナといった広葉樹があります。針葉樹は密度が低く燃えやすいので最初の火をおこすのに利用します。広葉樹は密度が高く燃えにくいかわりに火持ちがいいので火が安定してきたら投入します。, 木枝ももちろん薪になります。少し慣れてきたら周辺で拾ってくるなどすると焚き火の幅が広がります。このとき良く乾いたものを探すのがコツです。湿ったものは燃えにくい上に煙が出て焚き火には適しません。, あると便利なものが焚きつけの入れ物。せっかくたくさん拾ったのはいいけど手に持つ量だけだと限られてしまいます。袋を持参するなど用意しておきましょう。, 8つ道具には紹介しませんでしたが、必ずバケツを用意しておきましょう。風が強い日は火が急に大きくなったり、火の粉が飛んでいったり。自然の中では予測できないことが起こります。安全性が欠けたときにはすかさず火が消せるような準備が必要です。最後のあと始末で水をかけて消火するときにも重宝します。焚き火はあと始末まできちんとやって完結です。やりっ放しで帰るようなことは絶対しないようにしましょう。, 以上がはじめて焚き火に必要な8つ道具プラスアルファです。さあ焚き火をやるぞ!と意気込んであれやこれや道具を買い集めるのは良くありません。実際にやってみるとこうした方がいい、ああしたらうまくいくなどわかるようになります。体験しながら自分オリジナルな形をつくるのもたのしみの一つですね。, ここでははじめて焚き火をするのに最低限必要な道具を厳選しました。お金が掛かるのは焚き火台と薪くらいです。それ以外は日常で使っているものですべて代用できます。焚き火はお金を掛けてやるものではありません。あくまで自然をたのしむ気持ちが大切です。焚き火を囲んだコミュニケーション。体験してみませんか?, メールでのお問い合わせはこちら その為、大容量タイプを常備し、購入の手間を省くのがおすすめですよ。良質なガラス繊維をシリコンコーティングされており、1mあたりで考えると高い買い物ではありません。溶接やキャンプ、火消し布等広範にスパッタシートを利用する方は検討してみてください。, スウェーデントーチなら焚き火と料理も一緒に楽しめちゃいます! 円柱フォルムがグッときます! Photo by:@yasnoasobi 皆様のキャンプの思い出などコメントでどんどん教えてくださいっ♪ㅤㅤㅤㅤ⁣⁠ㅤㅤㅤㅤ⁣⁠ㅤㅤㅤ⁣⁠ 本日も最新のアウトドア情報を発信中!☺️【@camp.takibi】ㅤㅤㅤㅤ ⁠ㅤㅤㅤㅤ⁣⠀⁠ㅤㅤㅤㅤ⁣⠀ ⁠ また、TAKIBIはアカウント名を【@camp.takibi】へ変更いたしました!!ㅤㅤㅤㅤ⁠ ㅤㅤㅤㅤ⁠ ハッシュタグにつきまして今後は、【 #takibipic 】または、【 #ta__ki__bi 】でご投稿をお願い致します。こちらのタグを付けてご投稿頂けましたら、当アカウント、Webサイトでご紹介する場合がございます。ㅤㅤㅤㅤ⁣⠀ ⠀⁠ ㅤㅤㅤㅤ⁠ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~⁣⠀⁠ アウトドアに関するリアルな情報を発信中!ㅤㅤㅤㅤ⁠ 詳しくはプロフィールのリンクから見てください!ㅤㅤㅤㅤ⁠ Delivering real information on outdoor! Please see from the profile link for details!⁣⠀⁠ 아웃도어에 관한 리얼한 정보를 발신중!⁣ 자세한 내용은 프로필의 링크에서 확인해주세요!⁣ㅤ⁠ㅤㅤㅤ⁠ 分享有關戶外活動的即時資訊!⁠ 更多詳請請參閱個人檔案的連結!⁠ 【@camp.takibi】 ㅤㅤㅤ⁠ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~⁣⁠ ㅤㅤㅤㅤ⁠ #キャンプ⁠ #キャンプ道具⁠ #キャンプ初心者⁠ #キャンプ場⁠ #キャンプ我慢 #キャンプ好きな人と繋がりたい⁠ #皆で乗り越えよう‼️ #キャンプ飯⁠ #キャンプ女子⁠ #家族⁠ #今はおうちで #アウトドア⁠ #自然⁠ #いつの日かキャンプ #スウェーデントーチ #肉料理 #焚き火⁠ #takibi⁠ #家キャンプ #フォローミー⁠ #followme⁠ #camp⁠ #camping⁠ #camper⁠ #캠프⁠ #야외⁠ #자연⁠ #LNT, キャンプ情報メディア【TAKIBI】公式アカウント(@camp.takibi)がシェアした投稿 - 2020年 5月月4日午前4時00分PDT, スパッタシートは、地面保護の能力から、スウェーデントーチにも使用することが出来ます。スウェーデントーチは昨今のキャンプ人気と共に注目されてきている、丸太だけで作る焚き火台を兼用する焚き火です。