特性「てんのめぐみ」は技の追加効果の出る確率が2倍になる強力な特性です。トゲキッス、ノコッチ、ハピナス、ジラーチ、シェイミ (スカイフォルム) などが持っていますが、この中でもとくにトゲキッスとノコッチは、相手をひるませる追加効果を持つ技と併用するコンボをよく使います。 (漢字) 空をも 切り裂く 空気の 刃で 攻撃する。相手を ひるませるこ … 空気の刃を飛ばし、相手を攻撃する。第8世代ではわざマシンに内蔵された。 後に現れたシェイミスカイフォルムでも同じ戦法が可能である。 追加効果は並以上の3割のひるみ効果という強力なもので、ひこうタイプは素早いポケモンが多いため、存分に発動を狙っていける。 そらをも きりさく くうきの やいばで こうげきする。あいてを ひるませる ことが ある。 2. エアスラッシュ: タイプ一致技。特性のてんのめぐみと合わせることで相手を6割の確率で怯ませることができます。 かえんほうしゃ: 苦手なはがねタイプへの打点。命中安定なのが強み。 だいもんじ: かえんほうしゃでは火力が足りない場合に。 ねっぷう 続く第5世代でより威力が高いぼうふうが登場したが命中率に不安があるのでこの技が採用される事も多く、雨パを組む場合以外はこの技の方が優先される。 力です。, ポケモンは任天堂/クリーチャ―ズ/ゲームフリークの登録商標です。, ポケモンのタイプと相性(タイプ相性表), 物理技と特殊技の違い/直接技と間接技の違い, めざパのタイプ・威力の仕組み, 遂行技・牽制技の命中率とタイプ, 「へびにらみ」で地面タイプにも対応できる。, 「いわなだれ」で2匹ひるみ (ダブル限定). 一方のてんのめぐみの場合、エアスラで相手を怯ませる確率は60%なので、上を取れる相手に限れば必然力の範囲には入らないものの、無視できない確率となりますなwww 第四世代 1. 今回はトゲキッスの特性「てんのめぐみ」と「きょううん」について、どちらの方が強いのか、どの程度強いのか気になったので、期待値を求めて比較してみたいと思います。, 特性「てんのめぐみ」は技の追加効果を2倍にしますが、これによってエアスラッシュの怯み率が30%→60%となります。つまり相手は60%の確率で何も動けません! また、この技を語る上で外せないのがトゲキッスの存在である。 ピーキーな設定が多い飛行技の中にあって比較的安定した性能を持っており、習得者も幅広い事から、飛行タイプの特殊アタッカーがよく搭載している。 第4世代から存在する技。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 | ブログを報告する. Https Encrypted Tbn0 Gstatic Com Images Q Tbn 3aand9gctbhdha 5 Lymhzmmoihkiqnpwfkqtnq45jlnzazcev4ogozyxs Usqp Cau, Inc最高1815 ウォールゆういちスタン2020 Wcs2020 Inc Feb, Https Encrypted Tbn0 Gstatic Com Images Q Tbn 3aand9gcrnha4i51anuhdkjmlbxhe69ef3ku Lzkufta Usqp Cau, ミク On Twitter 出 色違いトゲキッス 求 アマギフ800円 Or Paypay, 攻略情報v ポケモン図鑑v トゲキッス Pokemon Altair 攻略wiki, トゲキッス Xy 拡張パック エメラルドブレイク Xy6 38 Limitless, Please enable JavaScript!Bitte aktiviere JavaScript!S'il vous plaît activer JavaScript!Por favor,activa el JavaScript!antiblock.org. そらをも きりさく くうきの やいばで こうげきする。あいてを ひるませる ことがある。 第五世代・第六世代・第七世代・第八世代 1. 上述で求まった期待値の式を利用して特性を比較してみます。 式内の には、エアスラッシュの最大試行回数(pp)である24を代入します。 特性「てんのめぐみ」のエアスラッシュの変数は、 こちらは元の素早さが高いので、状態異常やスカーフに頼らずとも多くの相手にひるみを期待できる。 特殊型にした場合でもてんのめぐみを生かせる技は多い シェイミ スカイフォルムは 専用技 の シードフレア が80の確率で特防2段階ダウン エアスラッシュ が60でひるませる技となりすばやさもトップクラスであることからてんのめぐみを最大限に. 