「人間って哀しいね だってみんなやさしい」 ですが、自動車に乗る上での責任の重さというものを忘れないためにも、まだ聞いたことのない方には是非とも聞いて頂きたいと思います。 僕の友人であるゆうちゃんは「たった一度だけ哀しい過ち」、即ち人身事故を起こしてしまうのです。 交通事故の注意喚起というのは、「後悔先に立たず」では済まされません。

さだまさし氏は先述の実話に7年の月日をかけて、そこに人間の優しさを付け加えることで、エピソードの登場人物の悲哀を希望的に描写しています。 次の項で詳しい歌詞についてご紹介します。, 免許更新って全国的に、さだまさしの「償い」なの( ´∵`) pic.twitter.com/5UF3unyMWm— うし太郎㌠(καιρός)次のliveで (@aiai_no_suke) 2016年10月25日, ※「」内は歌詞からの引用となっています。

東京地裁での判決公判では、主犯格少年2人に対して、懲役3~5年の実刑が下されました。 「あなたご自身の人生をもとに戻してあげて欲しい」 裁判中、お詫びの言葉を述べながらも過剰防衛を訴えるなど、被告の少年たちが真に反省しているのか疑問を感じた裁判長は、さだまさし氏の「償い」という具体的な歌の題名を挙げています。 さだまさし氏は、この実話を受けてすぐに作曲・作詞に取り組んだとのことで、この時点では歌のように7年間の償いの末のエピソードは存在しません。 加害者の男性を女性は酷く罵り、加害者は床に額を押し付けながらそれを聞いていたそうです。 主人を思い出して辛いのです」 法的な観点でのゆうちゃんの責任はさておき、様々な状況が重なって起こった偶発的な事故が中心の物語が「償い」なのです。

ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」など、数々の著名な曲を手がけました。 シンガーソングライターであり小説家でもあるさだまさし。さだまさしの曲『償い』は実話をもとに作られたものだった。裁判官が裁判で引用したことでも話題となった、詩人さだまさしの『償い』。もととなったエピソードや裁判、モデルのその後についてまとめた。 だから どうぞ送金はやめて下さい あなたの文字を見る度に この発言を受けたさだまさし氏は、新聞社の取材に対して、「法律で心を裁くには限界がある。今回、実刑判決で決着がついたのではなく、心の部分の反省を促したのではないでしょうか」とした上で、「この歌の若者は命がけで謝罪したんです。人の命を奪ったことに対する誠実な謝罪こそ大切。裁判長はそのことを2人に訴えたかったのでは」とコメントしました。, ここまで紹介した「償い」の内容を考えると、理由を分かった方もいるかもしれませんね。 「僕」は、理不尽な現実の中でゆうちゃんの誠意が報われたことや、奥さんの哀しみに満ち溢れた慈悲に涙を流すのでした。 シンガーソングライターであり小説家でもあるさだまさし。さだまさしの曲『償い』は実話をもとに作られたものだった。裁判官が裁判で引用したことでも話題となった、詩人さだまさしの『償い』。もととなったエピソードや裁判、モデルのその後についてまとめた。, 本名:佐田雅志(さだまさし)生年月日:1952年4月10日出身地:長崎県長崎市最終学歴:國學院大學法学部中退職業:シンガーソングライター、小説家、ラジオパーソナリティ、映画監督, さだまさしは長崎県長崎市で佐田家の長男として生を受ける。父は材木商を営み、かなり裕福な家庭だったそうだ。3歳よりヴァイオリンを習い始めたさだまさしであったが、1957年に起きた「諫早豪雨の影響」で父の商売が傾き始める。そして三年後に父は店をたたみ、さだまさしは小さな家に移り住むことになる。水害の直接的な影響よりも、方々で保証人となっていたことによる「保証かぶり」で富を失ったのだとさだまさしは語っている。, 1963年、64年に毎日学生音楽コンクール西部地区大会で3位と2位に入賞したさだまさしは、ヴァイオリン指導者・鷲見三郎に認められ、中学校一年にしてヴァイオリン修行のため単身上京。下宿先の叔父が合唱団団員であり、さだまさしはこの時に叔父の得意としたギターやフォークソングに対しても興味を抱いたそうだ。そして同時にヴァイオリンへの興味を失っていったという。, 大学を中退し長崎へ戻ったさだまさしは、高校時代の友人・吉田政美とバンド『グレープ』を結成。2年間ほどは鳴かず飛ばずであったが、二作目のシングル『精霊流し』が少しずつヒットし第16回日本レコード大賞作詩賞受賞。それからは『無縁坂』や『縁切寺』といったヒット作に恵まれるも、ヒット曲の暗いイメージが定着してしまい、それは自分たちの求める音楽とは違うという理由から1976年に解散してしまう。, その後はソロ歌手として活動を始めるさだまさし。『雨やどり』や『関白宣言』などの名曲を次々に生み出すが、1981年に製作したドキュメント映画『長江』では金利を含め35億円という多額の負債を負うなどの失敗を経験する。そして1982年にはアルバム『夢の轍』にて『償い』を発表。『償い』は実話を元に作られたとして話題となった。, 『償い』はさだまさしのアルバム『夢の轍』のB面4曲目に収録されている。演奏時間は6分を越え、歌謡曲としてはかなり長い。知人の実話を元に作られたとされるが、『償い』と実話とでは視点人物が異なっているそうだ。, 『償い』の歌詞となった実話はさだまさしの知人女性に降りかかった悲劇だと、さだまさしは自身のコンサートで語っている。交通事故によって伴侶を失った女性とその怨嗟や、土下座して謝罪する加害者の後悔と償いが歌のストーリーだ。実話では女性視点だが、さだまさしはこれを加害者を見る第三者の視点として歌詞とした。, 加害者男性は毎月わずかずつであっても賠償金を郵送する。手書きの謝罪文と金銭を添えた手紙だ。取り返しのつかない過ちにたいする「償い」にはそれしか手段がなかったのだろう。男性は何年も何年も「償い」を続けたそうだ。, しかし女性にとってその「償い」は、目にするたびに夫を亡くした悲しみや無念を思い出してしまう辛いものだったようだ。加害者男性の「償い」を受け入れながらも「もう送金はしなくていい」と返事をする。どれほど償われたところで消すことのできない事故であり、「償い」があることで忘れることすら許されない。加害者男性の「償い」はいつからか女性を苦しめるものともなっていたのである。, 女性は茶道の師範として経済的にも暮らしていけるようになったが、その後も男性からの送金が止まることはなかったという。事故が前提にある実話だけにハッピーエンドとは決してならないが、さらに突き放すような事実をさだまさしは後年に発表したCDアルバムの中で残している。, 「償い」は、まさかその後裁判で取り上げていただくとは思わなかったけれど、最初はもっと辛い歌だった。