関連記事. Image processing: Travis Rector (University of Alaska Anchorage), Mahdi Zamani & Davide de Martin), 追観測により、GRB181123Bが発生した銀河までの距離は約100億光年であることが判明した。この距離は、これまでに観測されたショートガンマ線バーストの中で2番目に遠く、可視光線波長の残光が検出された信頼度の高いショートガンマ線バーストとしては最も遠いものとなる。, これまでに発生源までの距離が計測できたショートガンマ線バーストは43個あるが、その多くは比較的私たちに近いところで発生している。遠方で発生したショートガンマ線バーストの観測は、宇宙が非常に若く、星や銀河の形成と成長が急速に進んでいた時代における同種の現象を研究する上で大いに役立つものとなる。, GRB181123Bと他のショートガンマ線バーストなどとの比較図。左下が現在、右上へ行くほど過去に遡る(地球から遠く離れている)。(水色)地上で検出される重力波の距離(ジェットの向きに関係なく検出される)、(黄緑色)スウィフトが検出するショートガンマ線バーストの距離(重力波源より遠く、ジェットが地球の方向を向いている場合にのみ観測される)、(茶色)GRB181123B(提供:International Gemini Observatory/NOIRLab/NSF/AURA/K.

A new very-high-energy component deep in the Gamma-ray Burst afterglow. 宇宙最大の爆発現象であるガンマ線バーストでは、太陽が数十億年もかけて放射する以上の莫大なエネルギーがわずか数秒から数分程度の間に放出される。バーストの瞬間には、可視光線の数千倍から数百万倍のエネルギーを持つガンマ線が主に放射され、その後には急激に暗くなり弱く光る残光が可視光線やX線で観測される。, 2018年7月20日、NASAの天文衛星「フェルミ」と「ニール・ゲーレルス・スウィフト」によって、うお座の方向約60億光年の距離で発生したガンマ線バースト「GRB 180720B」が検出された。これら衛星からの情報を受け、世界中の望遠鏡がこのガンマ線バーストに向けられ、追観測が行われた。, アフリカ南西部ナミビアに設置されたヘス望遠鏡も、ガンマ線バーストの発生から10時間後に残光の観測を開始した。ヘス望遠鏡は5台の望遠鏡で構成されており、超高エネルギーガンマ線と大気中の分子とが反応することで生じる「チェレンコフ光」をとらえることによって、間接的に超高エネルギーガンマ線を観測することができる。, ヘス望遠鏡による観測の結果、ガンマ線バーストの残光の中に、100ギガ電子ボルトから440ギガ電子ボルト(可視光線のエネルギーの数千億倍程度)に対応する超高エネルギーガンマ線が検出された。同望遠鏡の運用開始から10年以上を経て初めてのことだ。, 超高エネルギーガンマ線で見た「GRB 180720B」の発生から10時間から12時間後の姿。赤い十字はGRB 180720Bの発生位置(提供:H.E.S.S.

Gemini Observatory's Quick Reflexes Capture Fleeting Flash, Short gamma ray burst leaves most-distant optical afterglow ever detected, Discovery of the Optical Afterglow and Host Galaxy of Short GRB 181123B at z = 1.754: Implications for Delay Time Distributions.

Copyright © 2017-2020 kusuguru Inc. All Rights Reserved. 太陽系や星座、星雲・星団、銀河宇宙まで、あらゆる星空をパソコンで再現, 最新版 2.0e

トランスヒューマンガンマ線バースト童話集 (ハヤカワ文庫ja) (日本語) 文庫 – 2020/11/5 三方 行成 (著), シライシユウコ (イラスト) 5つ星のうち4.2 11個の評価 【2020年7月17日 ジェミニ天文台】. 太陽系や星座、星雲・星団、銀河宇宙まで、あらゆる星空をパソコンで再現, 最新版 2.0e

2018年11月23日、nasaの観測衛星「ニール・ゲーレルス・スウィフト」がかみのけ座の方向で発生したショートガンマ線バースト「grb181123b」を検出した。 Paterson & W. Fong (Northwestern University). Paterson & W. Fong (Northwestern University).

放射線使って悪さしてやるみたいな刷り込みが酷い . 「天体写真画像処理講座」受講申し込み受付中, ガンマ線バーストの残光から、可視光線のエネルギーの数千億倍に対応する超高エネルギーガンマ線が検出された。爆発後10時間以上経過した後も、超高エネルギー粒子が生成され続けていることを示す成果となる。.

