キイロスズメ Theretra nessus (Drury, 1773) ... 【幼虫 食餌植物】 ... 【成虫写真14】は2006年8月19日、愛知県名古屋市街地。【成虫写真15】は2006年8月22日、東京都調布市。【成虫写真16】は8月30日、上が♀。【成虫写真17】は2006年9月3日、大阪府柏原市。【成虫写真18】は埼玉県越谷市。 Theretra属 … キイロスズメバチの生態や特徴などを、蜂駆除専門業者としての観点も交えながら解説させていただきます。どんな所に巣を作るのか、危険度はどの位かなどをどなたにも出来るだけわかりやすく書いたつもりです。蜂駆除でお困りの方はハチ駆除専門の「蜂駆除屋さん」にお任せください。 イブキスズメ Hyles gallii ★ (芋活.comにリンクしています)-65-6-9 <分布> 北海道・本州・九州: キイロスズメ Theretra nessus ★★ (芋活.comにリンクしています)-80-6-10 <分布> 本州・四国・九州・沖縄: セスジスズメ Theretra oldenlandiae ★★ キイロスズメは、黄色いスズメではなくてスズメガという蛾の一種です(^m^)今年はこの「キイロスズメ」の当たり年でなんと!9匹もの幼虫を見つけてしまいました。それも、ぜんぶ庭で!たぶん毎年いたはずなのに、気付かず暮らしていたのでしょうね(^^ゞキイロスズメを飼うのは初めてです。 大きくてまるまると太ったイモムシが、一心不乱に山芋の葉っぱを食べている姿を見つけることができたらそれは、『キイロスズメの幼虫』です。キイロスズメは、スズメガという種類の蛾(ガ)の幼虫なりま … スズメバチ酒の場合も、蜂蜜漬けと同様、虫網で捕獲したスズメバチ成虫を酒の入ったボトルに落とし、溺れている間に毒針を出し、そこから排出される毒が酒と混ざることによって作られる[33]。疲労回復、美肌効果、生活習慣病の予防に効果がある[34]とされている。この場合、普通の酒と同様に飲まれている。

アフガニスタンからインドネシアにかけてのアジア原産で、中国や台湾にも分布を広げており、2004年以前にフランス、2003年に韓国、2010年にスペイン、2013年に日本(対馬)への侵入が確認された。韓国では養蜂への被害のほか、在来スズメバチを減少させている。, ツマグロスズメバチ(端黒雀蜂、Vespa affinis)は、日本の南西諸島などに生息する。腹部が黄色と黒にはっきり分かれているのが特徴。台風の被害を防ぐため、地面近くに営巣することが多い[13]。営巣初期の巣はコガタスズメバチ同様にフラスコや徳利のような形状であるが、徳利の首の部分はコガタスズメバチほどには発達しない。, オリエントスズメバチ(Vespa orientalis)は、モンスズメバチに外観が非常によく似ているが、腹部が黄色と茶色にはっきりと分かれているところが特徴。 スズメバチは種類によって危険度が違います。その数なんと、日本だけでも3属17種類!人への被害が多い種類や意外な習性をもつ種類、希少種、外来種とじつにさまざま。見た目の特徴はもちろん、攻撃性、食性まで徹底解剖!遭遇したときの対策方法も解説します。

ヤマノイモ上の幼虫① (2005.9.19) ヤマノイモ上の幼虫② (2005.9.19) ヤマノイモ上の幼虫③ (2005.9.19) ヤマノイモ上の幼虫④ (2005.9.19)