実は、僕のコンサートで最前列の席を押さえていた家族があって、家族中でさだまさしを好きでいてくれたのだが、チケットを買ってからお嬢さんが交通事故で亡くなってしまった。お嬢さんの写真を抱えて、ひとつ席が空いていて僕の歌を聴いている。その姿に打たれて作った歌を渡辺君に聴かせたら、うつむいちゃってね、「ちょっと救いがないね」と言った。「じゃあ」といって一晩で詩を全部書き換えるという離れ業を経て生まれたのが「償い」だ。, この書き方からすると、実話はもっと救われない話だったのかもしれないが、この話は妻ではなく子供を失った家族について語られているので定かではない。, 2001年の4月28日、東京都世田谷区の東急田園都市線中央林間行きに乗っていた複数の少年が、チェース・マンハッタン銀行東京支店に勤める牧顕(まきあきら)さん43歳と口論になり、少年らに暴行を受けて死亡するという事件が起きる。, 暴行をした少年のうち二人は牧顕さんが亡くなった5月4日に出頭、さらに残りの二人も翌日にかけて出頭した。裁判では牧顕さんにスウェットを破かれたことに激怒した少年のひとりが暴行を始め、もうひとりがそれに加勢したと明かされる。, あくまでも過剰防衛だと主張する少年らに対し、裁判官は反省が感じられないと「懲役3年以上5年以下」を言い渡す。そして続けざまに裁判官は「さだまさしの償いという歌を聴いたことがあるか?」と質問を投げかけた。「歌詞を読めば、なぜ君たちの反省の弁が心を打たないのかわかる」と締めくくったのである。具体的な曲名を引用するのは珍しいことで、当時は『償い説諭』として話題となった。, 裁判官が裁判の最後に述べる説諭というのは、裁判官の私的な意見や感想である場合が多い。人生をささげて謝罪と償いをした『償い』の加害者と比べて、少年らの反省があまりにも口先だけに思えたのだろう。, 埼玉県交通教育協会が制作した映画『悲しみは消えない~飲酒運転の代償~』はオープニングとエンディングにさだまさしの『償い』が使われている。免許更新時の講習会で流されることもあるらしく、見覚えのある方もいるのではないだろうか。, 幻冬舎文庫より発刊されている、さだまさしの自伝的小説。さだまさしを模した長崎生まれの中年シンガーソングライター・雅彦を主人公として、仕事で向かった長崎取材で過去を振り返る、といった軸を中心として物語は展開される。精霊流しとは長崎県で行われている死者を弔う行事。雅彦の祖母や従兄弟の死、たったひとりの子供を失った両親、憧れ羨んだヴァイオリニストの死など、そのタイトルが表すように死と喪失感をテーマとした説話が多い。, 幻冬舎文庫より発刊された短編小説集。表題作の『解夏』は映画化もされ、『愛し君へ』というタイトルでテレビドラマ化もされている。解夏とは雨季に寺域にこもって行われる仏教僧たちの修行の終わりのこと。『解夏』はベーチェット病に侵され視力を失っていく男性と、男性を支えようとする恋人の終わりと始まりを描いた作品だ。, 幻冬舎文庫より発刊された小説。映画化、舞台化、テレビドラマ化もされている。眉山は徳島県にある名山であり、徳島市のシンボル的存在。小説『眉山』は「献体」に志願した母の思惑を知ろうとする娘の視点で物語が展開される。「献体」とは死後に自分の肉体を解剖学教室に提供し、実習用教材となることを約す行為。命や死、そして「繋ぐこと」をテーマとした、実にさだまさしらしい作品だ。, さだまさしと「償い」に関するまとめはいかがだっただろうか。さだまさしの曲や小説には「過ち」や「喪失」を扱ったものが多いが、そのどれもが身に迫るような、現実に即した質感を伴っている。どこかで借りてきた言葉ではなく、さだまさしがその身を切って生み出したかのような重みが秘められているのだ。, だからこそさだまさしは「詩人」と称賛されているのだろう。全国を渡り精力的に活動されているさだまさし。これからも心を打つ言葉を生み出し続けてくれるに違いない。, さだまさしの「償い」の歌詞は実話だった?裁判でのエピソードとは?のページです。大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]は女性向けファッション・美容・メイク・コスメ・グルメ・恋愛・ヘアスタイルの情報発信メディアです。ライフスタイルやエンタメなどのトレンド情報もお読みいただけます。, 芸能界の生ける伝説・黒柳徹子。特徴的な髪型の黒柳徹子は、実は発達障害を抱えていた。黒柳徹子の自伝小説から見る障害に苦しんだ過去から、髪型の秘密、女優としての黒柳徹子、そして語り継がれる伝説まで、気になる情報をまとめてみた。, 映画、舞台、大河ドラマの脚本まで手がける三谷幸喜監督。三谷幸喜作品の人気TOP10とは?大河ドラマから懐かしの映画作品や舞台作品、次の新作まで、気になる三谷幸喜作品をまとめた。新作を見る前に舞台や映画だけではわからない三谷幸喜の魅力をいま一度確認しよう。, http://taka3.skr.jp/cgi-bin/weblog/index2.cgi?id=4-0&start=40.

