紫のゆかり(むらさきのゆかり)または紫のゆかりの物語(むらさきのゆかりのものがたり)とは、源氏物語(またはその一部)の異称。源氏物語が成立してから間もない時期に書かれた更級日記以来しばしば使用されている源氏物語の異称である。, 「紫のゆかり」の時代的に最も古い用例として知られているものとして更級日記の中に記された「紫のゆかり」がある。そこでは作者菅原孝標女が最初に手に入れて読むことの出来た源氏物語の一部をこの「紫のゆかり」と呼んでおり、最初にこの「紫のゆかり」を読んだ後、「続きを読みたい」あるいは源氏の物語を「一の巻より読みたい」と願ったとされている。この更級日記に記された「紫のゆかり」がどのような「源氏物語の一部」であるのかについては具体的な記述は全く存在しないため、現在「若紫」と呼ばれている巻一巻のみであるとする立場から、わずかに欠けるところはあるものの、現在見られるような54帖からなる源氏物語全体にかなり近いものであろうとする立場までさまざまな説が存在する[1][2]。, 阿部秋生は、自身の論文「源氏物語の執筆の順序」において源氏物語第一部の前半(「桐壺」巻から「初音」巻まで)が執筆された順序について、, 阿部秋生は、源氏物語に上記のような成立過程を前提にして、この「紫のゆかり」について, という条件を満たす必要があることから、この「紫のゆかり」という呼称及びその実態は、先行して成立していた「若紫」から始まる一部分(上記の第一段階=若紫グループ)のみを含んだ写本が流通していた痕跡なのではないかとしたことがある。, 「源氏物語の執筆の順序」とは、源氏物語の成立過程について考察した論文である。当初以下のように学術雑誌に2号に渡って掲載された。, この論文はこれ以後青柳(阿部)の見解が源氏物語の巻に「原動力を異にするふたつの系統の存在」を認めつつも成立論的観点からの説明を放棄するという方向に大きく変わった[3]こともあり(阿部は講義の中で「あれは若気の至りで書いたものだ」などと語っており、事実上撤回したものとされる[4])同人の著書・論文集には収録されることはなかった一方でその研究史上の重要性から源氏物語関係の既発表の主要論文などを集めた以下のような書籍にくり返し収録されている[5]。, 武田宗俊にとって唱えられた玉鬘系後記挿入説をはじめとするさまざまな源氏物語の成立論が一時期大きな議論を呼び起こしながらも、明確な結論が出ないままで議論が低調となってしまった理由の一つに、これらの「説」に外部的な証拠が存在しなかったことがあげられることがある。そのような中で阿部説のいうように更級日記に記されている「紫のゆかり」なる記述が「若紫グループ」のことを意味するのであれば、平安時代中期には「最初に執筆された若紫グループだけを内容とする源氏物語の写本」が流通していたことになり、源氏物語全体が成立する以前の時期の源氏物語の伝播の実態を伝えている可能性のある大変貴重な記録と言うことになる。