PR, 日々の生活をスマートに楽しくしてくれるのがティファールのアイテム。ここでは、ティファール製品の使い方のコツなど、あなたのライフスタイルに役立つ情報をご紹介します。便利なアイテムを使って、暮らし上手を目指しましょう!, 誘惑の多い、食欲の秋。ついつい食べすぎてしまうと、秋太りが気になりますよね……。今回はヘルシー食材を使った、低カロリーレシピをご紹介します!秋太り対策にぜひお役立てください♪, 京のうつわ屋さんで見つけたとっておきの「ごはん茶碗」【お米の魅力、ご飯の味力vol.2】, 【11/13のAmazonタイムセール情報】お手頃価格の圧力鍋ほか15点がお得に!, 【11/12のAmazonタイムセール情報】使い勝手の良いサイズの両手鍋ほか30点がお得に!, 忙しくても自炊をしたい方に。時短&レパートリーを増やせる調理家電「エアーオーブン」, おはぎを作りながら「今日は半殺しにしようか……」そんな物騒なことを口走る人々は、徳島県と群馬県の一部の地域にいます。それも、主な層はおばあちゃんだというから驚き。徳島県や群馬県には猟奇的なおばあちゃんが多いのでしょうか。 天気のいい日はお弁当を持って、ピクニックに行きたいです!, recipe 「自分が半殺しの目にあわされるのではないか……」と慌てふためく主人公。眠れぬ夜を過ごしますが、翌朝、おいしいおはぎをごちそうになる、というものです。, 落語の演目にも「半殺し本殺し」というお話があります。お彼岸の季節になると、寄席などでも聴けることがありますよ。このお話の中では、「半殺し」「本殺し」だけでなく「手打ち」という言葉も登場します。 東北地方を中心とした地域では「半殺しと本殺し」にまつわる民話が言い伝えられてきました。地域によって細かい内容に違いはありますが、大筋は次のようなものです。 お彼岸に「おはぎ・ぼたもち」をお供えする由来は、諸説ありますがその一つが、小豆の赤い色には魔除けの効果があると古くから信じられており、邪気を払う食べ物としてご先祖様にお供えされてきまし …

【おはぎの語源・由来】 「萩の餅(萩の花とも)」をいう女房詞で、近世より見られる語。 小豆の粒が萩の花の咲き乱れるさまに似ていることから、「萩の餅」と呼ばれるようになり、「おはぎ」となった。 徳島県と群馬県の一部の地域では、おはぎのことを「半殺し」と呼ぶ人がいるのだとか。お彼岸のお供えに欠かせないおはぎには、どんな秘密が隠されているのでしょうか?気になる「半殺し」の意味や由来などをご紹介します。 江戸時代に「てうち」と聞けば、お侍さんが自分の家臣や町人のことを刀で斬り殺す「手討ち」を想像して震え上がったものでしょう。このお話の中で、家人が話していた「てうち」とは、「手打ちそば」「手打ちうどん」のことだったのです。物騒な響きのごちそうがたくさん登場するお話ですね。, 「ぼたもち」と「おはぎ」の違いはご存知ですか?ぼた餅は春のお彼岸、おはぎは秋のお彼岸に供えて食べられるお菓子です。春のお彼岸と秋のお彼岸、, ※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。, なめらかなお餅になるまでつかずに、ごはんのつぶつぶが残る程度につぶした状態を「半殺し」と呼ぶ, 皮が固くなってしまった小豆をおいしく食べるために、皮を取り除いてこしあんを使っていた時代がある. 安心してください。, もち米のつぶし方は「半殺し」だけではありません。なんと、「全殺し」もあるのです。つぶつぶが残る状態までもち米をつぶしたおはぎを「半殺し」と紹介しましたが、, 現在においても、郷土和菓子「半殺し」「半殺し餅」を徳島県や群馬県などで売っているところもあります。パッケージの「はんごろし」の文字と、満面の笑みを浮かべるキャラクター、そして品名の部分に控えめに表記された「おはぎ」のバランスに、じわじわと笑いがこみあげてきます。 PR, living 江戸からはるばる訪れた地で、寝床に入る準備をしていた主人公は、泊めてもらった家の人(お話によっては宿屋の亭主)が「明日は半殺しにしようか、本殺しにしようか」と相談しているのを、盗み聞きしてしまいます。 徳島県と群馬県の一部の地域では、おはぎのことを「半殺し」と呼ぶ人がいるのだとか。お彼岸のお供えに欠かせないおはぎには、どんな秘密が隠されているのでしょうか?気になる「半殺し」の意味や由来などをご紹介します。, おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 おはぎが、お彼岸のお菓子になった理由は、あんこの材料である小豆(あずき)の赤い色が持つ意味にあります。 「古事記」にも登場する小豆は、縄文時代の遺跡からも小豆の種子が発掘されるほど大昔から暮らしに根付いていました。 また古来、赤色には魔よけや厄除けの力があると信じられてきました。(神社の社殿や鳥居にも赤がよく使われていますよね。) そのため、小豆は行事や儀式などの供え物に用いられてきた歴史 … 私たち日本人の生活習慣に根付いている「お彼岸」。お墓参りをする日、ぐらいのイメージを持っている人は多いはず。じゃあ、なぜお墓参りするの?正確には何月何日?と聞かれたら、意外と答えに詰まってしまうものではないでしょうか。今回はそんなお彼岸のすべてに迫りたいと思います。