「近くで見かけたスズメバチの種類が気になる…」「どのくらい危険なんだろう?」「写真と一緒に確認したい」, 家の周りをうろついているスズメバチの種類・生態について、疑問をお持ちではないでしょうか?, みんなのハチ駆除屋さんのスタッフ、日向です。この記事では、人を刺す9種類のスズメバチを写真付きで解説します。, 毎年、多くの被害が出るスズメバチ。東京都、横浜市、札幌市などの主要都市では、なんと年に数千件の駆除依頼が寄せられます。, スズメバチは、昆虫の世界ではトップにいる王様のような存在です。攻撃力を発展させたオオスズメバチ、都市に適応したコガタスズメバチ、2012年に長崎県津島に侵入してきたツマアカスズメバチ…などなど、それぞれ特徴があります。, いずれも、攻撃性が高く毒性が強いので、とにかく刺されないこと・絶対に近づかないことが重要です。, もしスズメバチに巣を作られてしまったら、基本的には専門の業者さんに相談するようにしましょう。自分で駆除しようとして刺される被害も多く、命に関わるため大変危険です。, ※「今すぐ安全に駆除してほしい」という場合は、みんなのハチ駆除屋さんにご相談くださいね。プロのスタッフがすぐに駆けつけ、被害が出る前に対処いたします!, 「スズメバチは危険」「怖い」といったイメージがありますが、その攻撃性は種類ごとに異なります。(もちろん危険度はアシナガバチやミツバチより遥かに上です。), 毒性・攻撃力・敵を追跡してくる距離の3ポイントで比較。上から危険な順に並んでいるので、上位のハチには十分ご注意ください。見つけても決して騒がず近づかず、そっと離れるようにしてくださいね。, それぞれのハチの名前をタップすると、詳しい説明の箇所にジャンプします。(数値:最大=10、最小=1としました。), ※「そもそもスズメバチかどうかわからない」「他の蜂の種類も確認したい」という方は、こちらの記事をご覧くださいね。蜂の種類と見分け方を解説しています。▶︎蜂の種類と特徴:見分け方と危険性を知る, 大きなアゴで相手に噛みつき、6mmもの長い毒針でズブリと刺してきます。「ケガ」といったレベルではなく、大事故・重症に繋がる本当に危険なハチなんです。, そんなオオスズメバチの巣は土の中に作られることが多く、その危険性からも自力駆除はほぼ不可能。山林では木の穴などにひっそり巣を作ることもあるため、登山やハイキングの際はとくに注意しましょう。, キイロスズメバチは都市や市街地に数多く生息し、中でも民家の屋根裏や軒下などに巣を作ります。そのため、刺される被害がいちばん多いスズメバチでもあるんです。, 巣が大きく群れの数も多いため、巣に近づくのはとても危険。もし巣が作られていた場合は、みんなのハチ駆除屋さんにお気軽にご相談ください。, アゴや毒針が発達していて、身体も硬いのが特徴。他のスズメバチの巣を乗っ取るくらい、攻撃性も高いです。, 比較的穏やかなハチですが、人間の生活圏内に巣を作ることが多く、気づかないうちに刺激して刺される被害が頻出しています。庭で植物を育てている方などは、とくに注意してください。, スズメバチの駆除は、プロのハチ駆除専門業者に依頼しましょう。安全に駆除したいなら、これがベストです。, スプレーやトラップで自分で駆除する方法もありますが、素人には危険すぎます! なぜなら、刺される危険性がとても高いからです。, スズメバチは、近づくと警戒し、威嚇してきます。しかも、 警報フェロモンという毒液を撒き散らして、仲間を呼ぶこともできます。業者の使う防護服を着ていたり、専用の薬剤やネットなどの道具を使いこなせる場合は大丈夫なのですが…、そうでなければ興奮したスズメバチに刺されてしまうでしょう。, スズメバチの駆除は、命に関わる危険な作業。「駆除しようとして刺された」「追い払おうとして刺された」というケースが後を絶たないため、スズメバチの対処はプロにお任せするのが安心です。, みんなのハチ駆除屋さんでは、危険なスズメバチの駆除を承っています。自分での駆除に不安をお持ちの方は、お気軽にご相談くださいね。