, 藤壺中宮 • 葵の上 • 紫の上 • 明石の御方 • 花散里 • 女三宮 • 空蝉 • 軒端荻 • 夕顔 • 末摘花 • 源典侍 • 朧月夜 • 朝顔の姫君 • 六条御息所 • 筑紫の五節, 頭中将 • 左大臣 • 大宮 • 右大臣の四の君 • 柏木 • 紅梅 • 弘徽殿女御 • 雲居の雁 • 玉鬘 • 近江の君 • (宮の御方), 先帝 • 前坊 • 右大臣 • 兵部卿宮 • 式部卿宮の北の方 • 藤式部丞 • 藤原惟光 • 藤典侍 • 源良清 • 宣旨の娘 • 秋好中宮 • 王命婦 • 北山の尼君 • 明石入道 • 明石尼君 • 大夫監 • 髭黒 • 髭黒の北の方 • 真木柱 • 落葉の宮 • 一条御息所 • 小侍従 • 巣守三位, 薫 • 匂宮 • 宇治の大君 • 宇治の中君 • 浮舟 • 弁の尼 • 春宮・今上帝 • 女二宮 • 六の君 • 中将の君(浮舟の母) • 常陸介 • 左近の少将 • 横川の僧都 • 小野の妹尼, 源氏物語#巻について • 各帖のあらすじ • 巻序 • 目録 • 本の巻/並びの巻 • 玉鬘系/紫上系 • 60巻説, 01桐壺 • (帚木三帖)02帚木 • 03空蝉 • 04夕顔 • 05若紫 • 06末摘花 • 07紅葉賀 • 08花宴 • 09葵 • 10賢木 • 11花散里 • 12須磨 • 13明石 • 14澪標 • 15蓬生 • 16関屋 • 17絵合 • 18松風 • 19薄雲 • 20朝顔 • 21少女 • (玉鬘十帖)22玉鬘 • 23初音 • 24胡蝶 • 25蛍 • 26常夏 • 27篝火 • 28野分 • 29行幸 • 30藤袴 • 31真木柱 • 32梅枝 • 33藤裏葉, 34若菜上 • 35若菜下 • 36柏木 • 37横笛 • 38鈴虫 • 39夕霧 • 40御法 • 41幻 • (雲隠), (匂宮三帖)42匂宮 • 43紅梅 • 44竹河 • (宇治十帖)45橋姫 • 46椎本 • 47総角 • 48早蕨 • 49宿木 • 50東屋 • 51浮舟 • 52蜻蛉 • 53手習 • 54夢浮橋, 藤原定家自筆本 • 明融本 • 大島本 • 池田本 • 榊原家本 • 横山本 • 穂久邇文庫本 • 肖柏本 • 周桂本 • 正徹本 • 三条西家本(書陵部本 • 日大本 • 早稲田大学本 • 吉川本 • 蓬左文庫本) • 大正大学本 • 東久邇宮家旧蔵本 • 國學院大學本 • 中院文庫本 • 後柏原院本 • 九曜文庫本 • 幽齋本 • 公条本 • 近衛基熙本 / 藤原定家, 尾州家本 • 七毫源氏 • 天理河内本 • 大島河内本 • 平瀬本 • 鳳来寺本 • 中山本 • 吉川本 • 耕雲本(高松宮家本 • 金子本 • 曼殊院本) / 源光行、親行(河内方), 従一位麗子本 • 香本 • 陽明文庫本 • 保坂本 • 国冬本 • 御物本 • 阿里莫本 • 麦生本 • 飯島本 • 大沢本 • 阿仏尼本 • 中京大学本 • 東京大学本 • 言経本 • 橋本本 • ハーバード大学本 • 米国議会図書館本 • 伏見天皇本 • 角屋本, 善本叢書本 • 前田本 • 甲南女子大学本 • 歴博本 • 日本大学本 • 日大鎌倉諸本集成本 • 吉田本 • 蓬左文庫本 • 東洋大学本 • 玉里文庫本 • 河野美術館本 • 鶴見大学本, 慶長版(実践女子大学本) • 伝嵯峨本 • 元和本 • 寛永版(久邇宮家旧蔵本 • 鶴見大学本 • 九州大学本) • 素源氏 • 無印源氏, 源氏釈(北野本) • 奥入(大橋本 • 定家小本) • 水原抄 • 紫明抄 • 