交通事故が引き起こす現実の重さ、自動車運転に伴う責任の重さを十分に理解してもらうため、こうした取り組みが行われているのでしょう。, 今回は、さだまさし氏の「償い」という曲について、実話に基づく哀しいエピソードや、事故の抑止や反省を促すためにいろいろな場面で取り上げられていることについて紹介してきました。

噺歌集シリーズ - せとぎわの魔術師 - 自分症候群 - 精霊流し - 解夏 - 眉山 - 茨の木 - アントキノイノチ - かすてぃら - はかぼんさん: 空蝉風土記 - 風に立つライオン-ラストレター - ちゃんぽん食べたかっ! 時折この歌のことを思い出して、自分の運転について我がふりを見直してみるべきかもしれません。

さだまさし氏は、日本のシンガーソングライターです。 警視庁は東京都で開催される運転免許のドライバー講習や違反者講習において、さだまさし氏の「償い」の映像を流す取り組みを行っています。 この歌は、実際にさだまさし氏の肉声で聞かないとわからないことも多いと思います。 「君たちはさだまさしの”償い”という歌は知っているか。歌を知らなくても、歌詞だけは読みなさい」と、裁判長は少年たちに話したそうです。 「償い」の内容とほとんど一致しますよね。

歌詞を見る限りゆうちゃんは、本当の事情を隠してニコニコ笑えるような、気丈で優しい人柄であると想像できます。 さだまさし氏は、日本のシンガーソングライターです。 1972年に、フォークデュオの「グレープ」というグループでメジャーデビューしました。 デビュー曲の売り上げは伸びなかったものの、2枚目のシングル曲「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになります。 ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」など、数々の著名な曲を手がけました。 実はさだまさし氏は日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌 … それでも愛する夫を失った被害者の奥さんは「人殺し、あんたを許さない」とゆうちゃんを罵ります。

「償い」は、ただの哀しい歌ではなく、誰にでも起こり得る現実です。 この曲は交通事故によって命を失い、あるいは人生を狂わせてしまった人達の悲哀を歌ったもので、なかなか考えさせられる内容となっています。 事故から7年の月日が経ち、奥さんから初めて届いた便りには、様々な苦悩や葛藤の末に導き出されたであろう、ゆうちゃんへの許しが綴られていました。

償い (さだまさしの曲) さだまさしさんの「償い」。 ご存知でしょうか? 私の母の車でいつも流れているさださんのベストアルバム「さだの素」ディスク1に収録されており、耳に残っていますが・・・あまりに哀しいストーリーで歌詞を噛みしめると毎度泣けてきます。