どんな場所にある蜂の巣でも、徹底的に対処いたします。, 駆除の値段は、スズメバチだと約9,000円から、巣の大きさや場所によっては3〜5万円ほどかかることもあります。巣がまだ小さいうちは駆除料金も抑えれられるため、放置せずに早めに駆除を依頼するのがオススメです。, なお、スズメバチの活動がピークになる8月〜10月頃は、ハチ駆除業者に依頼が殺到する時期。「スズメバチが飛び回っているから早く来てほしいのに、混んでいてすぐ来てもらえない…」なんてことも十分ありえますので、やはり早めに対処するのが重要です。, また、スズメバチを駆除した後ですが、駆除したときに外に出かけていたハチが戻って来ることがあります。この「戻りバチ」対策をやらないと、駆除は完了しませんのでご注意ください。, お住まいの自治体に連絡してみましょう。衛生課、保健福祉課、環境政策課などが窓口になっていることが多いですね。, スズメバチも種類によって、攻撃性や性格は違います。ですが、刺激してしまえば、どのスズメバチも攻撃してきます。, 夏〜秋は繁殖期で、巣を守るために気が立っているので、見つけたらみんなのハチ駆除屋さんまでご連絡ください。すぐに駆けつけて、安全に退治します。, スズメバチは攻撃性の高さや毒の強さから、駆除する私達も怖いと感じるハチです。自然のあるところはもちろん、都市部にもスズメバチは生息していますので、もし遭遇してしまったら刺激せず、立ち去るようにしてください。, 「スズメバチが飛び回っているから早く来てほしいのに、混んでいてすぐ来てもらえない…」, ハチのなかで最も毒が強く、凶暴。巣の底はむきだし。秋はエサが少なくなり、他のスズメバチやミツバチを襲うほど攻撃的になる。巣は直径1メートルを超えることも。, 発色の良い黄色。巣の規模は最大で、巣は直径1メートル以上、働き蜂の数は1,000匹を超えることも。攻撃性が高く、都市部に適応しているため、被害例が多い。7月〜8月に、狭い場所から開放的な空間に巣の引っ越しをすることも。, 攻撃性は高い。他のスズメバチと違って、夜間活動の習性がある。キイロスズメバチと同様、巣を引っ越す習性がある, こげ茶色で、毒針が発達している。自力でも巣作りできるが、キイロスズメバチやモンスズメバチの初期の巣に侵入し、女王蜂を殺して巣を乗っ取る。「社会寄生性スズメバチ」と呼ばれる, 初期の巣は、コガタスズメバチのようにトックリ型。石垣島など熱帯・南西諸島に多く、台風の被害をさけるために地面近くに営巣することが多い。刺激した場合の攻撃性は強い, 攻撃性がとても高い。敵をしつこく追い回す。初期の巣は地中や低い場所に作るが、規模が大きくなると高い位置に巣を作る。都市部の高層ビルに巣を作ることも。, 初期の巣はトックリ・フラスコ型。都市部での被害が増えていて、庭木の剪定中に刺されることも。刺激しなければ襲われないが、一度怒ると強い攻撃力をみせる, スズメバチの中ではおとなしいが、敵に敏感で威嚇はする。お尻の部分が黒い。巣はとても小さく、 働き蜂の数は最大でも数十匹ほど。, 攻撃性・毒性ともに強くない。黒い部分が多いので、見分けやすい。巣はほとんど土の中に作られる。. キイロスズメの幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 2019.7.18.

キイロスズメは、黄色いスズメではなくてスズメガという蛾の一種です(^m^)今年はこの「キイロスズメ」の当たり年でなんと!9匹もの幼虫を見つけてしまいました。それも、ぜんぶ庭で!たぶん毎年いたはずなのに、気付かず暮らしていたのでしょうね(^^ゞキイロスズメを飼うのは初めてです。

エビガラスズメ Agrius convolvuli.