異本紫明抄 • 幻中類林(光源氏物語本事) • 弘安源氏論議 • 雪月抄 • 原中最秘抄 • 河海抄 • 仙源抄 • 珊瑚秘抄 • 千鳥抄, 源氏和秘抄 • 花鳥余情 • 源語秘訣 • 山頂湖面抄 • 雨夜談抄 • 源氏物語青表紙河内本分別條々 • 一葉抄 • 三源一覧 • 源氏物語不審抄出 • 弄花抄 • 細流抄 • 明星抄 • 長珊聞書 • 休聞抄 • 万水一露 • 紹巴抄 • 山下水 • 覚勝院抄 • 孟津抄 • 花屋抄 • 玉栄集 • 岷江入楚 • 首書源氏物語 • 湖月抄 • 一簣抄, 源氏外伝 • 源注拾遺 • 紫家七論 • 源氏物語新釈 • 紫文要領 • 源氏物語玉の小櫛 • 源氏物語評釈, 九条家本系統(九条家本 • 帝塚山大学本 • 秋香台本 • 為定本) • 為氏本 • 正嘉本 • 実秋本 • 後光厳院本 • 天文本 • 巨細 • 系図小鏡 • 国文研本 • 鶴見大学本 • 専修大学本, 源氏物語巻名歌(源氏六十三首之歌) • 源氏一品経 • 源氏物語願文 • 源氏物語表白 • 賦光源氏物語詩 • 源氏百人一首, 風俗博物館 • 宇治市源氏物語ミュージアム • 紫式部 • 中古文学史 • カテゴリ • Portal:文学, 伊井春樹編「源氏の五十余巻」『校注更級日記』和泉書院、1994年(平成6年)7月、pp.. 17-18。, 松尾聰編「かくのみ思ひくんじたるを」『校注更級日記』笠間書院、1994年(平成6年)6月、pp.. 31-33。, 「風巻景次郎の論、阿部秋生の論」人間文化研究機構国文学研究資料館文学形成『物語の生成と受容 3 国文学研究資料館平成19年度研究成果報告』人間文化研究機構国文学研究資料館文学形成、2008年(平成20年)1月、pp.. 64-65。, 加藤昌嘉「解説 源氏物語の執筆の順序」『テーマで読む源氏物語論 4 紫上系と玉鬘系-成立論のゆくえ-』勉誠出版、2010年(平成22年)6月、pp.. 65-68。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=紫のゆかり&oldid=45446118, 同じものが「源氏の物語」と呼ばれたり「紫のゆかり」と呼ばれたりすることから、紫の上が重要な人物ではあってもあくまでも, 青柳秋生「源氏物語の執筆の順序 若紫の巻前後の諸帖について (上)」東京大学国語国文学会編『国語と国文学』至文堂、第16巻第8号(通号第184号)、1939年(昭和14年)8月、pp.. 10-28。, 青柳秋生「源氏物語の執筆の順序 若紫の巻前後の諸帖について (下)」東京大学国語国文学会編『国語と国文学』至文堂、第16巻第9号(通号第185号)、1939年(昭和14年)9月、pp.. 16-31。, 『日本文学研究資料叢書 源氏物語 3』 有精堂、1971年(昭和46年)10月、pp.. 32-52。, 鈴木一雄編『国文学解釈と鑑賞 別冊 源氏物語 1 成立論・構想論』至文堂、1982年(昭和57年)3月、pp.. 20-45。, 今西祐一郎・室伏信助監修加藤昌嘉・中川照将編集『テーマで読む源氏物語論 4 紫上系と玉鬘系-成立論のゆくえ-』勉誠出版、2010年(平成22年)6月、pp.. 27-64。.