特性「てんのめぐみ」は優秀です。メインウェポンの「エアスラッシュ」は通常3割の確率でひるみ追加効果を持つ技ですが、「てんのめぐみ」により6割でひるみ発動となります。 上記のような凶悪なハメ性能が災いしたのか、第6世代ではPPが20から15に下がっている。威力や命中率による調整は他の特殊飛行への影響が大きいので、賢明な措置であったと言える。. 控えめ無振りヤゲキッスのS実数値は100、最遅ナットレイのS実数値は22ですなwww, 異教徒特有のA無振り火力アイテムなしジャイロなら確定で耐えることができますぞwww, まず、必然力という点から見ればきょううんとてんのめぐみはどちらも発動率が70%未満なので、当てにはできない特性ですなwww, 怯みが発生しない場面のエアスラやはどうだんマジカルシャインにも有効な面では、きょううんの方がマシですが、きょううん込みでも急所を引く確率は12.5%と、低すぎますなwww, 結論から言うと、「どちらも微妙だがどちらがいいとも言えない」ので、どちらを推奨、というのはありませんなwww, 以上をまとめると、下表のようになりますなwww特性を選ぶ際の参考にどうぞですぞwww, てんのめぐみが有効な相手については、考察内に具体的な記述があるので、そちらも参考にする以外ありえないwww, なお、トレース持ちはメガフーディン、ポリゴン2、通常サーナイトの3種族のみですなwww, 独特の耐性でボブリアスやサザンドラに対して有利に立ち回れますぞwwwサブには注意ですがなwww, Zワザの追加で今までは有効打が無かった連中が有効打を持つようになったことに関しては注意する以外ありえないwww, なおきょううん+ピントレンズはエアカッターとの両立が出来ないのでありえませんなwww, 急所ランク+2がどれほどの急所率になるのかは分かりませんが特性強運+ピントレンズってどうなんですかなwww?, ちなみに、第七世代の急所ランク0の急所率は1/24(4.17%)らしいですなwww, ハッサムの鉢巻バレパンがH244B12キッスに50%の乱1なので初手対面で突っ張るのは危険ですぞwww, 有利欄にジャラランガを追加させていただきましたぞwwwww一応一致技両方全然効かないのでガブと同様に見れると思いますなwwwww問題があったら戻して欲しいですなwwwww, きあいパンツは必要ないと思いますがどうでしょうかなwwwドランへのダメージは特化はどうだんとほとんど変わりませんなwwwまた、鋼技を切った(どくどく/まもる/炎技/だいちのちから)のような構成のドランも一定数いますからキッスで居座りする場面もあるでしょうし、そのときにきあいパンツ採用だと殴り合えませんなwww, 試しに強運個体で使ってみたのですが、1/8(12.5%)で急所に当たるようになるからといって役割論理的には何も恩恵が感じられませんでしたぞwww, しかし、結局無振り80族では後手になることが多い=怯み率0%となることが多いんですなwww0%は12.5%にも劣りますぞwww, 書いてみてわかるのですが役割関係ないポケモンばかり該当しますなwwwこれでは論理的に低評価なのも頷けますぞwww, #ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。, エアスラで怯ませる確率は60%だが、他の特性の場合の30%や、きょううん時の急所率12.5%よりはさすがに優秀(必然力の定義では、70%以上は100%、30%以下は0%、すなわち60%は100%ではないが0%でもない), 怯み効果は先手を取らないと起こらないので、後手の場合は0%であり、さらにヤゲキッスは80族の中速であるため、無振りで先手を取れるのはほぼ低速相手に限られる, 1/24(4.17%)が1/8(12.5%)になったところで、短期決戦が基本の役割論理においては実感することは難しい, トレース持ちの種族自体が少数であり、いずれも有利・不利がはっきりしない相手ばかりである, 眼鏡でH振りヒードランが確1ですなwww交代読みでうまく当てる以外ありえないwwwウツロイドにも四倍ですなwww, HD特化は眼鏡エアスラで確三、腕白H228 BD140振り程度なら確二ですなwww, 輝石H252を眼鏡エアスラで確三、HDは確四ですなwww特殊受けではないなら眼鏡波動弾で確二ですぞwww, 眼鏡エアスラでH252を高乱2(残飯なしの場合)ですなwwwジャイロが痛すぎなので大文字を使う以外ありえないwww, Dが低いので眼鏡エアスラでH252をほぼ確三ですなwww眼鏡大文字使えば確一ですぞwww, 「必然力とは起こりやすい事象を起こすこと」→「60%が100%ならスカーフキッス最強じゃね?」