『オールナイトニッポン Radio Days Sweet Hits』のアルバム・ノーツ ユニバーサルミュージック. ラジオ局ニッポン放送が運営するラジオ番組「オールナイトニッポン」や派生する地上波ラジオ・ウェブラジオ番組の公式 YouTube チャンネルです。

ラジオファンを熱くさせた『ANN』統括Dのツイートの真意 発端は“ラジオ業界”への怒り, 2年ぶりの開催! 1週間全番組をお笑い芸人が担当 『オールナイトニッポン お笑いラジオスターウィーク』, Kis-My-Ft2がオールナイトニッポンに帰ってくる!「僕らは“ラジオ”が大好きです」, SHOWROOMにて『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』の2ヶ月限定ラジオ配信が決定!, オールナイトニッポン50年 黄金期プロデューサーが語る「たけし伝説」(3ページ目), 公益財団法人 放送番組センター「放送ライブラリー」真夜中のビター・スウィート・サンバ/栃木放送開局50周年ラジオスペシャル, https://www.oricon.co.jp/news/2084059/full/, http://www.narinari.com/Nd/20170141604.html, MEDIA INFO - NAKAJIMA MIYUKI OFFICIAL SITE, 史上初、『オールナイトニッポンGOLD』がFM COCOLOでもレギュラー放送開始, 50周年特設サイト | オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オールナイトニッポン&oldid=80434951, 担当当時はボーカル&歌詞を担当する"ああ"とギター&作曲のtakumiのユニットだった。, 毎日使用していたのは2005年7月1日までであるが、木・金のみ2007年4月12日まで使用され続けた。, 後任が使用開始日の放送途中にサプライズ発表となった関係で、発表の直前まで使用された。, 月曜 - 木曜 27:00 - 28:30、金曜 27:00 - 29:00(14局ネット、, 月曜 - 木曜 22:00 - 24:00(20局ネット(東北放送は月曜のみ自社制作番組放送のため非ネット)。火曜 - 木曜は東北放送が23:50飛び降り), 外部のタレントではなく、アナウンサーやディレクターといったニッポン放送内部の人間を起用する, 提供スポンサーから番組内容に口出しされることを嫌ったため、番組開始後1年間はスポンサーを付けなかった, これについて、亀淵はのちのインタビューで「番組の自由度を保持するためにはスポンサーに縛られたくはない。とはいっても、無名の番組は安い値段でしか売れない。人気があれば高く売れる。番組を安売りするぐらいだったら無理やりスポンサーを付ける必要はない。良い番組を作って、良い放送をすれば、黙っていてもカロリーの高いスポンサーが付いてくるはずだ。」と述べている, 狭いスタジオに閉じこめ孤独感を味わわせることで、聴取者と一対一で喋っているような感覚にさせる。同様にゲストを呼ぶことも禁止した。生放送時のスタッフもディレクターのみと最小限の人数であった, 『オールナイトニッポン』開始前は、深夜帯はお色気番組全盛だった。高崎も懇意にしていた, オールナイトニッポンなどの番組の裏話やオフショットをつづる「オールナイトニッポン オフィシャルTwitter&Instagramアカウント開設」, 50年の歴史を「知られざるエピソード」でつづる「オールナイトニッポン サイドストーリー」, オールナイトニッポンのレギュラーパーソナリティが月替わりで登場して、応募した日本全国の学校の中から、毎月抽選で10校限定で、その学校のみ流れる番組を制作し校内放送で流す「オールナイトニッポン in 校内放送」, 50年間にわたり放送してきたジングルを放送する「もう一度聴きたい! - 笑っていいとも!増刊号 - 笑っていいとも!特大号 - 学校では教えてくれないこと!! - 銀BURA天国 - 森田一義アワー 笑っていいとも!

