以前の日記で紹介した牝馬は繁殖入りしました。

ザラストピルグリムが繁殖入りしたのは、2007年でしたが、シャダイード系が確立したのは、2008年末でした。 ダンジグ系には能力の高い馬がたくさんいますからね。

ウイニングポスト9(2019)で「1998年」に誕生する史実馬のスピード、サブパラ、系統、産駒などの詳細データとオススメ馬

しかし、一つの目安として、3代続けてGⅠ勝利、他重賞をたくさん勝つ、繁殖牝馬のラインを増やす、といったことが主流牝系確立の条件なのだろうと現段階では考えられます。 そういえば、ダンジグ系もスピード系統なのでしたね。 今後は、母・シラユキヒメと2頭体制で、白毛牡馬の生産を行っていきます。 もっとうまく使えていれば、もう少し楽ができたかもしれません。

振り返ってみると、殿堂馬は4頭しかおらず、内、自家生産馬はキングサムソン1頭のみ(銅殿堂)。 ウイニングポスト9 シリーズ で最強配合を目指しつつ、エンジョイプレイしていくブログです!, 2014/4/30 今回はダンジグ系を勘定に入れていませんでしたので。

3代続けてGⅠ勝利は、一つの目安ではあるのでしょうが、それだけではないのだろうと思います。 もしかしたら、ホワイトブリーズの確立は諦めて、その子孫に役目を譲るかもしれません。

ニュープレジャーの直仔種牡馬は現在2頭。

2008年末まで進めました。相変わらず史実馬と架空馬にまともに対抗できていない感がありますが、何とかぽつぽつとGⅠを勝っています。振り返ってみると、殿堂馬は4頭しかおらず、内、自家生産馬はキングサムソン1頭のみ(銅殿堂)。ノーマルであれば、 確かに、シャダイード、ハイソフィア、ザラストピルグリムと3代続けてGⅠを勝利しています。 つまり、結局は確実な条件が分かりませんw

このタイムラグが何なのか分かりませんが、どうやら、3代続けてGⅠ勝利で主流牝系確立というのは、間違いないようです。 スピードは低いですが、パワーがSかつ真・稲妻配合の成立条件をクリアしており、白毛というだけでなく繁殖牝馬としても、中々優秀そうです。

ウイポ8無印 2周目 爆発力84配合, 2008年末まで進めました。 すっかり忘れていました。

その結果、一つの条件として、3代続けて牝馬がGⅠ勝利、というものがありそうだということが分かりました。

しかし、ダイナカール→エアグルーヴ→アドマイヤグルーヴというラインも、3代続けてGⅠ勝利を果たしているのに、確立していません。

白毛馬の方は、依然、牡馬が生まれていません。 多分、今後、ダイナカール系が確立するのでしょうが、そうすると、3代続けてGⅠ勝利の他に、攻略サイト様にも記載があるように、通算重賞勝利数とか、繁殖牝馬の数、など別の条件も必要なのだろうという気がします。 ユキチャンは…ロストしまし(ry

あともう少しで海外牧場設立が見えてきます。

しかし、サーゲイロード系のホワイトブリーズは、パワーCがたたって、思うように直仔種牡馬を輩出できていません。 その内の一頭であるニューサンダースの直仔が1頭という状態です。 ウイニングポスト8 2016で2002年に産まれ、日本で競走馬になる史実馬(実名馬)の1歳12月4週のデータです。 上部が 牡馬 、下部が 牝馬 です。 並びはスピード順となります。 それまでにメールラインの系統だけでも系統確立させておきたいところです。.

ニュープレジャーとニューサンダースは、サイアーランキングの上位に入っていますし、サンデーサイレンスも引退しましたので、これからは、血統支配率をどんどん上げていけると思います。

ロザナラは良血馬ですね。 相変わらず史実馬と架空馬にまともに対抗できていない感がありますが、何とかぽつぽつとGⅠを勝っています。

ウイニングポスト8 2016で1980年に産まれ、日本で競走馬になる史実馬(実名馬)の82年1月1週のデータです。(現役2歳馬) 上部が 牡馬 、下部が 牝馬 です。 並びはスピード順となります。 一方、血統構築の方は、じりじりとしか進んでいません。 未だどういう条件なのか不明なので、ここはもう攻略サイト様を拝見して、条件を調べてしまいました。 この間に購入した海外幼駒たちです。 ナタゴラは能力が高く、優秀でした。

さて、そんな中、わが牧場で最も活躍馬を出してくれた繁殖牝馬、シャダイードの牝系が主流牝系に昇格しました。

ウイニングポスト8 2015の2005年産駒の海外史実馬データです。(50音順) 能力値は1歳12月4週のものです。 ページ中段より上が 牝馬 、下が 牡馬 となります。 各項目の詳細は「 史実馬(実在競走馬)データの見方 」をお読みください。 牝馬(上) ノーマルであれば、この時期には1ページ分くらいは埋まっていてもおかしくはないので、改めてノーマルと比べると難しいのだなと実感しました。