「夢が」D・ジョンソンの目に涙 本記事では東京ヤクルトスワローズにおける2020年のスタメン選手を予想しまとめています。 執筆時点では自由選手契約やfa情報が全て確定していないことから、現状わかっている戦力でのオーダーとなっている点にはご注意ください。 開幕時には正式なオーダーを追記していきます! 北島三郎の女シリーズ の 唄,

巨人 スカウト 岸,

new! new! ダル「最も惑わせた投球賞」受賞

東洋 水産 定款, El Show de alto impacto que prende tu fiesta. © 2020 ちょぶログ! All rights reserved. 水泳 普及率 世界, セーター ほどく どこから, 2000年 西武 スタメン, あなたのスタメン予想を是非コメントで教えて下さい!記事内にてご紹介させて頂きます!, ※本記事でのスタメン予想は、こういうオーダーだと面白そうだな!という趣旨も含まれます。是非お気軽にあなたのスタメンオーダーをコメント下さい!, 本記事では東京ヤクルトスワローズにおける2020年のスタメン選手を予想しまとめています。, 執筆時点では自由選手契約やFA情報が全て確定していないことから、現状わかっている戦力でのオーダーとなっている点にはご注意ください。, (一)坂口 (二)山田哲 (左)青木 (三)村上 (中)塩見 (右)雄平 (遊)エスコバー (捕)嶋 (投)石川, 長くチームをバットで支えてきたバレンティンが退団し、村上が4番として座ることは間違いないでしょう。, しかしながら、バレンティンがいて村上がいて、前後に強打者が並んでいることによるシナジーが無くなることから、より一層村上へのマークは厳しくなるものと推測できます。, シンプルに考えて1人貴重な戦力が減ったのですから、打線が弱体化したことは間違いないです。, ただでさえ攻撃面に課題がある中、2020年シーズンをどう戦っていくのか気になるところです。, 日本の投手に打者としてどこまで適応するのか、そしてショートメインのポジションをどう運用していくのか。, ぶっちゃけ、どのような起用法になるのか全く想像が付かなかったため、スタメン予想から外しています。, とは言えパンチ力のある打撃力も兼ね備えているので、開幕スタメンも十分考えられそうです。, ヤクファンさんのスタメン予想 1中堅 塩見 2遊撃 エスコバー 3二塁 山田 4左翼 青木 5右翼 雄平 6一塁 村上 7三塁 廣岡 西浦 8捕手 中村 9投手 石川, 1廣岡大志(遊) 2青木宣親(中) 3山田哲人(二) 4村上宗隆(一) 5雄平  (右) 6中山翔太(左) 7中村悠平(捕) 8太田賢吾(三) 9投手, 風吹けば名無しさんのスタメン予想 1.塩見 2.青木 3.山田哲 4.雄平 5.村上 6.川端 7.廣岡 8.嶋 9.小川、石川、高橋、高梨、奥川, 1廣岡三 2中田代 3二山田 4一村上 5左青木 6遊エスコバー 7捕中村 8右塩見 9投石川, 1 ニ 山田 2 中 坂口 3 左 青木 4 一 村上 5 右 雄平 6 三 西浦 7 遊 エスコバー 8 捕 中村 9 投 小川, ゆまぽんごんさんのスタメン予想 7青木 8坂口 4山田 3村上 9雄平 5廣岡 6吉田 2嶋 1投手 代打・中山, 1中堅 塩見 2遊撃 エスコバー 3二塁 山田 4左翼 青木 5右翼 雄平 6一塁 村上 7三塁 廣岡 西浦 8捕手 中村 9投手 石川, 1.塩見 2.青木 3.山田哲 4.雄平 5.村上 6.川端 7.廣岡 8.嶋 9.小川、石川、高橋、高梨、奥川, 1坂口3 2青木7 3山田4 4村上5 5雄平9 6塩見8 7中村2 8エスコバー6 9石川1 四番村上は我慢して使うべき, 1 ニ 山田 2 中 坂口(山崎) 3 左 青木 4 一 村上 5 右 雄平 6 三 川端(頼む蘇ってくれ) 7 遊 エスコバー 8 捕 中村 9 投 石川. 遊: 3番: 青木宣親.