スズメガの幼虫には毒がある! スズメガのでかい幼虫を駆除するなら薬がおすすめ 家庭菜園においても、農作物の被害に遭いやすいとされているスズメガの幼虫について、今まで困った方も多いのではないでしょうか? その際、駆除方法に […] 大きくてまるまると太ったイモムシが、一心不乱に山芋の葉っぱを食べている姿を見つけることができたらそれは、『キイロスズメの幼虫』です。, 山芋を育てている人にとっては害虫ですけど、芋活に励んでいる人にとってはなんとも可愛いイモムシちゃんではないでしょうか。, スズメガの種類は、そこそこ大きな蛾(ガ)で時速50キロほどで飛ぶことのできる、飛ぶ能力の優れた種類になります。, 名前にキイロと付きますけど、言うほど黄色くはないです。体(腹部)が、黄色のようなオレンジのような感じなぐらいですね。, 先の方にピョコンとでているツノのような突起がありますけど、それは「尾角」というもので尾と書くようにそってがお尻になります。, よくそこに毒があると思っている方もおられますが、刺されたりすることもないですし毒もないです。, 尾角はちゃんとした意味がよく分かっていなくて、私たちには間違いなく害はないのでちょっとしたファッションだと思って安心してください。, 山に自生している高級品で有名な自然薯(ジネンジョ)、スーパーでよくみかける真っすぐの長芋(ナガイモ)、自分の畑など育ててやすい球根型の大和芋(ヤマトイモ)、沖縄の自然薯である大薯(ダイジョ)などです。, 名称に関しては、大和芋は地域によってつくね芋と呼ばれたり、イチョウイモを大和芋と呼んだりしているので結構ゴチャゴチャしてます…, ただはっきり言えるのは、キイロスズメの幼虫は私たちが食べる山芋の葉っぱが大好きということです。, キイロスズメの幼虫は、緑と茶色の2色あるので好きな人にとっては2度楽しめるわけです。, 緑の方が小さな脚が黄色なのでアクセントになっているので、またそれがいいんですよねぇ~, 山芋の葉っぱを食べている大きなイモムシがいたら、緑でも茶色でもキイロスズメの幼虫で間違いなしというわけです。, 凄くカワイイ特技で驚いた時やチョンと顔を触ると、見事に顔を引っ込めることができます。, スズメガの種類の中でも、特にキイロスズメの幼虫はこの「顔引っ込め」の特技が得意です。, 隠れきれるわけがないけど、この必死に隠れようとしている感じがキュンとこないですか??, もし、庭や畑で育てているキイロスズメの幼虫に出会ったのが苦手な方でしたら、可能であれば葉っぱにいれば葉っぱごと切り落とすか、割箸でつまんで山芋が生えていそうな所が少し離れた場所にあれば逃がしていただけると嬉しいです。, 苦手な人にとっては成長した幼虫は迫力があり過ぎると思いますけど、大抵の場合集団で発生するようなことはないので1匹大きいのがいることが多いですから。, 芋活をしていたり、アゲハなどのチョウの幼虫は育てたことがあるけど蛾(ガ)の幼虫はまだであれば、キイロスズメの幼虫は育てやすいので是非チャレンジしてみてください。, 問題となるのはエサですけど、先ほど取り上げた山芋がそれなりたくさん手に入るならいいのですが、難しいようならちょっとした林などに山芋は結構生えているので探してみてみてください。, エサの種類については山芋なのですが、私たちが食べる山芋として食べるものだけでなくてさらに細かい種類があるんです。, ツルに「ムカゴ」という小さな実ができるのをご人事ですか??味は小さな山芋といった感じで、炊き込みご飯にしたり炒ったりすると美味しいのですが、その実ができるツルならキイロスズメの幼虫は喜んでたべます。, というのも、山や林などにある山芋の葉っぱはそっくりで、オニドコロ、ニガカシュウ、カエデドコロといった感じで、慣れていないと葉っぱを見ただけだと区別しにくいです。, ムカゴができるできないや、花、ツルの巻いていく向きなどで見分ける事ができるのですが、難しく考えずにハート型のツルの葉を30センチぐらいの長さで切って食べるか様子を見てみてください。