(Image processing: Travis Rector (University of Alaska Anchorage), Mahdi Zamani & Davide de Martin), 11月5日 発売 2018年11月23日、nasaの観測衛星「ニール・ゲーレルス・スウィフト」がかみのけ座の方向で発生したショートガンマ線バースト「grb181123b」を検出した。 綴じ込み付録「星空カレンダー2021」/「星ナビ」創刊20周年プレゼント /「はやぶさ2」帰還 / スマート望遠鏡eVscope / インドの宇宙観 / ほか, 10月30日 11.0fリリース

望遠鏡とデジタル一眼レフ/CMOSカメラでの天体撮影を強力アシスト。極軸合わせ支援やワイヤレス制御など新機能満載, 最新版 8.0j

ガンマ線バースト観測衛星スウィフト. ガンマ線バースト (ガンマせんバースト、英: gamma-ray burst 、 GRB )は、天文学の分野で知られている中で最も光度の高い物理現象である 。. ガンマ線バーストは、宇宙最大規模の爆発現象で、1秒で太陽一生分ものエネルギーを発するといわれています。ただその発生時間は0.01秒〜数分と非常に短いため研究しづらく、詳細な発生機構については天文学界でも合意が得られていません。しかし今回、その理解を助ける発見が発表されました。, 研究結果は“The Astrophysical Journal”に掲載される予定で、現在は“arXiv”で読むことができます。, Smoke and Mirrors: Signal-to-Noise and Time-Reversed Structures in Gamma-Ray Burst Pulse Light Curveshttps://arxiv.org/abs/1804.10130, 新しい研究では、6つのガンマ線バーストの光度曲線が、複雑な時間逆転性の波のような構造を持つという証拠を示しました。この構造は、各波間で時間が逆方向に繰り返すように見える現象です。これが大質量恒星の死について、新たな情報をもたらすと考えられています。, ガンマ線バーストの「発生元」は、完全には解明されていません。有力な説の一つは、中性子星同士の衝突によって起こるとする説です。他には、高速回転する大質量天体の崩壊で、中性子星、まだ理論上の存在であるクォーク星、ブラックホールなどがその過程で超新星や極超新星を生み出す際におこすという説もあります。, それらを検出できるのは、光線が直接私たちの方向を向いている場合だけです。そして、その距離は何十億光年も離れています。そのため、検出には非常に感度が高く、多くの光学的多様性を持つ装置が必要となり、結果としてシグナルには相当なノイズが混じることになります。, しかし、検出が難しいという意味ではありません。2004年に打ち上げられたNASAのガンマ線バースト観測衛星スウィフトは、2015年後期までに1000ものガンマ線バーストを見つけています。, ただしそういったノイズが困難にしているのが、バーストの光度曲線の詳細究明です。実際の感度が低い結果、シグナルの解像度が低くなり、ガンマ線バースト光度曲線の構造は「不鮮明」となります。, 信号対雑音比を低くすると、中規模のバーストでは3つの頂点がある波として現れ、微かなものだと1つの頂点を持つものとして現れます。この操作を最小化する試みのために、1991年から2000年までに、NASAのBATSE装置のデータから例外的に明るい6つのガンマ線バーストを発見。そこで、複雑な時間逆転性の波のような構造を見つけたのです。さらに、この構造は最も明るいものに属するガンマ線バーストの光度曲線にしか見られませんでした。, 「時間反転パルス構造の存在によって、ガンマ線バーストの物理モデルには強い物理的対称性と、一つの衝突体との相互作用を含むべきであると信じるに至りました」, では、これが実際に意味するものとは何なのでしょうか。可能性として考えられるのは、電子あるいはイオンの粒子の塊や、ソリトンといった濃縮された波が、ある種の衝突体として中央にある天体から高速で放出されたということです。この衝突体が、死にゆく星によって事前に放出された物質の雲の間を動くことで、放射を生みます。もし、それが同じ雲の中で部分的に反射して戻れば、同じようではあるけれど弱い放射を逆転させて放出することになるでしょう。, もう一つの解説では、もし物質の雲が放射状で左右対称である場合、たとえば連続した同心円状にある場合に衝突体がその中を反射されること無く一方向に動く場合を挙げています。物質が標的を横断して一方から他方へ動いているのを思い浮かべてください。標的の中心はリングよりも濃い雲です。衝突体がこの領域を通り過ぎると、「反射シグナル」に見えるものを生み出します。とはいえ、なぜそうなるのかは研究者にもわかっていません。, しかし今後この研究が、星の死やブラックホールの形成を理解するための新たなツールを天体物理学に提供すると期待されています。, 暗黒物質の証拠とされていた「銀河系中心の超過放射」の正体は、高速回転する中性子星だった, via: Science Alert/ translated & text by SENPAI, 月そっくりの組成をした小惑星を火星の軌道上に発見! 「月の双子の片割れ」である可能性も, アインシュタインの理論により、宇宙を孤独に旅する最小の「自由浮遊惑星」を発見! 惑星形成のナゾを解くカギになるかも, 土星の衛星タイタンから、生命誕生のカギになるかもしれない「非常に奇妙で珍しい分子」が発見される, 人の顔とアート作品の「美しさ」を脳は別々の部位で感じていた!?