new! Copyright(c) 2020 BASEBALL MAGAZINE SHA Co., Ltd. All rights reserved.Copyright(c) 2020 Net Dreamers Co., Ltd. All rights reserved. 相葉雅紀 さん が 出る テレビ番組, ワンピース 視聴率 低い, 「皆さんとの再会を希望しています」ヤクルト・エスコバーが残留熱望!1年目のシーズン終えファンに感謝伝え帰国, DeNA・オースティン残留へ 「来年は素晴らしいシーズンに」 パットンは今季限りで退団濃厚, DeNAエスコバー、オースティンの助っ人2選手が残留…各球団発表、10日の去就は?. ヤクルトの新助っ人、アルシデス・エスコバー内野手(33)が4日のDeNA戦(神宮)で5回に従弟のエドウィン・エスコバー投手(28)と対戦。 ヤクルトが契約合意したアルシデス・エスコバーがこちら 高津スカウトの眼力はいかに 元青木宣親のチームメイト - Duration: 2:43.

【プロ野球】12球団で一番人気のある球団はどこなのか?1位は阪神!続いて、巨人、ソフトバンクが人気!逆に不人気な球団は?, 【ソフトバンク】2020年開幕スタメン・先発ローテーション選手予想|バレンティン加入で最強打線に?【福岡ソフトバンクホークス】, 【2018年 プロ野球 交流戦】日程や開催場所を確認して開幕カードを観戦しよう!過去の優勝チームもご紹介!, 【阪神】2020年開幕スタメン・先発ローテーション選手予想|新加入ジャスティン・ボーアの実力は?【阪神タイガース】. 左: 4番: 村上宗隆. タンパク質 種類 一覧, ピンクレディー 年齢 現在, ウィッチャー3 Goty 金策, まだ結婚 できない 男 残念, 二: 2番: エスコバー. バウムクーヘン エンド 配信,

みよし市 ゴミ 持ち込み, 山田は、5番の方がまだハマる ただこのヤクルトって球団、才能ばかりで集めたとか言って左打ちばっかり集めてるから クリーンナップ出来る右打ち少ないからね 1番もエスコバー、塩見、山田ぐらいしかやれる選手いないのよ 東京ヤクルトスワローズpart1486【打順6番正捕手ならこんなに強いのに】 206コメント ... エスコバーナイス内野安打だけど、また山田で3アウトのパターンかも . 家庭 画 報 高橋一生, ヤクルトスワローズ愛一筋半世紀おはようございます。ヤクルトけんちゃんです。昨日の阪神戦、ヤクルトで「ダメ外国人」のレッテルを貼られかけていた(ごめんなさい)選手たちが面目躍如です。頑張ったイノーアの初勝利(6回表で4-1)をリリーフ陣が潰します。村上が2安打3打点計24打点でセリーグの打点トップを走ります。1点大きな疑問です。坂口が昨日も盗塁死です。これで1盗塁3盗塁死になりました。とうとう昨夜は山田哲人がお休みでした。高津監督によれば「疲労困憊なので、休ませた」と言うことですが、試合を壊しかけたマクガフに勝ち星が付いたのは皮肉ですが、その後7回に登場の梅野は阪神ボーアに今日はヤクルト高橋、阪神中田が先発予定です。上記数字は各選手個人のWikipedia 及びYahoo スポーツの成績等を参考にさせていただいています2日天下でした 7月14日阪神戦「ピッチャー清水!」限界です 7月16日阪神戦著者:ヤクルトけんちゃんプロフィール:米国・英国・中国に計15年駐在。出来る限り良い情報提供の場としたいため、コメントはまず管理人側で承認という形にさせて頂き、・記事や他のコメントをする方への誹謗中傷宜しくお願いします。 2020年のヤクルトスワローズの戦力ってどうなんでしょう? 2019年は惜しくも最下位でした。 そこで、2020年ヤクルトの新戦力、投手、野手の戦力や、開幕スタメンや投手のローテーションを予想しました。 2020年のヤクルトの戦力が気になっている方はぜひご覧ください。 dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。 エスコバー対決は日本歴の〝先輩〟が勝利した。ヤクルトの新助っ人、アルシデス・エスコバー内野手(33)が4日のDeNA戦(神宮)で5回に従弟のエドウィン・エスコバー投手(28)と対戦。先頭で打席に立ったA・エスコバーはファウルで粘り、フルカウントとするも9球目に右飛に打ち取られた。 来日前には今年で来日4年目のE・エスコバーと連絡を取り、日本と米国の野球の違いを聞いたA・エスコバー。E・エスコバーからは「日本はすごい楽しい国なので、君(アルシデス)も楽しめるよ」と言われたという。6回二死満塁でもA・エスコバーに2度目の打順が回ってきたが、DeNAは投手を平田にスイッチした。FacebookやTwitterでもチェック!10時29分更新 山崎康晃「エスコバーと写真撮ったwww」 2019年11月19日 07:00 - [なんJ 野球をまとめてみたよ - 横浜DeNAベイスターズ] ヤクルト、エスコバー獲得へ 2019年10月30日 07:55 - [ベイスターズ速報@なんJ] エスコバー(27) 68試合 68.2回 5勝4敗32H 奪三振率10.75 防御率2.75 WHIP1.15 打順 打者 結果 打点 対戦投手; -3: 青木: 二ゴロ-ゴンサレス -4: 村上: 右安打-ゴンサレス 1塁: 5: 塩見: 左安打-ゴンサレス 1・2塁: 6: 雄平: 二ゴロ-ゴンサレス 1・3塁: 7: エスコバー: 左線二塁打: 2: ゴンサレス 3塁: 8: 古賀: 右飛球-ゴンサレス エスコバー対決は日本歴の〝先輩〟が勝利した。ヤクルトの新助っ人、アルシデス・エスコバー内野手(33)が4日のDeNA戦(神宮)で5回に従弟のエドウィン・エスコバー投手(28)と対戦。 ヤクルトが契約合意したアルシデス・エスコバーがこちら 高津スカウトの眼力はいかに 元青木宣親のチームメイト - Duration: 2:43. 大太刀 極 弱い, 琴奨菊の秘話「誰より律儀な男」 エアコキ ガバメント サイレンサー アダプター,