, 経験上、好みに合わなかったりや食べれないものは食べないので、違う場所に探しにいって見つけてくばOK, 一番は、食べていたツルの葉を与え続けられればいいんですけど、かなり食欲旺盛なので蛹(サナギ)になるまでにたくさん食べるので早めにエサとなる葉っぱの確保をしてあげてください。, サナギになる直前は、水分が多いタポンタポンの体型が少しだけキュッとした感じになります。その時は、少しだけフンの臭いがきつくなります。, 土に潜るわけではないので入れていなくても大丈夫なのですが、葉っぱを使って繭(マユ)を作るので角の辺りにどっさりとはいらないので数枚枯れていてもいいのでまとめて置いておいてあげてください。, 写真をよく見ると糸が少し張られているのが分かると思いますけど繭を作っているところです。元は普通に緑だったのがサナギになる前段階でちょっと変わってきてます。, このままでも繭は作れるのですが、もっと葉っぱがあった方が落ち着くので悪い見本ですね…, ちなみにサナギになった時期が10月ごろだと、そのまま冬を越して次の年の6月ごろに成虫になるので、幼虫から成虫までをすぐに見たい時は夏頃の子を探すといいですよ。, その状態だと成長はしていくのですが、サナギになる前に力尽きたり、サナギから寄生蜂や寄生バエがでてくることがあります。, 本当に可哀そうですけど、そういった事もあるという事実を知ってもらうために載せました。自分ではどうにもできない事に遭遇することもありますけど、愛情を込めて育ててあげてください。, インパクトのある大きな蛾ですけど、模様と形の感じがブーメランっぽく見えませんか??ちょっと矢印のようにも見えますかね。, 茶色の波模様で枯れ葉そっくりな『モモスズメ』。ガーデニングで使う、バークチップのような感じにもちょっと見えます。, 動きは早いし、あまり街中ではお目にかかれないイシガケチョウ。幼虫から育ててみたら、なんともステンドグラスのようにキレイな蝶でした!!, パンジーやスミレなどの葉っぱ食べてしまう、園芸を楽しむ人にとっては大敵なるがツマグロヒョウモンの幼虫。, ちょっとしたパンジーのプランター植えから、庭先に植え花の苗、楽しみにしていたスミレがいつの間にか赤黒の固そうなトゲトゲの毛虫にやられていたらそれは、ツマグロヒョウモンの幼虫が犯人です!!, なんだか触ってみたくなってしまうんですけど、見た目とは裏腹に毒があるので要注意!!, 淡い緑色に薄っすらと入れるほっぺがポッと赤くなったような模様がチャームポイントの『ベニモンアオリンガ』, キレイな白い翅に頭回りが白いファーのようになっていて、規則正しく黒いドット模様が素敵なオシャレさんな『キハラゴマダラヒトリ』パッと見では、アカハラゴマダラヒトリや、幼虫の時に桜の木に大量について丸坊主にしていまうで有名な外来種のアメリカシロヒトリとそっくりもそっくりです。, 『アケビコノハ』はかなり枯れ葉にそっくりな蛾です。でも、カブトムシにも似ているような…, バラの葉を食べ尽くす小さい黒い頭がずらりと並んだイモムシ集団『チュウレンジバチの幼虫』, サナギになった時期が10月ごろだと、そのまま冬を越して次の年の6月ごろに成虫になるので、幼虫から成虫までをすぐに見たい時は, オレンジの筋に赤黒カラーのトゲの毛虫がパンジーを…それは『ツマグロヒョウモンの幼虫』です!!.

キイロスズメの幼虫(中齢) : 奈良県奈良市 2018.6.25.