!アワー ラブナイツ!』の放送は継続する一方、26時台は『リッスン? fm93.0・am1242のラジオ局・ニッポン放送のホームページ。「オールナイトニッポン」「ショウアップナイター」などの番組情報や、イベント情報以外にも、記事やコンテンツが満載です。 !』に先輩パパとして出演, 「白トリュフ!」の怒鳴りと共にオープニングのみ飛び入り出演。自費で制作した「肉カレンダー」の宣伝を行った。, スペシャルウィーク企画「ナイナイとMay J.がナマ歌対決!オールナイトニッポン歌謡祭!」に出演。ナイナイに勝利した。, 番組終了に至る経緯の説明を受け「ヘビーリスナー代表」という体での乱入参加。その流れで後番組の発表まで立ち会う形となった。, 2010年に岡村が休養に入ってから、復帰まで数年かかるか、最悪「いなくなる」ことを覚悟したうえで、オールナイトニッポンを(基本的に)ひとりで守り続けてきた。岡村が約5ヵ月で復帰したのは予想外であり、それはそれで嬉しかったが、いざコンビでの体制が復活すると、今度は逆に自身のなかで、岡村が休養する以前のようなオールナイトニッポンに対しての感覚が戻らなくなってしまった。もちろん番組を続けるうちに、その感覚が甦るのを期待したが、今日に至るまでの約4年の間に叶わず、一方では番組に対して“達成感”を覚えるようになってしまった, また、番組本(後述)の制作に伴う「過去を振り返る作業」を通じて、この先も番組は続くのに、自身のなかで勝手に“カウントダウン”が始まってしまっていた, 「頑張って下さいや」(全く激励する気が無いときに無感情で発する。逆に本当に激励したい場合は、「頑張って下さいよ」と発する), 「水・カンパン・ラジオ」(災害関連の話になると必ず口にする。放送ブース内で一緒に番組を進行している放送作家の小西マサテルだけを笑わせるためによく話題にすることがある), 各局のワイドショー・ニュース番組のメインキャスターが夏季休暇に入った事を伝える際の台詞, 熱愛が発覚した女性タレントが結婚した場合の本名(採用例:「ウエンツ優子」(当時熱愛が報じられた, 2代目 / 斎藤一志(サウンドマン)(2005年10月6日 - 2006年3月30日), 3代目 / 河辺健二(サウンドマン)(2006年4月6日 - 2011年3月31日), 矢部浩之メドレー(ナインティナインの日 矢部が歌うラブソング、岡村隆史 5ヶ月ぶりに復活SPエンディング曲), 通常放送時のいわゆる怒鳴りからの開始ではなくトークから始まり、開始からおよそ4分後岡村によりタイトルコールが発された。, 中継は中継担当の東海林のり子による仕切りにより、2人が半分無視された状態で進んだ。, 中継時、東海林のり子からスタジオの岡村にシンバルを送られ、自らも大合唱に参加した。, 西川のりおがスタジオに乱入してくるのを恐れて、もし来ても入れなくていいと2人がスタッフに指示した。, 安田祥子・由紀さおり姉妹の「トルコ行進曲」に岡村「あれCD出てるの」と聞き、流れたとたん2人して大喜びした。, 当時12年半と一番長く担当しているナインティナインが担当することになった。内容は通常放送の増刊号のような番組。, 有楽町のニッポン放送本社ビル地下4階のイマジンスタジオから公開生放送で行われた。入場できるのは招待状が送られたリスナーのみであり、来場したリスナーのほとんどが当番組のハガキ職人だった。, 元ミキサーの古谷は元番組スタッフであるにも拘らずコネを使わずに一般公募から参加を試みたらしい。結果は当選漏れだったが、昔のよしみで入場できたようである。, キーステーションのニッポン放送では番組内で2度交通情報を入れており、会場内のリスナー全員で交通情報担当者の名前を叫んでいた。, コーナーとして矢部の時代だ浩之だ!年男・矢部浩之のヤベノートスペシャル!を行った。, タイトルの由来は2007年に年男になる矢部に関連しており、通常放送時のレギュラーコーナー「ヤベノート」をスペシャル番組として放送した。, 12月28日のレギュラー放送で決定した課題を矢部が12時の時報とともに行い、題目は「矢部浩之がロックを歌う」というものである。, 企画内容は、岡村もしくは矢部が過去のレギュラー放送で同じ内容に何度も触れた定番のエピソード(=鉄板トーク)のうち、リスナーからのリクエストによって選ばれたエピソードのキーワードのみがお題として随時発表され、その都度ナインティナインの2人がそのエピソードを改めて語るというもの。, 「鉄板トークリクエスト」との副題があるが、怒鳴り直後のタイトルコールはレギュラー放送同様「, (1998年末は木曜だが、2006年末、2008年2月の特番は木曜以外なので、2007年1月14日-2008年2月21日は1回分、2008年2月28日から現在は2回分カウントがずれる), (ニッポン放送の公式ページでは、2009年12月現在、前者のカウント方法(特番を含めない)になっている), 7月7日(14回(木曜1部(第1期)第1回))、木曜1部(25:00-27:00)に放送時間変更。この時、前任者である, 3月25日(241回(木曜1部(第1期)第233回(最終回)))木曜1部(第1期)としての放送は最終回。怒鳴りは、「, 5月6日(247回(木曜SUPER!第5回))、『無問題』ロケに伴い香港のホテルから生放送。, 8月26日(263回(木曜SUPER!第21回))、『ナインティナインのallnightnippon SUPER!