オリ 謎を呼んだ指名の狙い アルシデス・エスコバー(Alcides Escobar, 1986年 12月16日 - )は、ベネズエラのバルガス州ラ・サバナ出身のプロ野球選手(遊撃手)。 右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。愛称はエスキー 。.

慶應アメフト 不祥事 名前, 木津川市 猟 友 会, new! [コラム] DeNA・阪口皓亮、5失点KOをどう生かすか? エスコバーに光る1球も. 【野球】ヤクルト・エスコバー(33) メジャー・リーガーの1年目/助っ人通信簿 103試合 .275 1本 30打点 6盗塁 [砂漠のマスカレード★] 43コメント 10KB

高津は選手に反省を促すコメントばかりで采配や作戦を振り返る話を聞いたことが無いが6安打9四球で1点しか取れないのはどんだけベンチがアホかってことだと思うぞ, まあ最終回に代打出さないのはなあ。なんだかなあ。それが高津采配ということなのかねえ。うーん。そのへんわかんないよなあ。だれか解説したください。, 試合後の高津監督は「走者が得点圏にいってからのあと1本だね」と勝負どころでの弱さを挙げた。これで16イニング適時打なし。6安打放ち、相手投手からもらった9つの四球も生かせず、結果1得点止まり。指揮官は打線の奮起を促した。, エスコバー獲得の失敗を今だに認めたくない連中は来年も同じ間違いを繰り返す、間違いない。, もう勝敗はどうでもいいんだから村上の打点上げる為にも前に青木山田は当然。本当は村上3番のがいいけど, 打つほうで言うと、個々の打撃力がどうこうというより、チームとして1点を獲る工夫とか巧さがないよね。, 杉浦とか平井みたいにちょろっと出てきてすぐいなくなるのは使いづらいからどこかで見切るのは勿体ないけどしゃーない, https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/base/1602875414/, https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/base/1602957873/. 弓道 的 大きさ. 長州力 Twitter スッキリ, 89式 ホップ 弱い, 22/7 計算中 シーズン2 動画, 打順 選手名 守備 打 ミート 力 走 メモ; 1番: 山田哲人. new!

ビビッドアーミー 最強指揮官 金曜日, 血界戦線 2話 挿入歌, カルテ ドイツ語 なぜ, セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ ... 5位:フィレオフィッシュ 4位:えびフィレオ 3位:チーズバーガー ... エスコバー; DeNA ロペス&パットンが退団 ケルビム・エスコバー、エドウィン・エスコバー、ビセンテ・カンポス、ロナルド・アクーニャJr.

【野球】ヤクルト・エスコバー(33) メジャー・リーガーの1年目/助っ人通信簿 103試合 .275 1本 30打点 6盗塁 [砂漠のマスカレード★] 117 ... >マルチな打順で起用されるエスコバー Steam Link 外出先, 東洋の魔女 メンバー 今, 左: 4番: 村上宗隆. おむつ ゴミ箱 おすすめ, new!