イブキスズメ Hyles gallii ★ (芋活.comにリンクしています)-65-6-9 <分布> 北海道・本州・九州: キイロスズメ Theretra nessus ★★ (芋活.comにリンクしています)-80-6-10 <分布> 本州・四国・九州・沖縄: セスジスズメ Theretra oldenlandiae ★★ –éŠÔA–Ø‚Ì—t‚ÉŽ~‚Ü‚Á‚Ä‚¢‚½ŒÂ‘́i‚Q‚O‚P‚WD‚P‚OD‚Q‚X ¼•\“‡j, –{BCŽl‘C‹ãBC‘ΔnC‰®‹v“‡CƒgƒJƒ‰—ñ“‡C‰‚”ü‘哇C“¿”V“‡C‰«“꓇C‹{ŒÃ“‡CÎŠ_“‡C¼•\“‡C—^“ߍ‘“‡, @—c’Ž‚̓„ƒ}ƒmƒCƒ‚‰Èiƒ„ƒ}ƒmƒCƒ‚CƒiƒKƒCƒ‚CƒIƒjƒIƒhƒRƒj‚Ì—t‚ðH‚ׂéB, ƒgƒbƒv‚̎ʐ^‚Í‚P‚OŒŽ‚Q‚X“ú‚Ì–éA¼•\“‡‚ÌŽR“¹‚ð•à‚¢‚Ä‚¢‚½Žž‚É–Ø‚Ì—t‚ÉŽ~‚Ü‚Á‚Ä‚¢‚½–{Ží‚ðŽB‰e‚µ‚½‚à‚́Bƒ‰ƒCƒg‚É”½ŽË‚µŠá‚ªŒõ‚é‚̂ňĊOŒ©‚‚¯‚é‚Ì‚ÍŠÈ’P‚¾‚Á‚½B—c’Ž‚Í‚P‚R”N‚à‘O‚É’nŒ³‚̋ߏŠ‚̐™—Ñ‚Ì—Ñ“¹‚Ń„ƒ}ƒmƒCƒ‚‚É‚¢‚½‚à‚Ì‚ðŽB‰e‚µ‚Ä‚¢‚éB‚©‚È‚èÌ‚¾‚ª‘å‚«‚­‚ăCƒ“ƒpƒNƒg‚ª‚ ‚é‚Ì‚Å‚Í‚Á‚«‚è‚ÆŠo‚¦‚Ä‚¢‚éBŽhŒƒ‚ð—^‚¦‚é‚ƂԂ牺‚ª‚Á‚ăuƒ‰ƒuƒ‰“®‚¢‚ĈЊd‚µ‚Ä‚¢‚½B. いずれの場合も科学的根拠は明らかになっていない。, スズメバチは、スズメバチ属、クロスズメバチ属、ホオナガスズメバチ属、ヤミスズメバチ属の4グループに分かれる。日本には、このうちヤミスズメバチ属を除く3属16種のスズメバチが生息している。, オオスズメバチ(大雀蜂、英: Japanese giant hornet、学名:Vespa mandarinia japonica)はスズメバチ類の中で最も大型のハチ(世界最大)で、体長は女王バチが40-45mm、働きバチが27-40mm、オスバチが35-40mm。東アジア、及び日本の北海道から九州に分布しており、南限は屋久島、種子島近辺まで生息している。食性は幅広く、成虫、幼虫含む主に小中の様々な種類の昆虫を捕食し、スズメガなどの大型のイモムシ等を捕らえる場合もある。秋には餌が減少する反面、多くの新女王バチと雄バチを養育するための負担が増大するために凶暴性を増し、返り討ちに遭う危険を冒しつつも、時に集団でキリギリスやカマキリ等の大型肉食昆虫を襲うケースが増える[35]。またミツバチや他種のスズメバチといった巨大なコロニーを形成する社会性のハチの巣を襲い幼虫や蛹を略奪する。非常に獰猛で攻撃性が強い上、土中や樹洞などの閉鎖空間に営巣するため、巣の存在に気付かずに接近して攻撃を受けることがある。, ヒメスズメバチ(姫雀蜂、Vespa ducalis)は、オオスズメバチに次ぐ大型のスズメバチで、体長は24-37mm。尾部が黒いことから他種のスズメバチと区別が付けられる[13]。都会でもよく見られるスズメバチだが、攻撃性は大型のスズメバチ属の中で最も弱く[13]:70、毒性もそれほど強くない(ただし威嚇性は強く、巣に近づくと侵入者の周りをまとわりつくように飛び回る)。土中、樹洞、屋根裏等の閉鎖空間に巣を作るが、営巣規模は他のスズメバチに比べはるかに小さく、働きバチの数は全盛期でも数十匹程度[13]:70である。一般的なスズメバチは、サイズが女王蜂>オス蜂>働き蜂の順だが、ヒメスズメバチには特に差は見られない。, ヒメスズメバチの幼虫は基本的にアシナガバチ類のさなぎや幼虫のみを餌とするため、成虫はアシナガバチの巣を襲って幼虫やさなぎを狩る[13]。このとき、他のスズメバチ類のように筋肉部分だけを切り取って肉団子にするのではなく、噛み砕いた獲物の体液を嗉嚢(そのう)に収めて巣に持ち帰り幼虫に与える。また、キイロスズメバチやコガタスズメバチなどの巣を襲ってそれらの幼虫やさなぎを狩る様子も観察されている。, 獲物となるアシナガバチ類の繁殖可能期間が短く、巣の規模も個体群密度もそれほど高くならない日本のような温帯では、上述のように非常に小規模の巣しか形成出来ず、貴重な少数の働き蜂の消耗を防がざるを得ないため攻撃性も著しく低い。