「ゆかり」は三島食品株式会社の登録商標です。. 2文字編|「紫」が入った女の子の名前TOP25!意味も 7. 日本の食卓には、かかせない存在となっている赤しそのふりかけ「ゆかり®」は、実は「三島食品株式会社」の登録商標です。こんなにも愛され、日本の食文化に浸透した「ゆかり®」という商品名は、その色が紫であることに深くかかわっています。, 「むらさき草が一本咲いている。と言う(縁)だけで武蔵野の草花が、皆愛おしく(身近に)感じてしまう… 「紫」が入った名前を持つ有名人は? 10. 「紫」が入った使わない方が良い名前9選 9. 意味も 6. 驚きです! あのゆかり草に因んだ「紫」だったとは・・・命名の由来を始めて聞き、驚きです!! ゆかり草の花は白でとてもちいさくて地味な花です。 <そんな地味な花の根っこから、あのような紫で鮮やかな美しい色が採れるなんて信じられないという驚き、又、ゆかり草が一輪咲いている 日本の食卓には、かかせない存在となっている赤しそのふりかけ「ゆかり®」は、実は「三島食品株式会社」の登録商標です。こんなにも愛され、日本の食文化に浸透した「ゆかり®」という商品名は、その色が紫であることに深くかかわっています。 従来、株式会社中埜酢店様のご厚意により商標を使用させていただいておりましたが、1999年株式会社ミツカングループ本社(前身 株式会社中埜酢店)様より譲り受け、同年9月に名実共に当社の商標として登録されることになりました。, Copyright © 2020 三島食品株式会社 All Rights Reserved. 「縁」のあるもの、「ゆかり」のあるものとして、むらさき草が詠われているところから、「ゆかり(縁)の色」は、「紫色」を言うようになりました。, 現在、人の名前で『紫子』と書いて「ゆかりこ」と読む方もおられます。 ところでゆかりご飯ってなんで「ゆかりご飯」って言うんでしょう?「赤しそご飯」とか言いませんよね。, いったいどこの誰が言い始めたのか謎ですが、おそらく全国的に「ゆかりご飯」って言ったら同じ赤しその混ぜご飯を想像すると思います。, 『ゆかりご飯とは』っていう所を気軽に調べ始めたら、結構由来が深すぎて落下の衝撃に耐えられない事が判明したので、まとめておきます。, 実は、『ゆかり』とはシソのことではなく、この『三島のゆかり』の商品名から来ています。, 屁理屈みたいな事を言っていますが、実際に昔は『シソご飯』という呼び名だったそうです。, シソふりかけの中でも三島のゆかりがぶっちぎりの知名度なので、自然と=になったんですね。, そうなると、『ゆかりご飯とは?』という質問は『三島のゆかりのゆかりってなに?』っていう話になってきますね。, この歌が元になっているようで、意味合いとしては『むらさき草がそこにあるだけで、他の草花も愛しく感じる』みたいなニュアンス。, 三島のゆかりは、『お客様と縁(ゆかり)がありますように』という意味と、『紫色である』という2つの事から付けられた名前なんですね。, ・『ゆかり』は、縁。縁の色である紫色と、三島フーズさんのお客様を想う心でのネーミング, つまり、気になる女の子に『ゆかりご飯って、なんでゆかりって言うんだろうねー?』って言われたら、『君と僕がここにいるのも、きっと何かの縁(ゆかり)なんだよ』って言ってみて下さい。, 三十路街道まっしぐら!いくつか飲食店で働いていた経験から、あなたのキッチンライフが少しでも良くなるように情報をシェアしています^^. 『ゆかりのある人』『ゆかりの地』なんて言いますね。 スマホで「ゆかり」と打ち込むと、縁と変換できますよ。 意味合いとしては同じです。 さて、クイズです。 ゆかりご飯の色は何色でしょうか? そう … 三島食品株式会社では、赤しその名前を考えたとき、商品の色が紫色であることと、皆様との「ご縁」を大切にしたいとの思いから、「ゆかり」と命名しました。, なお、商品名の「ゆかり」は1960(昭和35)年12月10日特許庁において商標として登録されました。 3文字編|「紫」が入った女の子の名前TOP25!意味も 8. 「紫」の意味や由来は? 「紫」は、みなさんご存知の通り、赤色と青色が混じり合った「紫色」を指す漢字です。古来、中国では「茈(シ)」という植物を使って布を紫色に染めていたので、漢字の読みを表す「此(シ)」と布を表す「糸」を組み合わせて、この漢字が成り立ちました。

紫のゆかり(むらさきのゆかり)または紫のゆかりの物語(むらさきのゆかりのものがたり)とは、源氏物語(またはその一部)の異称。 源氏物語が成立してから間もない時期に書かれた更級日記以来しばしば使用されている源氏物語の異称である。