犬 肝臓数値 下がらない, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 打順 選手名 守備 打 ミート 力 走 メモ; 1番: 山田哲人. 西武 ドラフト 2016,

2冠のG岡本 次に狙うタイトルは JERAセ・リーグ公式戦阪神―ヤクルト(16日・甲子園)ヤクルトのアルシデス・エスコバー内野手(33)が先制適時打。15日の同カードから5打席連続安打に伸ばし…(2020年7月16日 19時11分0秒) 今日はヤクルト高橋、阪神中田が先発予定です。 今日も山田哲人がお休みなら、2番に山崎か宮本を持ってきて、エスコバーを5番に上げるなんて打順でどうでしょう。. 筒香 サード なんj, [コラム] 【12球団二遊間事情】中日・ヤクルト [コラム] 内野の要の現状は? セ・リーグ6球団「遊撃手」事情 [コラム] dena・阪口皓亮、5失点koをどう生かすか? エスコバーに光る1球も [コラム] zoom-up チームを勝利に導くニューパワー【セ・リーグ編】 い だ てん キャスト バレーボール, 二: 2番: エスコバー.

遊: 3番: 青木宣親. エドウィン・ホセ・エスコバー・エルナンデス(Edwin Jose Escobar Hernandez, 1992年4月22日 - )は、ベネズエラ出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。, 実父のホセ・エスコバー(英語版)は元メジャーリーガー(内野手)。親族にもアメリカプロ球界の選手経験者が多く、東京ヤクルトスワローズに所属するアルシデス・エスコバー、ピッツバーグ・パイレーツ傘下に所属するビセンテ・カンポス、元メジャーリーガーのケルビム・エスコバーは、いずれも従兄に当たる[2]。アトランタ・ブレーブスに所属するロナルド・アクーニャも、親族の1人である[3]。, 2009年、ルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプロデビュー。13試合に登板し、2勝5敗、防御率5.00だった。, 2010年4月1日にベン・スナイダーとのトレード[注 1]で、サンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍した[4]。移籍後はA-級セイラムカイザー・ボルケーノズ(英語版)で14試合に登板し、2勝4敗・防御率4.86だった。, 2011年はA級オーガスタ・グリーンジャケッツ(英語版)で開幕を迎え、4試合に出場したが、4月24日に左手の故障で離脱。6月にルーキー級アリゾナリーグで復帰。15試合に登板し、2勝4敗・防御率5.09だった。, 2012年はA級オーガスタで22試合に登板し、7勝8敗、防御率2.96だった。オフの11月20日にジャイアンツとメジャー契約を結び[5]、40人枠入りした。, 2013年3月15日にA+級サンノゼ・ジャイアンツ(英語版)へ異動し[6]、そのまま開幕を迎えた。A+級サンノゼでは16試合に登板し、3勝4敗・防御率2.89だった。7月にAA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズへ昇格。AA級リッチモンドでは10試合に登板し、5勝4敗・防御率2.67だった。, 2014年3月18日にAAA級フレズノ・グリズリーズへ異動した。開幕後はAAA級フレズノで20試合に登板し、3勝8敗・防御率5.11だった。7月にはフューチャーズゲームに選出された。, 2014年7月26日にジェイク・ピービーとのトレードで、ヒース・ヘンブリーと共にボストン・レッドソックスへ移籍[7]。同日にAAA級ポータケット・レッドソックスへ異動した。AAA級ポ-タケットで2試合に登板後、8月10日にメジャーへ昇格[8]。親子2代にわたる昇格を果たしたが、登板機会のないまま、翌11日にAAA級ポータケットへ降格した。8月27日に再び昇格する[9]と、同日のトロント・ブルージェイズ戦で、3点ビハインドの8回裏からメジャーリーグデビュー。1イニングを無安打無失点に抑えた[10]。翌28日に、AAA級ポータケットへ再び降格[11]。9月17日に3度目の昇格を果たした[12]が、1試合の登板でシーズンを終えた。MLBの公式戦には、救援で通算2試合に登板。防御率4.50を記録した。, 2015年にはMLB公式戦への登板機会がなく、2016年4月20日に球団から戦力外を宣告された[13]。, 2016年4月29日にウェイバー公示を経てアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[14]。移籍後はローテーションに入り、2試合に先発したが、結果を残せず中継ぎに回った[15]。, 2016年11月18日にウェイバー公示を経てクリーブランド・インディアンスヘ移籍した[16]。2017年1月10日に自由契約となった[17]。, 2017年1月11日に、北海道日本ハムファイターズへの入団契約に合意したことが発表された[18]。背番号は42。, レギュラーシーズンでは、4月2日に埼玉西武ライオンズとの開幕カード第3戦(札幌ドーム)で、先発投手として一軍公式戦デビュー。しかし、4回1/3を投げて5失点で敗戦投手になると、およそ1ヶ月間の二軍調整を余儀なくされた。5月中旬から、救援要員として一軍に復帰。5月14日の対千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)では、先発投手のルイス・メンドーサが5回表2死に球審の秋村謙宏から危険球宣告を受けて退場したことに伴って緊急登板し、打者2人から3球で1死を取って降板した。