一方、一年中アシナガバチ類が繁殖するため巣の規模や個体群密度が日本より大きな熱帯アジアでは、ヒメスズメバチの巣の規模も著しく大きくなり、攻撃性も他のスズメバチ類と同様に高くなることが知られている。, キイロスズメバチ(黄色雀蜂、英: Japanese yellow hornet、学名:Vespa simillima xanthoptera)は、本州、四国、九州や朝鮮半島に分布する。北海道以北に分布するケブカスズメバチ(毛深雀蜂、Vespa simillima simillima)の亜種とされる。体長は女王バチが25-28mm, 働きバチが17-24mm, オスバチが28mmで、日本に広く分布する5種のスズメバチ属のハチの中では最も小型である。日本に生息するスズメバチとしては営巣規模が最も大きく、大きな巣は直径1メートル近く、ハチの数も1000匹に達することもある。営巣初期には屋根裏や樹洞のような閉鎖空間に巣を作るが、巣が大きくなってスペースに余裕がなくなると、別の場所へ引越しして再営巣する習性がある。そのため、結果的には閉鎖空間だけでなく人家の軒下や木の枝といった開放空間まで、様々な場所で巣がみられる。攻撃性がかなり強い上に都市部での生活によく適応しているため、日本では被害例が多いハチである[13]。, コガタスズメバチ(小形雀蜂、Vespa analis)は、スズメバチ属の主な5種の中では中型のハチである。成虫はオオスズメバチと非常によく似た外見と体格をしており、サイズが拮抗した個体では見分けは困難である。その際は頭部の形状の差異と繊毛の長さで見分けるケースが多い[36]。体長は女王バチが25-30mm、働きバチが22-28mm、 オスバチが23-27mm。中型以下の昆虫を餌とする。木の枝、植え込み、軒下等の開放空間に巣を作る。巣は女王バチが単独で巣作りをしている初期段階では徳利やフラスコを逆さに吊り下げたような形状をしており(このためトックリバチの巣と間違えられることがある)、働きバチが羽化してくると徳利の首の部分が噛み破られてボール状に変化していく特徴がある。特に他の蜂のよく集まる虫媒花で待機し、ハナバチなどを襲って胸部の筋肉を肉団子にし、巣に持ち帰ることが多い。営巣規模は比較的小さく威嚇性・攻撃性もあまり高くないが、巣に直接刺激を与えると激しく反撃してくるため、剪定作業中に巣を刺激して被害に遭うケースがしばしば見られる。このため日本では被害例が多い[13]。営巣場所と餌の種類に柔軟性があるため、キイロスズメバチと並んで都会でよく適応している。, モンスズメバチ(紋雀蜂、英: European hornet、学名:Vespa crabro)は、コガタスズメバチに近い大きさの中型のスズメバチで、体長は女王バチが28-30mm、働きバチとオスバチは21-28mm。ヨーロッパから日本まで幅広く分布している。天井裏や樹洞といった閉鎖空間に外被の下部が大きく開口した巣を作るが、まれに軒下のような開放空間にも営巣する。また、キイロスズメバチの古巣の内部に営巣した例も確認されている。キイロスズメバチと同様、営巣場所が手狭になると引越しする習性があるが、本種は引越し先の巣も閉鎖空間に作る。攻撃性はやや強い。腹部の黄色と黒の縞模様は波形をしており、変異が大きい。, 幼虫の主な餌はセミで、その他バッタやトンボなどの大型昆虫も餌にする[3]:161。日本では初夏のハルゼミから初秋のツクツクボウシまで営巣期を通じて多様なセミを狩猟出来る環境でないと生息出来ないため、近年減少している[13]。ヨーロッパにおいて蜂を獲物とする大型のスズメバチはこの種のみである上に、蜂を襲うことも稀であるため、セイヨウミツバチにはスズメバチ類の狩猟に対抗する行動の進化が見られなかったと考えられている[要出典]。スズメバチ属としては珍しく日没後もしばらく活動する[13]のが特徴。