実刑後に法的な措置を超えたところで裁判長が発言し、歌を引用して説論をするというのは非常に異例のことでした。 実はさだまさし氏は日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手でもあり、回数は4000回を越えるそうです。 1972年に、フォークデュオの「グレープ」というグループでメジャーデビューしました。 事故を引き起こし、人生を狂わせた心優しい若者と、事故で大切な人を亡くした夫人、この二人が不運な事故で巡り合わせています。 事故の原因は、雨による視界の悪さとゆうちゃんの疲労が重なったもので、まさしく不幸と呼べるものです。 「償い」(つぐない)は、1982年に発表されたシンガーソングライター・さだまさしの曲。アルバム『夢の轍』の収録曲の一つで、知人の実話を元につくられた。作詩・作曲さだまさし、編曲渡辺俊幸。6分15秒。, この楽曲は、知人の実話を元に作られたものである。ただし曲中では、優しく真面目な心の持ち主である交通事故の加害者「ゆうちゃん」をメインに、それを見守る同僚の気持ちを歌詞にした物になっているが、実際にはさだの知人である被害者の妻の体験と事実を元に詩が作られている(さだは、「ゆうちゃん」に該当する加害者とは会ってはいない)。, さだの知人の女性が交通事故で伴侶を亡くした。加害者の男性は真面目な人らしく、毎月わずかずつではあるが賠償金を郵送してきていた。事故から数年経ってもその送金は続き、知人は茶道の師範として経済的にも自立できていること、加害者の直筆の手紙を見る都度、事故の事や亡き主人を思い出し、辛い思いをする事があり、加害者に対して「もうお金は送ってくれなくて結構です」と返事の手紙を書いた。しかし被害者の許しの手紙を受け取ったはずの加害者は、自分の起こした罪を償い続けるために翌月以降も送金を続けた。, 2001年4月29日、東京都世田谷区の東急田園都市線において、4人の少年が泥酔した銀行員の男性から車内で足が当たったと絡 事故の後、彼は奥さんに対する償いのために人が変わったように働いて働いて、毎月仕送りを続けます。 事故が起こってからの哀しい想いではなく、事故を起こさないための優しさが巡り合う世の中であって欲しいものです。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。. 「償い」の内容には、事故が作り出した大きな不幸、痛みと激しい後悔が描かれています。 ちょうどこの歌が世に出た1982年のことで、彼の知人女性の夫が定年を迎え、夫婦静かに暮らしていこうとしていた最中、夫は交通事故で命を落としてしまいます。 テレビ・ラジオ・コンサートのMCでは軽快なトークを展開したり、小説家としても活動するなど、マルチな才能の持ち主です。, 「償い」とは、シンガーソングライターのさだまさし氏が作曲し、1982年にアルバム「夢の轍」に収録された曲です。

とある講習受講者のツイートで、東京都の鮫洲運転免許試験場の講習で「償い」が流れたという旨の内容が広まり、徐々にこういった取り組みが認知されるようになってきているようです。 たった一度の事故で被害者の命は失われ、ゆうちゃんと奥さん2人の人生は狂ってしまったということですね。, 「ありがとう あなたの優しい気持ちは とてもよくわかりました さだ まさし(本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年(昭和27年)4月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、タレント、小説家。 國學院大學、東京藝術大学客員教授 。 ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。 フォークデュオのグレープでメジャーデビュー。

是非とも、実際に聞いてみてください。, こんなに哀しい話は現実にあっていいものかと考えてしまいますが、「償い」の内容は実際にさだまさし氏の知人に起こった実話なのです。 決して哀しいだけの歌で終わらせないところに、詩として昇華させるだけの芸術性を感じさせます。, 2001年のことです。東京都の某駅のホームにおいて、4人の少年が40代銀行員の男性に対し4人がかりで暴行を加え、くも膜下出血で死亡させるという事件がありました。

デビュー曲の売り上げは伸びなかったものの、2枚目のシングル曲「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになります。

「償い」(つぐない)は、1982年に発表されたシンガーソングライター・さだまさしの曲。アルバム『夢の轍』の収録曲の一つで、知人の実話を元につくられた。作詩・作曲さだまさし、編曲渡辺俊幸。6分15秒。