その後チームが勝ち越したことにより、一軍初勝利を挙げた[19]。しかし、以降はヤディル・ドレイクの加入などもあり、外国人枠との兼ね合いで7月3日に出場選手登録を抹消された[20]。結局、パシフィック・リーグの公式戦には14試合に登板。先発登板は前述の1試合のみで、1勝2敗、防御率5.64という成績を残した。, 2017年7月6日に、黒羽根利規との交換トレードにより横浜DeNAベイスターズへ移籍することが発表された[21]。背番号は62。NPBの球団と契約した外国人選手が、契約1年目のシーズン中に、交換トレードでNPBの他球団へ移籍するのは史上初の事例である。新外国人選手の交換トレードがシーズン中に成立した背景には、捕手に故障者が相次いでいる日本ハム側の事情に「好調でありながら一軍公式戦への出場機会に恵まれないエスコバー[20]・黒羽根[注 2]に活躍の場を与える」という双方の目的が重なったことが挙げられる。DeNAでは当初金銭との交換による黒羽根の移籍を求めたとされている[22]が、一軍の左腕救援陣の層が薄いことから、ロングリリーフもこなせるエスコバーとの交換トレードに落ち着いた。, 移籍後は、7月8日の対中日戦(ナゴヤドーム)8回裏にセントラル・リーグ公式戦へ初登板[23]。7月12日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、先発の濵口遥大が左肩の違和感を訴えて3回表で降板したため、4回表から急遽登板すると3イニングを無失点に抑えた。その後も救援で4試合に登板したが、先発への再転向を視野に7月下旬から二軍で調整すると、8月6日の対広島戦(横浜スタジアム)から先発投手として一軍へ復帰。しかし、この試合で移籍後初黒星を喫する[24]と、以降の公式戦ではセットアッパー格の救援投手として登板を重ねていた。8月23日の対広島戦(横浜)では、同点で迎えた延長10回表からの登板で1イニングを無失点に抑えた後に、その裏のチームのサヨナラ勝ちによって移籍後初勝利。NPBの同一シーズンにセ・パ両リーグの公式戦で勝利を記録した投手は、2004年の田中充[注 3]以来13年振りであった[25]。結局、レギュラーシーズンの一軍公式戦では、日本ハム時代より多い27試合の登板でチームの2年連続クライマックスシリーズ(CS)進出に貢献した。ポストシーズンでは、監督のアレックス・ラミレスによる小刻みな継投策の下で、ワンポイント・リリーフからロング・リリーフまで幅広く起用。CS全体で8試合中5試合、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズで6試合中4試合に登板した。11月4日の日本シリーズ第6戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、同点で迎えた延長10回裏から登板したが、11回裏に2連続与四球で1死1・2塁のピンチを招いて降板。代わった三上朋也が2死1・2塁から川島慶三にサヨナラ安打を浴びて敗戦投手となり、チームは19年振りのシリーズ制覇を逃した。11月17日には、翌年も1年契約でチームに残留することが発表された[26]。, 2018年には、公式戦の開幕から一軍のセットアッパーに定着。外国人枠との兼ね合いで一軍と二軍を往復しながらも、一軍公式戦53試合の登板で、4勝3敗13ホールド、防御率3.57を記録した。シーズン終了後の11月17日には、翌年も1年契約でチームに残留することが発表された[27]。, 2019年には、6月9日の対西武戦(横浜)では、NPBの一軍公式戦に登板した左投手としては最速タイ記録の160km/hを、ストレートで2度計測した[28]。レギュラーシーズンでセ・リーグトップの74試合に登板。33ホールド、38ホールドポイント(33ホールド+5救援勝利、いずれもチームトップでリーグ3位)、防御率2.51という好成績で、チームのシーズン2位と2年振りCS進出に大きく貢献した。阪神とのCSファーストステージ(横浜)でも全3試合に登板したが、第1戦・第3戦と黒星を喫し、チームはステージ敗退に至った。最大で3試合実施されるファーストステージで、1人の投手が同一シーズンに2敗を記録した事例は、エスコバーが初めてである[29]。11月18日に、球団との間で2021年までの2年契約を締結した[30][31]。, 左腕から繰り出す平均球速約154km/h[32]、最速160km/hのストレート[33]と140km/h台のスライダー[34]が武器の速球派投手。稀にチェンジアップやツーシームなどの変化球も使用する[35]。2019年シーズンでは、ストレートで奪った空振り三振数が(救援投手ながら)NPB2位の56個を記録した[32]。, 実父のホセは、13年にわたるマイナーリーグ生活を経て、1991年にクリーブランド・インディアンスで遊撃手としてMLB公式戦にデビュー。メジャーリーガーとしての生活はこの年だけだった[36]が、インディアンス傘下のマイナーチームにアレックス・ラミレスが所属していた。当時新人だったラミレスによれば「ホセは素晴らしい遊撃手だった」という[2]。, エスコバー自身は、日本ハム時代の2017年3月にオープン戦でDeNAと対戦した際に、DeNAの一軍監督を務めるラミレスと初めて対面。自己紹介を兼ねて、前述したホセとの間柄を明かした。同年7月にDeNAへ移籍した際には、「とにかく一生懸命(野球に)取り組みながら、野球を楽しめ」という表現で、ラミレスから激励を受けている[2]。, エスコバー家からはホセを皮切りに、2018年の時点で16人以上のメジャーリーガーを輩出。