→「キッスの怯みは必然力外」「70%以上に必然力が適応される」. もはや害悪ポケモンの最古参、王者と言っても過言ではありません。, さて本題に戻って、トゲキッスのもう一つの特性「きょううん」についてですが、こちらは急所ランクを1段階上昇させるという特性です。, 急所ランクは上昇に伴い、+0:1/12 → +1:1/6 → +2:1/2 → +3:1/1 と急所率が高くなりますが、基本的に一段階上昇では物足りないので持ち物はほぼピントレンズ確定と考えていいでしょう。, きょううん型の場合、素早さ、交代に関係なく負荷を与えられること、積み耐久ポケモンにも急所狙いで強く出られるという特徴があります。, 今回エアスラッシュの期待値を求める前提条件として、怯み、外し、急所以外は無視します。, つまり、必ず素早さで相手を上回り、防御側ランクは通常の状態を想定して計算することになりますが、実はこれらを含めた威力も後でパラメータを追加して簡単に計算できるので一旦無視します。, 今回はを、怯みと外し込みで連続回攻撃できる確率、を連続回攻撃した時の威力(急所込み)で考えて期待値を求める方針としました。, まず、攻撃を1回だけ当てる場合は「1回目に怯まない」場合がありますが、さらに「1回目怯んで2回目外す」場合も連続攻撃は1回となることに注意してください。, そうすると、2回連続で攻撃できる場合は「1回目怯んで、2回目怯まない」+「2回目まで怯むが、3回目外す」場合になりますね。, ちなみに今回、値を変数でおいたので、他の怯み技にもこの式で計算できるようになっています。, 次に、素早さが相手を上回っていない場合の計算ですが、怯み率を0に設定すれば計算できますね。, 最後に、防御側ランクが上昇している場合を期待値を計算してみましょう。これは急所不発時の威力にランク上昇分だけ割った値でを設定して計算ができます。, 2段階上昇時、怯みありで「てんのめぐみ」を計算すると、「きょううん」で計算してみるととなりました。, 怯みを考慮した場合、「てんのめぐみ」の威力期待値は、「きょううん」の威力期待値はという結果になりました。, これはトゲキッスの素早さが相手を上回っている場合、「てんのめぐみ」の方が50近く威力が高いことが分かります。, 比較すると1.38倍です。「てんのめぐみ」と「きょううん」では、命の球以上の差があります。, 怯みを考慮しない場合、「きょううん」は、「てんのめぐみ」はですので、「きょううん」の方が約1.2倍強いです。, これはエアスラッシュに限らず、ダイジェットやサブウェポンも1.2倍ですので、これもかなり強いと思います。, 個人的には「てんのめぐみ」を持ち物なしで計算したにも関わらず、予想よりかなり強い結果が得られたなという印象でした。, ただし、相手側がダイマックスしても、トゲキッスをダイマックスさせても怯み効果がなくなるので、弱保なら「てんのめぐみ」、他の持ち物持たせたいけどダイマックス前提なら「きょううん」かなと思います。, また面白い題材見つけたら記事にしたいです。ここまで読んで頂いてありがとうございました。, Euphorさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 特性のてんのめぐみは技の追加効果を発動しやすくなるもの。素早さで上をとり、ひるみが6割で増したエアスラッシュで、 一方的にひるませ続ける戦法 が可能だ。 s252の努力値は必須. トゲキッスでとくせい「てんのめぐみ」でするどいキバをもたせた時、エアスラッシュを使った場合、最終的にひるむ確率は何%になるんでしょうか?いろいろなサイトを見て回った見たのですがわかりませんでした。よろしくおねがいします。 特性「てんのめぐみ」は優秀です。メインウェポンの「エアスラッシュ」は通常3割の確率でひるみ追加効果を持つ技ですが、「てんのめぐみ」により6割でひるみ発動となります。 エアスラッシュ. 5.「てんのめぐみ」と「きょううん」の比較. トゲキッスの特性の一つである「てんのめぐみ」により6割の確率で相手を怯ませることが可能になるのである。これにより、苦手タイプを強引に突破してしまう事も珍しくない。