奥さんの夫の死への悲しみは、未だ癒えていないことが伺えますが、それでもゆうちゃんの誠意に応えなければならないという思いもあったのでしょう。, 最後は、さだまさし氏のメッセージ性のある歌詞が綴られています。 まれ口論となった末、三軒茶屋駅のホームに降ろされた4人が男性からの暴行に対応する形で男性の意識がなくなるまで暴行を加え、放置し、のちにくも膜下出血で死亡させるという事件が起きた。, 後日出頭した4人の内、主犯格となった2名が傷害致死罪に問われて逮捕され、事件の重大さから逆送され、地方裁判所の公開法廷で審理が行われることとなった。裁判の中で2人は「申し訳なく思います」「自分という人間を根本から変えてゆきたい」などと反省の弁を述べた一方、事件自体は酔った被害者がからんできたことによる過剰防衛であると主張し、裁判中の淡々とした態度や発言から、真に事件に向き合い反省しているかどうか疑問を抱く態度を繰り返していた。, 2002年2月19日、東京地裁において判決公判が行われ、少年2人に対して、懲役3 - 5年の不定期刑の実刑判決が下された[1]。判決理由を述べあげた後、山室惠裁判長は被告人2人に対し「唐突だが、君たちはさだまさしの『償い』という唄を聴いたことがあるだろうか」と切り出し、「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と説諭を行った。, 裁判官が具体的に唄の題名を述べて被告を諭すことは異例のことであり、「償い説諭」はマスコミに取り上げられ話題となった。, さだまさしは新聞社の取材に対して、「法律で心を裁くには限界がある。今回、実刑判決で決着がついたのではなく、心の部分の反省を促したのではないでしょうか」とコメントしたうえで、「この歌の若者は命がけで謝罪したんです。人の命を奪ったことに対する誠実な謝罪こそ大切。裁判長はそのことを2人に訴えたかったのでは」と述べた[2]。, 命の尊さ、犯した罪への償いを考えさせるため、運転免許更新の際の放映ビデオ内で使われているほか、交通キャンペーンにも使用されている。その際、曲中の加害者の犯した過ちである「過労運転等」が比較的重い罪(「無免許運転」や「酒気帯び運転」の重いほうと同じ25点)であることがあわせて説明される場合もある。, 7.天までとどけ/惜春 - 8.関白宣言 - 9.親父の一番長い日 - 10.関白宣言, 21.軽井沢ホテル/夢 - 22.恋愛症候群 - その発病及び傾向と対策に関する一考察 -, 27.風に立つライオン - 28.主人公 - 29.時代はずれ - 30.夢の吹く頃, 31.建具屋カトーの決心-儂がジジイになった頃- - 32.修羅の如く - 33.冬の蝉, 35.息子へ〜父からの風〜 - 36.奇跡〜大きな愛のように〜 - 37.娘へ〜大和撫子養成ギブス篇〜, 51.Dream〜愛を忘れない〜 - 52.Birthday - 53.夢一色 - 54.ペンギン皆兄弟, 5.印象派 - 6.うつろひ - 7.夢の轍 - 8.風のおもかげ - 9.Glass Age - 10.ADVANTAGE - 11.自分症候群 - 12.夢回帰線 - 13.風待通りの人々 - 14.夢の吹く頃, 15.夢ばかりみていた - 16.夢回帰線II - 17.家族の肖像 - 18.ほのぼの - 19.逢ひみての - 20.おもひで泥棒 - 21.さよなら にっぽん - 22.古くさい恋の唄ばかり - 23.夢唄 - 24.心の時代 - 25.季節の栖, 26.日本架空説 - 27.夢百合草 - 28.夢のつづき - 29.すろうらいふすとーりー - 30.恋文 - 31.とこしへ - 32.美しき日本の面影 - 33.Mist - 34.美しい朝, 35.予感 - 36.Sada City - 37.もう来る頃… - 38.第二楽章 - 39.風の軌跡 - 40.惠百福 - 41.Reborn〜生まれたてのさだまさし〜, 1.グレープ わすれもの せせらぎ コミュニケーション - 2.グレープベスト16 - 3.さだまさしベスト16, 4.さだまさし ヒット・コレクション - 5.昨日達… - 6.グレープ/ザ・ベスト - 7.帰郷, 8.さだまさし・谷村新司 夢コレクションI - 9.谷村新司・さだまさし 夢コレクションII - 10.さだまさしシングルス全集 第1巻 - 11.さだまさしシングルス全集 第2巻 - 12.さだまさしシングルス全集 第3巻 - 13.さだまさしシングルス全集 第4巻 - 14.さだまさしシングルス全集 第5巻 - 15.さだまさしシングルス全集 第6巻 - 16.さだまさしベスト - 17.