エドウィンや現役のメジャーリーガーが全員ベネズエラに帰国する毎年12月には、4チームによるソフトボール大会を一家総出で開いているという[3]。, “Giants trade LHP Ben Snyder to Texas for LHP Edwin Escobar”, http://sanfrancisco.giants.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100401&content_id=9048312&vkey=pr_sf&fext=.jsp&c_id=sf, Giants put Heston, four others on 40-man roster, Top prospects sent down as Giants cut 21 players, “Red Sox Trade RHP Jake Peavy and Cash to San Francisco Giants”, http://m.redsox.mlb.com/news/article/86402776/red-sox-trade-rhp-jake-peavy-and-cash-to-san-francisco-giants, http://m.redsox.mlb.com/news/article/88929670/red-sox-recall-escobar-option-hembree, “Red Sox recall left-handed pitcher Edwin Escobar from Triple-A Pawtucket”, http://m.redsox.mlb.com/news/article/91757512/red-sox-recall-left-handed-pitcher-edwin-escobar-from-triple-a-pawtucket, “Red Sox recall right-handed pitcher Anthony Ranaudo from Triple-A Pawtucket”, http://m.redsox.mlb.com/news/article/92069012/red-sox-recall-right-handed-pitcher-anthony-ranaudo-from-triple-a-pawtucket, “Red Sox recall six players from Triple-A Pawtucket”, http://m.redsox.mlb.com/news/article/95122008/red-sox-recall-six-players-from-triple-a-pawtucket, Red Sox make series of roster moves to help bullpen, “D-backs claim Edwin Escobar from Boston; designate Matt Buschmann for assignment”, http://m.mlb.com/news/article/175275322/d-backs-claim-edwin-escobar-from-boston-designate-matt-buschmann-for-assignment, Tribe adds Mejia to 40-man, claims 2 off waivers, 日本ハム・栗山監督、トレードのエスコバーに「何もしてあげられなかったけど、良かったと思う」, https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/208968/, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/07/kiji/20170806s00001173386000c.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/24/kiji/20170823s00001173279000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/17/kiji/20181117s00001173194000c.html, https://www.sanspo.com/baseball/news/20190609/den19060917150006-n1.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910070000975.html, https://www.baystars.co.jp/news/2019/11/1118_04.php, https://spaia.jp/column/baseball/npb/9001, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906190001153.html, “DeNA“日本最速左腕”エドウィン・エスコバーがパリーグをパワーで圧倒!増し続けるマウンドでの存在感”, https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_46817/, https://number.bunshun.jp/articles/-/839945, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エドウィン・エスコバー&oldid=80442509.