ウルトラ・スーパー・ミラクル・ベスト「感動の素」 - 18.ウルトラ・スーパー・ミラクル・ベスト「恋愛の素」 - 19.ウルトラ・スーパー・ミラクル・ベスト「元気の素」 - 20.さだまさしシングルス全集 第7巻 - 21.さだまさしシングルス全集 第8巻 - 22.さだまさしシングルス全集 第9巻 - 23.続帰郷, 24.小説「精霊流し」の世界 - 25.「さだの素」〜さだまさしベスト・初級入門編〜 - 26.初恋〜Love Song Collection - 27.永遠まで〜The Best For The Best Couple - 28.案山子〜HOME SWEET SONGS - 29.償い〜SONGS OF LIFE - 30.特集 雨の章〜RAIN KEEPS SINGING - 31.特撰 夢の章〜SONGS FOR DREAMS - 32.特集 虹の章〜MELODIES OF RAINBOW - 33.さだまさしベスト2〜通 - 34.Only SINGLES〜さだまさし シングル・コレクション〜 - 35.さだまさし/グレープ ベスト 1973〜1978 - 36.さだまさしベスト3〜讃, 3.夢ライヴ - 4.書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ - 5.親展 さだまさし10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ - 6.1000回記念コンサート・ライヴ-'85さだまさし- - 7.昭和63〜64年東京ベイNKホール「ゆく年くる年コンサート」LIVE 十五周年漂流記 - 8.夏・長崎から'89, 9.さだまさし白書〜リサイタル'92〜 - 10.LIVE二千一夜 - 11.のちのおもひに - 12.交響詩 - 13.響の森さだまさし25周年記念ライブ, 14.瑠璃光 薬師寺ライヴ2001 - 15.燦然會 コンサート3000回達成記念集會 - 16.月虹 over the Moon-Bow 第一夜〜第四夜 - 17.月虹 over the Moon-Bow 第五夜〜第八夜 - 18.3333in日本武道館 - 19.伝説の神田共立ライブ グレープラストコンサート - 20.さだまさしライブベスト - 21.さだまさしデビュー35周年記念コンサートFESTIVAL HALL 200, まっさんの落談寄席 私家版「三國志 英雄伝」 - さだまさしトークベスト - 大変なンすからもォ。. 愉快にオンステージ - さだまさし音楽工房 - 今夜も生でさだまさし(放送一覧) - 鶴瓶の家族に乾杯 - ミュージックフェア - 北の国から - オレゴンから愛 - 徹子の部屋, さだまさしの好奇心倶楽部 - さだまさしの引き出しのすみっこ - まさしんぐWORLD - サンデーニューミュージック - いちご列車 - さだまさしの気ままな夜間飛行 - サンデーパーク - さだまさしストーリー - さだまさし全力投球 - さだまさし時のほとりで - さだまさしのセイ!ヤング - さだまさしの気まぐれ夜汽車 - それぞれの旅 - RADIOまっぴるま - さだまさし夢回帰線 - (有) さだまさし大世界社 - セイ!ヤング21 - さだまさしカウントダウンスペシャル - さだまさし WEEKLY 〜Mist〜, グレープ - 吉田政美 - 佐田玲子 - 佐田繁理 - 佐田大陸 - 佐田詠夢 - 北山陽一 - 渡辺俊幸 - 服部克久 - 服部隆之 - 石川鷹彦 - 倉田信雄 - 宅間久善 - 坂元昭二 - 亀山社中 - 原田泰治 - TSUKEMEN, さだまさしのディスコグラフィ - さだ企画 - フリーフライトレコード - ユーキャン - 詩島 - 夏 長崎から さだまさし - ナガサキピースミュージアム - ダスキン - 風に立つライオン基金, ゆるすということはむずかしいが、もしゆるすとなったら限度はない―ここまではゆるすが、ここから先はゆるせないということがあれば、それは初めからゆるしていないのだ, 親展 さだまさし10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ, 昭和63〜64年東京ベイNKホール「ゆく年くる年コンサート」LIVE 十五周年漂流記, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=償い_(さだまさしの曲)&oldid=74891454, ライブDVD『風の交響曲(シンフォニー) さだまさし』(“まさしんぐWORLDコンサート”第20回公演特別記念).